cl⌒l⌒b'ω'*)

海外ファンフィクション読書記録。ハリポタのスネイプとマーベルのロキ(マイティ・ソー2作目まで)が好き。忘れっぽい自分のためにどんな話だったか記録してるのでネタバレばっかり。ネタバレが嫌いな人は見ちゃダメ。オリキャラ大好き。ダンブルドア・マローダーズ・ハリーらグリフィンドール勢は好きじゃありません。←この辺が好きな人は読まないほうがいいです。キャラバッシングあり。

slash3・オリキャラ男性・キングスレー・パーシー・ドラコ・ウィーズリー兄弟

slash1-1 (男男CP)/harry

slash1-2 (男男CP)/harry

slash1-3 (男男CP)/harry

slash2 (男男CP)/lucius,/dumbledore,/other canon characters.x-over

slash3 (男男CP)/omc,/oc,/kingsley,/percy,/draco

slash4-1 (男男CP)/marauders - james

slash4-2 (男男CP)/marauders - sirius

slash4-3 (男男CP)/marauders - remus

het1 (男女CP) /lily,/petunia

het2 (男女CP) /ofc,/oc

het3 (男女CP) /hermione

het4 (男女CP) /other canon characters,x-over

gen1 健全1(CPなし)

gen2 健全2(CPなし)

gen3 健全3(CPなし)

 

 
slash3(男性/男性)

 

 

(オリキャラ/スネイプ) omc/snape,oc/snape

Severus Snape/Original Male Character(s) - Works | Archive of Our Own

 

snape and son by Josan(スネイプ、オリキャラ息子、ルーピン)★★★★★
不死鳥の騎士団あたり。かつて関係したことがある女性がホグワーツに現れる。「隠してたけどあなたには息子がいます。彼はスリザリンの一年生で、人狼です。私の余命は残り少ない、彼を引き取る気があるのかどうかを聞きにきました。」~スネイプはかつて自殺しようとしたときにOC女性に救われ彼女と短い関係を持ったことがある。
息子君がとってもいい子。最初はぎこちなくても次第に父親としての自覚が出て息子を愛し守るようになるスネイプ。息子君も父親を守ろうとします。二人が互いをケアする様子が素敵。ダンブルドアは支配欲の強い冷酷な腹黒爺で、ヴォルデモートとの闘争だけでなく、ダンブルドアもスネイプを苦しめます。支配から逃れ息子を守るためにスネイプはどう行動すべきか?

A Gift Of Light by Josan(オリキャラ男性/スネイプ)★★★★★
続編。一話目はsnape and sonそのままで、二話目からが実質の続き。三話目ではオリキャラが登場し、彼がスネイプのお相手になる。(私はルーピンが苦手なので相手がOCに代わってくれてよかった。)かたくなな心を解きほぐしていくオリキャラとそれにおずおずと応えるセブの恋愛過程が良い。利用価値の高いスネイプをホグワーツに縛り付けておきたいダンブルドアが横槍を入れてきたり、個人的理由でスネイプを逆恨みしてアズカバンに送りたいオーラーがいたりで波乱万丈。FT小説ばりにオリジナルな人狼社会を見事に作り上げた作品。OCキャラクターたちが魅力的でノンストップの面白さ。全10話。

josan様大・大・大好き!基本姿勢がスネイプ尊重の方なので安心して読めるし、どの話も自分の萌えツボにどんぴしゃり。とくにこの話はひとつひとつの文が短めな上ややこしくないので分かりやすかったです。物語の魅力もあり、web翻訳の助けを借りながら読んでいけば英語苦手な私でもサクサク読み進められました。(実際この方の作品と出会わなければ海外fanficなんて読むのは無理だと諦めてたと思います、それ以前にトライした有名fanficはほとんど挫折したので…)個人サイトのほうは早くに更新が止まっていて全作品は収録されてません。

Tales of Josan archivist | Archive of Our Own(有志の方がAO3にも代理投稿したようです)

 

Betrayals by Josan (オリキャラ男性、スネイプ、SB/FW,RL/GW,HP/SS)★★★★★

虐待被害者、トラウマ、PTSD。ネビルが捏造した証拠によってスネイプは裏切り者としてアズカバンに収監された。ダンブルドアは信じなかった。拷問の日々からスネイプを救い出したのはアズカバンに忍び込んだシリウスリーマスシリウス/フレッド・リーマス/ジョージの4人はロンハーの結婚式で酔って口を滑らせたネビルのぞっとする告白で、スネイプが無実だと知っていた。ネビルはハリーに執心している、ボーバートンの教師になって自分から離れるハリーに荒れていたのだ。自分をないがしろにするならば…と不穏なことをつぶやくネビル。かつてネビルは資金提供者ドラコと共謀してスネイプを陥れた。ドラコの目的は軟禁状態の己の苦境を覆すため、スネイプの証言で亡きルシウスを光側で戦った殉教者に仕立て上げること。拷問で都合よく証言させるはずがセブは決して屈しなかった。救出されたセブはバローでモリーに手当てを受ける。6週後、アズカバンからの失踪が噂になり、南国で暮らすシリウスの年取った富豪のいとこシルベスターの元に移されることに。オーラーを引き連れてダンブルドアがwwwに取り調べにきた。疑いをかけられた4人は校長にネビルの証拠捏造を示唆するが、むしろ圧力は増すのだった。よき理解者シルベスターとハウスエルフたちに気遣われ療養するセブ。虐待の後遺症で脳が損傷を受け、読解力も思考力も著しく退行し魔力も失くした。リハビリのためにやってる勉強は1年生のもの。だが島の呪術医にまだ力は残っていると言われ、西洋の魔法とは違うプリミティブな魔法を習う。古いficなのでセブの出自・背景は原作と違います、セブの母の死の真相、複雑に絡んだ利害。悪党の最後のあがき。まるで推理小説みたいです。 Josan様のオリキャラたちは本当に素敵。セブとオリキャラの擬似親子的な関係が主でカップリング色はあまりありません。

 

One Down, Two Across by Josan(ハリー、スネイプ、ザビニ/スネイプ、ザビニ/ハリー)パラレル。snarry gameから。★★★★

オーラー部長のハリーのオフィスへクロスワードの書かれた手紙が届く。そこに書かれたパズルを辿ると22年前に消えたスネイプの手がかりが。ハリーは中国河北省承徳へ。そこで会った中国の魔法使いは自分が手紙を送ったといいスネイプの元へ導く。彼とスネイプはポーションを通じて知り合い、戦争の末期、予想されるナギニによる死を避けるため薬を準備していた。だが十分な時間が無く、死なずには済んだが薬の副作用で身体は変化した。盲目でわずかな光にも耐えられない、全ての感覚が非情に鋭敏で人と触れ合うことも出来ない、動物との共感性がある。ハリーはスネイプがなぜ自分を招いたか問うた。スネイプはかつて見知った人が今どうしているか知りたがった。財産を築いたが自分はそれほど使わないので困っている人がいたら金銭的に援助したいと。何日かお茶と会話を持った後、スネイプはオーラを見てハリーが酷い状態であることに気付き、彼を癒した。だがそれは元々死期の近づいていたスネイプの死を早めるものだった。それらをスネイプのアシスタントであったザビニに聞き(触れることもできないがその人は長年スネイプの恋人だった)、その後ハリーは彼に会うことなく帰国、ホグワーツ教師に転職し、ジニーと離婚。しばらくして校長室のスネイプの肖像画が命を持った。スネイプは死んだのだった。ホールにスネイプの飼っていたカラスが舞い降り、アルセブにスネイプからの龍のプレゼントを届けた。カラスはザビニに変化し、校長にポーションマスターとしての挨拶をした。スラッシュ要素は少なくjosan様お得意のオリキャラとsnapeの交流がメイン。ハリーは脇役、狂言回し。短いです。


The Conference by Josan (オリキャラ男性/スネイプ)★★★
いやいやながら南国リゾートでの会議に出かけたスネイプ。そこでオリキャラに誘いをかけられて~。南国アバンチュール。

Solstice Lover By Josan (?/スネイプ)★★★
相手はてっきり○○なのかな~と思ってたらそうじゃなかった。ネタバレなので伏せる。幸せじゃないのに妙に余韻が残る話。

 

Not What It Was Supposed To Be by josan (スネイプ、OC、ロン)★★★★

戦後10年、スネイプは現代の教育方針に合わないとしてホグワーツを首になった。省はいまだにスネイプを元デスイーターとして目をつけている。祖父の残した田舎の家に越し、同じくホグワーツから人員削減でお払い箱になったハウスエルフや魔法生物クラップやニーズルとともに静かに鄙びた暮らしを送る。国際薬学会議に参加するようになり、現地で友人を得、海外で出版された本で評価される。日本の友人佐野一郎は英国は危険だからあなたを評価するほかの国に移住すべきだと勧める。おそらく省はあなたが省に都合の悪い回顧録を書くのを恐れているのでしょう、と。友人の予想は当たり、彼が帰国したときに家は攻撃され跡形もなくなっていた。日本に移住したセブは回顧録を書く。出版社はそのまま出版するのは危険だとし、登場人物と場所の名前を変えフィクションとして出版することを勧める。本はベストセラー。日本に馴染んだセブは羽織袴。優秀な学生たちに教え教育を楽しんだ。/スネイプは60歳。彼を受け入れた国で幸せな人生を送っている。ある日突然バイクに乗ってロンが訪れた。ロンはグリンゴッツで働いており、日本に支店を建てるためにきたのだ。長期の滞在になる、ハリーやハーの近況と、自分がはゲイだと告白して…(ロンはかなりOOCでビルみたい。slashは最後に匂わせる程度だけど要らないような。)


Daimons

Daimons - HPFandom_archivist   af

by LadyJayVee(オリキャラ男性/スネイプ)途中まで
mpreg.パラレル。握手することがプロポーズになるというダイモン種族。対闇の陣営のためにはぜひ協力が欲しいが、絶対に握手はするなよ!とルーピンはオーダーの集会で説明する。ところがスネイプは疲れと寝不足でろくに聞いちゃいなかった。うっかり握手したせいで種族のリーダーと結婚する羽目になってしまい~ これ最初の4話しか読んでないんですけどスピード感のある展開でとっても面白かった。スネイプの相手が頼りがいのあるかっこいい男で素敵です。最初だけなら★★★★。ただ男妊娠ネタと、ロン/ドラ、OC/ハーマイオニー、ルーピン/OC、ハリー/OCなどCPが多数出てきたあたりでついていけなくなっちゃった(ぶっちゃけスネイプ以外のカップリングは興味ない)…慣れたらいずれ。←最近はmpregが平気に、というかむしろ好きになってきたから読み直そうかなあ


Running Afowl Of The Law by Silverfish (スネイプ、オリキャラシリウス、ルーピン)★★★★
スネイプに友達がいない?そんなことないよ!っていうマグルの友人Daniel Deschampシリーズ。
しみじみほのぼの。ほんのりニアホモ。
犯罪捜査ものの海外ドラマみたいな雰囲気。オリキャラのダニエルは元スコットランドヤードの科学・法医学捜査の専門家で現在はホグワーツで英語教師をしながら不死鳥の騎士団にも関わってます。
NEW BLOOD(ダニエルが教師に着任)
Running A Fowl Of the LawPoempiの事件、スネイプのトラウマ)
He Said, He Said(ロンドンの事件)
Junkie Slip(ダニエル誕生日、ダニエルのトラウマ)
Other End(ダニエルがさらわれた!ようやくキス)
Bushwhacked!(未完・これだけ未読)
(話は面白いんだけど英語難しい!かなり時間かかったし、わからないところはだいぶ飛ばし読みしました)

International Ties by Titti (セブルス/ブライアン、ハリー/ドラコ) ★★☆
ゲイドラマQueer as Folkとのクロスオーバー。
このドラマ全く知らないんでwebの情報だけで読んでます(汗)
舞台はピッツバーグ。セブたちはゲイコミュニティを攻撃する悪い魔法使いへの対処のために、アメリカに派遣されてます。こちらのセブは自信満々でデキる男で主導権を握れるタイプみたいです。タフでかっこいいスーパー攻様なセブ。ドラマのプレイボーイ主人公も圧倒されてます。ゲイドラマとのクロスなせいかHP登場人物もゲイゲイしい。不特定多数と軽く寝ちゃうお相手キャラが好きになれない。元々こういう人物らしいので、ドラマが好きな方ならまた違うのかもしれません(あらすじや動画見た限り自分はドラマ自体が苦手な感じ)。事件物っぽいストーリーは良くできてるし楽しめたんですが、私の好みのつぼからはちょっと色々外れてまして…。
Spreading the News by Titti (セブルス/ブライアン) ★★
その後。ブライアン@ホグワーツ。一応ハッピーエンド?

Breaking the Mold by Komodo_Butterfly(オリキャラ/スネイプ)★★★継続中
リリーとの決別後、セブは誰にも行き先を告げずホグワーツを辞め日本へ逃げ、そこで友人たち・BFに恵まれようやく幸せになれた。一方のマローダーズはセブがい なくなったことでガタガタに。実はリーマス・ジェームズ・シリウスは本当はスネイプのことが好きだった。ジェームズはせっかく手に入れたリリーも捨てた。 スネイプに戻ってきて欲しい3人とリリーはそれぞれ謝罪と愛の告白の手紙を送るが、その内容はなんとも自分勝手。憤慨したBFはマローダーにセブは自分のものだからかかわるなと手紙を返す。一方ダンブルドアとダークロードは有望な手駒となるべき人材を失ったことを怒りセブの行方を探っていた。
14章まで

 

Spinners Spider by ColdHiddenBlade(スネイプ/オリキャラ)★★★
・スピナーズエンドのスネイプの自宅を、殺人犯の手がかりを探す刑事が訪れた。

Granger Beast by ColdHiddenBlade
・クリスマスに居残るマグル生まれのために、ホグワーツに家族が招かれる。やってきたハーマイオニーのおじさんというのは…このシリーズえっちに至るまでがなんだか唐突でもう1つ何かステップが欲しいところ。

 

Mortis, per minas, by Shamenka ★★★★

シリウスはスネイプの忠誠が本物か調べるため犬となって彼の部屋に忍び込んだ。そこでスネイプのペンシーブを見つけ、彼の秘密を知って、リーマスとハリーに伝える。ジェームズが自分の髪を使い悪戯で作った薬のせいで、セブは双子を妊娠し出産した。ジェイムズは子供を流産させようとするが、マルフォイやスリザリンの仲間たちが親身になって守ってくれた。出産後もセブに危害を加えようとするジェームズを排除するため、デスイーターの一人がダークロードにポッター家の殺害を進言、それを知ったセブがダンブルドアに警告したというのが事件の真相だった。セブの男女の双子の子供はどこかで隠されて育っている。mpreg

Pari Passu  by Shamenka (OC/SS) ★★★★★

続き。フリットウィックは死者の骨を使った反魂の術を見つける。親を知らないハリーのために、ハロウィンに短時間だけでも会わせてさよならを言わせてあげようと校長に進言。乗り気になったアルバスはミネルバ・フィリウスと共に計画を練る。/シリウスはハリーを兄妹に会わせる為にスネイプの身辺を探る。レイブンクローとハッフルパフの授業ではセブの皮肉さは鳴りを潜め、異なる教師がいるようだった。シリウスはより強くスネイプを知りたいと思うようになる。セブは子供がいるヘンジ・アカデミーに学生をだしにして訪問授業を取り付けたのに、アルバスは付き添いとしてリーマスを指名した。ドラコは自分も一緒に連れて行ってとセブにせがむ。両親の死でドラコはセブが面倒を見ているし、子供達とも家族のように仲がよい。シリウス・ハリー・ルーピンはヘンジ・アカデミーに子供がいるのだろうと見当をつける。セブの母はそこの校長で父はそこの薬学教師だった。/セブはflooでヘンジの副校長、14年間セブのパートナーであるマーカス・トルストイに、明日の訪問に臨時教師と彼の犬も連れて行くことになったと話す。セブを殺そうとした狼男と犬が一緒に来ると聞いてマーカスは憤慨。(省略#67 )怒涛のラノベ的展開。面白かったです。書かれたのが古いのでセブの家庭背景が原作と異なる。mpreg、ジェームズ、リリー、グリフィンドールバッシング,セブのお相手は年上

 

His Mothers Eyes by Lin W. aka NestingHedwig (OC/SS) ★★★★★

1.フィッグはダンブルドアの意向に逆らい、症状の重いハリーを連れ漏れ鍋へ。居合わせたフィリウスとセブが癒す。2.授業中の事故でセブは重症。右足はひざの下で切断。フィリウスの知人の老婦人ソフィアが面倒を見る。彼女は魔法界の戦争で息子を無くしていた。マグルイタリアに住む彼女はフィリウスに頼まれ、死んだ息子の子と偽ってハリーを育てていた。3.フィリウスが杖を届けに来た。もしフォークスの涙がなかったら、ハグリッドが残骸から彼を引き出す前に死んでいただろうという。それほどの酷い怪我だった。/ハリーの傷跡は魔法で額から腿に移動させてあった。セブは彼の勉強の手伝いを申し出る。/校長とポピーがくる。校長は自分の駒をさっさと学校へ連れ戻したい。ソフィアとポピーは反対。肺をひどく損傷しているので今連れ戻したら肺炎で死ぬ、と。子供達が怪我しなかったか聞く。スリザリンのロジエールがチャーリーの釜に何かを投げ込んだのが爆発の原因。チャーリーは少し火傷を負ったが、ほかの生徒はセブがすぐに外に出したので無事。学校から戻ったハリーとダンブルドアが鉢合わせ。だがイタリア語を話し額に傷の無いハリーに証拠は無い。/ソフィアは彼を持ち駒のように扱うダンブルドアから離れるように勧めるが、セブはアズカバン行きをちらつかされて脅されているのだった。事情を話してできるだけ早く出て行くというセブに、英国の事情はイタリアでは関係ないわ、とソフィア。4・イタリアでの生活も6ヶ月。セブは義足で歩く練習をし、学術雑誌への執筆などで収入を得始めていた。校長はフォークスを遣いに帰還をやいやいとせっついてくる。だがセブはホグワーツに戻りたくなかった。彼の体力ではもはやダンジョン暮らしはムリだ。湿った地下での暮らしは弱った肺にダメージを与えるだろう。以前のように完全な教育スケジュールをこなして、病院棟のための薬を作れるとは思えなかった。(省略#98)かっこいいフリットウィック、冷酷なダンブルドア。欠損、病気、病弱セブ。pre-slash.

 

Advanced SexEducation  mpregセブによるsexED

ドラハリでセブは脇役。妊娠してるスネイプは性教育の授業をするよう強いられる。ハリーたちのクラスに妊娠の兆候を話してる最中、どんどん顔色の悪くなっていくハリーを見て、ああこいつ心当たりあるなと察するセブ。ハリーはドラコの子を妊娠していた。ドラハリが別れて最終的にまたくっつく話。セブは最後のほうで子供も生まれてるけど相手は最後まで明かされず。

 

Elementia by 未完

★★★ よくわからん神様の世界。セブは美形で別人。導入部分のみ。

 

Severus Snape and the Guy With the Duck by harliquinlibra [archived by ISF_Archivist] ★★★

Severus Snape and the Pale Blue Book

泥酔して知り合ったパブの客と寝てしまう。何も知らないマグルかと思った彼は銃を持ちデスイーターのことも知っていた。

 

That Dreaded Puppy Story By: puppy-on-crack

下の本編の前日譚。ドーセンがセブを連れ出してパブに出かけるだけの掌編。

Rage ★★★★★ 怒りんぼハリー

ハリーはとにかく怒っていた。両親は死んでいるし、彼は毎年のように死に掛けている!課題のドラゴンに怒りのままにパーセルタングで怒鳴ると竜はわかって退いてくれた。スネイプのことは自分を救世主としてしかみないほかの教師よりまともだと理解したのでちゃんと尊敬した態度をとる。するとセブの態度も軟化する。/ムーディの許されざる呪文の授業には耐え切れず怒って反抗。/土曜日。ハリーはセブを訪ねて今まで命を救ってもらった感謝を告げ贈り物をしたいと申し出る。不適切だと断るセブ。ハリーは秘密の部屋の一件を話し、校長は隠しているが中にいたのはバジリスクで死体はまだ薬に活用できるだろう、寄付と考えて納めて欲しい、と。二人は秘密の部屋に降り巨大なバジリスクの死体を見る。ここでスネイプは初めて事件の詳細を聞いた。詳細については明日話し合おうということに。/ハーは図書館でクラムと出会う。/翌日ハリーは約束していたようにスネイプの部屋に行く。スネイプはアレクサンダー・ドーセン弁護士を紹介。バジリスクの素材はとても高価だから使いきれない分は売却したほうがよいだろう、と。それはあなたに贈った物だからお金は受け取れないというハリー。スネイプはハリーがゴブレットで大人と見做されたので叔父や叔母の保護を抜けてポッター当主として独り立ちすることが可能、そうすれば利益を彼らに奪われることはないと説明。そのための書類作成に弁護士を呼んだ。バジリスクの売却利益はスネイプ40%ハリー50%チャリティ10%ではどうかと提案。ハリーは25%でいいと固辞するが、スネイプは私に贈られた物なら私が決めるとして50:40:10に落ち着いた。ドーセンはハリーにポッター金庫をどう適切に運営すべきか全て教えると申し出る。感謝するハリー。スネイプがもう帰っていいと言ったあとも部屋に残り、「バジリスクの素材採集を手伝いたい、薬の素材採集を習いたいし教えてもらいたい」と願い出る。セブは了承。ドーセンはそのための書類まで用意していた。「あなたはスリザリンでしょう?」「正解。私はセブルスより1年下だったよ」/ハーにこれらを告げると彼女も喜んでくれた。が、その後に続いたリタの中傷や中傷バッジ事件。セドリックはバッジの残念を伝えハリーに卵のヒントを伝えたが、ハリーは何でそんな曖昧なこと言うんだよ!と怒る始末。セドリックは慌てて水の中に入れれば喋るんだよと言い直す。 (省略#227)

ハリーが主人公でセブは脇役。虐待されたハリー、ドラコ。セブがハリーのメンター。angryハリーの怒り管理。セブはドーセンと結婚している。原作4巻目。

ハリーメインのficだけどスネイプがちゃんとリスペクトされてるので気持ちよく読めます。

Outrage

 独断でハリーを家に連れて来たドーセンと口論するセブ。ダークロードが復活した以上、ここは安全とはいえない。ダーズリー家に預けて血の魔法で守ってもらうほうが安全なのだ。ドーセンはセブを説得、夏の間ハリーは二人の家で過ごすことになった。2まで。最終更新2018.1

 

A Way Into Love -  Faz3 G  ★★★

戦後。セブの元に求愛の手紙と贈り物が届く。スネイプは不機嫌だが高価な薬材料のプレゼントにしぶしぶデートを了承。現れたOCセスはダイアゴン横丁の薬店でセブを見かけ、スリザリンキッズたちに彼の悪評を聞いて恋に落ちた変わり者。実のところスリザリン生たちは大好きな先生を妙な輩に取られまいとわざと悪口をいったはずなのだが。ダンブルドアも一目置く強力な魔法使い。セブを城まで送ってキスして帰るセス。校長やマクゴやポピーはそれを覗き見して「ロマンチックね~」とはやし立てる。彼らなりにセブを心配してる。居間に戻るとドラコもセブを心配して待っていた。/翌日グリ生たちはスネイプデートの噂を聞いて馬鹿にしていた。ルーナは彼は身だしなみを整えれば悪くないよ、と擁護。信じられないものを聞いたかのような態度のグリ生たち。/その日もセスとデート。だが校長たちがやってきて、スネイプが初対面の相手にこのように入れ込む様子が信じられない、呪いをかけられてないかチェックしたい、と。ポピーだけが残って診断をする。魔法や呪文の影響は無くただスネイプの痩せすぎと不摂生が指摘されただけ。セスがやってくる。両者を紹介。魅力的なセスにポピーもしっかり魅了されたが「あなたの目的は何?」「結婚するつもりですよ」「なぜ?彼はハンサムじゃないしお金も無い、優れたポーション技術をもつだけの男性よ」「確かにそうかもしれないが彼は私が今まで見た中でいちばん美しい魂を持っている。金なら私が持っているし、私は彼の技術には敬意を払う」「あなたにとって彼が使える相手じゃないならなぜ結婚したいの?」「そういう風に彼を愛しているから」保護ポピーはようやく軟化。そしてどうやらセスは出会ったときにセブに怒鳴られたことで恋に落ちたらしい。今まで誰も彼にそのように言った人間はいなかったので。

 

The Dragon King's Consort     BY : CrazyBitch 未完  ★★★

ドラゴンに見初められたセブ。多分続かない。

 

Of a Linear Circle - Part I by flamethrower リニアサークルシリーズ

1971年9月、セウェルス・スネイプはSlytherinコモンルームの暗い片隅でSlytherin家族の忘れられた肖像を見つけます。その時の彼は、話す肖像画が彼の人生に影響を及ぼすことになるとは思ってもいません。

/1.セブはスリザリンにソートされリリーと離れ離れ。自寮に友達はいない。リリーが貸してくれたナルニア物語をコモンルームの片隅で読んでいると、肖像画から声をかけられる。創設者サラザール・スリザリンの弟であるニザールの肖像画だった。彼はセブの読んでいた本に興味を持ち内容を知りたがる。寮に友達がいなくてさびしいセブは1章ずつ読み聞かせることを承諾する。リリーの本を終えても図書館で不思議の国のアリスを借りて二人の読書会は続く。クリスマス休暇、リリーは家に帰る。セブは彼女にもっとマグルフィクションを持ち帰ってくれるよう頼み、フェリックスフェリシスを贈る。ニザールは会話の中でヴォルデモートを腐す。魔法界の救世主でもなんでもない、同じようなことを言ったグリンデルバルドがどうなったか見てみろ、と。リリーが持ち帰った本の中にアーサー王物語があった。ニザールは不正確な記述に文句を言ったり怒ったり。/2.成長してセブはようやく自寮で友達を作る、リリーもニザールも彼らを認めていないが、ニザールはリリーのようにセブを非難することはない。ニザールはセブにラテン語を教え、それは魔法の創造に役立つ。聖書や歴史書を読んでセブにさまざまなことを教えるニザール。5年生、狼男事件とリリーとの別離が起こる。6年になり学校へ戻った後の9月にはトビアスが死んだがセブは葬式に戻らなかった。セブはデスイーターの話をしないし肖像画もその存在を知らないのか言及しない。ニザールは真のスリザリンとしての心得を教える。「快楽に夢中になってはいけない。強姦するなかれ。喜びを与えてくれた人々を忘れてはならない。負債は払え。親切を支払いだと誤解してはいけない。与えられた親切を負っている借金だと思うな。スリザリンは狡猾であることを覚えていなさい、他の人々が死ぬような場面でも我々は生き残る道を見つける」セブはニザールがデスイーターへの参加を思いとどまらせようとしているのがわかった。だがあくまで判断するのはセブだとして直接止めることはしない。セブはデスイーターに参加した。リリーの予言の件があり、スパイに転向。だがブラックの裏切りで彼女は死に、1982年の初めにセブはホグワーツで教職に着き、スラグホーンの退官を待ってスリザリンの寮監となった。5年ぶりにスリザリンコモンルームに入りニザールに呼びかける。(省略#302)

 スネイプとニザールは友人関係を続ける。ニザールはその後絵から抜け出て実体化。

 

 

Resurrection - Sugahhuney 未完

ヴォルにアヴァダを受けたハリーが入学前に逆行してやりなおし。親切な隣の老婦人宅に身を寄せ、ホグワーツからの手紙とハグリッドを待つ。やってきたのはスネイプだった。彼はハリーの虐待を知り老婦人からハリーのための貯金を預かる。グリンゴッツへ連れて行き口座を開き、ポッター金庫の確認作業。ハリーの後見人となる。ゴブリンはスネイプにも継承テストを行って、プリンスの相続人だったことを知る。ダーズリー家はハリーの養育費を受け取っていながら彼にあの仕打ちをしていたことも判明。スネイプはハリーに元デスイーターであることやリリーと友人だったことを全て告げ、その上で自分の養子にならないかオファーしハリーはそれを受け入れる。/3. スネイプは会員制の格式高そうな店にハリーを連れて行き、そこでトランクを注文。店主のOC・Lord Amir Hazim Shafiq El-Aminはスネイプの婚約者だった。/4.それを聞いてハリーは吃驚、前回この人はどこにいたんだろう?と。アミルは各々の保護者・メンターが決めた取り決め。だがセブはリリーに恋をしていたので結婚は保留となった。会ったのも実は10年ぶり。二人は外食し買い物を済ませ、アミルの手配した高級ホテルに泊まる。実はその取り決めをしたセブの保護者とはダークロード。ルシウスの養父でもある。正気だった頃は厳しいが親切で愛情深い人間だった。(省略#334)

 

 

 

 

 

Advice from an Old-timer - Sheankelor

擬似親子・健全 スパイとしての素養も何も持たないスネイプに生き残りのための術を教えるOC男性。  

 

Furry Magic by neichan メインCPはルシウス/ハリーだけどスネイプ/OMCがあるらしい 未読 エロかな?

Remnants by

エルフ青年とスネイプ

He Never Moved On By: Spear and Magic Helmet (オリキャラ/スネイプ、ハリー)

スネイプはハリーを愛しているのに別れて違う男と結婚、その後ハリーは…

 Devil's Snare reviews by Besina 未完

ヴォルが敗北した後スネイプは残された罠を片付けようとして~。なんだろう、エロかな?触手もの?

 [Severus S., OC] Rubeus H., Albus D.
Standing on the Shoreline by tofsla
Snape balances uneasily between worlds. Dresses, books and a little herblore; Autumn 2012 and Winter 2013, Cokeworth. Severus/Harry, Severus/OMCs.
 
 
 
 
 
 
(キングスリー/スネイプ) Kingsley/snape 

原作では基本的に主要キャラ誰もがスネイプに酷い態度なので、fanficを読み始めた最初の頃はいわゆるメジャーCPがことごとく苦手でした。キングスリーも特に好きなキャラってわけじゃないんですが、あまり交流が描かれてないキャラなので受け入れやすかった。(OCが好きなのも同じ理由)

ただ戦後に大臣になったと聞いてからは野心家でしたたかな人物ではと思うようになりました。英国首相の秘書を軽々こなせる程の有能な人物でもナチュラルマグル蔑視の魔法省側からの評価はそんなに高くなかったんじゃないかなあ。当時の政治体制じゃ上にあがれる見通しがなかった。そこで一発逆転の目があるダンブルドア陣営を利用するつもりで賭けてみた、と。利口そうな人なのになんで正当なスクリムジョールじゃなくダンブルドア側を選んだのかなと考えると…(私はオーダーってダンブルドアが自分を盲信する世間知らずな若者や現状に不満を抱いてる者などのうまく利用・操れる駒を寄せ集めた集団って印象です)

 

 

A Matter Of Trust by Josan & kai(キングスリー/スネイプ)★★★★★
不死鳥の騎士団。キングスリーは初顔合わせのとき、騎士団のみんなのスネイプへの態度のあまりの冷たさに驚く。こんなにも身を粉にして働いてるのになぜ? ダンブルドアの冷酷さ、周囲の無理解、なんとかして彼の力になりたいキングスリーと、人を信じられないスネイプ。学生時代の淡い恋、誠実で魅力的なキング スリーの求愛。相手が大事で愛しくてたまらないって感じのラブ描写がたまりません。3部構想だったらしいんだけど、もう続きはでないんだろうなあ…でもこれだけでも超オススメです!長めのfanficでもがんばって読もうと思った最初のきっかけだった作品ですね、このあとに同じjosan様のオリキャラもの snape&sonを読んで、ファンフィクの魅力にどっぷりつかってしまいました。

 

AFTERWARDS by Meri (キングスリー/スネイプ)★★★★
やっと本サイトみつけた~。meri様は基本snarryの方なんですが他CPも少しだけ書いてらっしゃいました。
DH後、ハリーはキングスリーに叫び屋敷に放置されたままのスネイプの遺体を取ってきて欲しいと頼む。キングスリーが行ってみるとスネイプはまだ生きていて~
やっぱりお上手な方でした!短いですが颯爽としてるスネイプはかっこいいしキングスリーのキャラもいいです。

Perfect Day by Meri (キングスリー/スネイプ)★★★
スネイプの店の開店初日。たくさんの知人が来てくれたがキングスレーは来なかった。閉店後にやってきたキングスレーは来れなかったことをセブに謝り~

Fate Is A Four Letter Word by: Philo(ドラコ、ハリー、スネイプ、キングスリー、他)★★★★★読書中
Characters: Draco, Harry, Severus, Lucius, Kingsley Shacklebolt
Genres: Angst/Tragedy, Romance, Drama, Mystery/Suspense, Action/Adventure
なにこれすごい。レベル高すぎ。めちゃくちゃ面白いです!法廷ドラマ、ミステリー、サスペンスいろんな要素が詰まってて冒頭から怒涛の展開。
ハリーの妻ジニーが惨殺された。遺体はレイプされた上切り裂かれていた。彼女と浮気をしていたドラコが容疑者とされオーラーに拘束される。ハリーは二人の 関係を黙認していた。既に離婚の合意はできていて、末娘の卒業を待ってジニーとドラコは結婚する予定だったのだ。…単なる殺人じゃなく裏に政治がらみの陰謀がありそう。先が読めずにワクワクします。アルセブが卒業して就職したばかりの頃なのでDHから25、26年後くらいの話です。スネイプとキングスリーは熟年カップル。全105話のうち41ま で読了。まだ読書中だけど疑う余地なく星5つでしょう!

 

Harry Potter and the Single Father by lightgoddess ◇? (ハリー/スネイプ、過去キングスリー/スネイプ)★★★★☆※slash1-2と共通

30歳ハリーはホグワーツの新任DADA教授。ハリーは英国を去った10年ほどの間、世界各地を回って学んできた。初の職員会議で2人の幼児を連れたスネイプと久方ぶりの再会。ハリーはスネイプとキングスリーが付き合っていたこと、二人の間に代理母出産による子供がいたこと、そしてキングスリーが3年前オーラー退任を間近に控えながら仕事中に死んだことを知らなかった。スネイプはシングルファーザーとして2人の子供の面倒を見ている。代理母はドラコと結婚したジニーだ。ドラコとジニーの間にも子供がおり、孤児院の経営もしているためあまりセブの面倒を見ることができない。ハリーとスネイプの仲の悪さは伝説的だが、子供と一緒にいる彼は素敵だった。ハリーはなんとか手伝えないかと思うのだった。

近づきたいハリーと悲しみから抜け出せないセブ。

省略#80 )喪失からの心理的回復、泣けます

 

What Have I Gotten Myself Into? by: aceia(キングスリー/スネイプ)★★★

1ショット。騎士団の初会合でスネイプはキングスリーに再会。学生の頃短期間だけOWLのために勉強を教えたことがあった。

 

Twisted & Unrecognizable By: HatefulRodeo(キングスリー/スネイプ)★★★

ちょっと変わったおとぎ話。両親のネグレクトで自分で自分に魔法をかけるまでは、セブは美しい子供だった。戦争後キングスリーと恋仲になり愛と自己承認で魔法が解ける。

 

Snape - Horcrux Hunter - Alisanne - Harry Potter - J. K. Rowling [Archive of Our Own]

 

 

Invaded by eeyore9990(キングスリー/スネイプ)

Faust's Rebirth By: yamiyugi23 () Severus S., Kingsley S

Wartime Distraction By: Snape's Nightie ()Angst/Romance -

The Savour of Thy Good Ointments; or, The Medicamentarius By: rinsbane  

In From the Cold by Beth H (bethbethbeth)

 

Kingsley Shacklebolt/Severus Snape - Works | Archive of Our Own

 

 

 

 

 

 

(ビル/スネイプ) bill/snape

貴重なイケメン枠ってことでかなり気合入れて探したんですがあんまりないんですよね。考えてみるとビルが入学したのはスネイプ的にはダンブルドアに強いられた不本意な教師生活初期の頃。いい出会いは期待できそうにない…。当時の上級生はスネイプが在学中に虐められてたのを覚えてるから侮ってかかるだろうし、教職員にはデスイーターと疑われたまま。やりにくかっただろうなあ。

 

Love Is by kaiz (ビル/フラー、スネイプ/ビル)★★☆
フラーと結婚したビルは、人狼に感染(?)したことで変身はしないものの満月期の暴力衝動が抑えられない。なんとかしてスネイプに助力を願いたいのだが、ビルとスネイプはかつて恋人同士だったのに後味の悪い別れかたをしていて~

Firstborn by Fabula Rasa (ビル/スネイプ)★★☆
モリー母さんはゲイ疑惑を持っている長男ビルに対し、おつきあいしてる方がいるなら一度家につれてらっしゃい!と命令。実はビルはスネイプとつきあっていて…スネイプの彼氏宅訪問。ほのぼのというか淡々としてます。


The Dance of Three by Josan (リーマス/ビル/スネイプ)★★★☆
戦争後。ビルとリーマスはどちらも離婚してパートナーとして同居中。でも二人とも実はスネイプに気があることに気付いてしまい~。ビルとリーマスがスネイプを口説き落とす。3some.


The Curse Breaker, by Josan (ビル/スネイプ) ★★★☆
ヴォルデモートによってかけられていたスネイプの呪いをビルが解除する。in エジプト。大好きなjosan様の作品ですがちょっと掘り下げが足らなくて物足りなかった…。genのほうにある同じくエジプトとビルを相手にした作品のほうが面白かったです。

 

Shedding the Past by: flaminia_x (ビル/スネイプ) ★★★

独特。ナギニに噛まれたスネイプは死ななかったが半分ヘビとなり、定期的に脱皮する。ビルはグレイバックに噛まれ半分狼人間。ビルの妻フラーは戦争で死んだ。行き場のないスネイプをビルが引き取る。

 

Interrupted - starstruck1986  (ビル/スネイプ) ★★★★

強制結婚

戦後ビルは強制的にスネイプと結婚するよう省に強いられた。

彼が共に人生を過ごすことを望んだ美しいフラーのかわりに、今ビルが縛り付けられているのは醜い年を取った元教授。ビル自身も今では醜いのだが。

そしてスネイプはビルの要求には従わなくてはいけない。

お互いに望まぬ人生。ラストは諦めて受け入れ少し前向き。ビター。

 

His Brother's Keeper - Sparrowhawk

Cairo Sunset - Pandarus

 

 

 

 

 

 

(パーシー/スネイプ) percy/snape  

パーシーは原作ではわりと好きなキャラ。家族全員が揃って不死鳥の騎士団なんてダンブルドアの私兵組織にどっぷりはまることへ疑問を感じるのは当然だと思う。あの一家の中では彼が一番まともな考え方をしてると思うんだけどなあ。/ビジュアル的には若い頃の地毛でお肌つるつるのトムヒがパーシーのイメージです。

 

 

The Old Meddler by Josan(パーシー、スネイプ)★★★★
"The Old Meddler" シリーズ1作目。戦後。スネイプはダンブルドアに命じられクリスマス商戦真っ只中のロンドンへ。何も知らされないまま指示された店を訪ねたスネイプはそこ で思いがけずパーシーに出会う。彼はアズカバンは逃れたものの、間違った側についたせいで家族との関係がうまくいかず、双子の用意した家で隠れるように暮 らしていた。双子は最低限の世話はしているようだが、どうみても良い状態とはいえない。それにあそこにあるのは毒薬ではないだろうか。打ちのめされたパー シーとそれを救い上げるスネイプ。

Bleeding Heart and Firewhiskey by Josan(パーシー/スネイプ)★★★★★
"The Old Meddler" シリーズ2作目。スネイプの有能なアシスタントとなったパーシー。スネイプは一緒に暮らすうちどうしようもなくパーシーに惹かれていく自分に気付いてしまう。距離を置こうとするのだが~。パーシーが男前!

PERCY TAKES CHARGE by Josan(パーシー/スネイプ)★★★★★
"The Old Meddler" シリーズ3作目。
スネイプとパーシーの穏やかな生活は、突然のビルの訪れによって壊されてしまう。どうなっちゃうの~とどきどきしましたがハッピーエンドでほっ。
毎度のことながら作者様の書かれるお話は読後感がなんともいえずいいのですよ~

What Percy Saw by lordhellebore(パーシー/スネイプ)途中まで
11歳のある夜、パーシーは薬学教室に置き忘れたローブを取りにいき、スネイプとダンブルドアの会話を聞いてしまう、スネイプは自殺しようとしてそれを止められていたようだ。数年後監督生になったパーシーは、ある夜ロックハートが逃がしたボガードを探していて、歴史教室で自分の姿をしたボガートと対峙して いるスネイプを見つけた。だがスネイプはもう一人の自分を退けることができなかった。スネイプのことは好きではない、だがあれ以来どうにも気になって仕方 がない~

Touches in the Dark by lordhellebore(パーシー/スネイプ)★★★★★
DH後。スネイプは2年間眠ったままだ。パーシーは報告書のために定期的にスネイプの病室を訪れている。いくらハリーが抗議しようとも世間はそう簡単にデ スイーターを信じない。月に2度の報告を魔法省にしなければ逮捕されてアズカバン行きなのだ。最初は足しげく通ったハリーでさえもはや殆ど病室を訪れない~
うおお、なんかすごくいいです、スネイプの孤独やわびしさがハートにぐいぐい迫ってきますよ!切ない~

Submissive Wonder Boys by lordhellebore(パーシー/スネイプ)★★★★★
Touches in the Darkの続き。恋人同士になり一緒に住んでるセブとパーシー。セブが熱で臥せってパーシーが看病。動き回るセブをパーシーがきつく叱ったところすっかり おとなしくなってしまうのだが~。優しい雰囲気がとってもいい。セブがかわいくてきゅんきゅんきます!そしてその後のクリスマスの話。

Why Ron Weasley Hates His Best Mate (At Least Sometimes) by lordhellebore(ハリー/ドラコ、パーシー/スネイプ)★★★
ドラコとハリーは付き合ってる。報告を兼ねてウィーズリー家を二人で訪問。びっくり仰天のウィーズリー一家、特にロン。この方の書かれるパーシー好きだなあ。スネイプは出てきません。パーシーがちらっと言及するのみ。

Fourth Time's The Charm by lordhellebore(パーシー/スネイプ)★★★★★
ほかの話とは別設定。アズカバンの囚人あたりから始まります。パーシーは7年生でもうすぐ卒業。クリスマスプレゼントを渡すのにかこつけてスネイプに自分 と寝ないかと提案し答えを迫る。生徒とは寝ないと一度は断ったスネイプだが、実際は強気なパーシーにぐらぐらきている。うーん面白いです。そしてアズカバ ンてことはパーシーの上司のクラウチシニアの話とかもあるわけですよ。原作軸の薄暗い展開に沿って話は進み、その裏でパーシーとスネイプの関係も続きま す。

 

The Albatross by Icarus(パーシー/スネイプ)★★★★

ハーマイオニーはダイアゴン横丁のスネイプの店に買い物に行く。前回来た時からおよそ1年。品物はいいのだが、できればあんまり行きたくない。なぜならスネイプの店は乱雑で不潔で店主の態度は最悪。ところが今日入った店は驚くほどに綺麗に様変わりして、たくさんのお客さんが順番を待っている。アズカバンから出所したパーシーが働いていた。ハーマイオニーは自分の番を待つうちうっかり閉店時間まで本に没頭してしまい、閉店後のスネイプとパーシーのプライベートな会話を聞いてしまう。

 

A Virtue In Itself - odogoddess odo -aka- psyfi (パーシー/スネイプ)★★★☆

戦後冷遇されるパーシーは家を出てマグルの食品スーパーで働いている。アズカバン帰りで仕事も金も無いスネイプがその店に立ち寄り廃棄野菜を譲って欲しいと~。

 

Two-Way Mirror By Icarus  

Christmas for Sale by lysanatt
The librarian of Strahov by sarka(パーシー/スネイプ)戦後。プラハが舞台。パーシー司書。
On the Lam by joanwilder(パーシー/スネイプ)未読
Tweed by  lysanatt(パーシー/スネイプ)未読
Interrogation in Courtroom Ten by  lysanatt(パーシー/スネイプ)未読
Enigma By: FallenShateiel

 

http://lordhellebore.insanejournal.com/tag/pairing:+snape/percy

http://lordhellebore.livejournal.com/tag/pairing%3A%20snape%2Fpercy

http://asylums.insanejournal.com/snape_percy/

Severus Snape/Percy Weasley - Works | Archive of Our Own

 

 

 

 

 

 

 

(チャーリー/スネイプ) charlie/snape

 原作にほとんど出てこないのでさっぱりキャラがつかめない。女っ気もないし子供もないってことでゲイ疑惑は根強いですよね、私もそう思う。ホグミスには彼も出てきてるようなので、これでキャラも定まるのかな?

 

Ordinary day by SyberSnake (チャーリー/スネイプ)未完

1 2 3 / 4 5 (webアーカイブ)

モリーはリトルハングルトンを散歩中、ルーマニアにいるはずのチャーリーを見かける。傍らにはチャーリーをパパと呼ぶ黒髪の少年。二人の後を付けたモリーは、チャーリーが大きな腹を抱えたセブルス・スネイプにキスするのを目撃して気絶してしまう。起きたモリーはスネイプを散々批難して帰っていった。妊娠で情緒不安定なセブは泣き出してしまいチャーリーに慰められる。ロンが2年生だったころ、二人はマグルのホテルで偶然に出会い惹かれあった。遠距離恋愛を重ねやがて妊娠。チャーリーのプロポーズ。(3まで)//病院棟で悪夢にうなされるセブを心配するリーマス/アルバスは荒れるハリーに理由を訊く。ハリーはセブをrapeしオブリビエイトしたという。校長によって即座に学校を追い出されるハリー。たぶんしばらくしたら校長は自分を許すだろう。それまでは旅行しよう、と全く反省の無いハリー。/セブが目を覚ましたとき傍らにいたのはリーマスだった。昨夜のパーティで少し酒を飲んだのは覚えているがそれ以降の記憶がない。mpreg

 

Dealing with Dragons - r_becca  (チャーリー/スネイプ) ★★★★

トライウィザードトーナメントのためにドラゴンを連れて来たドラゴン保護区の職員一行。チャーリーはうっかりしてチャイニーズホーンテイルの吐いた炎で肩を火傷。薬を届けに行ったスネイプは半裸のチャーリーを見て目を奪われる。「どの馬鹿が火傷軟膏なしで竜に近づくんだ」「僕です♪」チャーリーも久しぶりにスネイプを見てなぜか不思議なほど魅力的に感じていた!薬を塗るそのタッチは官能的でー。チャーリーは彼の指を捕らえて口に含む。視線があう。キス、そしてそのままHになだれこむ。はじめはチャーリーがボトムの流れだったが途中で少し先の未来を幻視したチャーリーは体勢を入れ替えトップに立つ。

 

 

Eileen's Boy by sevlandexplorer  (チャーリー/スネイプ) ★★★★未完 ハーフエルフスネイプ

アズカバンの囚人。シリウスがグリフィンドール宿舎に侵入してカーテンを裂いて去った。スネイプとリーマスも呼ばれたが、スネイプは具合が悪そう。スネイプは母に強制されて子供の頃からずっと飲んでいる薬があるが、最近どうも効きがおかしかった。セブ自身にも詳しくはわからないが薬は本来の姿を隠し人間のように見せる隠蔽薬らしい。リーマスはスネイプと自分を比べて暗い気持ちになっている。自分が無職で目的無しでうろついている間にスネイプは欧州でも少数の有能なポーションマスターとなりホグワーツの寮監にもなり、最年少の教授でありながら誰からも校長・副校長の次の位置にいると見做されている。自分のほうが命を懸けて良き事に尽くしたのに、闇の魔術に魅せられた元デスイーターのほうが報われているのはフェアじゃないと内心で嫉妬している。/スネイプがハリーから地図を押収。だが呼ばれたルーピンの目の前で失神。医務室へ運ぶ。リーマスは彼を好きだったことは一度もないので例え彼が死んでも動揺はしないが、憎んだわけでもないので助けが必要ならば手は貸すつもり。/4日間意識不明だったセブ。左腕のマークが燃えるように痛み目を覚ます。腕を見るとマークは消えている。薬の効果が落ちると共にマークも溶け合って消えたようだ。彼の外観は変わったろうか?鏡を見ると耳が尖っただけでさしたる変化は無い。(省略#244)「セブはハーフエルフ。植物と話が出来、他の生き物を傷つける事ができない。そのためスパイとしてもポッターのガーディアンとしても役立たずになるのだが、アルバスはあと2年ホグワーツで教えポッターにも優しくするように主張。さっさと去りたいセブだが、ウィゼンガモットからの完全な恩赦と引き換えにそれを受け入れる。狼男イベントでピーターは逃げられなかったのでシリウスの無罪は晴らされ、ハリーと暮らせることになる。ルーピンもホグワーツを追い出されることはなく、ダンブルドアは彼をセブの次のハリーお目付け役に決めたようだ。繊細なハーフエルフなので教職員も気を使っている。一方スリザリン生は寮監への尊敬を失ったもよう。トライウィザードトーナメントでドラゴンを連れてきたチャーリーと出会い、誘われてH。」

18まで、最終更新2018.02

 

 

That Boy - starstruck1986  (スネイプ/チャーリー) ★★★★リバ

戦後。性懲りもなくハグリッドは酒場で見知らぬ男からドラゴンの卵を買った。どうやら異種交配の新品種。チャーリーの元に援助を求める手紙が届く。

ホグワーツではミネルバがチャーリーの歓迎準備。彼の世話役を乗り気じゃないスネイプに押し付ける。到着したチャーリー。セブはミネルバに言われて火傷の軟膏を作って持ってゆく。(チャーリーは学生時代トンクスと付き合っていたが、ゲイである自分に気付き彼女と別れルーマニアに去った。ホグワーツを離れたルーピンの世話をダンブルドアに頼まれて、共に暮らすうちに付き合うようになったが、ルーピンは彼を捨ててシリウスに走る。彼の死後はまた戻ったルーピンとよりを戻したが、再び捨てられてルーピンはトンクスと結婚した)3つの卵のうち1つは孵化に失敗して焼け焦げた。慌てて炎の中から取り上げたチャーリーは寝込むほどの大火傷。チャーリーはポンフリーではなくセブに看病を求めた。ハグリッドは乞われたからといえスネイプがそこまでしたことに興味津々。チャーリーに聞くと、「僕は学生時代から彼に惹かれていた。当時は作用しなかったけれど、彼も僕に惹かれてると思う」と。ハグリッドはチャーリーの言葉を否定し思いとどまらせようとするが、チャーリーはそれに反発、スネイプの元に押しかける。直球で「僕が欲しいですか?」と問いただしてーー(省略#252)「セブは誤解からの嫉妬でチャーリーのキャリアを滅ぼす行動を起こしてしまう。一度は決別するが最終的にセブを許して、愛する相手と家庭を持ち共に生きることを選ぶ。」主人公はチャーリー。セブはちょっと身勝手。作者様はウィーズリー兄弟がご贔屓らしく、どっちかというとスネイプよりも彼らを魅力的に引き立たせるお話をたくさんかかれてます。

 

 

Old Magic, Undesired - starstruck1986

Virgo by Scaranda  Bill Weasley, Charlie Weasley, Lucius Malfoy, Severus Snape

Life After Death - AnyaElizabeth

Severus Snape/Charlie Weasley - Works | Archive of Our Own

 

 

 

 

 

(フレッド・ジョージ 双子/スネイプ) Fred,George,WeasleyTwins,

原作はハリー目線で書かれてるから良い人みたいに思われがちだけど、客観的に見ると双子の行動ってかなりたちが悪いと思う。決定的だったのはスリザリンのモンタギューをあんな目にあわせておきながら、彼らとそれを知る他のグリ生は揃ってだんまり決め込んで、被害者を助ける為の情報提供を一切しなかったこと。(ハーも結局は見てみぬ振り)気が咎めてる様子も無し。相手が生還したから良かったものの…。

 

Nary a Grain of Good Sense by Josan(双子/スネイプ)★★★★
戦争後、魔法界に冷遇されてるスネイプ。双子は自分たちの仕事を手伝って欲しくてトラップを仕掛ける。3someえろいセブ、官能的。

 

 

 

Betwixt - BelovedWithKindness - Harry Potter - J. K. Rowling [Archive of Our Own]

 

Twice the Fun, Twice the Trouble, Twice the Danger, Twice the Tricks (WIP), by Drake of Dross (双子/スネイプ)mpreg

Is that a Decoy Detonator in Your Pocket, or are you Happy to See Me?  by rose_whispers(George/Snape)

 

 

 

 

 

 

 

(スネイプ/ロン) snape/ron

ロンの モデルは作者の親友で好きな子だったらしいけど、それにしては性格が…

 

Aftermath - josan ao3

戦争のPTSDで薬漬けになっているロンを魔法界を去りマグル社会に隠遁しているセブが救う

 

 

Seraphim Beneath The Christmas Tree - starstruck1986(スネイプ/ロン)★★★★リバ smut

戦争から8年後。シニアオーラーとなったロンはマグルの町中で見つけられた魔法のサインを調査するためクリスマスイブの へ。パブに入るとカウンターの男は死んだはずのスネイプ。彼は生き延びてマグルとして生きていた。ここはいとこの所有するパプでセブはこの上階に住み、彼女が都合が悪いときには時々手伝っている。スネイプは魔法界の出来事を知らないので8年間のことをいろいろと話す。3週間前ロンはハーと結婚するはずだったが、式の3時間前に逃げられた。 偶然起こったスネイプとのキスで自分と彼女に何かが欠けていたことにようやく気付いたロン。二人はそのままHになだれこんでー。/ロンは自分のアドレスを書いた置手紙でスネイプの部屋を去る。その気があるなら手紙かパトローナスで声をかけて欲しい、スネイプの秘密は守る、と。ロンが性格も良く誰コレ的な好人物なので正直言ってかなりOOC。スネイプは蛇の毒で体はガタガタ、マグルの中でなんとか生き延びてる。ハーに結婚式で逃げられたとはいえロンは地位も名誉も金もあるシニアオーラー。立場は昔とは逆転。そんな二人が恋に落ちて周囲に隠れて遠距離恋愛していたが、負傷したロンを心配したスネイプが魔法界に足を踏み入れとうとう秘密がばれる。(省略#253)

 

Captive - starstruck1986

starstruck1986 - Works | Archive of Our Own

 

 

 

 

(スネイプ/ドラコ) draco/snape  

ドラコと絡むの好きなんだけど好みの作品が見つけられない。たぶん私の読みたいセブはdrarrydramioneあたりにいるんだろうな…ハリーじゃなくて、ドラコのメンター的なスネイプが読みたいのよね。スネイプが負担ばかりで益のない破れぬ誓いを受け入れたのはダークロードの前でも公然とドラコを保護する名目が立つからだと思う。あの誓いは行動全てをがんじがらめに縛られてたスネイプが唯一ダンブルドアの指図じゃなく自らの判断で受け入れたものなんだよね。

 

It's Never Too Late to Start by: torino10154 ★★★★

ドラ→スネ。妻を亡くし子供も立派に育て上げたドラコと老齢のスネイプ。みじかい

 

[AT] The Mystery Wife by Petronius Arbiter and Lucinda Lovegood (ドラコ/スネイプ)★★★★★

Romance, Humor. 後天的女体化セブ。ヴォルデモートを欺いて、ナギニの攻撃にポーションと魔術で対処したセブ。生き残ったはいいがどちらにしろもうスネイプとしては生きられない。 魔法薬で性転換して姿を変え海外で新たなプロフィールで生きることを決意。破れぬ誓いが継続中なためドラコの面倒も見なければいけないので、ドラコを自分の見習いとして数年預かり独り立ちできるまで育て上げるとマルフォイ一家に提案。マルフォイ一家とセブの関係が面白すぎます。まさかこの組み合わせでラブコメディが読めるとは。魅力的な女性になったセブとドラコがくっつくようにあれこれ口を出すルシウスとナルシッサ。読みながらニヤニヤしちゃうような軽快で楽しい小説。原作と違ってるのはセブにはマグルの兄が一人いること。

 

The Light in Knockturn Alley by apologiestoanderson ★★★★★

オリキャラ/スネイプ、ドラコ/スネイプ)

スネイプはボージン&バークスで自分を知って声をかけてきた男と恋人になる。まだ少年だったドラコには自分の大事なセブルスが誰かに取られてしまうことが許せなかった。

ドラコの嫉妬からの告げ口のせいで、セブの恋人はベラとフェンリルに殺されてしまう。20年後ーー「実はスネイプの恋人だったOCは逆行したドラコ自身

 

 

Amo, Amas, Amat by , ★★★★

伴侶となるべき運命の相手には一致するソウルメイトのマークがある。アイリーンのソウルメイトマークは薄れ、相手はすでに死んでいた。セブにはいつまで待っても同じマークを持つ相手が現れない。そんなセブと、幼い頃からずっと見守ってきた友人ルシウスの息子ドラコ。

 

The Alembic - sassy_cat ★★★★(ドラコ、スネイプ)健全 ※健全2と共通

スネイプはドラコに危機が訪れたらわかるよう魔法儀式をしたいと申し出る。原作HBPの尖りまくったドラコなのでスネイプのことも信じていないが、実際その儀式のおかげでポッターのセクタムセンプラにより死に掛けたときも救われた。学校からの逃亡後もスネイプは彼を守っていた。破れぬ誓いで一蓮托生だからかもしれないが。/7巻ドラコPOV。

 

sun-stepping with my dance shoes on - chantefable ★★★★☆ (ドラコ、スネイプ)※健全2と共通

ドラコは戦争が終わった後裁判を経てアズカバンに入った。出所後は薬局で働きながらスネイプの母を捜していた。彼の最後を伝える為に。

ドラコはスネイプを探しに行き彼がまだ生きていることを発見。呪文と薬でなんとか命を繋ぎとめ、彼がアパレートで異動するのを助けた。ドラコにはわからない場所。別れ際スネイプは母に伝えてほしいといいかけてそれを撤回したが、出所後ドラコはそれを伝えるためにずっとアイリーンを探しており、今回ようやく伝える事が出来た。スネイプが今も生きてるかどうかはわからないが。夜も遅くなり、どうやら明日は仕事に遅れそうだ。ドラコは雇い主にふくろうで連絡する。/ドラコのメンター的なスネイプ

 

Waste my hate on you no more by Carmilla DeWinter ★★★★ 無性愛、asexual(リレーションシップは欲しいけど性的接触には忌避感がある、とかそんな感じ)

スネイプは、抗毒素とポートキーを使用してシャックからカナダに逃れました。8年後、あまり幸せな生活を送っていないドラコはスネイプ生存の手がかりを掴みます。

/ドラコとアストリアの結婚生活は惨めなものだった。ドラコは妻に恋することができず、孤独な彼女は買い物や散財で憂さを晴らす。子供の世話にも無関心。

新聞でふと見た吸血鬼のための画期的な新薬の記事。カナダのポーションマスター、ジョセフ・アミールなる名前は以前ゴッドファーザーのスネイプに聞いたプリンス家の先祖にちなむものだった。ドラコは彼がスネイプなのではとの疑いを持ち、スコーピウス連れでカナダのそのポーションショップを訪ねる。

ドラコはスネイプに慰めて欲しかった。はたしてジョセフはスネイプで、共同経営者のレスビアン魔女キャットとの間に娘が一人。キャットとパートナーの狼女、スネイプ、娘の4人が共同生活を送っている。

ドラコはスネイプの開発した新薬の権利を取得して、英国やヨーロッパでビジネス展開。

たびたびカナダと行き来するうちにキャットからスネイプとのロマンスの有無をはっきりさせるよう促されるが、ドラコはスネイプとセックスしたいわけではなかった。ただそれ抜きでキスやタッチや抱擁は欲しいし家族にもなりたい。問い詰められてそう告白し、スネイプもそれをOKした。スネイプ自身元々そういった欲望は無かったのだ。

ドラコは妻と話して名ばかりの結婚は続けたが、実生活ではカナダに居を移しセブとアパートをシェア、国際フルーやポートキーで英国に通って仕事を続ける。スコーピウスとセブの娘リリーは一緒に育った。優秀なリリーはセーラムの学業をすでに終え、スコーピウスがホグワーツに入学する際にはマグル学の教授をアシストするスタッフとしてついていった。スネイプによく似た彼女を見て教授陣も驚きを隠せない。(母の苗字なので誰もスネイプの子だとわからない)リリーは自分の父とスコーピウスの父が同居していることを隠していないので、ネビルはハリーに手紙を書いてドラコに探りを入れてみろ、と。

ハリーはドラコを訪ねて質問し、どうやら彼のビジネスとプライベートのパートナーがスネイプらしいとヒントをもらう。ただドラコの説明ではどうもゲイというわけではないらしい。

ホグワーツ急行の出迎えにセブも同行した。戦争以来始めて魔法界に姿を現す。下衆な嫌味を言うジニーをあっさりかわすセブ。二人の指には堂々と無性愛志向を示す指輪。

 └An Ace Brewer by Carmilla DeWinter 

上の話の前日譚。シャックからカナダへ移動したときのこと。

 

 

Reveillon Femme (femmequixotic)

記憶喪失

 

Bare Edge of Survival by ze_dragon 戦後マグルとして生きるドラコ

Sparking Like The Perfect Match by Lokifan(スネイプ/ドラコ)サブドラコ

Thawing the Ice by calrissian18 (スネイプ/ドラコ)

The Forsaken Ones by cruisedirector

Shattered Fancies By: CRMediaGal

No Choice By: CRMediaGal

Of Potions and Wings BY : Sablesilverrain サブドラコ

And Then There Were Three by swtalmnd

Draco Malfoy/Harry Potter/Severus Snape Severus Snape/Original Male Character(s) Harry Potter/Severus Snape Draco Malfoy/Severus SnapeHarry Potter Draco Malfoy Severus SnapeThreesome - M/M/M Courtship Rimming Mpreg

Summary: Snape asks Draco and Harry to participate in the first round of his Petitioner's Courtship as a favour, and they both allow themselves to consider his suit more seriously than anyone expected.

Cursed Frustration By: OldBesinaStuff

A cursed relic finds its way into the school and all hell breaks loose. Snape-centric PWP. Many pairings and ensemble OCs.

Harry Potter - Rated: M - English - Fantasy/Supernatural - Chapters: 11 - Words: 26,931 - Reviews: 10 - Favs: 27 - Follows: 10 - Updated: Jul 22, 2013 - Published: Feb 25, 2012 - [Draco M., Severus S., OC] - Complete
Snape takes care of Draco after Voldemort tortures him and starts to see him in a different light. "I thought that I would never feel again, not after losing her. But something about him, about this insane yet beautiful boy, has awakened feelings deep within me that I thought were long dead." Wartime AU. Post HBP. M/M SLASH. Snape/Draco. No Chan. MATURE CONTENT.
Draco M. & Narcissa M. & Severus S. & Voldemort - Words: 25,672 - Rated: M - English - Romance - Chapters: 13 - Reviews: 14 - Updated: 20-02-2017 - Published: 27-03-2013 - Complete
 Infinite Shadow of the Soul" by Femme
ヴォルを止めるためスネイプとドラコが逆行。ロシア、サンクトペテルブルグ
 
 
 
 
 
 
 
 
(スネイプ/ネビル) snape/neville

ロングボトム家を継ぐものとして祖母に厳しく育てられ萎縮しているように見える。彼を取り巻く家庭環境はあまりよくなさそう。アルジー大叔父は邪魔なネビルを殺すつもりで窓から落としたと思う。ネビルがいなければ名門ロングボトム家の家督を継ぐのはアルジーになるんでは。幼い子の入学プレゼントに毒のあるヒキガエルってのも結構な悪意を感じますが、当の本人は気付かずありがたがってるあたりが英国流のブラックジョークなんだろうなあ。

 

Temptation by Rhys (スネイプ/ネビル)★★
ネビルの様子がおかしいのに気付いた女性教授陣。様子を聞きだすようスネイプが頼まれる。ネビルはゲイを自覚してナーバスになっていたのだった。悪いスネイプ。

 

Teach Me - falleraatje (スネイプ/ネビル)★★★★

実はネビルはポーション授業でわざと失敗して居残り罰則を受けていた。

スネイプのことが好きで、彼と一緒に時間を過ごしたかったから。

 

Hazel by Nevilla F ★★★★☆ (成長したネビル→スネイプ スネイプ/ネビル)

戦後、ポルトガル語 、未完 

戦後の裁判でスネイプは3年の自宅監禁。国外への移動は禁止。マグルコミュニティのために働き、杖の使用は制限される。アパレートも禁止で一日に使える呪文は3つまで。違反した場合はアズカバンに6年の刑になる。スネイプは地下鉄でマグルコミュニティの薬局に通勤している。

ある日偶然地下鉄駅の階段でオーラートレーニング帰りのハリーとネビルにばったり。ハリーは相変わらず傲慢な物言いで不愉快な存在。一方ハンサムな青年に成長したネビルはスネイプを恐れることはないようだが彼の前で妙に緊張している。二人はこのあとジニーとビルと合流しパブで飲むらしい。地下鉄に乗って待ち合わせの駅へ移動。ネビルはスネイプにも参加しないかと誘うがスネイプは断る。ネビルは脱狼薬作りを教えてほしい、支払うので個人教授してくれないかとスネイプに頼み、住所をゲット。

実はネビルは16歳の頃からスネイプに恋焦がれていた。薬作りを習いたいというのは口実なので単純に彼の知る一番難しい薬を例に挙げた。ジニーは親友の気持ちを知っていて応援している。例えうまくいかずに失恋しても、ネビルはようやく他の人に眼を向け前に進むことができるだろう。ハリーたちもジニーから彼の気持ちを聞いて知っている。

スネイプは魔法なしで大変な思いをして自宅を清掃。授業の準備を整える。彼の家にはマグルのものは何もないので、照明ひとつなくあるのはろうそくだけ。スネイプはおそらくネビルはポッターたちとの賭けやからかい目的で近づいてきたのだろうと考えていた。突然の薬への興味は腑に落ちない。それともネビルは狼男に興味でもあるのだろうか?

初授業の日、ネビルはワインを持って訪問。スネイプのレジリメンシーにオクルメンシーで対抗するので真意が読めない。スネイプは彼が狼男に恋していると誤解しているようでそれを知ったネビルはショックを受ける。自分が好きなのは狼男なんかじゃなくスネイプなのに!初日のテストは無事終わり、次の予定は二週間後。ネビルはスネイプにクリスマスプレゼントを渡す。最初は固辞したスネイプだが、中身がレアな闇の魔法の本と知って喜んで受け取る。スネイプは「1.ポッターたちとの賭け」「 2.狼男と付き合ってるので薬が必要」の予想に「3.ネビルはどうやら自分に不健全な興味がある」の選択肢を加えた。(省略#318)

21/? Updated: Mar 1, 2017

前半スネイプにグイグイ迫るネビルがとってもいい。ネビスネかと思いきやいったん関係を結んでからはスネネビ。「元々3年だったはずの刑期がネビルと関係を持ちてんぱったスネイプが彼から距離を置こうとあえて一日の魔法使用数制限破りをして6年のアズカバン送りに。スネイプをオーラー訓練生の講師に利用しようとアーサーはアズカバンの代わりに50年の省仕えを提示、過酷な仕事。作中では善人らしいけど魔法副大臣になったウィーズリー家の専横振りがちょっと…そこまで権力あるんなら本気出せばスネイプの恩赦できたんじゃ?理不尽な仕打ちにイライラ。」拘束され自由を奪われるってシチュが嫌いなので後半からの展開はあんまり…

 

 

Ácido e Base by Nevilla F

 

 

 

 

 

 

The Long Road that Does Not Lead Home - victoriousscarf - Harry Potter - J. K. Rowling [Archive of Our Own]

 

One Gold Galleon by Serpenscript

戦後の懲罰でセブの就ける職業は街娼のみ。ボトムスネイプ

Please, Release Me! BY : Severus1snape

Stairway to the Skies By: morgana-avalon

┗前2作Captive HonorOne More Time
Tensile Strength by: eeyore9990
heavy angst, minor character death, flogging, dark theme

Botched By: fluffy-subtext  

The Silver Potion by: white mouse

Night-blooming heartsease by: julad

Third Time's a Charm by: steph7of7

Released by: florahart

Baby, be a Giant and Let the World be Small - tuxedoblack - Harry Potter - J. K. Rowling [Archive of Our Own]