cl⌒l⌒b'ω'*) 

海外ファンフィクション読書記録。 ハリポタのスネイプとマーベルのロキ(マイティ・ソー2作目まで)が好き。 忘れっぽい自分のためにどんな話だったか記録してるのでネタバレばっかり。 ネタバレが嫌いな人は見ちゃダメ。オリキャラ大好き。 ダンブルドア・マローダーズ・ハリーらグリフィンドール勢は好きじゃありません。 ←この辺が好きな人は読まないほうがいいです。キャラバッシングあり。

男女CP1-2・セブリリ2

"スペースを含む作品名"で検索する場合は半角の二重引用符""でくるむ(Shift+2)

⇧topへ

 

gen1 健全1

gen2 健全2

gen3 健全3

gen4 健全4

het1-1 /lily1

het1-2 /lily2

het1-5 /petunia

het2  /ofc,/oc

het3  /hermione

het4  /other canon characters,x-over

slash1-1 /harry1

slash1-2 /harry2

slash1-3 /harry3

slash2  /lucius,/dumbledore,/other canon characters.x-over

slash3  /omc,/oc,/kingsley,/percy,/draco

slash4-1 /marauders - james

slash4-2 /marauders - sirius

slash4-3 /marauders - remus

 

 
Het1-2(男性/女性)
snape/lily , james/lily

 

 

(スネイプ/リリー、ジェームズ/リリー)

 

A Life Worth Dying For By: Kirin K fh セブの逆行を聞いたハリーは自分もそちらに行くことを決めた

ナギニに襲われ死んだセブ。白い世界の公園でダンブルドアにあってセカンドチャンスを与えられる。20歳に戻り怪我はそのままでリリーの戸口に送られた。

リリーは負傷したセブを家の中に運び入れ、スピナーズエンドのスネイプ所有の本や薬剤を使って喉の怪我を治療。リリーはヒーラー訓練生。セブの腕にまだダークマークは無い。リリーはずっとスネイプを愛し忘れられなかったので、目覚めたセブが過ちを謝罪し彼女に愛を告白するとすぐにジェームズと別れセブとやり直すことを選ぶ。(ジェームズにはプロポーズされたばかりだがまだ返事はしていなかった)

ハリーはキングスクロスダンブルドアと会う。スネイプが逆行したと聞くとハリーも現世には戻らずそちらへ行くことを選んだ。もしリリーを生かすことに成功したならばハリーはまたリリーの子として生まれ変わり愛する家族の元で育つことができるらしい。但し父親はジェームズとは限らない。ダンブルドアはリリーの選択を邪魔しないようにと約束させた上で送り出す。

セブリリの和やかな会話の最中に訪問者が。ジェームズかも、と二人揃ってドアをあける。そこに居たのはジェームズそっくりだが若く緑の眼をした…ハリー。「あなた誰?セブ、何が起こってるの?」

ハリーはスネイプと和解しもしかしたら父になるかもしれないスネイプを受け入れるつもりだったが、スネイプと一緒にいた母親の寝乱れた姿(に見えた)を見てやっぱり嫌だと感じる。

パニックになって情報を求めるリリーにセブは自分の記憶をペンシーブで見せた。リリーはショックを受け考える時間が必要だった。ハリーはスネイプの世話にまかされた。二人はスピナーズエンドの今にアパレート。

ハリーは改めてスネイプに過去の行いを謝罪した。「なぜ君はここにいるんだ?ポッター。ダンブルドアは私をもっと拷問するためにここに送ったのか?」セカンドチャンスを与えられたと信じた自分がバカだった、と苦い思いで問う。

(省略#357)

ハリーはスネイプにホークラックスの件について全部説明。

スネイプはダークロードからマークを取る儀式の途中で逃げ出したことになっていた。セブを紹介したルシウスが責任を取って連れ戻すよう命令される。しかしスネイプは自宅をフィデリウスで隠したため見つけることができない。

リリーはジェームズにプロポーズを断るがその理由がスネイプだとばれ話がこじれる。リリーはジェームズたちをオブリビエイト。

ハリー、マローダーズに接触。誤解からジェシリに凹られる。

トレローニがダンブルドアの前で予言を告げる。ダークロードを破る力を持ったセブとハリーについての予言。

父の死で経済的に困窮したピーターはルシウスの罠にはまり病弱な母親も利用されデスイーターとなった。ルシウスからスネイプ探しを命じられた。リリーを使ってスネイプをおびき出す計画を立て、リリー誘拐。スネイプを呼び出す。

単身でリリー救出に向かったセブはわざと罠にはまって彼女を逃がそうとするが、リリーはそれをさせず自分で呪具を引き受けてしまう。

ハリーはダンブルドアに助けを求めに行く。マローダーズもそこにいて、ハリーがダンブルドアに見せた記憶を彼らにも見られてしまった。

自分を振ったリリーが本来は自分の妻になるはずだったと知ったジェームズ。

スネイプはリリーの死ぬのをただ見ているしか出来なかった。しかしダンブルドアとハリーがすんでで駆けつけ、ハリーの携帯していたベゾアール石によって助かる。

ピーターは捕獲され、ダンブルドアに脅されてスパイになることを承諾させられる。

自分が愛しているのはセブルスだといって改めてジェームズときっぱり別れるリリー。

ダークロードがピーター呼び出し。ピーターにはダークロードのレジリメンスに対抗する術はない。ダンブルドアはセブをピーターに化けさせて送り込む。ダークロードからの懲罰を受けるピーター(スネイプ)。ルシウスとワームテイル双方に1ヶ月以内にスネイプをつれて来い、成功したものだけ生かしてやろう、とー。

28/35

 

 

Rewritten by KafkaExMachina ★★★★ 女体化 ダークfic 

Hogwarts校長Severus Snapeは自己嫌悪感に満ちて必要の部屋に忍び込んだ。「必要条件の部屋だと?フン。それではおまえは私が必要とするものを何でも与えることができるというのか。この悲劇としか呼べぬ私の人生をどうにか正し、過去を去らせ、私が常に望んだようにリリーに愛される方法を見つけられるというのか。」応えなどあろうとは思わなかったがどこからかエーテルのような声が響き「受け入れられた」と。

気がつくとスネイプは幼い少女セベリナ・スネイプに変わり病院のベッドで目を覚ました。ディメンターに襲われた後なんとか持ち直すことが出来たのだ。

この世界でもハリーはBWLだった。ただし彼は生き残った少年ではなく変身させた少年と呼ばれている。セブルススネイプは存在しないため予言はヴォルに知らされることはなく、ヴォルはピーターを誘い込むこともなく、ポッター夫婦を殺しに行くこともなかった。

ヴォルがホグスミード攻撃中、ハリーは偶然の魔法でヴォルを銅像に変えてしまった。魔法界は平和になり、銅像は現在アズカバンの入り口に飾られている。

家で虐待されていたらしいセベリナを、省がアレンジした里親が迎えに来た。リリーだった。

「/ポッター家に引き取られたセベリナ。ジェームズはよき養父になろうと努めているがセベリナの彼への敵意は決して消えない。ハリーはおとなしい少年だった。ヴォルを倒した英雄ではあるが、うかつに近寄って銅像にされてはたまらないので人々は彼を遠巻きにして避け、ハリーは内向的な少年に成長する。リリーはセベリナの入浴中に入ってきて幼女の体を触る。いけないことだと思いながら、セベリナはリリーに愛されることを拒むことが出来ず受け入れてしまう。リリーの行動はエスカレート。ハリーより一足先にホグワーツ入学。グリへソートされたセベリナは広範な呪いの知識と強さでスリザリンすら実力で黙らせる。ハリーが両面鏡を使ってパニックになりセベリナに連絡。家に泊めた友人のハーマイオニーが風呂から裸で飛び出してきて閉じこもって泣いている、と。セブは校長室に押し入り暖炉を使って家に戻る。校長は驚き省にいるジェームズに連絡。セブは裸でドアを叩くリリーを見ると彼女をステューピファイ。セベリナで味を占めたリリーはハーにも手を出したのだ。閉じこもったハリーとハーを保護。ジェームズも駆けつけてその惨状をみる。彼もうすうす妻に疑いは持っていた。「セベリナ、リリーはおまえにも触ったのかい?」セベリナは恥じ入って頷いた。ジェームズの絶望・失望・嘆きと涙。それを見たセベリナはリリーよりももっと欲しかったものはこれだったと気がついた。」

 

 

What If?  by FullMoonDreams  リリーの逆行やり直し(ループ) ★★★★

ハロウィンの夜の襲撃で死んだリリー。次の瞬間にはホグワーツに戻る前夜いつも家族で泊まったロンドンの宿で目を覚ます。11歳の入学前に戻っていた。
自分たちはピーターの裏切りで死ぬことになる。リリーはマローダーズからピーターを排除しようとしたが彼らの友情は固く引き離すことは出来なかった。秘密の守人を決める際に説得を試みる計画を立て、そのために出来るだけタイムラインを変えないように心がけた。セブルスの暴れ柳事件もOWL後の湖の事件も防ぐことはせず前回通りに起こらせる。謝罪するセブルスには悪いが無視をして相手にしなかった。ジェシリに自分を信用してもらうにはセブルスとの友情は放棄せねばならないと考えたので。しかしいざ守人を決める際、ジェシリはやはりピーターを立てる。リリーはピーターがデスイーターだと執拗に説得を試みたが、二人を納得させることができなかった。運命のハロウィンの夜。リリーは夫に杖を肌身離さぬように言い、ピーターは裏切ったわ、襲撃があるのよと警告する。ジェームズはそんなわけあるかとリリーを信じない。今度もヴォルの襲撃を受け、ジェームズもリリーも殺された。

/リリーはまたホテルの部屋で目を覚ます。3度めの11歳。今回はリリーは出来るだけピーターと過ごすようにして彼をデスイーターにさせない計画を立てる。後の数年間、リリーはセブルスと同じくらいピーターと過ごし友人になった。しかしピーターとスネイプを近づけないようにも気をつける。スネイプはデスイーター賛美者だわ。リリーは実際にスネイプが本当にデスイーターになったかは知らないが、ピーターが彼から悪影響を受けないよう二人を近づけたくなかった。でももし自分がピーターに関して間違っていたように、セブルスに関しても間違っていたとしたら?リリーは卒業後の彼のことは何も知らない。セブルスは自分たちが望んだような、デスイーターとは無関係な静かな人生を送ったのかもしれない。とにかくリリーは今回ピーターを忠実な友人に保つために全力を尽くす。姉との不仲は改善できなかった。今回のリリーは夜に寮に来て謝罪するスネイプを許した。しかしリリーがジェームズとデートを始めると、スネイプはリリーと話すのを止めた。ダンブルドアが予言について自分たちに話すはずの日から数ヶ月ほど前の時期、リリーは実家近くの公園で偶然にスネイプを見かける。リリーは近づいて話しかけた。「久しぶりね。デスイーターになったの?ピーターもそう?」「ピーター?(困惑)」「ピーター・ペティグリュー。学校の」「知らない。僕があったことのない奴も大勢いる」「確かめる方法はない?」「ないな。…具合が悪いのか?」「いいえ。おなかの中で彼が動きまわってるだけ」「彼?きみ妊娠してるのか?」「7月末に生まれるわ」愕然とした表情のスネイプ。予言をダークロードに伝えたのは自分だとスネイプは告白する。/気を失ったリリーをスネイプが看病。目を覚ましたリリーは気性を失い興奮して私たちが殺されたのはあんたのせいよとスネイプを詰った。今回のハロウィンもやはりピーターは裏切って、リリー達は殺された。

/4度目のやり直し。汽車のコンパートメントで希望寮の話になり、セブルスがスリザリンを希望するとジェームズが言いがかりをつける。リリーは言い争いを静観し、ジェームズに同意する。「同意するわ。最悪の寮に聞こえる」ショックを受けたスネイプはコンパートメントを飛び出した。勝手にデスイーターになるがいいわ。リリーはここでスネイプを切り捨て後を追いかけなかった。数ヵ月後スネイプは一度だけ勇気を出して彼女に訊ねた。「僕が何をしたというんだ?」「そばに寄らないで」リリーはスネイプを無視して去る。

今回のリリーはオーダーには参加したくないとジェームズに主張したが無駄だった。そして今回もジェシリはピーターを守人に選びハロウィンにヴォルが来た。しかし今回は今までとはひとつだけ違いがあった。ヴォルは彼女が助かる機会を与えずに、ジェームズと同じように即座に殺したのだ。

/5度目のやり直し。今回もリリーはピーターとも友好的に努めつつ、スネイプにもデスイーターにならぬよう説得することにした。ジェームズとデートし始めたときもなんとか説得し友人として繋ぎとめた。だが結婚の知らせを聞いたセブは「あいつは何も変わってない、前と同じ弱いもの虐めのままだ」「ジェームズは変わったわ。お願い、私たち友達じゃない」「友達だった、だ。僕か奴かどっちかだ」「そんなこと言わないで」「君は君の選択をした」言い争いになり決別。セブは結婚式にも来なかった。手紙にも返事がない。リリーはスピナーズエンドを訪ねて話をする。ーーリリーはスネイプの自分への感情が友情ではなく愛情なのだということにようやく気付いた。だが彼女にはセブの気持ちに答えることはできない。なぜ今までヴォルが自分に助かる機会を与えていたのかわかった。セブが懇願してきたからなんだわとようやく理解する。家に戻ったリリーはジェームズにセブルスをスニベルスと呼ぶのをやめるように言う。彼に呪いを掛けるのを止める事ができたんだから出来るでしょ、と。しかし奇妙な顔をして黙ったジェームズを見て、リリーは自分が騙されていたことを知る。セブの言ってたことは正しかった。ジェームズは弱いもの虐めのままで変わってなどいなかった。ハロウィンの夜。ヴォルは彼女に生きる機会を与えた。セブのおかげだ。セブへの感謝の気持ちが胸に小さく押し寄せた。彼女はどけるのを拒み殺された。

/6度目のやり直し。リリーはうまくセブルスを操作してレイブンクローに入るように唆す。自分も実際レイブンクローにソートされた。セブもリリーを追うようにレイブンクローへソート。リリーは積極的にセブにアプローチ、恋人になり結婚、娘を産んだ。やっと悪夢が終わった、と安堵したリリー。セブもリリーもオーダーには参加していない。しかし突如ダンブルドアが訪ねてきてヴォルデモートが今夜ここに襲撃に来るという。パニックになったリリーは「ありえない」と自分の6度のやり直しを暴露。しかしダンブルドアは此度の予言はマグル生まれと半血の間に生まれた5月生まれの女の子だという。ジェームズとは違い、セブは直ちに彼女の説明を信じた。ダンブルドアはフィデリウスで二人を隠してくれるという。守人はダンブルドア自身。だがその話の最中にドアを押し破って侵入したヴォルが、ダンブルドアをアバダケダブラで瞬殺。セブも戦ったがヴォルの相手ではなかった。またもリリーは殺されてー。

/7度目のやり直し。ホテルでリリーは計画を練る。ジェームズたちとは違い、セブもダンブルドアも彼女の話をすぐに信じてくれた。二人に話そう。だけどまだセブは若すぎる。リリーは学校へ付き前回同様レイブンクローに落ち着くとダンブルドアに話に行く。卒業を控えた年にはセブにも話し、二人は結婚し、今度はオーダーに入り、二人の子供を儲けるまで生きた。そしてヴォルの襲撃を知らせる緊急のパトローナス連絡が入る。「これがそれなんだな?きみはまたやり直すことが出来ると思う?」「おそらく」「また僕を選んでくれる?」「愛してるわセブ」「僕も君を愛してる」セブはリリーを抱きながらそう言った。

/8度目のやり直し。

リリーは ホテルからアパレートでダンブルドアに直行して自分の言うようにしてと談判する。この繰り返しに耐えられない。何をやっても繰り返すはめになる。

ダンブルドアは彼女をホテルに戻し言われるままにオブリビエイトで記憶を消した。
すべてを忘却したリリーは最初のときのようにジェームズと結婚しハリーを生んで予言のために隠れ家生活に入る。ダンブルドアから贈られてきた何だかわからない薬を飲んだ。何もない。ただ奇妙な平和を感じた。ヴォルの襲撃でアバダを浴びる。/リリーは目を覚ます。今までのすべての記憶が戻ってきた。もう繰り返しはなくホテルの部屋ではない。ハリーは生き残って予言を達成するだろう。いつか彼女は彼に会うだろう。」sad ending やるせない。運命からは逃げられない。

 

 

 

Looped by Rumour of an Alchemist リリーの逆行やり直し(ループ) ★★★★

このお話もハロウィンに殺されたリリーが入学前に戻り何度もやり直す話。リリーはジェームズに惚れているので同じような道筋を選ぶが毎回ハロウィンには殺される。どこへ逃げようがどう対抗しようが同じことの繰り返し。リリーはジェームズを賞賛し、スニベルスのことは心底軽蔑しているので大抵のループでオリジナルのタイムラインよりも早めに捨てている。何度ものループの後、ようやく違う道筋を探るようになる。ピーターが裏切り者だと発見し、リリーはピーターに復讐するためにスリザリンを選んだ。状況をもっと詳しく探るためだけに今回だけはジェームズを選ばずスネイプと結婚した。どうせループするのだから次はまたジェームズに戻れば良いと考えて。それにスニベルスは自分やまわりのみんなが思っていたほど酷くはなかった。スネイプはリリーを選んだことでデスイーターにはならず、双子の娘が生まれ、その下にもう一人娘も産まれ、ハロウィンも生き延びた。そんなリリーに元に高次の存在が姿を現し実験は終了したのでもうループすることはありませんと告げる。重要な変化を決定するまでに何回のループが必要か、という研究だった。ループは終わった。もう死ぬこともない。だけどリリーはリッチで素敵なジェームズの替わりに、残りの人生をスネイプ夫人として過ごさねばならなかった。リリーはそれらの恨みをピーターにぶつけ、彼への復讐を考えるのだった。

※この手の何度もやり直すループものにはGroundhogタグがついてる。有名なタイムループ映画"Groundhog Day"から,邦題は”恋はデジャ・ブ”

 

 

A Double Agent by Dark Overlady Verity 未完★★★★

スネイプはダンブルドアによってジェームズたちにスパイであるとして紹介されていた。リリーはそのときセブと和解。

ピーターが秘密の番人になりダークロードに情報を流す。ピーターはデスイーター満座の中で紹介され、その場でマークを刻まれた。スネイプは襲撃の直前にゴドリックホローへ行き、ポッター夫妻に警告。ジェームズはハリーを、スネイプはリリーを守ると担当を決める。時間がない。ダークロードも家についたようだ。スネイプはリリーを気絶させ食品庫に隠した、セブは扉の外でアバダケダブラの声を聞いた。次の瞬間見たものはダークロードが泣き叫ぶ赤子に杖を向け再びのアバダケダブラを撃つ場面。しかし呪文は跳ね返り、ダークロードの体は滅んだ。ジェームズの犠牲がハリーを救った。セブリリに話を聞いたシリウスはピーターを追いかけ、原作同様罠にはまる。しかしピーターが番人だったことを知るスネイプとリリーがいるのでアズカバンには行かない。ダークロードの信者からハリーを守るため、リリーとシリウスリーマスはマグル界の家に同居して、セブはホグワーツから通い、子育て。ピーターを追跡しつつ。しかし信頼はすぐには築かれない。料理は主にスネイプ担当。スネイプはリーマスの脱狼薬も自発的に提案。

アリスとネヴィルは実家を訪ねて留守だった。ベラ一派に襲われ拷問を受けたのはフランク一人。

フランクの失踪を知ったシリウスはスネイプを疑い、スネイプはならばベリタセラムを飲むから尋問しろという。シリウスはその薬の効果さえ疑った。なのでリリーが自分で飲んで証明した。シリウスはリリーに初恋は誰?と聞き、リリーが答えた名前はスネイプ。それが終わったのはmudblood発言でだ、と。スネイプは衝撃を受けたまま、ベリタセラムを飲みシリウスの尋問を受ける。フランクの件には無関係で、オーダーを裏切ったことは無いこと、そもそもスネイプが闇陣営に参加した理由を知り、シリウスはようやくスネイプを理解する。

フランクを捜索していたアリスも罠にはまり、夫と同じ運命に。

スネイプはシリウスにマルフォイ家捜索の策を授ける。シリウスはうまくルシウスにベリタセラムを飲ませることに成功し、ロングボトム夫妻を確保しているのは自分であり、自分はいかなる服従の呪文の影響下にはないと白状した。シリウスはスクリムジョールにパトローナスで連絡。ナルシッサは拘束された夫を見て地下室を明かし、ロングボトム夫妻は救出されベラ・レストレンジ兄弟・クラウチJrがオーラーによって捕縛された。ルシウスは自殺を図る。

リリーは病院へ夫妻の見舞いに行く。アリスは年上だがセブと決別した後にリリーの親友になった。アリスは拷問を受けた時間がフランクよりも短かったので、意識もありリリーと普通に話すことも出来た。

擬似家族のクリスマス。準備ですら騒がしくも楽しい。セブはプレゼントとしてみんなにノートを渡す。チャットのように書かれた文言が共有できるよう魔法をかけられたノート。リリーからはレアな薬学初版本。リーマスからはアクロマンチュラ毒、シリウスからは幸運薬の材料。

休暇が終わりホグワーツに戻る。

フランクは2ヵ月のリハビリの後に退院。アリスは簡単な魔法なら使えるが以前のようにではない。フランクは実質的にスクイブだった。

セブとリーマスは脱狼薬の改良に関して関係を深める。

シリウスとセブの間にはまだ多くの摩擦がある。

安全のために完全に魔法界から隠れていた一行だが、シリウスはハリーの誕生日プレゼントのためにダイアゴン横丁に連れ出した。そこでロンがハリーポッターに気付き大声で騒いで群衆に囲まれてしまう。シリウスは人並みに押され、ハリーをカルカロフに攫われてしまう。

ノートを使ってスネイプに緊急救援コール。セブはルシウスの死以来、カルカロフがナルシッサに近づいたのを知っていた。資産管理を彼に任せているほどだ。セブはマルフォイマナーへ行きナルシッサと談判。彼らはハリーの死がダークロードを取り戻すのに役立つと考えている。セブはこれはシリウスダンブルドアによる罠で本物のハリーではないと説得する。カルカロフの疑いはオクルメンスで偽装した記憶を読み取らせ、二人を騙してハリーを救出。続く誕生日にハリーは思い切り甘やかされた。

夏休みが終わりスネイプは学校へ戻る。リリーは彼と離れたくなかった。スネイプも。

ハロウィン、セブはフェスタの後でリリーの様子を見に来る。お酒を飲んで片手を彼の腕に巻きつけて、リリーはセブにたくさんの長い話をした。ジェームズの思い出、姉との軋轢、ハリーのこと。やがて眠ってしまったリリーをソファにそのままそっと寝かしつけ、スネイプは帰る。

リリーはアリスを訪ね、夫とセブの間で相反する気持ちを相談する。アリスは前に進むようにアドバイス。そんな二人の様子はリーマスにも感じ取れるのだった。リーマスシリウスの嗅覚頼りのピーター捜索はなかなか進まない。そのピーターはスキャバーズとなって現在ビルのペットになっている。二人は臭いを辿ってウィーズリー家に辿りつき、アーサー・モリーと知り合いになる。事情を話し協力を頼み、夫妻の話からはご近所の中でピーターの話に同情し庇いそうな人物としてゼノフィリアス・ラブグッドが浮かび上がる。

 リーマスはオーダー会議を招集。ほとんどの者はスネイプの役割について知らなかったが、ここで正式に紹介される。疑わしいデスイーターを信じない者にはシリウスが説得。ピーターの件になり、臭いがホグワーツとデボン州を交互していることから学生と移動していると思われる。ついては来期にネズミの彼を見分けられるシリウスリーマスをDADA教授として招聘する予定と話す。会議が解散、帰宅の段になり、セブはフランクに一人でフルーを通り抜けられるか試してみるべきと提案。スクイブは一人で暖炉を通り抜けられない。フランクで出来たなら、それは彼が魔法を使える可能性が残っているということだ。フランクは一人でフルーを通り抜けられた。

セブとリリーは本心ではお互いを求めていた。しかしジェームズが死んでまだ1年しかたっていない。罪悪感とそんな彼女を思う気持ちでどちらも先に進むことができない。アリスとリーマスは二人の気持ちを知って関係を励ます。セブリリ、キス。

来期のDADA教授はシリウスに決定。セブとリーマスは脱狼薬の改良に取り組む。10/? 2019.4

 

 

LF best young Snape romance fics? : HPfanfiction

 

 

Love, secrets, and potions by Lexacm

 

The Scarecrow by nascently リリーは6年のポーション授業で幸運薬をゲットする。

A Stroke of Luck - pretendmulling (tenderlumpling) 未完

ハロウィンの夜。ジェームズとハリーは死んでリリーは生き残った。

「君は嬉しいじゃろうな?」とスネイプに話すダンブルドア

 

a life of smoke and silvered glass - dirgewithoutmusic

 

 

For the Price of My Familiar - Librasmile (Tenthsun)  Sins of the Fathersシリーズ

 

Turning Time - Katia

 

The Lily that Poisons the Snake - Jasleigh22

(スネイプ/リリー → ルシウス/スネイプ)虐待リリー

 

The Dark Half by Ms. Anthrop 

 

https://www.fanfiction.net/s/12437451/1/Veritas-Omnia-Vincit 結婚後リリーはスネイプと和解 SEVERITUS

What Can Be, What Will Be: Year Five - 30KEWNE

 

Another Day in Paradise by shutterisland reviews 未読

死後天国で退屈してるポッター夫妻は下界を見てる。リリーはセブの献身と辛い人生をウォッチングして私が愛してたのはセブだったんだわ…とすっかり夢中。同じく見ていたジェームズもスネイプに同情的。スネイプが死んだときにはハリーが敬意を表して遺体回収にくるだろうと見守ってたが、グリフィンドールは誰も来なかった。迎えに来たのはぼろぼろの姿のドラコ。ルシウスもセブの裏切りにも拘らず自分の地所に葬ることを望んだらしい。それに比べてグリフィンドールときたら…。/目を覚ましたスネイプ。ルーピンを助け、シリウスを助け、ジェームズを助け、ーーそれらはテストだった。死後の世界で始まる物語。みんな揃って黄泉がえり、ってのが冒頭部分。まだ冒頭しか読んでない。
Harry Potter - Rated: T - English - Romance - Chapters: 28 - Words: 96,815 - Reviews: 37 - Favs: 53 - Follows: 32 - Updated: Feb 5, 2012 - Published: Sep 15, 2011 - Severus S., Lily Evans P. - Complete

Always By: GreenGirl111 未完

Always By: hello-nurse2005 未完_

Always By: aterriblebeautyisborn 未完ジェリリ

A Prison Tale By: waterside

A Forest Tale By: waterside

A Dream Carved in Stone By: diadelphousダンブルドアは未婚のリリーに使命を与える

Abstersion By: SevFanFictions 親からの虐待 未完

But For A Dog By: Snapegirlkmf  犬

Begin Again By: Phoenixhallow89 未完 結婚前に誘拐されたリリー

Before the Beginning: Year 5 by amorawolfe ジェリリ。リリーとマローダーズが友達になったわけ

Ballad of the Prince from the Night  by FRC Coazze 未完セブがリリーを救ったら

Chopin's Nocturn By: SnapeBlossom リリーはセブへの態度を後悔

Four Seasons By: bravenclawesome セブリリ ペチュニア

Friends Forever No Matter What 完全 リリーがセブを許したら

Fighting What Can't Be Fought By: Sophia Lele - 完全

Get Older By: Ellie Oh 未完 感想欄に長文多いので気になる

Going Through by Brenn.K reviews 未完  タイムトラベル ハリーがマローダーズeraへ

Honour Among Death Eaters By: Penelope Muir ルシナル完全

Happy Endings By: LilyEvansLily 未完- Lily Evans P., Severus S., Petunia D., Vernon D.

In Another Life

┗元ネタイラストIn another life: wake up by lily-fox

Ill Bit By Moonlight By: Unique .F 未完 叫び屋敷で人狼になったセブ

In the Arms of a Death Eater By: 8thweasleykid 未完リリーは結婚前にセブの元へ行く

In The Lion's Den By: Callmecrazy17  未完

If You Want Something Done Right by Rukiie  未完

If Things Were Different by angelofjoy 未完

Irresistible Chemistry By: Snapegirlkmf 完全

Knight of Pentacles, Queen of Wands By: jaderook 逆行

Lily's Mission By: IndianaBliss  未完

Lily's Bad Decision By: Dementors hate chocolate  未完

Lily and the HalfBlood Prince By: greeneyes117 完全 セブリリ初めて会ったときから

The HalfBlood Prince By: greeneyes117

Lily's Revenge By: The May Waters 未完 リリー死ななかった

Love The Way You Lie By: Rose.scriber未完

Morning Glory By: Severus-Toujours リリーは逆さ吊り現場を見なかった

Not a Fairytale by Harmonic Friction 未完 幼年期 セブリリ、ジェリリ

No Moment of Charm Born on Bare Soil By: Pseudoavatar未完 ジェリリセブ

Obscura Nox Animae - Heatherlly  - 完全

Ordinary Day by wotchertonks7 7年セブリリは新年パーティに二人で参加しようとするが…

Of Professors and Prophecies By: thetropicalstorm  未完

Of Magic and Second Chances By: ladyofthewoo 未完

One Night with Severus Snape 未完_

Puzzle by we-built-the-shadows-here

VoldemortがGodric's Hollowを訪問してから3年後、Lilyは今やDark Lordの征服によって支配されている世界で忠実なDeath Eater Severus Snapeの保護下に住んでいます。
しかし、フェニックス秩序は完全には根絶されておらず、2つの名前、ハリーとジェームズが彼女に戻り始めています。冷酷で操作的なリリー

Petunia joins the Club By: EbonyWing  ペチュニアも魔女

Prejudiced Choices By: SlytherinDaughterofAthena 

AU。セブはイタリア魔法界の王子様。ホグワーツに留学し~

 Redemption by sevanderslice 未完

ヴォルの襲撃の後、寡婦となり深刻な怪我を負ったリリーが1歳のハリーを連れホグワーツにやってきた。ダンブルドアは彼女たちの個人的な世話をスネイプに任せる。

Severus Snape and the Second Chance _HermioneHotchner1

What would you do if you had a chance to go back and fix your youthful mistakes? There's one catch; your memories fade. Follow one very contrite Potions Master's journey, when he dies and carves out a new path for himself. Rated: Fiction T - English - James P., Lily Evans P., Severus S., Albus D. - Chapters: 62 - Words: 142,271 - Reviews: 589 - Favs: 285 - Follows: 376 - Updated: Nov 3 - Published: Jun 2, 2016 - Status: Complete - id: 11977074  

Severus's Letter  By: Bribles 未完 友情 予言を聞いた後ダンブルドアに行かず手紙を書いた

Second Chance Encounter by FebruaryAquarian未完 リリーとハリー生き残る

Second Chances By: Eawynne 未完 リリーとハリーは生き残った

Still Life By: DianaArtemis16 未完 幽霊リリー

Snape's Story: The Code of Flamel by GoldenDiva

Snape the Lion By: harrylee94  未完

Turning Time By: SpinnersStart   - 完全

Twinkle Twinkle Little Bellatrix By: pstibbons

未完 ユーモア ベラ

The Wrong Royal by Girlsrule2424 reviews

セブルスはカナダ魔法界の王子様。ホグワーツに留学するがダンブルドアはお付きのジェームズが王子だと勘違いして~。
The Holiday of Hope by Shoshanna33

The Great Mistake of Severus Snape By: ArwenFairTinuviel 未完

The Scarecrow By: nascently 

The Potion Master's Girlfriend By: Snape's Puppeteer

(シリーズもの)リリーはジェームズと結婚してない、スネイプはデスイーラーにならず、ダークロードはネビルを予言の子に選んだ。

The Road Not Taken By: kellydofc 未完Favs: 1,173

The Moment It Began by: Sindie

┗Sequel:The Moment It Ended 

The Prince of Hogwarts by Talon3  

The New Prince » by Talon3 AU: S/L

ビアスがアイリーンを殺した後、セウェルスは彼の祖父(アウグストゥス皇太子)に引き取られる。

Harry Potter, T, English, Friendship, chapters: 14, words: 62k+, favs: 90, follows: 80, updated: May 11, 2009 published: Aug 3, 2008, Severus S., Lily Evans P.

The Shooting Star By: AntiCelestial

The Last Thoughts of Severus Snape by counterfeitmoon ハリーがシャックに遺体回収にいくとそこにはもうひとつの記憶の瓶があった。  Drama、K.

The Long Road Home by Penelope Muir  未完

The Long and Winding Road by Random-Musings 

The Light and the Dark By: TheDarkCorner 未完 逆行セカンドチャンス

The Light in the Dark by rainbowspring 未完

The Lily and the Snake By: Invaderk

The Great Mistake of Severus Snape By: ArwenFairTinuviel 未完 友情を取り戻すためのセブの戦いは~

The Path Not Tread by BoxyP (スネイプ/リリー)未完

Unwritten by SiriuslyPeeved  - Drama & Suspense-Lily,Severus,Petunia,sirius.リリーはスネイプに救出されるが、それを知らないシリウスが復讐のためスネイプを追う。

Where Shadows Go By: Snapegirlkmf

What Dumbledore Knew by snapeslittleblackbuttons 

What Happens During The War Stays In the War (CLEAN VERSION) - by lover-of-potionsoriginal 

セブは結婚式の襲撃からリリーを救う。

セブが早くにサイドを変えていたら?
Lily Evans P. & Remus L. & Severus S. & Sirius B. - Words: 140,562 - Rated: M - English - Drama & Romance - Chapters: 58 - Reviews: 125 - Updated: 07-03-2017 - Published: 27-12-2016 - Complete

Worth A Thousand Words By: george's firework

 

https://www.fanfiction.net/community/Severus-Snape-and-Lily-Evans-A-Collection-of-Love-Friendship-Stories/

https://www.fanfiction.net/community/Snape-Yummy/