hp fanfic rec

snape-centric. スネイプ贔屓の海外ファンフィクション(海外二次創作)の読書記録。忘れっぽい自分のためにどんな話だったか記録してるのでネタバレばっかり。ネタバレが嫌いな人は見ちゃダメ。オリキャラ大好き。ダンブルドア・マローダーズ・ハリーらグリフィンドール勢は好きじゃありません。←この辺が好きな人は読まないほうがいいです。キャラバッシングあり。

ハリポタ以外のジャンル

マイティ・ソー ◇ ◇ ◇

Led by a Child by TimelessTears reviews ★★★(ソー/ロキ)

オーディンは見つけた赤子のロキを連れ帰ることはしなかった。数年後、領域間の平和会議にラウフェイが息子ロキを連れてきた。ソーはそれまで霜の巨人とは戦争だのとわめいていたこともすっかり忘れて一目でロキを気に入った。ほのぼの。キュートなショタロキちゃん。短い。

 

Warm Flushings by Icemaidenstory 未完★★★(OC/ロキ)

ロキの体にはアスガルドの食事が合わない。慢性的な便秘で苦しんでいた。城勤めのOCマーヴィンは自宅で腸の動きの弱った祖父を介護していた経験がある。苦しむ王子に浣腸やマッサージを教え~/なぜ便秘になるのかまじめに考察。便秘辛いよね、、

 

The Concubine by dorkylokifan ★★★★(ソー/ロキ)

オメガバースオーディンが死に戴冠したばかりのソーをファンドラルがオメガオークションに誘う。乗り気でなかったソーだが、売り物に出ていたロキの匂いに魅惑され競り落とす。ロキは貧しい農民の息子。父が死に、生活に困窮した彼は母のために自らの身を売った。まだ20歳と若いロキは子供を産むことはできない。ソーは彼に手出しをせず教育を授ける。ロキにはひとかどの人間となる野心がある。ただの妾や子作りの道具で終わる気はない。フリッガは利口なロキを認め、将来息子を支えるべくさまざまな知識を教える。王に優遇されるそんなロキを疎ましく思うものもいた。そんな折、市井に残した母が何者かに殺された。(省略#141)

最初は売り買いされる無力なオメガに過ぎなかったロキが、やがて学び力をつけ成長した後は王のかけがえない伴侶となる。/ソーは即位間もなくてまだ国の運営にも四苦八苦。佞臣たちが王に取り入って私服を肥やし国を傾けようとするが、ロキが王を補佐して悪臣たちを退ける。政治にも口を出すロキを疎ましく思った貴族たちは、ロキを女王にすまいと策謀をめぐらし~。ロキは実はただのオメガではなく〇〇〇。

 

The Awakening by dorkylokifan ★★★★(ソー/ロキ)

オメガバース。最初の発情期を迎えると、その人間がどのクラスに属しているかわかる。ソーとロキも初の発情期を迎えようとしていた。ソーは人々の期待通りアルファだった。オーディンは喜び、ガンマの伴侶を迎えよとソーに命じる。オメガはだめだ、子を産みすぎる。多すぎる子は相続争いの元になる。自身もたくさんの兄弟姉妹を屠って王座についたオーディンは子に同じ経験をさせたくない。ロキもまた人々が予想していた通りオメガであった。曲がりなりにも第二王子のロキと結婚し夫となることは、宮廷での高い影響力を約束する。オーディンは高い金を出した数人の候補者にロキに求愛する権利を与えた。候補者はどれもオメガを支配し性奴隷扱いするような屑揃いでろくな相手ではない。ロキはこんな結婚は嫌だとフリッガに泣きつき、母は助け舟を出す。(省略#143)

 

Sins Of Our Fathers by dorkylokifan ★★★★(ソー/ロキ)

かつてラウフェイはミッドガルドの土地を侵略しようとし、それを阻むアスガルドと戦争になり、敗北して冬の小箱を奪われた。小箱を奪われたヨトゥンヘイムはもはや以前のような実り豊かな土地ではない。土地が枯れ、ヨトゥンの民が飢餓に襲われ死にかけていてもオーディンは気にかけなかった。王弟ヘルブリンディがクーデターを起こしロキの父ラウフェイをロキの目の前で殺す。ロキは彼を殺そうと追ってきたおじから逃れ、遠距離テレポーテーションを使ってミッドガルドへ逃亡する。(省略#142)

魔力を目印に盲撃ちで移動したのでソーのハンマーがあるスタークタワーにテレポート。ソーは映画1冒頭のようなヨトゥンに酷い偏見と差別意識を持つ傲慢で嫌なやつ。突如現れた意識不明のヨトゥンを見るなり殺そうとするが、アベンジャーズに止められる。ロキと知り合ってやがて考え方を変えたソー、父が清廉な王などでないことを知り、ロキと共にヨトゥンを助けオーディンの恐ろしい犯罪を正そうとする。

 

The Flower of Jotunnheim by dorkylokifan ★★(ソー/ロキ)

ロキは戦争の戦利品としてアスガルドに連行された。国でヨトゥンヘイムの花などと呼ばれていたロキだが、実際のそれは彼を嘲る言葉だった。アスガルドの王子ソーは戦争捕虜であるロキを貶めるためレイプしようとしていたが、オーディンにソーとロキを政略結婚させ2国間の争いをなくすつもりだと言われて気が失せた。自分の伴侶がヨトゥンなどとは受け入れられない。結婚後も全く歩み寄る気のないソー。ロキはフリッガの応援を受け、ソーの愛を得る為に計略をめぐらせる。最初は身体からだ。

 

Foreign Exchange by dorkylokifan (ソー/ロキ)

ラウフェイ3男ロキ王子は出来損ない。相続人としても兵士としても役立たずだし、結婚相手も見つかりそうに無い。国にいても将来が無いので他の領域に出ることを決心。オーディンに頼み込んでアスガルドのヒーラーアカデミーに留学し、医療者となったロキは地球でアベンジャーと共に戦うソーを助けるためミッドガルドへ派遣される。ミッドガルドについたロキはアベンジャーズの能力を見、必要に応じ彼らを癒し保護呪文を与える。※ヒーラーは能力を超え呪文を行使しすぎると疲れ果てて倒れてしまう。

アベンジャーともすっかり打ち解け、戦闘訓練も受けているロキは戦闘でも能力を発揮。癒しの力をみた群集はロキに熱狂。ソーはロキに恋するが、互いに王子なので軽いお付き合いなどはできない。結婚が前提だ。自分と付き合いたいならまず最初にオーディンの許可をとって正式な作法に則り求愛をしろとロキは主張。その通り許可を取りせっせと結納の品を揃えて贈るソー。(省略#144)11まで

 

Identity by dorkylokifan ★★★★☆(ソー/ロキ)

記憶を消され、不死や魔法の力も取り上げられてミッドガルドに追放されたロキ。病院で目覚めた寄る辺の無い記憶喪失者の彼を助けてくれたのはケースワーカーの女性だった。イギリス訛りがあるので外国人と推定されてしまい福祉では取り扱えなかったのだ。就業規則に反するが、自動車修理店を営む弟に仕事の世話を頼む。ジャック・アンダーソンという仮の名前を作り、店で働く。頭が良く覚えも早く客あしらいもうまい彼はすぐに店に溶け込んで、たくさんの友人ができる。1年半後、アベンジャーズがロキを見つける。どうやら記憶喪失らしいが、それで犯した罪が消えるわけではない。ロキの身辺を調べ、アスガルドに帰って王の代理をしているソーにも連絡。トニーたちは車の修理にかこつけてジャック(ロキ)たちをスタークタワーに呼ぶ。/ソーは禁断と知りつつ弟を愛していた。もはや人間のように短い寿命しかないロキを見て自分も彼の命が尽きるまでここで共に暮らそうと決心する。開き直って記憶を持たぬジャック(ロキ)と恋人同士になったソー。最初ロキに悪感情しかなかったアベンジャーズだが、素の彼を知れば知るほどジャックを嫌うことはできなくなった。ジャックは妊娠して体調を崩すが本人はまさか妊娠したとはわからない。鼻の効くブルースが匂いで気付き、トニー、ナターシャも知ることとなった。爆破実験でトニーの車が炎上し、必死のジャックは無意識でヨトゥンに変化して炎の中からトニーを救い出す。青い皮膚の化け物と変わった自分に気付きパニックになるロキ。真実を聞かされ、ロキの記憶を取り戻した彼は自殺を図った。(省略#145)

大好物な記憶喪失&オリキャラネタ。オリキャラとロキとの交流・友情が良い感じ。

 

A Worthy King by dorkylokifan ロキはオーディンの実子だがオメガ。結婚相手を一般公募。ソーは庶民。未読

 

A Man with a Mission (and a God with Nothing Better to Do) by Arvari ★★★★(ロキ、トニー)

映画マイティソー1の前。トニーがアフガニスタンから生還したとき、彼は過去の間違いから学び、世界をより良いものにしようと決めた。軍事産業から撤退し、彼の武器で引き起こされる惨事を防ぎたい。誰かがテロリストに武器を横流ししているのだ。だが誰も彼の言うことをきかず、周囲には狂ったと思われる始末。トニーは一人でスーツを操り、ひそかに軍の武器庫を破壊して回る。/ Lokiは兄と気まずくなってNYに来ていた。彼はしばらくの間家族から逃れてTVのリアリティショーを見てダラダラする以外何も望んでいない。ロキはTVでスタークの会見をみて興味をそそられ、その後に続く爆破事件も面白くて気に入っていた。ロキのアパートのお隣さんは偶然にもクリント・バートン、彼がナターシャから仕事の依頼の電話を受ける場面に居合わせて、スタークの名を聞いたロキはクリントと入れ替わる。フューリーの依頼のスターク捕獲作戦。ロキはスタークを確保して逃走。トニーのアラスカの隠れ家に行き、彼の活動を支援することにした。横流しの黒幕はオバデヤ・スターンだった。ロキがスターク本社に不正の証拠を掴みに行ってる隙にアラスカに残ったトニーが襲われる。VSアイアンモンガー。

 

Space Princess by Arvari

The Princess, the Knight and the Royal Wedding by Arvari

彼らがサノスを破ってから数週間が経ちました。 そして戦闘中に彼らを助けたロキは、地球に戻ってきて、今彼らに助けを求めています。 彼には滞在する場所が必要です。 もちろん、誰もがスペースプリンセスがタワーの恒久的なゲストになる事には満足してません。 もっと正確に言えば、トニーが満足していません。 そして、ロキは彼の新しいニックネームについてまったく満足していません。 一方クリント・バートンは本当に楽しんでいます。未読

 

Token by babyredpanda (トニー/ロキ)

奴隷ロキ。AsgardのThor王はMidgardのAnthony王子に奴隷を提供しています - 友好と平和の象徴としての非常に特別な贈り物です。 しかし友情と平和は、何十年もの間喜びの奴隷として使われてきたロキが心に思うものではありません。

/ミッドガルドの王スターク家の当主が死去、その息子がそのあとの王位を継ぐ。ソーの政治顧問は、父王を哀悼しているだろう新王を慰めるために性奴隷を贈れとソーに勧める。(寵愛が深くいずれ王の伴侶となるであろうロキを取り除く為の陰謀)熾烈な争いのある後宮を生き延びられる優秀な性奴隷といえば、ソーの抱えるロキの他にない。ソーは何十年も仕えるお気に入りの愛妾を手放したくはない。だが、政治顧問にミッドガルド王とよしみを通じる為だといわれしぶしぶ了承する。アスガルドは地球人の進歩に懸念を感じていたのだった。ほうって置けば彼らはそのうちこちらへ渡る術すら見つけるかもしれない。

/ロキ→ソーには愛情無し。幼い時に捕まって記憶を消され不本意な奴隷に落とされたらしい。ソーはナチュラルにゲスな映画1冒頭っぽい王様。トニーは別に地球王ってわけじゃないんだけど、アスガルド側の理解不足でそう思われてる。実際は希少鉱山と彼自身の天才で地球の中でも有力な王家のひとつ。奴隷としてトニーに引き渡されたロキ。ロキには親切なトニーだが、彼自身も自国では奴隷を使って鉱山経営をしている。

(省略#146)28のうち12まで 美麗イラスト有り★★★★

 

The Enemy of My Enemy by Kadorienne ★★★★☆(トニー/ロキ、悪いソー、悪いオーディン、悪いアスガルド、悪くなかったロキ)

(映画2で)ソーが牢獄のロキを出した後、アスガルド人のダークエルフ討伐に同行したジェーンは、彼らの言動やロキへの態度から、ソーやアスガルド人の本性を知る。彼らは他領域への侵略と殺戮を厭わぬ好戦的な種族。地球へはオーディンの命令でキューブを取りに来ただけで、自分達の危機を救いに来た神様などではなかった。血なまぐさい自慢話を娯楽のように語り恥じる様子も無い。ロキが地球でしたよりもっと酷いことを、アスガルド人は他の領域で何度もやっていた。ダークエルフの敗北後、ジェーンはロキが逃亡したことを知るが、憤りは感じなかった。罪の重さをはかりにかけるなら、全てのアスガルド人の中で最も牢獄に値しないのは彼だと思うようになったからだ。TDW後アスガルドは保護の名目でミッドガルドの侵略を開始する。逆らう人間は問答無用で虐殺された。ソーも自らミョルニルを振るい虐殺の先頭に立つ。アベンジャーズアスガルドの戦士たちには歯が立たない。

ロキは地球で姿を変えて静かに暮らしていたが、クリント・バートンの瀕死の報を聞きつけこっそり救命に行った。彼の行動を知ったフューリー&アベンジャーズはロキの行方を探し出し地球防衛の為の協力を要請する。

共に働くうちにロキの人と為りを知り、関係を持つようになったトニー。アスガルドの様子を探りに行くロキに同行し、アスガルド国内の政治の歪みを知る。かつてはフリッガとロキが実務を担当していたのだが、二人が消え政治は混迷していた。支配者である戦士階級とは違い、市民層は今のオーディンやソーの専制を良しとはしていない。人々はロキを正しい王として担ぎ上げ、今の世を変えたい。彼らの話を聞いてロキも覚悟を決める。(省略#147)

 

Thor's warprize comic.by Florbe ★★★★(ソー/ロキ)

漫画。ヨトゥンとアスガルドの戦争で、ラウフェイの部屋の奥に匿われていたロキが捕らえられ、ソーの前に引き出される。

 

A Prisoner's Dilemma by Fourticktock ★★★★(ソー/ロキ、悪いウォーリアーズ3とシフ、悪いファンドラル)

NY襲撃が失敗に終わり、アスガルドの牢獄につながれたロキ。そこで彼を待っていたのはファンドラルを中心としたウォーリアーズ3による虐待と陵辱の日々だった。(省略#148)

 

Sacrifices for Peace by Lizphills500 ★★★☆ (ファンドラル/ロキ、愚かなソー)

アスガルドとヨトゥンヘイムは長く続く戦争に疲弊して、和平のために嫡子同士8歳のソーと4歳のロキの結婚を取り決めた。政情不安なヨトゥンではなく、アスガルドで育てられることになる。ソーは最初からこの結婚に不満でロキにも冷たく当たる。一方ソーのいとこで学友のファンドラルは一目でロキに惹かれ、ロキをサポートするようになる。

成人を迎えいよいよ結婚をという段になり、ソーはミッドガルドで孕ませた花嫁を連れてきた。宮廷は大混乱。和平の為の取り決めが破られたことがきっかけとなりヨトゥンでは反勢力派が王族を殺し内戦が起きる。ソーの考え無しの行動で国も家族も何もかも失くしたロキだが、ソーは自分のしたことを反省すらしない。オーディンとフリッガはことを収める為ソーを廃嫡して地球へ追放し、代わりにファンドラルを皇太子として立てロキを娶わせることに決めた。実は二人とも密かに思いあっていたファンドラルとロキは幸せを掴み、ソーは結局自分の愚かな行為で自滅する。

 

Betrothal Greatly Despised by iceprinceloki 未完★★★★(ラウフェイ/ロキ)

戴冠式失敗後のソーと仲間達のヨトゥンハイム襲撃。ヨトゥンに腕をつかまれ変化したロキを見て、ラウフェイはロキが戦争時に盗まれた彼の花嫁だと知る。息子たちを助けに来たオーディンに対しロキと小箱も返せと要求、オーディンは戦争を避ける為ロキを引き渡し、小箱は二人の間に子供が生まれたら返すと約束する。(かつての戦乱で彼は略奪婚した妻との不仲を解消する道具としてロキを攫った)ロキは有無を言わせずラウフェイに嫁がされ子作りを強いられる。

ラウフェイは妻の愛情を得たいがロキは拒絶。いずれソー/ロキになるらしいけどそこまで進んでない。強制結婚、mpreg、non-con smut 18まで 最終更新2016.5

 

Free  by lies_d  ★★★★★(スヴァディルファリ/ロキ)

神話ではロキは壁の修復を請け負った巨人の作業を遅らせるために、巨人の馬を誘惑してスレイプニルを産む。8本足の彼の仔馬はオーディンに取り上げられ使役される。人々はこの出来事を面白おかしく噂するが、真実は馬になったときロキは確かにスヴァディルファリに恋をして彼の子を産んだのだった。//オーディンの命令でソーがスヴァディルファリを捕らえる。ロキは彼を自由にしてくれとオーディンに嘆願。ロキがソーのために彼との間に再び子を作ったら解放しようと父は言う。ソーもこれには驚き反対するが父には逆らえない。ロキは条件を飲み子作りを約束する。馬となって再びスヴァディルファリと会うことは良かった。だがロキは彼との子がまたオーディンの奴隷とされることは望んでいない。魔法でスヴァディルファリを馬から人にし、自分は女となって妊娠した。約束どおり孕んだのでスヴァディルファリは解放される。やがて生まれた子は人の姿の赤ん坊。ロキの反抗、ぺてん、強情の生きた証拠だ。オーディンはこの子を捨ててしまうだろうと嘆くロキ。ソーが父に向かって「スヴァディルファリの子を私に下さると約束されたではないか、この子を追い払うというのなら私とロキも一緒に行きます」と反抗。フリッガも味方する。しぶしぶ折れたオーディン。ロキはいまだアスガルドに縛りつけられてはいるが前ほどは辛くない。彼の心の一部はスヴァディルファリと一緒に自由に駆けているから。/美しい話

 

Run, little Jotun, run! by LokiBitch07 ★★★(ソー/ロキ、ファンドラル/ロキ)

ThorとFandralは、さまざまな領域に行き戦闘スキルをあげるため訓練していた。 ある日彼らはJotunheimに行き、かわいい小さなJotun runtを見つけ、別の種類の遊びをすることにした。邪悪なソー&ファンドラル 

胸糞の悪い話 救いがない non-con rape 犯罪 暴力

 

Monsters of Asgard 2.0 by OkieDokieLoki

美女と野獣がテーマ。NY侵略が失敗し、アスガルドに戻されたロキはオーディンから厳しい判決を受ける。縁を切られ、ヨトゥンの姿に戻されてヨトゥンヘイムへ25年間の追放。ソーは荒れ、酒場で泥酔状態になり知りあった酒場女を乱暴に陵辱する。実は彼女はエルフの魔術師だった。朝になり正気に戻ったソーは謝罪するが、怒った彼女は「その性根にふさわしい怪物となれ」とソーに呪いをかけた。毛むくじゃらで顔はライオンと狼のミックスになり手足は肉球のついた動物の脚となる。尻尾が生え頭の上に耳が生えた。宮殿に戻ったソーはそのまま25年間自分の宮殿に隠れ閉じこもる。

25年後、刑期が終わってヨトゥンの大使となって戻ってきたロキ。25年間かつての敵地で生き抜き己の居場所を作り上げたロキはヨトゥンとしての自覚と誇りを持つ立派な男に成長していた。(※ロキは以後もずっとヨトゥン姿)

ロキは兄を訪ねるが、ソーは野獣となった己の姿を恥じて隠れ、ロキの呼びかけにも答えない。諦めず何度も訪ねてロキはとうとう頑ななソーの心を開く。

魔法の鏡でその様子を眺めていたエルフの魔術師は思わぬ邪魔が入ったことに激昂。誰にも愛されぬその野獣の心を開き、自分が女王となって9つの領域を支配するつもりだったのに。(省略#149)

 

 

Warbride by SatansSin  

arranged marriage,強制結婚。ヨトゥンとアスガルドの戦争で捕らえられたラウフェイ王の息子ロキ。アスガルドのキャンプに拘束されていたが逃げ出して追っ手がかかった。捕まえた者がロキと政略結婚することになる。

The Unwinding of Loki - dvs

オーディンはロキを養子にしたとき計画があった。うまくいけばこの子をヨトゥンとの交渉に使うことができるだろう。ロキの出自を国民やヨトゥン側、本人にも明らかにして育てた。/ラウフェイとの交渉は思ったようには進まなかった。会談の場でソーがロキは自分と結婚するから連れて行かせないと言い出した。/ソーの即位式の場でラウフェイに随行した者たちが騒ぎを起こす。儀式は中断。送り返されるラウウェイたちは、ロキは捨てられたのではない、小箱と同じく奪われたのだという。ロキは、何を信じてよいのかわからなくなる。オーディンはロキに都合の悪い事実を指摘されるとオーディンスリープ。/ソーが王となって、騒ぎの元になった者達を連れ戻すのだとヨトゥンハイムへ侵攻。ロキの制止も聞き入れない/ロキはミッドガルドに逃げ出した。車に轢かれそうになった子供を助け、ヒーローにスカウトされる

The Prince Formerly Known as Loki by jaded_and_restless

アスガルドでの人生に愛想が尽きたロキは姿を消すことにして人間に化ける。15歳のトニー・スタークと出会う。

Vicious Cycle by Lynds

ダーシー/ロキ。ロキは自分が霜の巨人だと気がついた。今彼はミッドガルドにいてジェーンとダーシーと一緒に住み、初めて彼自身として受け入れられていた。

Make Your Move by concavepatterns  

ダーシー/ロキ。ダーシーはソウルメイトなどくだらないと思っていた。運命が傷ついたトリックスターの神を彼女の膝元に落とすまで。

All for you, Brother by Phandom-Doodles reviews

ソーは死刑判決を受けたロキを救いたい。 (Slash, dub/con or non/con, Mpreg,) This is a dark fic. Do not take that warning lightly.
Rated: M - English - Angst/Drama - Chapters: 25 - Words: 110,471 - Reviews: 131 - Favs: 184 - Follows: 115 - Updated: Jul 22, 2014 - Published: Feb 25, 2014 - [Loki, Thor] - Complete
The Thawing by Magalona reviews
arranged marriage, Jötunheimのロキ王子は、仲間のjötunnrunt Angrbodrとらぶらぶ。戦争が起こり、Asgardのソー王子は嫌がるロキを誘拐します。
Thor - Rated: M - English - Romance/Hurt/Comfort - Chapters: 16 - Words: 67,732 - Reviews: 66 - Favs: 49 - Follows: 46 - Updated: Sep 17, 2016 - Published: Apr 17, 2016 - [Loki, Thor] - Complete
A Match Made In Asgard by Simply Amaryllis reviews
arranged marriage,ロキは両親によって放棄されることはなく、Jotunheimの王子として育った。 彼の父は、彼が生まれたときに18歳になったらアスガルドのソー王子と結婚するよう取り決めた。
Rated: T - English - Romance - Chapters: 17 - Words: 12,601 - Reviews: 37 - Favs: 120 - Follows: 101 - Updated: Jan 2, 2015 - Published: Dec 31, 2013 - [Thor, Loki] - Complete
Lights out by nnefertari reviews
Post-Avengers.Asgardに連れ戻されたLokiには、Thorと結婚するか死ぬかという選択肢があります。 ロキは生を選ぶ。Warning for non-con and unrequited love.
Rated: M - English - Hurt/Comfort/Angst - Chapters: 8 - Words: 31,353 - Reviews: 84 - Favs: 191 - Follows: 151 - Updated: Nov 22, 2013 - Published: Oct 21, 2013 - [Thor, Loki] - Complete
The blue rose by 1000stars-in-her-eyes reviews
arranged marriage,ラウフェイが死ぬと遺された虚弱なロキ王子はアスガルドに引き渡されます
Rated: M - English - Romance/Drama - Chapters: 24 - Words: 44,199 - Reviews: 357 - Favs: 754 - Follows: 409 - Updated: Mar 17, 2013 - Published: Sep 16, 2012 - Thor, Loki - Complete
The Thousandth Man by transemacabre reviews
arranged marriage,ロキはオーディンに引き取られることはなかった。 代わりに、彼とソーは誕生時に婚約。 不本意なペアは最終的にお互いに会うが、彼らの口喧嘩のせいでオーディンは彼らを追い払うことになる。
Rated: M - English - Romance/Adventure - Chapters: 7 - Words: 24,899 - Reviews: 62 - Favs: 528 - Follows: 114 - Updated: Feb 6, 2012 - Published: Jan 19, 2012 - Thor, Loki - Complete

Ruin by Team Damon reviews

ロキ/OFC, Starts pre-Thor, will cover up to and beyond The Dark World. Loki/OC
Thor - Rated: M - English - Romance/Angst - Chapters: 30 - Words: 307,280 - Reviews: 1097 - Favs: 1,188 - Follows: 1,366 - Updated: Nov 23, 2016 - Published: Nov 3, 2013 - [Loki, OC]

Truth of the Liar by fringeperson reviews

何世紀にもわたって、LokiはAsgardの会社が耐え難いほどになったとき、他の領域で避難所を見つける秘密の方法を使用してきました。 さて、ロキは彼の兄が追放され彼の身の上が明らかになった今、アスガードを離れ別の領域に行く時であると決断しました。
Rated: T - English - Family/Friendship - Chapters: 9 - Words: 24,063 - Reviews: 144 - Favs: 717 - Follows: 260 - Updated: Jan 15, 2013 - Published: Jan 3, 2013 - Loki - Complete

Loki by thefireplanet reviews

ソーの代わりにロキが追放され、雷の神は王位に就いた。Asgard falls to war, and the God of Mischief and Lies becomes, well—speechless.
Rated: T - English - Drama/Adventure - Chapters: 19 - Words: 73,647 - Reviews: 386 - Favs: 639 - Follows: 333 - Updated: May 22, 2012 - Published: Sep 4, 2011 - Loki - Complete

Ice Maiden by Kotori1981 reviews

Laufey's Mate/ Ice Maiden/ Laufey's Bride (It wound up with three titles) by Icemaidenstory

Lokiはアスガードがアイスメイデンと呼ぶ、伝統的なヨットンよりもはるかに小さく、そして最も肥沃で美しい生き物だ。 ロキは戦争の終わりすぐに生まれ、婚約者としてラウフェイに捧げられた。 その後、オーディンが現れ、傷跡を誤解してロキを奪い去った。
Rated: M - English - Angst/Hurt/Comfort - Chapters: 43 - Words: 141,424 - Reviews: 84 - Favs: 345 - Follows: 104 - Updated: Nov 30, 2013 - Published: Oct 8, 2012 - Loki, King Laufey - Complete

Battle for the Bride by CandyassGoth(ヌアダ(ヘルボーイ) /ロキ)

 

 

Thor FanFiction Archive | FanFiction

Thor (Movies) - Works | Archive of Our Own

Loki/Tony Stark - Works | Archive of Our Own

Darcy Lewis/Loki - Works | Archive of Our Own

Loki/Original Male Character(s) - Works | Archive of Our Own ##

Loki/Svaðilfari | Svadilfari (Norse Religion & Lore) - Works | Archive of Our Own

Sleipnir (Norse Religion & Lore) - Works | Archive of Our Own

Loki Angst - Works | Archive of Our Own

Good Loki - Works | Archive of Our Own

Loki (Marvel) humor - Works | Archive of Our Own

Loki Does What He Wants - Works | Archive of Our Own

Loki Needs a Hug - Works | Archive of Our Own

Loki Redemption - Works | Archive of Our Own

ソーロキ usersの小説・SS一覧 [pixiv] ゆか子様のシリーズものとwondy様のslash翻訳が素晴らしい

トニロキの小説・SS一覧 [pixiv] joeさまのトニロキ最高!大好き!

 

 モアナ

Search | FanFiction

 

The Heart of Tangaroa  By: AuroraRose2081  reviews

Two years after her adventure on Te Fiti, Moana is now the Chief of Motunui. However, when she is given Tangaroa's heart by the ocean, she becomes a very clueless new demigoddess. Unsure what to do, Moana travels to find Maui, who can help her. But with an angry comet god named Auahituroa after the heart out of revenge, will Moana be able to protect it?
Moana - Rated: K+ - English - Adventure/Romance - Chapters: 17 - Words: 30,913 - Reviews: 91 - Favs: 208 - Follows: 217 - Updated: Apr 5 - Published: Jan 24 - Heihei, Maui, Moana W. - Complete

 

 

 宮廷女官若曦

Startling by Each Step/步步惊心 FanFiction Archive | FanFiction

 

The Life Without You by HwGenius reviews

As she lies dying against 14th Prince's shoulders, Ruoxi wonders what her life would be if she had not miscarried or left 4th Prince's side. Would she have had the life she dreamed of or the daughter she always hoped for? This is the untold story of the life Ruoxi's daughter would have led had she survived and lived in the palace all because Ruoxi did not speak with Minghui.
Rated: T - English - Romance/Tragedy - Chapters: 25 - Words: 153,383 - Reviews: 32 - Favs: 39 - Follows: 18 - Updated: Feb 16, 2013 - Published: Sep 12, 2012 - Fourth Prince/Yong Zheng, Ruo Xi - Complete