cl⌒l⌒b'ω'*) 

海外ファンフィクション読書記録。 ハリポタのスネイプとマーベルのロキ(マイティ・ソー2作目まで)が好き。 忘れっぽい自分のためにどんな話だったか記録してるのでネタバレばっかり。 ネタバレが嫌いな人は見ちゃダメ。オリキャラ大好き。 ダンブルドア・マローダーズ・ハリーらグリフィンドール勢は好きじゃありません。 ←この辺が好きな人は読まないほうがいいです。キャラバッシングあり。

男女CP4・スネルナ・スネジニ・その他原作女性キャラ・クロスオーバー

⇧topへ

 

gen1 健全1

gen2 健全2

gen3 健全3

gen4 健全4

het1-1 /lily1

het1-2 /lily2

het1-5 /petunia

het2  /ofc,/oc

het3  /hermione

het4  /other canon characters,x-over

slash1-1 /harry1

slash1-2 /harry2

slash1-3 /harry3

slash2  /lucius,/dumbledore,/other canon characters.x-over

slash3  /omc,/oc,/kingsley,/percy,/draco

slash4-1 /marauders - james

slash4-2 /marauders - sirius

slash4-3 /marauders - remus

 

 

Het4(男性/女性) snape/other canon characters,

 

 

(スネイプ/ルーナ)

原作では珍しく性格の良いキャラ。ジニーはああいう性格だから多分寮の中では本当に仲のいい女友達はできなくて、それでぼっちのルーナを友人にピックアップしたんじゃないのかな。正直なところ気持ちが双方向で対等な友人のようには見えなかった。戦後にラルフと知り合って、ニュートお爺さんと戦争やダンブルドアの話してるのが見たい。ニュートもきっと世間が見てる理想的なダンブルドア像とは違う姿を知ってるはずだから。

 

The Death Eater's Waltz - naivety (スネイプ/ルーナ)★★★★

戦争はヴォルデモートが勝利。ハリーは死んでいた。忠実なデスイーターには褒賞が与えられる。ドラコはハーマイオニーを、スネイプはルーナを保護するために奴隷として選んだ。マルフォイマナーを根城にしたヴォルデモート新政府。スネイプもそこに部屋を与えられている。保護し気遣ううちに両者の間に愛情が芽生える。「/実は生きていたハリーら騎士団の反撃。ヴォルは倒され、奴隷となっていた女性たちは保護される。生き残ったデスイーターたちは捕縛された。/ルーナが妊娠していることがわかり、スネイプは裁判で記憶を提出。戦争で彼の演じた役割、ルーナとの愛情関係が明らかに。スネイプはアズカバン3ヶ月と社会奉仕数年の刑。/戻ったスネイプをスピナーズエンドで出迎えたのはルーナとナルシッサとドラコ。ハリーは戦後落ち込みから回復することは無かったがジニーはずっと彼を支えた。ハーはロンと結婚したが、ドラコとの文通はずっと続いた。」

 

By The Tips of Their Fingers by lordhellebore (ルーナ/スネイプ)★★★
スレイブもの。光側の勝利で奴隷になっていたスネイプをルーナが買う。スネイプの意識は茫洋としてて障害があるみたい。エロ。

What Men Call Love by lordhellebore (スネイプ/ルーナ)★★★★
戦後ナギニの毒と傷の後遺症で苦しむセブ。9年もの間ありとあらゆる治療者をあたったが効果はなく、セブはとうに諦めていた。ナルシッサがこれで最後だから行ってみて、と紹介してくれたヒーラーはルーナ・ラブグッドだった。暖かくていいお話です。

The Abundance Of Her Charms by OdoGoddess (スネイプ/ルーナ)★★★★★
死後、ポッターの主張により肖像画となったスネイプ。記憶の植え付けにダークマジックが使われたせいでホグワーツ城は彼の肖像画をかけることをこばみ、人気のない廊下に置かれることに。ルーナは時折ホグワーツを訪れて彼の肖像画と話をしてゆく。ルーナは南米へ魔法生物探しに行く際、連絡が取れるよう魔法のノートを渡す。友人として文通を重ねながら理解を深めてゆく二人のやりとりがいい。肖像画スネイプって設定は好きじゃないんで普段あまり読みません。(意識が終わりのない牢獄に閉じ込められてしまうようでいい話だと思えない。しかも校長絵画は現校長に従わなくてはならないので生前と同じような下僕状態。生き残った者が絵への謝罪で勝手に贖罪を果たした気になるのもちょっと…。呪いの子で作者がスネイプを肖像画にしてなくてほっとした)でもこのお話は面白かったです。肖像画と生身の人間、死者と生者の少し悲しくて幸せなラブロマンス。smutty_clausより

 

Press, Release. by: bethbethbeth (スネイプ/ルーナ)★★★☆

アズカバンの独房で9年にもわたる監禁の後、仮釈放されたスネイプ。(引受人はルーナ、彼女の持つ雑誌社で働くことが条件)名誉は回復されないまま。杖は取り上げられ、彼の指は節くれ立って固くなり、もはや昔のようにポーションを醸すこともできない。

 

The Death Eater's Waltz - naivety - Harry Potter - J. K. Rowling [Archive of Our Own]

 

 

The Abundance Of Her Charms - smutty_claus - Harry Potter - Rowling [Archive of Our Own]

Surviving - stereokem - Harry Potter - J. K. Rowling [Archive of Our Own]

The Guiltless - Chapter 1 - branwyn - Harry Potter - J. K. Rowling [Archive of Our Own]

 

The Poor of God - Chapter 1 - branwyn - Harry Potter - J. K. Rowling [Archive of Our Own]

 

Donut Days by Story Please

戦後オーラーのラベンダーとルーナが動物消失事件を捜査。ミネルバも行方不明。

And From the Shadows by Robbins2

 Luna Lovegood is left all alone when her father goes missing. Professor Snape does not wish to trade his solitude but he cannot turn his back on duty. Could they end up saving each other?

Rated: Fiction T -

I Know Not, and I Cannot Know--Yet I Live and I Love by billowsandsmoke Severus Snape has his emotions in check. He knows that he experiences anger and self-loathing and a bitter yearning, and that he rarely deviates from that spectrum… Until the first-year Luna Lovegood arrives to his class wearing a wreath of baby's breath. Over the next six years, an odd friendship grows between the two, and Snape is not sure how he feels about any of it.

 K+,  words: 32k+, favs: 296, follows: 49, May 1, 2016, Harry P., Severus S., Luna L.

To Dance by the Light of the Moon [K+ (PG)] by scaranda

A Bat Over the Moon by Lily MJ Fae

The After by D3adlyG33k'sMistress409 - Severus S., Luna L.

Giving Extras  未完

I Know Not, and I Cannot Know; Yet I Live and I Love - billowsandsmoke 友情 メンター

 

 

 

(スネイプ/ジニー)

ジニーとリリーは似てるんだと思う。どちらも気性の激しい赤毛美人、欲しい相手を手に入れるために好きじゃない振りして焦らして翻弄、その影で誰かを傷つけても気にとめない。作者はジェリリとハリジニをだぶらせるように書いてるはずで、たぶんどちらも相手の内面を見る前にステイタスや条件に惹かれてしまうようなごく普通の女の子なんでしょう。

ジニーの正式名はジネブラで、名前の意味を辿るとアーサー王の奥さんに行き着きます。ウィーズリー家の人々は王室関連の名前になってると思うんですが、原作が所々でハリーとグリフィンドールの剣をアーサー王エクスカリバーになぞらえてる(※2巻 相応しい者だけが抜ける剣、7巻の湖の剣)ことからみても、ジニーは最初から作者がハリーの相手役として用意してたキャラだと思う。(ちなみにアーサー王が最期の戦いで持つのは伝説の名槍”ロンの槍”。モリーはおそらく過保護とか甘やかすとかいった意味のmollycoddleからかなあ?)
グウィネビアってランスロットとの不倫イメージが強いので、そう考えるとハリーとジニーがこの先もずっと愛し合って幸せに暮らしていけるのかちょっと疑問は残るけど。

 

 

Snape's Room in the Basement BY : tbird1965 (スネイプ/ジニー)★★★★★

smut.性的に奔放なジニー。グリモールドプレイス滞在中、偶然にスネイプのセクシーな裸を見かけたジニーはその姿に悶々。夜毎ベッドまで忍び込み誘惑する。ヴォルの呼び出しでスネイプが負傷して帰ってきた後も関係は深まるばかり。SEXの相性ぴったりの二人は隠れて逢瀬を続け、心から愛し合うようになる。ジニーってあんまり好きじゃないキャラだったんだけど、この話の二人は魅力的だなあ!ストーリーはHBPとDHの原作に沿って進行していきます。 

 

Ginny's Fantasy BY : tbird1965(スネイプ/ジニー)★★★★★

smut.戦後。スネイプは死なず、彼のリリーへの愛情はしばらく新聞を賑わせた。ジニーはそのロマンティックな記事で彼に夢中。いつものように授業中にスネイプをネタにしたえっちな妄想で楽しんでいると、スネイプに授業後に残るよう言われる。実は昔ヴォルにとりつかれたとき彼の能力の一部が残ったせいで、ジニーの思考はダイレクトにスネイプに送信されていたのだ。スネイプは授業に集中できないのでジニーにしつこいエロ妄想を発信するのを止めて欲しい。一度彼女のやりたいことを実際にしてみたらいい、そうしたら幻想も冷めて妄想することもなくなるだろうと自らを提供することを申し出る。

 

Lovers Regret By: 8thwea(スネイプ/ジニー→オリキャラ/スネイプ)★★★☆

アルセブはかつてジニーがスネイプと浮気してできたスネイプの息子。スネイプは入学時にひと目見て自分の子ではと疑い、ジニーも認めた。家庭を壊さぬよう秘密を守ると約束し最後の逢瀬。そのすぐ後オリキャラと出会い電撃結婚オリキャラはスネイプに幸せをもたらしてくれる存在。子供も2人恵まれ、長女はスリザリンにソートされた。ジニーの末娘がその様子を手紙で書いて寄越した。実はジニーの末娘は最後の逢瀬のときにできたスネイプの娘である。

 

Mended Hearts By: 8thweasleykid (ドラコ/ジニー→スネイプ/ジニー)★★★★

ドラコとジニーは親友、ジニーはドラコと結婚したかったが、ドラコは家の義務を優先させてパンジーと結婚した。自分が幸せに出来ないからジニーを頼むとスネイプに言い残したドラコだが、新婚生活の不満からジニーに言い寄る。愛人になってくれと抜かしてはねつけられるドラコ。スネイプはリリーによく似たジニーに惹かれるのを止められない。ポーション会議にかこつけてジニーをイタリア旅行に誘い告白。ジニーもスネイプに惹かれているが、家族には秘密にしたいという。隠れてコソコソしたくないスネイプは一度はジニーと離れようとするが結局付き合うことに。関係が周囲にばれ、学校を辞めさせられそうになるスネイプ。元凶はドラコ。離婚することに決めたらやっぱりジニーが惜しくなったのだ。ドラコの酷薄な本性にようやく気付いたジニー。スネイプを愛してる、去らないでくれと懇願、スネイプはジニーにプロポーズ。後で我に返ったドラコはジニーの愛と友情と、名付け親で父のようなスネイプの両方を失ったことを後悔、パンジーには魔法の誓約をしてやり直しに同意してもらった。ドラコの謝罪を受け入れるジニーとスネイプ。時が経ちホグワーツ急行に乗り込む子供たちを見送る親たち。みんな仲良し。

 

 

What Happens in the Forbidden Forest... - ladyroxanne21(ベイン/ジニー)★★★★

ケンタウルスは自分達の領域に入った魔女に子を産ませる。

ジニー、禁じられた森に迷い込み、ベインの子を妊娠。

 

The Quest for Happines - charmed92 fh 未完 de-age snape,

The Wedding Set By: missparker85

 Apprentice By: theimpossiblegrrl 

The Midnight Hour By: Sinister Spiders (スネイプ/ジニー)

Take These Broken Wings By: Sinister Spiders (スネイプ/ジニー)

A Second Chance For Happiness By: original-star-girl-78(スネイプ/ジニー、ハリー/ジニー)

Black Rose By: TemperedRose (スネイプ/ジニー)

Eine Frage des Blutes - Kapitel 1 - Serena Snape | FanFiktion.de

 

 

(スネイプ/ナルシッサ)

 

In the giggling Fate's hands By: Ceti H. Black - Severus S., Narcissa M. -未完★★★★

セブが最期に願ったのはただ平和だけ。ダークロードも操り師も地獄の3人組ももうまっぴらだ。リリーの容赦を乞う事だって諦めた。そもそも自分は彼女に酷いことなんてしていない!ああ、ようやく死ねるーと思った次の瞬間、セブは運命を名乗る小さな可愛い女神様に抱かれていた。「こんにちはセブ。あなたにもう一度チャンスをあげるわね」……。「もちろん、これが私が今最も欲しいものなので。私の人生をもう一度やり直すこと!」セブの皮肉は通じなかった。満足げな女神様を見て嫌な予感。「おい待て」「無防備で送るつもりはないわ。それは酷いものね!力と知識ありだけじゃなくあなたは真の予見者よ!」「わああああ」セブは問答無用でポータルに吸い込まれた、彼が最期に見たのは興奮で跳ねて熱心にこっちに手を振っている女の子の姿だった。(省略#82 )コメディ。ギャグです。将来的にナルシッサとCP予定だけど今のところは全然その気配なし。笑える。

 

The Prince's Harem  by severusphoenix ★★★★★ ※gen1と共通(スネイプ/ナルシッサ )

湖の一件は思わぬ影響をもたらした。パンツを脱がされたセブのアレはゴージャスだった。ホグワーツの噂工場は加速、皆から一目置かれるようになる。ナルシッサや、レイブンクロー、ハッフルパフの女の子たちと仲良くなり、一緒に勉強するようになる。周りはハーレムと揶揄するが中身はただの仲良し勉強クラブ。いたって健全。女の子たちはむしろ噂を面白がって放置してる。セブは母親に離婚を勧め、無事離婚した後はプリンスに戻る。スラグホーンが生徒への注意力不足で辞め、代わりにDADA教師とスリザリン寮監になったのは気骨があり清廉なスクリムジョール。スクリムジョールがペンシーブを使ってデスイーターが主人に拷問された記憶を生徒に見せてるのでスリザリン生のほとんどは最早ダークロードに加わることに興味なし。闇陣営はどんどん力が削られていく。セブ/ナルシッサ、ジェームズ/リリー(省略#106)

 

 STAGES OF GRIEF by Amandah Leigh ★★★★★(ルシウス/ナルシッサ スネイプ/ナルシッサ  ドラコ/ハーマイオニー

戦後ドラコは省の更生プログラムで週に2度のメンター・ハーマイオニーの訪問面会を受けている。ハーはロンと別れた後。戦後のドラコは彼女が知っていた嫌なやつとはだいぶ違う。徐々に近づきロマンスが芽生える。

ドラコの母ナルシッサはルシウスの処刑から立ち直れず重度の鬱状態。部屋に閉じこもり食事も風呂もとらず酒と睡眠薬に溺れている。ハーの助言もありドラコは母を立ち直らせるためにスネイプに助けを求めた。

スネイプは処刑前のルシウスに妻子の様子を見ると約束した。スネイプを死から救ったのはルシウスだった。彼自身も戦後の落ち込みから回復したわけではなかったが、生きる気力をなくして自傷を繰り返し自滅するナルシッサを放って置けない。定期的に訪問し面倒を見る。強引に風呂に入らせ杖や剃刀を取り上げ、寝て食べてまともな暮らしをするように監督。友人としての気の置けない気安い関係。ナルシッサとルシウスは本当に愛し合っていてお互いが唯一無二の存在だった。それでも徐々にルシウスの喪失を乗り越えて立ち直り、スネイプもリリーの喪失を乗り越えて、二人の間に新たなロマンスが生まれる。

(省略#347 )ナルシッサもセブも亡き夫・友人であるルシウスには誠実。それでいてスリザリンらしくしたたかでイイ性格してるので会話がすごく魅力的。面白かった。

ANDROMEDA TONKS: LONG-TERM, ADDICT by Amandah Leigh

戦争から5年。妹ナルシッサとも和解、彼女の相談相手ともなりしっかりと人生を前に進んでいるかのように見えたアンドロメダ。しかし彼女は夫と娘の喪失を乗り越えることが出来なかった。前作終盤では断酒失敗が判明、薬物にも手を出しオーバードーズで意識不明で倒れる。テディが祖母の愛人キングスリーに助けを求め、キングスリーはアンドロメダを更生施設に入れた。(アンドロメダはキングスリーと体の関係アリ。前にプロポーズされたが断った。)アンドロメダの中毒・依存症からの立ち直りの物語。

 

WANTING NARCISSA By: Amandah Leigh
Narcissa/Snape, Narcissa/Lucius, Bellatrix/Voldemort,

1996年。不誠実な夫、息子のドラコもほぼ16歳で思春期を迎え、最近では自分を疎ましく思っている。夫に愛されず友人もいないナルシッサは欲求不満。自分も誰かに求められたい。ナルシッサはスネイプに縋り自分との浮気を持ちかけた。(ナルシッサは知らないがスネイプはアズカバンから脱獄した後のベラと寝たこともある)

ナルシッサは料理好き。学生時代の得意科目ポーション作りに似ているから。しかし夫は料理などハウスエルフの仕事だと軽蔑する。女に会うのをやめないなら私も浮気するわと脅しても子供をあやす様に適当に宥められる。ルシウスは妻を見くびっておりまさか本当に浮気をするなど思いもよらない。ルシウスは妻を大事に思ってはいるが、浮気を止めるつもりは無いようだ。

コークワークスのスネイプを訪ねる。一度寝ていながら、ナルシッサは明るい部屋で服を脱ぐのを嫌がった。裸を見られるのが嫌で、聞けばルシウスとの間でもそうなのだという。スネイプは彼らの性生活を聞き、「君に必要なのは恋人じゃなくセラピストだ」と話す。ナルシッサはアイリーンのような被虐待者の持つ眼をしていた。あくまでも体だけの関係と割り切ってナルシッサとスネイプは密会を重ねる。

7月。ルシウスは魔法省での戦いで1ヶ月前に逮捕され、マルフォイマナーはダークロードとその配下に乗っ取られた。かつてナルシッサを保護した姉はダークロードの命令で彼女をクルーシオにかけた。ナルシッサもドラコも惨めな思いでびくびくと過ごしている。アズカバンの姉に面会に行ったことがありどんな場所か知っている。夫があそこで苦しんでいると思うとスネイプとの不義にも罪悪感が募る。最後に抱き合って関係を終わらせた。

/5.8月1日。ナルシッサは妊娠に気付く。夫とスネイプどちらの子かわからない。スネイプに堕胎薬を作るよう頼む。

ナルシッサのトラウマの告白。ブラック3姉妹は継父から性的悪戯を受けていた。自分を育てお姫様のように甘やかした継父を好きだったのに、彼がマグルに殺されたときにはほっとしてしまった、と。スネイプも自分の父親が母を殴るモンスターだったと過去を告白。父が怪我して母が家計を支えるようになるとますます悪化し、男は女を従えるべきとセブに母親を殴らせることまでした。深入りしないよう気をつけていたはずが、互いの虐待的な過去を知り相手を深く知ってしまうことでー。

/6.8月15日。ドラコがヴォルからダンブルドア殺害指令を受ける。失敗すればドラコは殺される。スネイプの作った堕胎薬を飲む。ナルシッサは姉と一緒にスピナーズエンドを訪ねて破れぬ誓いを結ぶ。

/7.ハロウィン。マナーにいたのはナルシッサだけ。スネイプは彼女の作った食事をオファーされ、肉体関係が復活してしまう。1-8、48-52、泣ける 原作7巻

セブとナルシッサは本気の恋に落ちる。再び妊娠。セブはナルシッサにプロポーズし、ナルシッサも夫と別れスネイプと生きる決断をする。戦争は原作どおりに進む。ルシウスはナルシッサの子がセブのものだと知って彼女を取り合って争うがダークロードが介入して2人の闘いは中断。スネイプはナギニに襲われて死ぬ。ポッターの声明(リリーへの愛)でナルシッサはスネイプの自分への愛に疑いを持つが子供を生んで育てることを決意。肖像画に会いたいとホグワーツを訪ねる。存在しなかった絵の代わりにセブの長年の女友達セプティマベクトルから話を聞き遺品を譲り受け彼の愛を確かめる。ベラの産んだ娘はナルシッサが世話していたが呪いの子に繋がる形で養母に引き渡される。」8まで読んだ後ラスト付近だけ読んだ。展開は原作どおりで原作死者は助からない。ハッピーエンドじゃないけど泣ける。あとでちゃんと読み直す。

 

 

Furius Draconis I - scars_across_the_sky - Harry Potter - J. K. Rowling [Archive of Our Own] セブルス・スネイプは友人のためなら何でもします。何でも。

 

 

Soul Play by Snapesforte.(スネイプ/その他(女)

A Light in the Dark By: Animalium スネイプ/ナルシッサ 未完

At Last by jennybenny2845 スネイプ/ナルシッサ  ルシウスが死んだ後。慰めが欲しいナルシッサとヴァージンセブ。

 

Veela Agreement" by aleysiasnape - Rated: PG-13 (Severus Snape/Narcissa Malfoy  

 

 

 

(スネイプ/その他原作キャラ)

The Right Place & The Right Time by smutty_claus for Leni Jess ★★★★★(スネイプ、ミリセント)

戦後、ナギニに襲われたスネイプは全く動けない状態だが、聖マンゴでは受け入れられず、学校も安全ではない。ミリセントは新米メディウィッチとして尊敬するヘッドマスターの在宅介護を担当する。スネイプにしたら相手はほんの小さな子供だった頃から世話してる自寮の女の子(ハーフブラッドなミリーを気にかけてもいる)なわけで、その子に排泄から身体の隅々まで洗ってもらったりするのは恥や葛藤があるわけです。ミリーのほうはスネイプを尊敬してるし敬愛してる。無自覚なほのかな思いもある。スリザリン寮の回想と介護描写が交互に続くんですがこれがまた妙に官能的なんですよ。何もないのにそこはかとなくえろい。あとスネイプがスリザリンの寮監をちゃんとしてるんだなーって描写が好き。

 

Lemon Squeezy By: Teddy Radiator - (スネイプ、フィルチ、ミリセント)★★★★★※slash2と共通

3someなんだけどいやらしさはなく家族のような友情・愛情。ミリセントブルストロードのPOV。寮監として虐めにあったミリーに適切に対処するスネイプ。ミリーとフィルチの友情。いたわりあい。DHを通して戦後の3人の様子。

 

Snape's Hareem by josan (スネイプ/女生徒多数) ★★★★
戦争後。傷ついた女生徒たちを慰めたり愚痴を聞いたりしてるうちに、いつしかスネイプの周りには女生徒たちが集まるようになった。その集まりを誰が呼んだ か「スネイプのハーレム」。能力を磨きコネクションも作った彼女たちは優秀な成績で卒業して社会で活躍し~。スネイプも女の子たちもみんながハッピー。

A First Time For Everything by psyfic(スネイプ/ロスメルタ)★★★★
マダムロスメルタとの初体験と個人レッスン。そして戦争後。いいエンディング。

 

Mr. Pitiful? by: flaminia_x(スネイプ/ロスメルタ)★★★

ダンブルドアと会ってスパイになるよう強要された後。酒場で酔うスネイプと彼を慰めるロスメルタ。

 

Solvency - Toodleoo - Harry Potter (スネイプ/ロスメルタ)★★★

Talented Little Fucker - MyWitch (上のficにインスパイアされたイラスト)

「さっさと脱いで裸になってよ。あなたは私に借りがあるんだから」ロスメルタの趣味はスケッチ。スネイプは長年彼女と友情を築き何度かモデルも勤めたがさすがにヌードになったことは無い。スネイプは53歳。戦後はホグワーツの校長として復職した。彼女はスネイプに怒ってる。友達なのにスパイであることも隠してて何も手伝わせてくれなかったなんて酷いじゃないの。

 

 

The Second Chance by: ginny___weasley(スネイプ/リリールーナ)★★★

non-con,underage.リリールーナにリリーを重ねて老いらくの恋にとち狂ったスネイプ。無邪気に慕ってくるリリールーナに辛抱たまらずとうとう襲ってしまう。児童虐待・性犯罪。ただの犯罪者。ダークfic.外道スネイプ。

 

 

 Afterimage by Skettimon ★★★★ 未完(スネイプ/リリールーナ)

ボートハウスと叫び屋敷にでるスネイプの幽霊

人と馴染めないリリールーナは幽霊に懐いて会いに通う。成長するにつれその気持ちは恋に変わりー。ゴーストセックス

 

 

Tit for Tat by: flaminia_x(スネイプ/ポンフリー)★★★★★

呼び出されるたびに酷い怪我を負って戻るスネイプ。ポピーは彼の医療ケアをし、スネイプはその見返りに医務室の医薬品のサプライを請け負う。長く続けるうちに肉体関係も出来るが、ロマンスではなくあくまでビジネスライク。cool!

 

A Rush of Blood to the Head by PlaidPooka (スネイプ/フーチ、ドラコ、トレローニ、パンジーリーマス)★★★★

クルーシオの悪影響を癒すための薬にユニコーンの血が必要。省からの要請で禁じられた森で採取することに。ヴァージンでなければ血は得られないが、生徒を禁じられた森に行かせるのは危険だ。「先生方の中でヴァージンはおられますかな?いない?ではセブルス、これに貢献できるのは君しかいないようです」とアルバス。全教職員の前で未経験をばらされ真っ赤になるスネイプ。

あっという間に全校に知れ渡り、てっきり笑い物になるかと思ったスネイプだが、なんだか知り合いが次々にセブのヴァージンを奪おうとアタックをかけてくるように。挿入なしならOKらしい、ってことで皆さんぎりぎりの行為を仕掛けてきます。

 

Goldilocks and the Four Heads of Houses by DailyProphetEditor (ロックハート、スネイプ、ミネルバ)★★★☆ コメディ

バレンタインデー。スネイプの態度を自分に気があると勘違いしたロックハートがセブを図書館の壁に押し付けて口説く。「決闘のときの呪文も情熱的だった。文字通り空中に火花が散ったね。君の気持ちは明らかだ。ああ、君の素敵な声でどうか私の名を呼んで。」スネイプは杖を机の上に置きっぱなしだったのでキモイ男を振り払えない。ロックハートはセブにキスしようと目を閉じ強引に唇を寄せる。セブは両手を思い切り突っ張って突き飛ばした。ずでんと後ろ向きに倒れるロックハート

この男二人のすったもんだを覗いていたミネルバとポモーナは声を潜めて大爆笑。「セブルスがキレる前に助けるべきかしら?」「ロックハートまだやると思う?」「そのつもりみたいよ」

ミネルバロックハートがセブに熱烈キスし服を引き裂き始めた時点で介入することにした。…スネイプの恋人の振りをして。セブもミネルバの手に乗った。疑り深いロックハートに見せ付けるように情熱的にキスをする。みていたポモーナはびっくり、いつの間にか図書館の戸口にいたフリットウィックも同様に呆然。

ポモーナはフィリウスを捕まえて「しっ、これは演技よ。ロックハートにセブルスがストレートだと思わせるための」

ロックハートはようやく諦めて退散。残されたスネイプとミネルバはクィディッチチーム練習場のやり取りで取引し騒動は終了。しかし二人の間にはほんの少し依然と違った空気が。

Folie à Deux by DailyProphetEditor

 

The Ravenclaw Ghost - Northern_Lady (スネイプ/ヘレナ・レイブンクロー)

ハリーのオクルメンシーレッスンあたりの頃。

ヘレナはスネイプの採点付けを手伝って、スネイプは彼女に本を読んであげたりで二人の交流はやがて恋心に変化する。

マートルはヘレナの愛情に気付いて、省の役人に告げ口すると脅して彼女の本をゲットする。だが本はマートルに読める言語では書かれていなかった。

ハーはマートルが永遠にトイレに縛り付けられるのは可哀想だと彼女に力になれないかと話しにきた。マートルはハーに本を投げつけて「レディグレイにこんな本いらないって言っといて!彼女には本やかわいいドレスや彼女を好きな男がいるのに、フェアじゃないわ!」「レディグレイって誰?どこにいるの?」「ヘレナレイブンクローよ、タワーにいるわ。でも彼女は最近あるホグワーツ教授と図書館でほとんど過ごしてる。彼女は話さないけれど、私は彼女は彼を愛していると思う。」「それは禁じられてないの?幽霊と人間で」

 

The Golden Moment by By Another Name (スネイプ/アンドロメダ

7巻のセブ校長時代。ダークロードはトンクス夫妻を捕獲、夫は殺し、妻のアンドロメダをスネイプに下げ渡した。血を裏切る者ではあるが純血魔女なので殺しはしない。奴隷にしようが抱こうが好きにして構わないがちゃんと手元で見張っておけ、と。

 

 

Dangerous Days by Jpena  (スネイプ/ニンファドーラ)29歳教師/生徒で始まり、不死鳥の騎士団で再会

ニンファドーラは姿を変えバーに行き、飲んだくれ荒れた様子のスネイプ教授を見かける。興味をそそられ近づいて正体を隠しそのままH.セブルスとのセックスにめろめろになる。朝になり自分が寝た相手が生徒だと知って驚愕するスネイプ。

そのまま両方とも相手を避けていたが、快楽を忘れられないニンファドーラは再びセブルスにアプローチ。体だけで決して本気にはならないとの取り決めを交わし関係を続ける。ニンファドーラは次第にスネイプに本気になった。恋をした。スネイプも彼女と話すと気が安らぐので、自分が半血であることや両親の思い出話もする。

 オーラーを目指す彼女のためにスネイプは薬や防衛の訓練を申し出た。

アンドロメダシリウスから聞いた彼の悪口を頭から信じておりスネイプを嫌っている。トンクスは教授はいい人だと密かに恋人のスネイプを擁護する。アンドロメダはスネイプはシリウスの言ったとおりの恐ろしい少年で悪質なデスイーターになった、ダンブルドアだって彼のDADAポジション要求を常に否定してるじゃないの、と。

ダンスボウルの夜、セブは友人と楽しく語らうニンファドーラを見てもう自分のようなものが汚してはいけないと別れを決意。その晩部屋に忍び込んできた彼女を最後に抱く。スネイプは唯一の友達になったこの少女に恋をした。ニンファドーラが愛を告げるとセブはもうこれを続けられないと答える。これが彼女のために最善と残酷な言葉でニンファドーラを捨てた。娘の落ち込みと嘆きに気付いた父テッドは失恋話を聞いて慰める。

無視してやるわ。ニンファドーラはそう決心して学校へ戻る。しかし最後の個人授業の回にスネイプは来ず代わりにマクゴが監督を言付かってきた。具合が悪いと聞いて心配したニンファドーラはダンジョンの彼の部屋に忍び込む。ポピー・マクゴ・ダンブルドアも集まっていて、スネイプは竜痘で臥せっていた。予防接種はしてたらしいが…。ポピーは彼が4年で風邪をこじらせたときの話をする。学校に来た彼の母親アイリーンはこれをプリンスの呪いだと言っていたが私は信じていなかった、と話す。

「プリンスの祖先は息子たちが純血魔女と結婚するよう呪いをかけた。そうでない交わりを持てば死の病気を得るだろう。」アルバスはその呪いを補足説明し、セブルスは強いからきっとこれを乗り越えるだろうと二人を促し部屋を出る。

スネイプはうなされて「リリー、僕は君を愛している、僕はサイドを変えた、僕は光のスパイだ、君は死ぬはずじゃなかった。リリー、プリーズ…。ーー僕のニンフ、去らないでくれ」

ニンファドーラはスネイプがスパイで、リリーという女性を愛し、その人は死んだことを知る。彼女をニンフと呼んでいたことも。(勘違い。スネイプが心の中でニンフと呼んでいたのはニンファドーラ。)

ニンファドーラは泣いたがセブのそばについて看病し励まし続けた。翌朝セブの熱は下がった。目を覚ましたセブにニンファドーラは彼の心が自分にはないと勘違いをしたまま別れの言葉を告げて去った。

/卒業し3年のオーラートレーニングを終えオーラーに採用された。キングスリーと組む。先週にはホグワーツでハリーが例のあの人と戦いセドリックディゴリーが殺された。(省略#360)

 

 

Penny Haywood - Works | Archive of Our Own 

m.fanfiction.net/book/Harry-Potter/penny,snape

The Uneven Orbit - LadyofToward  バーベッジ

Professor Burbage and the Potions Master by Lion in the Land バーベッジ

Muito Bem Acompanhada by Taatita (スネイプ/マレーネ・マキノン) ポルトガル語

Where Do They All Belong? - CeleryThesis (スネイプ/フラー)

A Secret Admirer: The Stalking of Severus Snape by galleons 秘密の崇拝者(スネイプのストーカー)

Rising from the Ashes » by Lady Lanera (スネイプ/シニストラ)戦後

Race the Moon By: jadedpisces  - Suspense/Romance - Severus S., Lavender B. 戦争から8年後

Steady As She Goes by:???  Arabella Figg/Snape, various Order members, some OCs

Mornings of Gold By: Silverneko9lives0 - Romance/Drama - R. Hooch, Severus S

Fancy a Fuck? by Bernice - R. Hooch, Severus S
Playing for Keeps by vissy(アイリーン/スネイプ)未読
Home Studies by Beth H.  (スネイプ/マクゴ)

My Journal About My Life and Stephen and Miranda By: Kelly Chambliss (スネイプ/マクゴ)

The First Cut is the Deepest by Lillibet426  (スネイプ/マクゴ)戦後スネイプはホグワーツの教職に戻る
In Memory of Sigmund Freud by Delphi  (スネイプ/マクゴ)
My Dearest Boy by Annie Talbot     (スネイプ/マクゴ)

Always In Your Shadow By: Arinus   - (スネイプ/ベラトリックス、OC)スネイプとベラトリックスの間に娘

The Blood of Your Veins By: Arinus 続き

https://www.fanfiction.net/s/9426206/1/One-Step-Left

(ハーマイオニー/ナルシッサ、スネイプ/フラー)

 

(スネイプ/他作品クロスオーバー) 


A New Fate by ariados26 (セブルス/イリヤ)★★★★未完
fateとのクロスオーバー。未完作品なのだけど、とっても面白かったです。
ラノベっぽいので男性読者でも楽しんで読めるはず。
バトル。ボーイミーツガール。青春。友情。
別の時空でイリヤ聖杯戦争愛する人すべてを失う。リリーとの決別後、公園で黄昏てるセブの元へイリヤが降ってくる。イリヤとリリーは見た目がそっくり。はじめ反発したセブがイリヤを認め、イリヤはセブを理解しする。VSデスイーター、VSヴォルなどのバトル描写も胸熱。セブとイリヤはらぶらぶだけどキスどまり。リリーに厳しめなので、リリーバッシングが許せない!って人は読んではいけない。
※53章まで読了済み 最終更新2013.3
fate詳しくないので終盤のほうはつらかった。夏休みが終わってホグワーツに入ってからはイリヤ無双に拍車がかかり、セブの影がすっかり薄くなってしまいました~。残念無念。でもそれまでの夏休み編が本当にいい。

 

Silver Lining By: Drusilla Dax  Crossover with NCIS

The Pale: Elsa and the Potions Master By: Thesurprisingtwist (スネイプ/エルサ) frozenクロスオーバー

The Mysterious Traveler By: TJ Jordanアバター伝説の少年アン)未完 恋愛ではないっぽい

Wildcard by Bleak December  ティーン・タイタン・レイヴン

Gaining Closure by depressedchildren reviews

The Elemental Lands stayed out of the rest of the world's problems, but they still kept tabs lest those problems end up affecting their world. Age 18, Kakashi was sent on a mission to analyze a threat in Magical London. 12 years have passed since he returned the Elemental Lands, and he now has time to think about his stay in London with the War over. It's time to gain closure.
Crossover - Harry Potter & Naruto - Rated: T - English - Friendship/Romance - Chapters: 11 - Words: 117,914 - Reviews: 124 - Favs: 308 - Follows: 214 - Updated: Jun 29, 2013 - Published: Dec 30, 2012 - Lily Evans P., Severus S., Petunia D., Kakashi H. - Complete

Alchemy of Forgetting by newnumbertwo

Major Crimes (TV)Harry Potter - J. K. Rowling Relationship: Sharon Raydor/Severus Snape