cl⌒l⌒b'ω'*)

海外ファンフィクション読書記録。ハリポタのスネイプとマーベルのロキ(マイティ・ソー2作目まで)が好き。忘れっぽい自分のためにどんな話だったか記録してるのでネタバレばっかり。ネタバレが嫌いな人は見ちゃダメ。オリキャラ大好き。ダンブルドア・マローダーズ・ハリーらグリフィンドール勢は好きじゃありません。←この辺が好きな人は読まないほうがいいです。キャラバッシングあり。

男女CP2・スネイプとオリキャラ女性

slash1-1 (男男CP)/harry

slash1-2 (男男CP)/harry

slash1-3 (男男CP)/harry

slash2 (男男CP)/lucius,/dumbledore,/other canon characters.x-over

slash3 (男男CP)/omc,/oc,/kingsley,/percy,/draco

slash4 (男男CP)/marauders,/james,/sirius,/remus

het1 (男女CP) /lily,/petunia

het2 (男女CP) /ofc,/oc

het3 (男女CP) /hermione

het4 (男女CP) /other canon characters,x-over

gen1 健全1(CPなし)

gen2 健全2(CPなし)

gen3 健全3(CPなし)

 

 

Het2(男性/女性) snape/ofc,snape/oc

(スネイプ/オリキャラ女性)

原作世界じゃどうあがいても絶対に幸せになれなそうな悲劇的なキャラに惹かれるせいか、クロスオーバーオリキャラ相手のficがとても好きです。原作の人間関係は絶望的で八方ふさがり、誰からも理解されず愛されなかった幸薄いキャラだけど、どこか別のAU世界では理解者を得たり愛を見つけて幸せになれてたっていいじゃない。ただOFCものって結構難しくてなかなか好みのオリキャラにめぐり合えないんですよね。教師と生徒ものは苦手なのでなおさら選択の幅は狭くなる。マローダーズeraの若スネイプか戦後ものが好きです。あんまりダンブルドアが絡んでこないやつ。

 

 

Leliha 様の書かれるお話はどれも全部面白かったです。全ての作品に共通してるのはお相手が自立した大人の女性であることと、スネイプがこれでもかと酷い目に遭ってること。オリキャラの個性は強くないので主役はスネイプ。ハッピーエンドではあるけれど大逆転ホームランではなくどこか喪失感が残るbitter endな作品が多いような気がします。(献身に見合った英雄的待遇は得られない)英語作品とドイツ語作品があるんですが、ドイツ語のほうは独→日で自動翻訳かけるより、独→英→日のほうが読みやすかったです。※独英はgoogle,英日はyahoo対訳を推奨

Blood Relations By: Leliha (スネイプ/オリキャラ)★★★★★
6 巻HBP後。ダンブルドアを殺した後スネイプはドラコをマルフォイマナーへ送り届けた。逃亡中ヒッポグリフに襲撃されたスネイプは酷い怪我をしていた。聖 マンゴには行けない為マグルの病院へ。クレアは友人の出産のため病院を訪れていて、大量出血のため輸血が必要だったスネイプのためにドナーとして献血を申し出る。その直後から二人は悪夢を見るようになる。輸血は双方に互いの記憶が流れ込むという弊害を残した。スネイプはドナーを探し出し閉心術を教えることに。何事もなくその後別れた二人だが~。セブはオーラーとデスイーター双方から追われています。
原作ベースの辛くシビアな展開なのですが、今まで読んできたどのficよりロマンス小説(ハーレクインとかの)らしかったです。ヒロインは38歳の寡婦、教師。彼女目線の語りが多いせいかな。付け足しエピローグ部分はちょっと好きじゃなかった…。作者様はほかにもいくつかOFCものを書かれているようです。


Neighbours By: Leliha(スネイプ/オリキャラ)★★★★★
DHから7年後。戦争はスネイプに深刻な障害を残し、スピナーズエンドで隠者のような生活を送っていた。ある日隣に引っ越してきたシングルマザーと9歳の 息子。苛められっ子の少年を気にかけるスネイプ。その男の子は魔法使いの片鱗を見せていた。mentor!snape. 作者様は惨めスネイプ萌えなのか、この作品でもかなり気の毒な感じで始まります。穏やかな関係が素敵。

Future without a past
By: Leliha(スネイプ/オリキャラ)★★★★★
記憶喪失もの。セブの境遇が二転三転してどうなるの~~とやきもき。面白かったです。
DH後。失恋して仕事も失くしたばかりのビビアンは、ロンドンを離れ友人がスコットランドに持つ家の留守を預かっている。犬の散歩に出かけた先で大怪我をして意識不明の男が倒れているのを発見する。病院で意識が戻った男は記憶喪失になっていた。病院を去りホームレスになったセブ。教会のホームレスシェルターで体調を崩したことがきっかけで女子修道院の管理人に。

Twenty One Years Later By: Leliha(スネイプ/オリキャラ、ハリー)★★★★★
DHから21年後。ハリーは子供たちをキングスクロス駅で見送った後、母リリーにそっくりな女性を見かける。そのままでは別れがたくハリーは彼女をお茶に誘う。だが、そこで聞いたのは彼女とスネイプの奇妙な交流の話だった。
2種類の結末が用意されてます。どちらの終わり方も好き。HAPPYENDのほうは作者様には珍しくスカッとしたEND.

The Squib By: Leliha(スネイプ/オリキャラ)未読
スクイブのアレクサンドラ・ムーディはデイリー預言者の記者。スクイブなので冷遇され嫌な取材は彼女にまわってくる。今回もアズカバンの囚人達への取材を命じられた。ヴォルデモート崩壊から5年後のかつてのデスイーター、ベラトリックス、ルシウス、スネイプ。他の囚人と比べてスネイプだけは特に酷い様相で…

The Convict  By: Leliha(スネイプ/オリキャラ)★★★★☆
タイトル:囚人。奴隷もので囚人の扱いは家畜以下。戦後デスイーターは安価な労働力として供与されることに。
最初っからラストぎりぎりまでセブへの仕打ちが酷い…スレイブ設定だから仕方ないんだけど結局happyendでも嫌なやつらや冷酷な奴らはのうのうとしてるわけで、酷い制度もそのままだし、なんだかやるせない。奴隷物って面白い設定だしぐいぐい読ませる作品も多いんだけど(この作品もそう)読後感がいまいち爽快ではないので気持ちが重くなるんですよねえ。

 

Der schwarze Mann By: Leliha(独語)(スネイプ/オリキャラ)★★★★

ドイツのベルリン。最近その公園には足が不自由で貧しげな黒尽くめの男がよく見られるようになった。ある日コニーはランニング中に転んで捻挫した足を彼に治してもらう。それが きっかけでたわいない会話を交わすようになったコニーとスネイプ。ある時公園で少年の死体がみつかり、スネイプは誤認逮捕されてしまう。釈放された後、自殺しようとしていたスネイプをコニーが引き止め、同居を申し出る。(スネイプはイギリス魔法界から追放されていて、戦争中ヴォルに拷問を受けていたため足に障害が残っています。コニーは35歳のダンスとスポーツのインストラクター)

 

Uralte Magie By: Leliha(独語)(スネイプ/オリキャラハーマイオニー)★★★★★

ジャネットはタイム誌の記者。編集長に地方紙に載った風変わりな記事を調べてくるよう命じられる。「ギャロウェー国立公園の守護天使:霧の中で遭難するも何者かによって奇跡的に救出される」。うさんくさいホラ話の取材に乗り気じゃないジャネット。一方ハーマイオニーもまた上司からこの件を調べるように命じられていた。魔法が介在しているようだがどこからも報告がないのはおかしい、マグルが関わっている限りこのようなケースは必ず省が把握していなければならないのだ。偽名を使い姿を隠していたいスネイプと、異なった立場から秘密を探りだそうとする二人の女性。

すっごく面白かった~。作者様のいつもの作風とは違って「セブが酷い目にあってない!」。読後感もさわやかで本当に素敵でした。独英翻訳は精度が高いのかたまたま文章が合っていたのか英語のfic読んでるのと変わりなかったです。ドイツ語だからって読まないのはもったいないですよー。

地名で画像検索すると舞台の雰囲気がわかってオススメ。

 

Erbarme dich By: Leliha(独語)(スネイプ)★★★

教会で賛美歌を聴くだけの1ショット。短い。上のほうに書いた英語作品のTwenty One Years Laterとあわせて読むと雰囲気出るかも。


Leben jenseits aller Erwartungen
 By: Hebe GB:Leliha翻訳(独語)

元作家さんは現在全ての小説を下げられてるようです。ドイツ語翻訳されたものだけ残ってたみたい。残念ながら読みづらくて途中挫折。時間がある時に再トライしたいです。

 

Land of the Living by StSeverus Snape/OC, Harry/Ginny, Ron/Hermione★★★☆

DHから20年後。ある暴風雨の夜、天文塔の上で何かが集まり死んだはずのスネイプが復活した。DADA教師のセレネはその謎を調べ、ダンブルドアを殺したときに彼の魂が裂け偶然にホークラックスが作られたせいではないかと推測。最初から惹かれあうセレネとスネイプ。しかしセブは自分の心が欠けている自覚があり~。復活セブは一皮剥けたかのように穏やかであんまりセブっぽくないような。衝撃的なオープニングだけど以降は淡々とした感じです。

 

Loving Severus by  Maria Anna Witt(スネイプ/オリキャラ)★★★☆

リディアは離婚して湖畔のコテージを手に入れた。湖のそばを歩いているとローブをまとった黒ずくめの男に遭遇。湖のそばで時折偶然に会って、言葉を交わすだけの二人。どちらも後悔した過去を持ち互いにシンパシーを感じている。

DHの裏側で進行していた話。sad ending. main character death.

 

A Place for My Heart by Wendy Waddles  (スネイプ/オリキャラ)途中まで

賢者の石の頃。スネイプはスピナーズエンドでマグル女性の訪問を受ける。カトリーナは子供の頃の幼馴染で、父親が勤めていた工場のオーナーの娘。今は残された資産を管理している。スネイプは当時彼女を邪険に扱った記憶がある。てっきり借家を去るよう言われるかと思ったが、以前のままわずかな家賃で契約更新するという。

60話のうち 3 まで読了

 

Children of the Revolution By: Istani  (スネイプ/オリキャラ)途中まで

Marauders era. ホグワーツへの汽車の中で知り合った太っちょで鈍くさいハーフブラッドの女の子レイブン。セブルスと同じスリザリンにソートされるが、セブと同じように寮では嘲られ、マローダーズにも目をつけられてる。レイブンはセブと仲良くなりたいが、セブはリリーのことしか見えておらず基本無視。幾分仲良くなってからも邪険な対応。夢小説っぽい?セブを肯定して一途に好きになってくれる女の子。魔法界よりマグル界のほうが好きで70年代のロックやファッションを好み、自分を持ってる感じ。レイブンの母親がポッターママに意見を呈したせいかマローダーズは原作よりもややおとなしめ。セブ・レイブン・リリーはよく一緒に勉強してるがだんだんとリリーは原作のようにセブの立ち位置を責めるようになっていく。セブはルシウスの結婚式でダークロードに紹介され、自分の身を立てるには彼の政治結社に加わったほうがいいと考える。一方しばらくしてレイブンの叔父とおばがデスイーターに殺され、彼女は将来の進路をオーラーに定める。

58のうち11まで読了

 

Dear Professor Snape By: RedStarsa(スネイプ/オリキャラ)★★★☆未完

「アズカバンの囚人」の頃から開始。入学時からセブに恋してるハッフルパフの4年生ロビン。新任女教師エヴァがセブと親しげなのを見て嫉妬!あの女の顔面にレンガぶつけたいだの毒を盛りたいだのぶっそうなことを考える。恋する乙女はプチストーカー。一方のエヴァもセブの後輩で学生時代からセブが好きだった。共に過ごしたクリスマスの翌朝、エヴァはセブに「私もスパイよ。あなたを助けるためにDEになったの」と衝撃の告白。怖っ!重っ!…どっちの女性もすごい地雷臭。エヴァへの対抗心から、自分の開発した新しい自白薬をエヴァで試すロビン。エヴァがDEと知り驚くが、セブに口止めされる。3校対抗試合でセドリックが殺された後、ロビンの姉が優秀なヒーラーとしてDEに狙われてたため家族はオーダーの保護下で隠れることになり、ロビン自身はスネイプのアシスタントになる。アンブリッジの支配下の窮屈なホグワーツ。ロビンは夏の間スネイプとスピナーズエンドで過ごすことに。スネイプの家で彼をめぐりエヴァといがみ合ったり、ナルシッサとセブの破れぬ誓いを目撃したり。

20まで読了

 

The Way Home 3 By: morgainedulac(スネイプ/オリキャラ)★★★☆

生き残った後魔法界を離れ、ミネルバの手引きによりレイキャビクで麻酔専門医として働くスネイプ。そこで知り合ったカサンドラはセブと同じ英国北部出身。こちらで見つけた夫と里帰りしている最中、ヴォルの橋落下攻撃に遭い夫を亡くしていた。自己紹介でセブルス・スマイスと偽名を告げたとき、自分はセヴルスって名前の子を学校で知っていた、と意味深な発言をした。お互いに過去を詮索しないことを約束して茶飲み友達になる二人。彼女の家を訪ねてハーブや呪文や魔法薬の本が入った本棚を見て驚く。彼女はマグルではなかったのか?自分は魔女だと言うが冗談か本気かいまいち判断がつかない。カサンドラは教師。生徒に対する考え方がなんだかセブに似ていた。親密な関係になった翌朝、猫が落とした小箱の中に入ってた結婚指輪を見てセブは凍りつき、彼女の友人の車に同乗して逃げるように帰る。本棚の本、あの指輪…カサンドラは魔女だった。それもブラック家!一度は連絡を絶つセブにカサンドラから電話、”君は魔女だ、隠してた”というセブに”会って話したほうがいいわ”、と。カサンドラの家に行くとそこにミネルバがきた。ミネルバは彼女がレイブンクローに配属されたとき家族の縁を切られたこと、卒業して行き先のなかった彼女にフリットウィックがマグル界を勧めたことなどを説明して帰る。つまるところカサンドラは会った時からセブを認識していたのだ。いかないでと懇願するカサンドラを振り返らずセブは彼女の元を去った。ホグワーツミネルバを訪ね、事故の詳細を聞くセブ。橋を攻撃したヤックスリーはかつて彼女の婚約者で取り消された後も存念があった。彼女を苦しめるために夫の死ぬ様を見せ、彼女の腹の子を殺した。ぼろぼろの姿でグリモールドプレイスに着いた彼女は結局アイスランドへ戻ることを望んだ、と。同じように魔法界に背を向けたセブは彼女に共感する。彼女との仲直りを望むミネルバだがセブはその場では決心が着かなかった。数日後彼女に会ったとき互いの過去を話し仲直りする。早めのクリスマスディナーに二人はミネルバとキャシーの20年来の友人を招く。彼はセブがキャシーといることはいいことだ、彼女は時々欝にかかり、自殺しようとしたこともある、今のように楽しそうにしてるのは何年も見たことがなかった、と。ミネルバは帰り際二人にホグワーツの内輪だけのクリスマス晩餐会にも加わるよう言う。セブは7年ぶり、キャシーは10数年ぶりの魔法界。ポピーとの再会、懐かしいダンジョンに感慨にふけるセブに、ミネルバは戻ってきて欲しい、と。己の過去と向き合う覚悟で、復帰を考えるセブ。だがその話はキャシーを酷く動揺させた。酷い欝の波に飲まれperのところに逃げ込むキャシー。セブは何がそんなに彼女を怖れさせるのかレジリメンスをかけ、夫と腹の子が殺される瞬間と、彼の死体の脇で犯されるさまを見た。彼女が行けないならば自分もマグル界に残ると決めたセブだが、キャシーもまた己の恐れと向き合う決心をしてくれた。ミネルバはキャシーにも教職の口を世話してくれた。魔法界に戻ったセブを群衆は英雄として温かく迎えてくれた。ホグワーツの教師となった二人。

A Gift of the Goddess By: morgainedulac

続き。結婚した二人に娘が授かる。教職があるので娘は週に何日かポッター家に預けられる。嫌々ながらも嫁に説得されてポッター・ウィーズリーと交流するセブ。娘が3歳になる頃嫁が寝付いて余命2年ほどと宣告される。20のうち7まで読了

Reunion By: morgainedulac未読

続き。死後あの世で嫁と再会。

 

 

You Can't Always Get What You Want by His Half Blood Princess  途中まで

ホグワーツに入学して、セブにスリザリンで仲のいい女の子の親友が出来たら。幸せいっぱいな恋人同士だったのに、セブが級友にそそのかされダークマークを刻んだせいで全てが壊れてしまう。ショック…あのまま幸せになったセブが読みたかったよ…それまでがほのぼのしたすっごく素敵なお話だったのよ~

52のうち22まで読了

 

 

Bound in Leather, by ladydeathfaerie 途中まで

魔法界を去ったスネイプはマグル界で世界的なロックスターとなり大成功していた。CDは売れ、ステージも完売。無礼な態度で不機嫌な態度のスネイプにもグルーピーは進んで足を広げる。女はより取り見取りだ。記者たちにもつっけんどん。マネージャーはもっとおとなしくしたら?と言うが、彼は態度を改めるつもりはない。/アメリカ中西部でのステージ。Alasdair Maeve Wyndham、アルはこのコンサートを待ちに待っていた。彼女は交換留学でイギリスに行ったとき、友人に連れて行かれたクラブで初めて彼を見た。友人がロンドンで一番セクシーで色っぽいヴォーカルだとオススメしていた彼をひと目見たときから夢中になり、アメリカに帰った後もインターネットでずっとバンドを追っかけていたのだ。やがて彼らはメジャー契約をし、初アルバムを出し、最初のツアーを発表したときには彼女は36時間も並んでチケットを取った。ああ、でも本当にその甲斐があった!(省略#43 )非常にOOC

 

Tote Katzen schwimmen besser by CyberneticNemesis 途中まで

ビアスは自分と話をしない16歳の息子のことを精神科医に相談する。妻が死んで以来どう彼に対処すればいいのかわからない。ますます内向的攻撃的になり隣家の猫を殺してしまった。/休暇で戻ったセブはマグル図書館に通っていた。ある日、図書館の帰り道、たちの悪いマグルに絡まれたりしながらイライラして戻ってきたセブ。家の前にいたいつも彼を攻撃する凶暴な猫を衝動で殺してしまった。セブは図書館で見かける赤毛の女の子が気になっていた。話をしてみるとスターウォーズシェークスピア、いろんな話ですぐに二人は打ち解けた。彼女の部屋に招かれる。彼女は看護婦の母と継父と暮らしている。本当の父は警官で、彼女が一歳のとき死んだという。セブの母はデスイーターに殺されてしまった。(古いfic?原作と家庭背景・出自設定が違う)(省略#73

 

Redemption By: TJ Jordan ★★★★未完※het1と共通

リリーとの決別後、スネイプは奇妙な夢を見るようになる。ウィリアムとミシェルという若い夫婦と男の子の家に立っている夢。男女は誰かに何かを引き渡すように脅され怯えている。男の子はセブと話が出来たが言ってはいけないと親に言われてるため詳しい話が聞けない。その後血の海に浸った死体と連れ去られる子供、そしてその家が炎に包まれる夢ーー。これを毎日のように見るのだ。すっかり憔悴したセブはマグル学教授にこの夢を相談。教室を出たときアリスともう一人のグリフィン女子がスリザリン生数人に虐められているのを見た。マローダーズの自分への虐めを思い出し、相手に殴りかかって助ける。だがその行為はスリザリン寮の反発を招き、大勢に囲まれてリンチを受ける。気絶した後またあの夢を見る。今度はロングver. 夫婦の襲撃時、家に出てきたのはルシウスだった。夢の中のルシウスやリリーはセブを責める。病棟で目を覚ましたセブ。ダンブルドアが君を助けさせてくれというのだが、過去の所業を思うと信用できない。クラウチがいたことやマルシベールらがクルーシオを使ったことをばらしたら、次に受けるのは殺害呪文かもしれない。退院後のスリザリン寮はセブの敵となった。セブはリリーに謝罪し許しを懇願するが、どんなに心を尽くしてもリリーは冷たく拒絶する。(省略#89) 出だしはA Prince Risingにインスパイア。確かに似てる。現時点ではまだセブとリリーしか出てませんが、OCとのロマンスになる予定みたいです。

15まで 最終更新2016.10

 

Spinner's End BY : NakitaGirl  未完

割り切った大人の関係を持とうとするアダルトセブです。アメリカ生まれのレイブンはイギリス人のリッチな男と知り合い、イギリスに来て結婚。ところがその男に一文無しで捨てられて、安い家賃の部屋を探して流れ着いた先がスピナーズエンド。HBPの最初のあたりからなので、セブの家にはペティグリューがいます。ベラとナルシッサの訪問も隣家の窓から目撃、アパレートで消えるところも。レイブンがご挨拶のクッキーを持っていって話をするとセブのウィットについてこれる女性。永続性のある関係はダークロードのことを考えると無理なのだが(気まぐれで相手に何をされるかわからない)、短い関係ならいいだろうと彼女を誘う。レイブンは最初からセブに惹かれてる。とても相性の良い二人。会ううちにどんどん惹かれていく。

33のうち10まで

 

No one Comes When You cry BY : ccino 途中まで

アルバスの要請である屋敷の探査に向かったセブ。校長はここに子供が捕らわれているかもと言ってたが、屋敷は無人で放棄されていて何もない。酷い異臭が漂っている。なにか動物が閉じ込められて死んでいるのか…?セブは臭いの元を辿り、ぼろぼろの人のような物体を見つける。まだ生きていた。ホグワーツに連れ帰り、校長に報告に行くが彼は自分に後を押し付けてとっとと休暇に出ていた。ポピーに世話をまかせようと医療棟へ連れていくが、彼女もまた休暇。ついでに伝言で「学校が始まる1週間前に戻ります。薬の補充リストを書いておいたから休暇中に作ってね」と。セブが面倒見るしかなかった。エルフの助けを借り、女の子を癒し、レジリメンスで過去を見る。彼女は2歳から鎖に繋がれ動物のように扱われ度重なる打擲を受けていた。名前もなかった。スネイプは彼女にスカイという名を付け、人間らしい生活態度を教え込む。ソート帽子は彼女が邪悪と決め付けどこにも入れないと拒否。教師陣も態度を変え追い出す。ホグワーツを追い出された彼女はサラザールスリザリンに~

メアリースー?不幸な少女が実はスーパーチート。オリバンダーで古代の貴重な杖に選ばれる。スネイプがgit。子供に欲情する話はあんまり…67のうち6まで

 

Severus Snape and the Potion Master's Daughter - by  imablack ★★★★未完 

リリーとの決別後の新学期、セブは汽車の中で新任のオコナー薬学教授の娘ルーシーと知り合う。オコナーはダンブルドアと親戚。アメリカ育ちで優秀な彼女はセブの薬学クラスでパートナーとなる。オコナー教授は目が不自由。授業でセブの聡明さに気付き、学生助手のポジションを提供、将来の見習いも提案する。ルーシーは優秀すぎるのが仇となり家族以外とはうまくやれなかったのだがセブとは気が合う。「僕は人気のある男じゃないけどいいのか?僕と一緒にいると嫌な思いをするかもしれない」「からかわれるなら友達がいなくてからかわれるより、友達がいてからかわれるほうがいいわ」すっかり仲良くなったセブとルーシー。彼を認める良き師との出会いで将来の見込みも出来た。もはやダークロードに係わり合いたくないセブだが、彼の参加を期待する同寮生やマルフォイにそれを気取らせるのは危険すぎる。セブ/ルーシー、レグルス→ルーシー、リーマス→ルーシー。突然態度を変えたリリーがセブに話しかけるが、それはリーマスがルーシーを追いかけるのを止めさせようと探りに来ただけのことだった。セブと一緒にいるのならあちら陣営だろうとの邪推。セブはもうそんなリリーを愛していなかった。もう帰れと追い返す。ホグスミードでデート。途中レグが果敢にアタックするも玉砕。セブとルーシーはキス。ルシウスのクリスマス招待を無視したため、本人がセブに会いにやってきた。正式に見習いになったセブに不満顔。ルーシーは事情を知り、ダンブルドアに話すべきだと勧める。校長らにデスイーター勧誘とマグル学のマイヤー教授が標的にされていることを告発。校長はセブをスパイに利用しようとする。オコナー教授はそんな校長に反発。セブもやりたくない。

12まで 最終更新2014.12

 

Life's Best Laid Plans by missyanne(aka imablack)読書中

上の話とは別の物語。オリキャラの設定は同じ。ヴォルデモート最初の凋落から5年後。セブがホグワーツ教師になって3年目。その前年セブはリリーが自分をハリーの第2の名付け親にしていたことを知り、ハリーを引き取って1年目。アメリカ育ちのルーシーは婚約者と結婚するため英国に来た。婚約者の外交官ケネス・マスグレーブの主張で、米国の大学で教えることを諦め主婦となるつもりだった。婚約者は出張が多く、アカデミックな人生も恋しく、3ヶ月も淋しく英国で過ごした後、ルーシーはアルバスのオファーを受けてホグワーツ歴史学の教授職を受け入れた。セブとハリーはめがねを作りにダイアゴン横丁へ行き、婚約者と買い物に来ていたルーシーと遭遇。6歳ハリーは可愛い魔女のルーシーに一目ぼれ。嫉妬深いケネスはルーシーを家の中に閉じ込め自分に依存させたい。ホグワーツで働くこと自体反対だった。ルーシーは城で働きハリーとも仲良くなる。ハリーは素敵なルーシーがあの意地悪な男じゃなくパパと一緒になればいいと思っている。(省略#92)

ケネスが悪い奴。シリウスの脱走とか事件も色々。セブは子供の世話やルーシーの存在で人間的に成長。42のうち26まで。

 

 In Shining Armour By: coffeeonthepatio (SS/OC,ミネルバ,ハウスエルフ)★★★★★

ナギニに襲われたスネイプは死の間際にリリーの幻覚を見た。彼女は彼を許しもう自由だと言ってくれた。最後の力を振り絞ってポートキーでスピナーズエンドに移動。そこで倒れこみそうなスネイプを、偶然近所に住んでいたシングルマザーが発見。たいしたことはしないが食事を運んできた。彼女は実は子供の頃からここの生まれで年はスネイプの一つ下。子供時代のスネイプのことも知っていた。彼はお上品なエバンスの女の子に付きっ切りだったので交流は全く無いが。夫が安い家を近所に買って、再びここの住人となったのだが、彼女を殴るろくでなしの夫は死んでいた。(殺された?嫌疑が彼女にかかってる)夫の借金のせいで追い立てられる彼女。スネイプに運んだ飯代7ポンドを返せと子供を抱えて押しかけて、スネイプを探しに来たマクゴナガルにばったり。下品で蓮っ葉で失礼で、大事な話をしてるのに、ミネルバのことなどまるで眼中に無く金のことしか言わない彼女。「スネイプ、金が要るのよ、7ポンド払ってよ」(省略#103)ミネルバに辛らつでズバズバ話すヒロインが新鮮。ミネルバの懺悔、幼児に甘いスネイプ、作者様はスネハーがメインの人

 

Innocence Lost  By: coffeeonthepatio A man – boy - who lost his innocence in young years. Turning into a spy for the love of his life. To her, he is a Death Eater, and a spy. Then he becomes Severus. And she, she becomes Tisiphone – then Tizzy.

Harry Potter, T, English, Hurt/Comfort & Romance, chapters: 38, words: 102k+, favs: 169, follows: 108, updated: Mar 10, 2010 published: Dec 2, 2009, Severus S., OC
 

October By: BeMyHeroSeverus ★★★★☆

ジニアは田舎町のマグルのカフェオーナー。店によく来るようになった、森にキャンプでもしているのか定職のなさそうな男トビアス・プリンスを雇う。愛し合うようになった二人だが、近隣の町で奇妙な死が噂になり始めた頃、彼は突然去ってしまう。彼を探して兄妹だと名乗る男女が訪ねてきた。(省略#105)魔法界を去ってマグルの世界で幸せをみつけました、な話。ベタだけどこういう甘くて優しいお話大好き。短い。

 

Dragon Plague By: BlueWater5 ★★★★★ ※gen1と共通
ホグワーツの保護者交流イベントで在校生チームと卒業生チームがクイデッチ試合をした。
ハリーも今では時代遅れになったファイアボルトに乗って久しぶりにシーカーとして参加。キャプテンはウッド。各寮出身者の混成チームだ。試合には負けたが子供達と過ごせる楽しいイベントだった。数週間後、ホグワーツで竜痘が発生しているとのニュース。竜痘は現在では恐ろしい病気ではない為、最初は気にも留めなかったジニーだが、ホグワーツが封鎖され死者も出始めた。ジニーは聖マンゴのスーザンボーンズを尋ね、これが単なる竜痘でなく、新しく発生したドラゴンペストとでもいうべき恐ろしい病だと知る。保護者交流イベントに参加した2名の親がそれぞれ竜痘とエルフペスト良性保菌者だった事がわかっている。どちらも単独では危険は無いが、二つのウィルスが交じり合い突然変異を起こして凶悪な病気を生んでしまった。省はパニックを起こさないよう情報統制しながらあらゆる伝手を探している。今のところは外部の研究者、ダグラスカールソンなる人物が望みの綱だ。ハリーたちはスネイプにも頼めないかと行方を捜す。省が出した1000ガリオンの報酬に自分はもう1000出すとハリー。ロン「スーザンが言及したカールソンがスネイプだという可能性は無いのか?」スー「それはないわ。カールソンは最初の戦争以来、聖マンゴに薬を供給してる。カールソンとスネイプは薬学会誌で痛烈なやりとりもしていたの」さらにハーマイオニーが「スネイプはこの10年何も発表していないのよ、彼はもう薬を作っていないか、英国にいないか、生きているかどうかもわからない」とハリーに話す。子供達を救うためならなんでもするというハリー。ハーマイオニーは、だったら生命の負債を使ってスネイプを見つけ出し治療法を探させるって手があるわ、と。(省略#109)もっと評価されていいと思う。有能で頼りになるスネイプが格好良い。スネイプファンは絶対好きなはず。こういう話好きだなあ!
 ┗Antidote to Darkness » By: BlueWater5 ★★★★★ ※gen1と共通
レストレンジ邸の解体を監督していたロンたちオーラー。見つかったダークマジックアーティファクトを調べていると突如爆発、3人のオーラーが死んだ。ただ一人生き残ったロンも暗い魔法がロンの魔法のコアを流失し続け死に掛けていた。専門家に聞こうにもアズカバンに収監された者は既に処分を受け、ルシウスは大陸に移住して行方が知れない。助けることができるとすればスネイプだけ。だが魔法省はドラゴンペストの一件後、彼に感謝するどころか全ての省や聖マンゴの仕事から締め出して、もしも省に干渉することがあればアズカバンだと脅しをかけた。危険を侵し彼がロンを助けるとは思えない。ハーマイオニーは家に押しかけ問答無用で強引に負債の契約を結ぶ。彼に義務を負うことで頼みを聞いてもらおうと思っての行動だったが、スネイプと共に彼が抱いていた赤ん坊も魔法の契約に巻き込まれてしまった。/ロンの命を救うためスネイプが薬を作り、成分探しに皆が世界を駆けまわる。(省略#110)まだまだ続きそうな感じ。続いて欲しい!
 ┗The Rejectionists By: BlueWater5 ★★★★★ 
今回はダイアゴンアレーの店を襲う怪盗の話。
怪我から回復したロンはオーラーを引退してジョージの店で働き出した。ある日レジを確認すると店の売り上げが知らぬ間に盗まれていた。ダイアゴンアレーでは店主の気付かぬ間に金を盗まれる事件が頻発している。オーラーであるハリーに報告すると、ダイアゴン・ノクターン両横丁ではこの窃盗団が跋扈しているが大金を得たはずの犯人はそれを散在する様子も見せない。魔法界の商店主は泥棒に出し抜かれたことを恥じるので誰も報告したがらず事件は表沙汰にならなかったのだ。
ロンの記憶をペンシーブで精査したハリーが不審点を見つける。記憶に15分ほどの空白があった。ロンに各商店へ追跡呪文を置いたガリオンコインを密かに配置させ、犯人が引っかかるのを待つ。通知があった店に急行すると、犯人が店からマグルロンドンにアパレートした痕跡が残っていた。おそらくマグル界にかかわりを持つかそちら側で暮らす者だろう。店主はオブリビエイトされているのだろうか?ハリーとロンは調査を始める。最初は魔法=マグル間の資金洗浄の線から。ハリーはゴブリンらの心証がすこぶる悪いため部下がグリンゴッツに話を聞きに行く。表立っての情報提供は拒否されるが過去を学べとヒントをくれた。ホグワーツのビンス教授に聞きにいく。ビンスは迫害から逃れ魔法界を拒否してマグル界で暮らすことを選んだ拒否主義者について教えた。しかしそれ以上は結局スネイプのように2つの世界にまたがる者から話を聞くのが一番だろうということになり~。
スネイプの家を訪ねる。迎えたのは息子のステファン。セブはキッチンで赤ちゃんに授乳中。彼らがスネイプを訪ねるのは頼みごとがあるときばかり。スネイプは彼らを迎え入れ話を聞く。スネイプはビンスの言及した拒否主義者は今日では事情が違うと説明。近年のマグル界の急激な進化に触れ、彼らは魔法を拒否しマグル界で暮らすことをあえて選んでいる、と。ただし魔法使いが無理に魔法使用を抑えれば身体・精神に悪影響があり長生きはできない。スネイプもそのダメージを抑えるSanitatem corporisポーションを顧客に販売していた。薬の価格は別段高価ではない、ただしスネイプを信用して彼から買うならば。ノクターン横丁の店から買うならばかなり高価になる。店から直接薬を盗まないのはそれらの店が厳重に保護されており下手に手を出せば命取りだからだろう。
スネイプは顧客を2人紹介してくれた。ハリーはロンと一緒に彼らを訪ね、彼らが完璧にマグル世界とテクノロジーに調和し幸せに暮らしているのを見る。(但しロンは魔法界のほうが上だという根強い偏見があり彼らが子供を魔法界に寄越さないことは反対)
ハリーたちが知らないだけで、オーラーの親族にもあえてマグル界を選んだ者がいた。知識欲旺盛なレイブンクロー出身者はマグル界のテクノロジーに惹かれて移住した。彼はコンピューターやタブレットの話をし、彼の息子が幼いながらコンピューターの天才少年で既に利益を上げている2つのアプリを開発し、企業からも連絡を受けている。IT技術は日進月歩なので息子はホグワーツなど全く興味がない、というようなことも。ロンは彼らの話を聞いて心配になった。もしハーがマグル界の進歩を知って戻りたがったらどうしよう、と。ハーは「ばかね、私が家族を捨てることなんてないわ」と答えたがロンの不安は去らなかった。
/オーラーはノクターン横丁の店で薬を買った客を発見。ハリーとロンは彼にも事情を聴きに行く。パブの店主ヴァージルは妹のために薬を買ったという。彼女の場合、今まで聞いてきた者たちとは違い、魔法界を去らねばならない事実に憤慨しているらしい。だが詳しい事情は聞き出せなかった。ダイアゴン横丁の薬屋はその手の薬を売らない。あの薬が必要なのは魔法界を避ける犯罪者やここで生き残れぬ弱い者ばかりで善良な者なら必要としない。薬を売れば若者はわれわれの世界を捨てるようになるだろう、というのがダイアゴン横丁の薬店の主張。ヴァージルの妹はハッフルパフのメイジー・トッディントン。ハリーを崇めて城から避難せず戦うために残った生徒の一人だった。詳しい話は妹に直接聞いてくれ、と。ノクターン横丁の薬の価格はかなり高い。ハリーはスネイプ教授が安い値段でその薬を提供していることを教えるが、ヴァージルは「俺はデスイーターなど信用しない」と嫌悪感もあらわに拒絶。
/メイジーは戦闘で負傷し片足が義足だった。省は木製のお粗末な義足を与えたが、彼女は偶然マグル界で最新の義足を知った。勲章も何もかもを売って義足を買ったが、魔法は機械の故障を招くので使えない。よって彼女は魔法無しでマグル界に住むことを強いられている。高価な薬を飲み続けて。「ハリーを恨む気はないし、過去に戻れば同じことをするだろう、でも人々に自分たちのようなものがいることを忘れて欲しくない」というメイジー
ハリーは無知を恥じ罪悪感に襲われる。「省に働きかけてなんとかする、聖マンゴに話をしてノクターン横丁よりも安く薬が手に入るようにするから」と話した。メイジーは兄がノクターン横丁で薬を買っていたことを知り動揺。兄は何も言わなかった。だがそこで薬を買っていたのならばさぞや高価だったに違いない。
/本部に戻ったハリーたちは捜査計画を練る。ヴァージルが高額な費用を全部自分でまかなえてるのは不思議だった。だがロンはスネイプが紹介した顧客二人をスリザリン出身者に違いないから怪しい、調べるべきだと偏見そのものの強硬意見。/ハリーとロンはマグル看護婦に恋して結婚したアントンの家に忍び込むが、二人の使った魔法のせいで家電が壊れたのですぐにバレる。「君らが私を嫌がらせ始めるとわかっていたらセブルスに名前を与えさせたりしなかった。今週ずっと誰かが私をつけてることにはとっくに気付いてた。」「すみませんちょっとだけ。質問し忘れてたことが」 「早くしてくれ。夕食の支度がある」「拒否主義者が薬の費用に文句を言ってるのを聞いたことありますか?」「私は他の拒否主義者とは連絡を取っていない。私の友人はスリザリンだが、私のライフスタイルは彼らの間じゃ人気がない。私と妻はどちらも仕事をうまくやっていて妻は有名病院の看護婦だし私は家具会社のオフィスマネージャーだ。薬を買う余裕はじゅうぶんにある」「ありがとう。監視はもう止めてます。もう煩わせることはありません」/スリザリンとグリフィンドールの寮のカップルとして周囲の寮偏見と闘いマグル界に逃げてきたヒッグス夫妻。妻のエディスは彼らの後輩で顔なじみ。「またくるとは思わなかったわ」「他の拒否主義者とつなぎを取れないかと思って」「人に助けを求めたり何か情報が欲しいならまず相手を侮辱するのを止めるべきね。拒否主義者という言葉そのものが侮辱なのよ」以前来たときもロンは持ち前の無神経さで彼女を苛立たせていた。「スネイプ教授はポンド支払いを受け付けてるし、私たちはどちらも薬を買うだけの余裕はあるわ。私は英語教師だし、夫は配管用品を売ってる。あなたたちは見下すかもしれないけど私たちは正直な暮らしをしてるのよ」「話してくれてありがとう。煩わせるつもりじゃなかったんだ」/レイブンクロー出身のデクラン。「また来たのか?質問には全部答えたと思ったよ」仕事を聞かれ「ネットワークインフラとセキュリティをアップグレードする必要のある企業にコンサルティングサービスを提供してるよ。」ハリーもロンも全く意味がわからない。「妻はアマゾンで働いてる。…アマゾンも知らないのか。セブルスかマグル生まれに聞いてみろ。世界の商取引の方法を改革したテクノロジー界の巨人だぞ。ああタロン、こちらはハリーポッターとロンウィーズリー。アンチテクの世界の警察官」「始めまして。あなた方魔法使い?だから何にも知らないんだな」「タロン!」「君は魔法使いだって聞いてるよ。何か楽しい魔法をみたいかい?」「(首を振り)たぶん別の機会にね。うちにはたくさんのエレクトロニクス製品があるから。父さん僕はやらなきゃならないコーディング作業があるんだけど」「息子さん魔法界には全く関心がないようですね」「忙しいからね。君らが私を疑ってるなら見当違いだぞ。私たちは現代技術を利用するためにテクノロジーを拒否する君らの文化を去ったんだ。過去より未来で忙しいんだよ。」
/振り出しに戻った。疲労したハリーとロンは一杯飲もうとヴァージルの店へ。ヴァージルは妹からハリーが聖マンゴに安く薬を買えるように働きかける予定だと聞いて感謝して俺の驕りだとウィスキーを提供。3人は飲んで話す。彼らの両親は死に、家を売って義足のための費用を作ったと聞き、ハリーは来週にもすぐにマンゴの取締役会議に出席します、と。酔ったヴァージルの話は続く。妹のような戦争の英雄は忘れ去られるべきじゃない、彼らのような者には無料で供与されるべきだ、いわゆる正義の魔法使いたちも自分たちだけが幸せで安穏なくらしをするのじゃなく相応の分担をすべきだ、と。彼がよろけてサイドボードにぶつかり、転げたボトルをロンが落ちないように杖を引く。ふとその奥に、自分たちの店から消えたガラスの置物を発見。「トッディントンさん、商店主たちの間で起きている問題をご存じないですか」「盗難のことなんて何も聞いたことがない」「あなたがサイドボードに持ってる珍しい置物…それに僕は盗難のことなんて一度も口にした覚えはない」杖のポイントをヴァージルにあわせるハリー。「杖を渡して一緒に来てください」/その晩ロンはハーに説明する。「犯人はヴァージルだった。妹は何も知らない。杖を調べてすぐに逮捕されたよ。」「誰か妹さんに説明はしたの?きっと心配しているわ」/〆は一同がスネイプを尋ねて結果報告、急激な進化を遂げたマグル社会と魔法界がこれからどうかかわっていくべきかの提言。 」アームチェアディテクティブ(安楽椅子探偵)みたいな役割のスネイプ。かっこいい。このシリーズレビューやお気に入り数が少ないのが不思議。GENのこういう埋もれた良作品って発掘しにくいんですよ。shipのない作品って作品傾向を掴みにくいし、読むほうも限られた余暇で読んでるわけだから、まずわかりやすいエロとかに流れちゃうのは仕方ないんだろうなあ。/こんな感じの作品を他にもご存知でしたらぜひコメント欄で教えてください!
 
 
 

Severus Snape and Vesperra D'Monicas » by SevLovesLily 未完

Adventure & Friendship, chapters: 65, words: 792k+, favs: 60, follows: 47, updated: Apr 26, 2012 published: Jan 7, 2011, Severus S., OC(非ロマンス、学生相手のT)

ハリーと同じ年に入学したスリザリンの初年生ベスペラ。スネイプの過去と同じように悪い家庭、脂ぎった髪、大きな鼻、半血の出自で同寮生にもからかわれる少女。

 

Listen by delicatedreams★★★★非ロマンス、友情

セブに彼を理解する友人がいたとしたら。/教師生活1年目のスネイプと、6歳年下の女子学生エリノア。似た性質の二人は最初から互いに共感を持ち友情を感じるが、母が継父による虐待で聖マンゴで昏睡。スネイプは友人として聞いた話をダンブルドアに話し法的な対処をしたため、築きかけた友情が壊れる。指名手配の継父からエリノアに連絡が来る。26歳の姉が継父に捕まり、ホグスミードに呼び出される。彼女はセブにメモを残し一人で対処。継父と対峙して殺されそうになったところを危機一髪でセブに救われる。エリノアは聖マンゴで目覚めたときには全てが終わっていた。セブの投薬の組み合わせでエリノアも母も助かり、継父はアズカバンに投獄された。友情を取り戻した二人。/ハリー入学。結婚し外国に移り住んだ彼女とセブとの往復書簡。忙しくて子供も生まれ英国に戻った彼女とも中々会いにいけない中、手紙のやり取りは続く。エリノアに残されたセブの遺言。

 

Snape's Anchor by Sparky V ★★★★

短い。セブには恋人がいた。How Severus Snape did not die because he was not an idiot and the motive behind his spying which is not his eternal undying love for one unforgiving Lily Evans (or is it Potter now?).

 

Educating Elena » by Catia2005 ★★★★★

生き残ったスネイプは魔法界とは距離を置き自宅療養。マルフォイは二度と自分達と係わるなと絶縁状を送ってきた。デスイーター残党は復讐のためまだ自分を狙っている。ミネルバは学校に戻るよう勧めるがスネイプは答えない。ある日痴呆症の叔母の面倒を見るため外国から近所に越して来た若い女性エレナと知り合う。老女の症状がアルツハイマーと聞き暇つぶしに薬を作って与える。礼を言いに来た彼女が自覚のない魔女だと気付いたスネイプ。魔法界の存在を教え彼女に魔法を教える。メンター的存在となったスネイプだが、家がデスイーターに襲われ血文字の脅迫状が続くとそうも言っていられなくなった。/セブを恨んで復讐を企てる男。ホグワーツに復帰したセブだがスリザリンにもセブを恨む生徒が居る。セブの友人エレナも復讐劇に巻き込まれてしまう。絶体絶命の危機にOCがタイムターナー使って大活躍(省略#118)

不幸な形でちょろっとカルカロフが登場(言及)。ダームストラングで校長にまでなったカルカロフ、学術肌でスネイプとも話が合ったんじゃないかなあ?原作での逃げる逃げないのやりとりはそれなりの交友関係をうかがわせます。カルカロフが出てくる話って海外作品でも殆どないんですよね。国内作のドラコ中心ficの中でダークロードにダームストラングの学生を献上すればいくらでも助かる道はあったのにカルカロフはそうしなかった、と描かれていてなるほどその通りだな!と目からウロコだったのでした。

A Game of Gobstones » Several months after his mysterious survival, tables and tabloids are turning against Severus Snape. He faces a conspiracy, legal troubles and has no reason to be in a good mood. And then there's a capricious woman to consider … This is all about the big question: can there be happiness for Snape?
Harry Potter, T, English, Romance & Adventure, chapters: 24, words: 168k+, favs: 30, follows: 49, updated: Apr 24 published: Sep 19, 2016, Severus S., OC
 

Broken Silence » by Imogen Kain 未完 ★★★★

T, Romance & Adventure, chapters: 6, words: 34k+, favs: 33, follows: 52, updated: Sep 22, 2016 published: Jan 5, 2011, Severus S., OC

イルヴァーモーニーを退学になったリズ。親のコネでホグワーツ7年生として入学することができた。入学前夜、パブでスネイプと会って互いに一目ぼれ。そのまま関係を持つが、翌日には学校で教師と生徒とわかってしまう。関係を絶ち距離を置くスネイプ。時間軸はトライウィザードトーナメントの年。OCの性格が積極的でいい。/まだまだ導入部って感じ。6まで、最終更新2016

 

Miracle by  (ドラコ/ハリー、セブ/OC) ★★★★

mpregハリー。ハリーはハーマイオニーとマクゴナガルを殺害した容疑でアズカバンに入れられた。獄中でドラコの娘を産むハリー。3年半後冤罪が明らかになったが、ハリーはもはやダンブルドア・ロン・シリウスを信用しなかった。ドラコはマグル世界でレストランを経営。スネイプはハリーがアズカバンに入った後ヴォルデモートと交渉してマークを消して逃亡、アイルランドのマグル生まれ魔女と結婚して子供も生まれていた。/ドラハリはダンブルドアらの手を逃れ逃亡、スネイプが匿う。だがデスイーターのテロを目の当たりにしたハリーらはホグワーツ襲撃の情報を知り彼らを助けるためにヴォルと戦うことを決意。/スネイプはヴォルに取引を持ちかけたとき、魔力を安定させるポーションを提供したのだが、それには魂を体に結びつける罠がしかけてあった。なので今のヴォルを倒しさえすればいい。

 

Hero by Ms. Padfoot ★★★

ハリー6年目。スパイと学校とで消耗したスネイプを案じたダンブルドアは、彼を夏の間アメリカへ送り出す。灯台の仕事をしてのんびり過ごすはずだったスネイプ。酔った夫に虐待される子持ち主婦レイチェルと知り合う。夫から庇って乱闘になったり、怪我をした彼女を病院に運んで子供の面倒を見たり。娘はセブを黒い羽の天使のようだと慕う。アメリカにいてもダークロードの呼び出しは容赦なくやってくる。黙って国外へ出たことを咎められ、見せしめとして懲罰を受ける。ホグワーツに戻りダンブルドアがターゲットになったこと、ドラコがその実行者として命じられたことを報告。ダンブルドアは嫌がるセブに君が代わりに私を殺せと強要。スピナーズエンドでナルシッサと破れぬ誓いを交わした後、灯台に帰宅。/夏が終わりアメリカを去る。すっかり懐いた娘は泣いて別れを悲しむ。/戦争が終わり、セブは死んだよう偽装してアメリカへ戻る。レイチェルはまた夫の元に戻っていたのだが~

 

The yellow Brickroad BY : Lalani 未完 ★★★

セブは卒業後英国を去り、米国で見習いしポーションマスターとなった。妻とも結婚16年、子供も16-14までの二男二女がいる幸せ家族。ジェリリとシリウス、ルーピン、ハリーは校長の要請を受けて、スネイプに英国へ戻りホグワーツの教師となるよう依頼にきた。てっきりスネイプはまだ独り身で自分のことを一途に思っているはずと思い込んでいた勘違い女のリリー。/レグルスの情報で早々にダークロード陣営を去ったセブ。セブは祖先にバンシーがいる。ダークマークを除去するための薬でそれらの休眠遺伝子が活性化、娘にはバンシーの特徴が色濃く出た。/ダークロード復活の兆しで英国に戻る。娘たちを連れ一足先に英国へ戻り生活の準備。/シリウスはかつてリリーに横恋慕していたが、その後愛する魔女ができた。だがその魔女は5年ほど付き合った後事故で死亡。シリは痛みを知り成長してるけどポッター夫婦は魔法界のトラブルメーカーで鼻つまみ者っぽい感じ。まだまだ導入部分。7まで。最終更新2016.1

 

Always In Your Shadow: Calista Snape Volume I By: Arinus(スネイプとOC娘 非ロマンス)

ベラトリックスは夫ロドルファスが死んだ後、スネイプと情事を持って子を孕んだ。軽蔑している半血だが優秀な子を得るためなのでやむを得ない。もし出来が悪ければ奴隷や魔術の犠牲に使えばいい。ベラには子への愛情などまるで無い。生まれた女の子カリスタは母親のマグル狩りに同行させられるが母の残酷な行動に怯え従わない。ベラは幼い娘に強引にマークを刻み襲撃に連れ出す。襲撃現場にシリウスたちオーダーが到着し、乱闘の末カリスタは保護された。ポッター夫妻に預けられるが、ハリーが生まれ夫妻がフィデリウスに入ることになると彼女は一時的に孤児院に預けられた。/3ヵ月後ポッター夫妻は殺害、ベラはロングボトム家襲撃でアズカバンに入った。ダンブルドアはスネイプにベラの娘の話を知らせる。ダンブルドアに詳細を明かさぬまま孤児院に迎えに行ったスネイプ。(省略#124)

17のうち8まで

The Blood of Your Veins: Calista Snape Volume II

 

From Lilies to Pomegranates by Hollowg1rl

リリーに謝罪を拒絶され、グリフインドール寮の前で蹲りひざを抱えて泣いていたスネイプ。そこに通りかかったレイブンクロー生OCヘイゼル・グレイはセブとは授業でほんの少し話したことがある程度だが、彼の身に起こったことは噂話で知っていた。セブの隣にしゃがみ、「あれで謝罪を拒絶するなら彼女は本当の友人ではなかったのよ」と話しかける。自分のポーションを手伝ってくれる?と持ちかけて、セブはリリーから気をそらすためにそれを受け入れる。彼女の肖像画のための新しいインク研究を完成させたセブ。喜んだヘイゼルはセブにハグして両頬に感謝のキス。友人となった二人だが、ヘイゼルがしつこく誘うブラックを断るため、わざとマグル生まれを貶めるような発言をしたために、彼女の本心を誤解したセブは彼女を拒絶する。/夏休み、セブのもとへペルセフォネと名乗る知らない相手からふくろうのプレゼントがあった。名前はヘルメス。その相手と文通を始め、セブは純血種思想が下らない理由と、セブがプリンス家の後継者であり望めばプリンス卿の称号を手に入れることも可能だと指摘する。ペルセフォネは古い家柄の純血が知るような事柄をセブに教える。/新学期、駅でセブが仲直りしようとヘイゼルグレイを探していると、ラバスタン・レストレンジ(弟・セブには兄より礼儀正しい)が彼女は校長のお気に入りブラックに呪いをかけたせいで退校になったという噂があるという。セブが彼女の家柄からして理事会がそうしたとは思えないと反論すると、純血の内情に詳しいことに驚く。さらにセブが自分はプリンス家の後継だからこの程度のことは知っているというと、セブを見る目が明らかに変わった。コンパートメントにレグルスも加わった。セブのふくろうヘルメスを見ると「見たことがあるような」とレグは言った。(省略#130)

OCヒロイン父娘がメアリースーかな。父親が不死の者で特殊な血筋。セブを守るためにダンブルドアに正面から食って掛かる場面が良い。

36のうち12まで読了

 

The Becoming - Lucy_Luna ★★★★★

セブは5年生が終わった後ホグワーツに戻らなかった。母はセブをダームストラングに転校させてくれたのだ。新天地で幸せになるセブ。短い

 

 

Speechless By: Son of the Mourning ★★★★

(*パワフル、ダークスネイプ。Posessiveセウェルス、独占欲が強く、妻を傷つける相手には容赦が無い。シリウスのレイプ未遂、スネイプは自傷・アルコール・薬物中毒の過去あり。邪悪なシリウスと非道なアルバス。愚かなハリー。オリバンダーはダンブルドアを教えた強力な魔法使い。)

6人目にセウェルスは新しい転校生(Ollivanderの孫娘)と恋に落ちる。彼女は唖で話す事ができない。シリウスは彼女に横恋慕してスネイプから奪おうと何度も卑怯な企てをする。結婚を控えていた二人だが、7年め彼女はダンブルドアによって未来に旅することを強制される。セウェルスは、彼女が戻って来るのを17年待っていた。

スネイプは17年後にようやく取り戻した彼女と結婚。スネイプは彼女が戻り次第戦争から離れて外国に逃げようと計画していたのだが、ダンブルドアはスネイプを誓いを盾に「ダークロードを破るまで」去らせない。シリウスが彼女を汚い計画を張り巡らしハリーを使ってジュリエットを誘拐。(省襲撃イベントに連れて行きシリウスに渡す)スネイプは妻を取り戻しに自ら省に行き、立ちふさがったハリーやオーダー達に自分の力を見せ付ける。オリバンダーは孫を激しく保護しているので彼女を酷い目にあわせた3人組やオーダー、アルバスに対しては自分の影響力を使って追い詰める。逮捕されたハリーとオーダー員たち。/この誘拐事件でスネイプとオーダーは決裂。/シリウスは捕らえられたが性懲りも無く脱走してジュリエットを攫う。結果的にシリウスに騙されていたことを知ったハリーがシリウスをベールに押し込んだがスネイプへの悪意が収まったわけではない。

結局のところ全ては学生時代にダンブルドアがスネイプを戦争の駒として使うためにお膳立てしたもの。学校の対立もアルバス自身が煽っていた。ダンブルドアは誓いを盾にジュリエットを去らせたが、それもセブを絶望させ闇側に押し込みスパイとして利用するため。彼女に両親がいないのもダンブルドアのかけた呪いで犠牲になったため。男児しか生まれない家系で女児を欲しがったジュリエットの父に対し、ダンブルドアは血縁にかかる呪いをかけた。そしてジュリエットが生まれたのだが、それは暗い魔法だったため両親の命も犠牲にし、以降生まれる男児は全て死ぬ呪いとなった。ダークロードはそれを解いてあげたりするし、闇側の同僚たちもそんなに悪くなさそうなのでなんでスネイプがライトに尽くすのかイマイチわからない…

原作通りアルバスの要請に従って彼を殺すが、逃げるときに妊娠した妻を人質に取られてしまった。セブはオーダーと人質交換の交渉をするが応じてもらえない。彼女を取り戻す為にデスイーターを率い自らはドラゴンとなってビルの結婚式を襲撃。スネイプはドラゴンアニメーガス。怒りのままにチャーリーを惨殺し、妻を取り戻す。

闇側が省を把握しスネイプは校長となって戻る。ハリーが戻り戦闘が始まる。

スネイプは妻と子がよりよい世界で生きられるようにダークロードを滅ぼすことを選び、死を覚悟でダークロードの呼び出しに応じる。(省略#237)ちょっと展開に?なところがあったりするけど勢いがあって面白かった。怒れるドラゴンセブがかっこいい。

Aphelion - By: Son of the Mourning ★★★★ 未完

 AU.ギャリックは息子夫婦を戦争から遠ざけローマに送った。そのため息子夫婦と孫娘はローマで息災。戦後ギャリックは孫娘を連れてダンブルドア肖像画に会いに来た。アルバスの隣にはセブの肖像。ダンブルドアはタイムターナーを用意して彼女を過去に送り飛ばす。戦争の経過を過去の自分に伝え、自分を含めたたくさんの命を救うために。/1975年のダンブルドアは彼女が来ることを知っていた。元の時代に戻して欲しいと願うが、ダンブルドアは一方通行で帰ることはできないと拒否する。ジュリエットは祖父のもとに身を寄せ、転校生としてホグワーツに入学。街でマローダーズに追われていたセブを助けたことから彼と知り合って恋に落ちる。セブと仲良くなったジュリエットにマローダーズが嫌がらせ。セブはスリザリンの仲間やレグの協力を得て彼らを凹る。ギャリックも事件を知ると静かに復讐を計画。彼のコネクションを利用して、一時的ではあるがリリーやマローダーズを家族ごと魔法界から追い出した。(省略#238)11まで

 

The Wolf and the Raven - Son of the Mourning ★★★★ 未完

thor/北欧神話クロスオーバー。といってもソーやロキは出てこない。オーディンヘイムダル・神話のフェンリルの子ハティとスコル。フェンリル・グレイバックは本物のフェンリル

ハリー2年目の夏休み。スネイプは休暇をとって日本の東京へ。東京はマグル魔法の混在都市。夜の11時でまともな店は閉まっている。魔法使いのサインがあったストリップクラブに入って食事を頼む。そこでフィンランドから来た挑発的な魔女ウルフと知り合ってホテルにお持ち帰りされfuck。一夜の戯れではなかった。彼女は翌朝去ろうとする彼を引き止めて、自分の部屋を提供する。/ウルフはセブに東京を案内する。寿司屋やゲームセンターに連れて行く。カメラをかって二人の休日を写真に残す。楽しい時間は飛ぶように過ぎ、セブは彼女に夢中。何もかも捨てて彼女と一緒に生きたい。指輪を買って彼女にプロポーズ。彼女はフィンランド人なので英国には入れない。(戦争後にダークロードに組した狼男たちがフィンランドに逃げ、英国の要求に応じず彼らを保護したためフィンランドは孤立、英国への渡航も禁じられている)スネイプは辞表を出し全てを片付ける為にいったん国へ戻る必要がある。

ダンブルドアに辞表を出したセブ。だが彼はそれを燃やし、ポッターを保護するという彼の誓いを盾に取って縛りつけ、セブの願いを拒絶する。

ウルフには秘密があった。実は彼女はロキの子フェンリルヴァルキューレの娘ハチ。双子の兄のスコルと共にフィンランドの大臣に縛られている。大臣はダークロード支持者で神を縛り付ける方法を本で見つけ支配している。二人を交換留学生にしホグワーツにスパイとして送り込む。

涙の別れをしたセブとウルフ(ハティ)だが思いがけずホグワーツで再会することになる。

交換留学生の資料を渡されたセブ。グレイバックの子の双子の兄妹。ハティとスコルはミュージシャンとして成功してマグル界でも著名。彼らの来訪はフィンランドと英国の雪解けと大々的に報道される。

実はセブの前世は北欧神話の月の神マーニ。オーディンの呪いによりハティに結び付けられている。ハティがマーニを捕らえて喰らったらラグナロクが起こるので、それを避けるために彼もまたオーディンに呪われ記憶を奪われ地球に落とされ転生を続けていた。ハーの前身も太陽の神ソール。なのでスコルもあった瞬間からハーに惹かれる。セブとハチは結婚を通して新しいボンドを作り、ダンブルドアの縛りを壊した。記憶を取り戻したセブは姿も美しく変わりパワーも戻る。

(省略#239)26まで

 

 

Unrequited - FictionHunt

 Hogwartsの誰でも、人気者のリリー・エヴァンズを敬慕する。ただし私以外。なぜ私がこれほど彼女を憎むのか。多分、それは彼女が完璧だから。いいえ正直に言いましょう。私がこの3年間絶望的に恋をしている男の子が彼女に恋しているからです。

/セブに恋するエリノア。成績はセブに続いて学年2番。グイグイ行動する突貫娘。ヤックスリーは彼女に言い寄ってるが、エリノアにすればいい迷惑。ヤックスリーが彼女と付き合ってるんだぜと嘘の噂を広めると、怒ったエリノアはスリザリンコモンルームに押しかけめちゃくちゃに凹る。

エリノアはセブと一緒にいる機会が欲しくてわざと薬作りを失敗し、スラグホーンに家庭教師をつけさせた。当然相手はセブのはずと鼻息荒く期待してたのに、なんと来たのはエバンスだった。お前じゃねえ!エリノアは「あんたなんて大嫌い!」とリリーにあたり、よりにもよってその現場をセブに目撃されてしまう。といってもレッスンをやめることはできない。しぶしぶ次の日もでかけたエリノア。色々あってリリーに自分がセブに恋していることがバレ、驚いたことにリリーは喜んで二人の仲を応援すると言い出した。

エリノアはマローダーズにも臆さないので一目おかれてる。エリノアはセブに告白して返事を待つが、その間にシリウスといちゃついている(誤解)のを見られて嫌われてしまった。失恋。

/15年後。聖マンゴのチーフヒーラーとしてキャリアを積んでいたエリノアはダンブルドアの招きに応じてホグワーツの教授となる。

ダンブルドアは彼女にとある教授の長年に渡る呪いの後遺症を治療して欲しいのだ。そのために新たにホグワーツにヒーリングの授業を新設した。

 事件現場で知り合ったトンクスと友人になり、実験に協力してもらうことになった。そのトンクスを介してリーマスと再会。狼男の傷の治療も彼女の研究のひとつ。学校でセブに再会、治療を拒むセブ。誤解を解くために記憶を見せ~23/

 

 

A last chance By: Miss Lily Rogu ★★★仏語 

AU。スネイプはリリーと結婚したが、人生は彼の思っていたようなものではなかった。スネイプはリリーに命じられてダンブルドアを支援するため嫌いな教職に就きもした。

だが彼女は利己的で気まぐれで打算的で残酷だった。結婚式の直後にはもう浮気を繰り返す彼女に気付き、生まれた子供はジェームズポッターに生き写し。離婚したかったが魔法界では離婚は一般的じゃなく難しい。そんな生活に6年も耐えてきた。最近ではベッドルームからも締め出されている。

落ち込んだ様子の教授を心配して声をかけたハッフルパフの女生徒ヘレナ・キングストンはやつあたりでポイントを引かれた上に夕方の居残り罰則を受ける。 リリーのせいですっかり女というもの全般に悪意を抱くようになったセブ。魔法を使わずに教室の掃除をさせた。酔って欲求不満からエレクトし、それを見られた女生徒に哀れな自分の境遇をぶっちゃける。女生徒はセブに同情、H。相手は処女。セブは離婚して優しい彼女と新たに人生を立て直したいと考えるようになる。だがリリーは金持ちで都合のいい夫を手放したくない。やりなおすチャンスを与えてくれといわれてセブは了承。女生徒に別れを告げるが相手はセブを責めない。責めることなんてできません、いつか終わるってわかってました、幸せになってください、と。

結局リリーの改心は一年持たなかった。セブは彼女に離婚を求めた。親子鑑定の結果ハリーもセブの子ではなかった。

8年後。マグルロンドンのカフェで偶然にヘレナに再会。彼女はセブの娘を連れていた。/OC寛大すぎ。スネイプゲスい。

 

 

It's not too late by FelixFelicisWriter

2016年スペインからホグワーツに移籍した7年生のスリザリン生マリアルイスは1977年に逆行。7年生のスネイプと要件の部屋で遭遇。

過去に戻り戦争のヒーローとして死ぬはずのスネイプに会ったマリアは、自分はこの戦争を防ぐために逆行したのだと考えた。/夢小説っぽい?

 

 

"お帰り" - PhantomEngineer  ★★★★★(スネイプ/OFC)

スネイプは日本女性と結婚し日本に帰化して宮田セブさんになりました。

結婚してはや20年、平和で幸せに暮らしています。

 

Scarred Souls - FelixFelicisWriter ★★★★★(スネイプ/OFC)

ダークロードはドラコの失敗を責める。ナルシッサをクルーシオにかけた後、ドラコに死ののろいをかけようとした。そのときスネイプが「ドラコ、逃げろ!」と声をかける。二人はマナーの中を駆け抜け、箒に乗って逃亡。だがスネイプはベラトリックスのセクタムセンプラで重症。スネイプから聞き出した反対呪文でなんとか血は止めた。意識のないスネイプを抱えたドラコを通りがかったマグル妊婦が助けてくれ、自宅アパートまで運んでくれた。スネイプを脱がせてダークマークを見た彼女は顔色が変わる。表に残したバッグをドラコに取りに行かせ、戻ってきたドラコに包丁を突きつけた。彼女はダークマークを知っていた。デスイーターに一度人生を滅ぼされたのだ。ドラコの釈明を聞き危険はないようだとわかると包丁を下げる。ドラコは母がおそらく殺され父は刑務所にいることも話したがこれが彼女の同情を引いたよう。アンジェリカはその人が治ったら出て行って、と。その晩ドラコはVHSでダンボを見た。面白かった。

アンジェリカ・ウィルソン(アフロチックなダークブラウン髪、日焼けした肌色、厚い唇で人種的にはムラータ。双子を妊娠中)

翌朝アンジェリカは仕事に行き、ドラコは目覚めたセブに事情説明。戻ってきた家主は強気でまくし立てスネイプも圧倒。なるほどドラコが素直に従ったのも頷ける。

/そのまま彼女の家で一週間。ドラコはディズニーアニメに夢中。仕事から帰ったアンジェリカはTVを消して「何百回見るのよ、いいかげんもう覚えたでしょ。あんたときたらソファに根っこを下ろしてTVばっかり見て!怪我してるゴッドファーザーに料理作らせて手も貸さないの!?」「自分で作るっていってるんだからやらせてるんだよ!シンバとスカーの続き見ていい?」スネイプに向かっては「昨日ようやく立てるようになったばっかりじゃない。なのに料理なんて作ることないわ。私がやるから」「今日4回目のライオンキング視聴を避けるためにやってるんだ。君も妊娠中で疲れてるだろう。それにこれ以上ベッドにいたら気が狂ってしまいそうだ」「恩知らずな男ね!これだけ背世話されてまだ文句を言うつもり!?」教師として寮監として一定の尊敬を受けてきたスネイプに対し、こんな風に話した者はいなかったので新鮮。

/3日後スネイプが歩けるようになった。感謝を告げて去ろうとするがベラトリックスに見つかってしまう。アンジェリカをつれて森の中へ逃亡、アパレート。

/アンジェリカの話。彼女が15だったとき家が襲撃を受け、彼女は母の言いつけにしたがって隠れた。襲撃者はロジエール家に恥をかかせたといって母親をスクイブと詰り、彼女を殺した後に父親をオブリビエイト。父親は自分が妻を殺したのだと思いこみ、警察へ電話して自首。当局は不可解なことは無視して父親を刑務所送りにし、服役中に死亡。アンジェリカは魔法界のことは何もわからず、事件の余波でずっと苦しんできた。

/母親の旧姓はエラ・ベネット。ドラコは彼女の名前に覚えがあった。祖母がまだ結婚前でロジエール姓だったとき、マグルとの間に子供を作った。生まれた子供エラはスクイブだったので捨てられ、その後祖母は祖父と結婚。祖母が死の床に就いたとき、彼女は娘たち(ナルシッサやベラ、アンドロメダ)にこれを告白して死んだ。

ドラコとアンジェリカはいとこだった。

/アンジェリカが破水。

/マグル病院にアパレート。家族以外は立会い拒否されたが、ドラコはいとこでスネイプは夫だと嘘をついて出産に立会い。スネイプはどうしてこうなったと思いつつアンジェリカの手を握って出産に付き合う。5時間後双子が誕生。

/おどおどしたセブに子供の世話を手伝わせるアンジェリカ。

/5人はどこに避難するかという問題になり、スネイプはアンドロメダ宅に押しかけることを提案。会った事はなくてもドラコのおばだし、アンジェリカにもおばだ。スネイプはアンジェリカの夫に成りすませばいい。

/が、アンドロメダに会ったときダンブルドア殺害の話題が出て事態は混乱。誰も殺してないと聞いていたアンジェリカは激昂して怒鳴りだし、ドラコは破れぬ誓いからの一連の事情を話すことになる。スネイプはダンブルドアが殆ど死んでいてあれは彼に頼まれての殺人だったことは話さなかったが、ドラコの口から大体の事情が知れた。アンドロメダは彼らに以前に住んでいた家を提供。

/村の家に住んで一週間。アズカバンから囚人が脱獄したと聞いてドラコが動揺、マナーに戻る。スネイプは彼を探してマナーへ。そこでドラコ、アズカバン帰りで衰弱したルシウス、ひどく疲れたナルシッサに会う。じきにデスイーターたちがやってくる。両親はドラコに自分たちとは別行動を取りスネイプと逃げることを勧める。セブとドラコが村に帰ると、アンジェリカと赤子たちは消えていた。ベラトリックスの置手紙。「マグルの命を付けたければおまえとドラコの命と交換だ」と。

(省略#319)

OCのキャラがとても魅力的。スネイプとお似合い。

スネイプは危険に巻き込まないよう彼女と距離を置こうとする。最終決戦が起きスネイプは解毒薬の完成半ばで死を覚悟したまま戦場に行く。ダークロードはエルダーワンドの主人をセブだと誤解しているのでいずれにしろスネイプを殺すつもり。ドラコや彼女たちを巻き込まないためにも行く必要があった。残されたアンジェリカはドラコやアンドロメダの力を借り、セブが入手できなかった最後の材料を集め解毒薬を完成させ、ドラコとともに銃を持ち追いかける。

 └A muggle Christmas - FelixFelicisWriter 結婚後の幸せクリスマス

 

The Half-Blood Princess - FelixFelicisWriter  ★★★★★(レグルス/スネイプの妹、スネイプ)

スネイプには4歳下のスクイブの妹リビアがいる。スネイプは妹を守り大事にする良い兄だが、リリーに幼いころから恋していたので妹を彼女に合わせることはしなかった。リリーがスネイプとの友情を捨てたとき、話を聞いたリビアはリリーの態度は酷いと思ったしとても友人だったとは思えなかったので実際兄にもそう言った。それでも兄のためにこっそりリリーに兄と話してくれるよう直談判に行った。リリーは聞く耳持たずでリビアの鼻先でドアをバタンと閉めて追い返した。/母が階段から落ち首の骨を折って死亡。トビアスが突き飛ばしたせいだった。リビアは兄が卒業後自分をこの家から連れ出してくれると思っていた。だがセブはポーションマスターになるために2年の見習いに出て外国に行かねばならないという。それでも4年のはずのところをルシウスの援助で2年に短縮したのだ、と。だがリビアはもうこの家で父と一緒に暮らすことは我慢できなかった。兄の腕にダークマークを見つけて愚かな選択に絶望、口論し、怒りのままに決別の置手紙を書いて家から飛び出す。/16歳で家出をしたリビアは幸運なことに優しい老女店主の経営する画材店に職を得ることができた。4ヵ月後、リビアはハウスエルフに守られた負傷した少年に出会い保護。家に連れ帰って脱がせると彼にもダークマークが。ダークマークのせいで兄と決別したのにまた別のデスイーターを拾ってしまった。/レグはホークラックス回収し危ういところをクリーチャーに助けられた。裏切り者になったので戻ることはできない。そのままリビアの元でマグルとして暮らす。長い年月でゆっくりと友人から恋人になり、結婚、出産。リビアは娘のゴッドファーザーを兄に務めて欲しいと13年ぶりにようやく連絡を取った。

/このお話もオリキャラがすごく魅力的。レグ/OFCだけど兄と妹の物語。泣ける。

戦争自体は原作どおりに進み、シリウスが戻って無実がわかってからは彼も弟家族に再会する。(が結局ベールで死ぬ)スネイプは決戦前夜に最後の別れを妹夫婦に告げに現れ、彼の覚悟を知ったレグは彼を救うためにホグワーツへ。シャックで血の海に沈んだセブにはまだ脈があり、マンゴへ搬送。)

 

It's not that simple - FelixFelicisWriter 未完 (スネイプ/ヴォルデモートの娘)

スネイプはダークロードに娘と結婚するよう命令される。

 

 

CSI: San Diego by ShadowChanger 未完 ★★★★

時間的にはダンブルドア殺害の後あたり。エルダーワンド捜索の任務に失敗したスネイプは致死的な拷問を受けた後ヴォルデモートに記憶を消されカリフォルニア州サンディエゴに捨てられる。殺人課の女刑事クイン・パターソンに救助された後、CSIは資料から未解決事件を解決する彼の非凡な才能を発見。記憶のない彼をコンサルタントとして雇う。クインの家に同居、徐々に記憶が断片的に戻ってくる。近所で奇妙で恐ろしい殺人事件が立て続けに起こり、スネイプはその凄惨な殺人現場を見てなぜか馴染みがあるような感覚を覚えるのだった。(このficのスネイプの外見はアラン・リックマン37歳ver.なので長身・ハンサム。リリーとはかつて本当に愛し合っていた。個人的な記憶は残っていないが、知識や自分が魔法使いだという自覚はある。)やがてスネイプはリリーの記憶を取り戻す。クインとスネイプはお互いへの気持ちを確かめる。オリバンダーを尋問したルシウスは、エルダーワンドは前のマスターを打ち倒さねば新たな主人になることはできないとヴォルデモートに報告する。ヴォルデモートはスネイプを探し生かしたまま連れ戻せとルシウスに命令。(省略#323)14/19/?

 

 

 

The Call of the Ancestors by Gwendolyn Archer  未完

The Dark Guardian by Gwendolyn Archer

 

 Livia: A Solace or An Heir by lkaz

 

 

 _

https://m.fanfiction.net/book/Harry-Potter/OC,セブ+マローダーズera+完了

https://m.fanfiction.net/book/Harry-Potter/OC、セブ+戦後+完了

AO3Severus Snape/OC -ダンブルドア

 

 

 

https://www.fanfiction.net/s/12542694/1/Envole-moi 仏語

デスイーターに襲撃されるマグル一家。襲撃に参加したスネイプは残された少女を隠して命を救った。その後セブはダンブルドアに降ってホグワーツ教師になって1年が過ぎた。2年前救った少女が生徒として入学する。

Imagining Lily - Buckys_winter_QueenLoki - Harry Potter - J. K. Rowling [Archive of Our Own] リリーを想いながら娼婦で童貞を捨てる

To Rescue Her Prince - by reader676 

Heart Within the Shadows - Dragon MoonX

セヴェルスは致命的な呪いに苦しんでいる。

Aufbruch - Anders Leben - Kapitel 1 - madam mim | FanFiktion.de

1981年スネイプはリリーに似たマグル女性アンジェリカと知り合い一夜を過ごす。彼女は妊娠して娘を産んだ。/戦争後、再びアンジェリカはスネイプに会う。魔女になった娘の縁で魔法界とつながりができた。ダンブルドアのいとこガンダルフが蛇に噛まれて死に掛けているスネイプを保護しロンドンに連れて来たのだ。(ドイツ語)

It's not too late By: FelixFelicisWriter

 2016年の女学生が1977年にタイムスリップ。教科書で読んだ戦争の英雄セブルススネイプの若い頃に会って~

Scarred souls By: FelixFelicisWriter 

(スネイプ/OC,ドラコ)メンタースネイプ

A muggle ChristmasBy: FelixFelicisWriter

VIII. Für EIN Leben von Astrid-Runa 

A Lapse in Judgement By: misundersnape 女生徒の誘惑に乗り関係してしまう
 Fiction M  - Angst/Hurt/Comfort - Severus S., OC - Chapters: 16 - Words: 72,185 - Reviews: 169 - Favs: 33

Armilla by Coral Grace 非ロマンス OCレイブンクロー生とスネイプ

Armilla II  By: Coral Grace

A Knight to Remember By: mngurlstuckinva   [Albus D., Minerva M.] [OC, Severus S.] -

Aufbruch - Anders Leben by madam mim

A Merciless Affection by Verity Brown  ポーションnewt学生 フィールドトリップ angst

A Settlement By: ecaterana 

A Kind Of Magic By: original-star-girl-78 

Both Sides BY : ccino

Birds of a Feather By: wolfwillow スネイプとフォークス 未完

Beneath the Exterior By: Maiden of the Heavens 学生時代。ハッフルパフ生とチュータースネイプ

Beloved on this Earth by Chary ハリー、OFC、セブ

Brave New World  by Aashby aka theatresm

Blind Love by selachophobia reviews

OFCはアメリカから来たヒーラー。戦後ホグワーツで負傷者のケアにあたる。スネイプはナギニから生き残った。
Chapters: 5 - Words: 6,287 - Reviews: 5 - Favs: 23 - Follows: 11 - Published: Jan 20, 2015 - Severus S., OC - Complete

Cyrille Cromwell and the Man in Black 恋愛じゃなく子供の面倒を見るセブ

Flying With The Raven by Herbologist HBP / DHの間に設定

Gumby by Hades'Queen 学生相手

Gestohlene Erinnerungen von fiirvogel 独語 OCがジョギング中重症を負ったスネイプを発見

OFCはダンブルドアの姪。ホグワーツの補助教員。ロックハートがいる。
Albus D. & Gilderoy L. & OC & Severus S. - Words: 15,887 - Rated: T - English - Fantasy & Romance - Chapters: 15 - Reviews: 23 - Updated: 23-02-2017 - Published: 01-02-2017 - Complete

Heaven Sent reviews By: Hecate16 未完

マローダーズ時代。OFCは周囲の期待に抑圧された孤独な少女。

Harry Potter - Rated: T - English - Angst/Romance - Chapters: 28 - Words: 82,788 - Reviews: 169 - Favs: 34 - Follows: 14 - Updated: Jan 23, 2006 - Published: Aug 27, 2004 - Severus S
He's the right kind of wrong reviews By: Aribeth89
マローダーズ時代。リリーの女友達がスネイプに恋に落ちたら?
Harry Potter - Rated: M - English - Romance/Drama - Chapters: 27 - Words: 59,248 - Reviews: 57 - Favs: 58 - Follows: 36 - Updated: Mar 31, 2011 - Published: Jul 17, 2010 - Severus S., OC - Complete

His Loving Angel by  Esrelda Snape  アリアナ・ダンブルドア

His First By: morgainedulac  他SS/OC多数

It's a one time thing that just happens a lot by Starlight8
スネイプがDADA、OFCが新しいポーションマスター。Chapters: 55 - Words: 372,645 - Reviews: 1003 - Favs: 291 - Follows: 84 - Updated: Jun 11, 2008 - Published: Dec 30, 2001 - Severus S. - Complete

In The Black by TenthWeasley Snape/OC ベス&スネイプ3部作

In The Red by TenthWeasley Snape/OC 

Breaking Even by TenthWeasley Snape/OC 

Jemand wie du von Sheyleen ヴォルの娘 独語

Jennifer Craw and the Phoenix Wand reviews by jcwriter

ジェニファークルーシリーズの1作め、非常に長く続いてるss/ocのシリーズ 最新作は23

5年目。新教授のOFC。- Chapters: 24 - Words: 63,196 - Reviews: 70 - Favs: 59 - Follows: 11 - Published: Aug 17, 2002 - Severus S., OC

Life in the Shadows by DaniDM

戦後。ミネルバの要請で、秘密裏にホグワーツで昏睡中のスネイプを介護するOC
 Words: 52,648 - Rated: K+ - Chapters: 45 - Reviews: 83 - Updated: 04-03-2017 - Published: 20-11-2014 - Complete

Mist and Vapor By: cecelle 戦後。ダンブルドア生きてる ミストと蒸気 ハンナ

Morgaine's Story By: morgainedulac

New Beginning: The Same Refrain By: FirstYear 17のセブから戦後まで

Never Say I Love You by eastwoodgirl 一次戦争

Never Say I Love You by C.M. Oliver is eastwoodgirl reviews

プレホグワーツ,最初の戦争
Chapters: 30 - Words: 60,685 - Reviews: 286 - Favs: 132 - Follows: 83 - Updated: Jun 27, 2012 - Published: Jan 13, 2012 - Severus S., OC - Complete
Nothing Else Matters by Renfair reviews
Severus once spied for the Order because he had nothing to lose. Following the Dark Lord's resurrection, he finds himself once more walking a knife edge, this time to protect everything he has gained. After conquering her past demons, Avrille has come to terms with the fact it's impossible to change what the future has in store … Or is it? Sequel to "The Dream of One Night"
Chapters: 31 - Words: 255,840 - Reviews: 66 - Favs: 53 - Follows: 35 - Updated: May 19, 2014 - Published: Apr 11, 2012 - [Severus S., OC] Voldemort, Albus D. - Complete

Once Upon a Dream by The Prince's Phoenix

Only the Bravest Heart By: Professor Validus

Paper and Ink - Kapitel 1 - Madame Lefabulous | FanFiktion.de  SS/JKR

Pax Demonica 5 - Demon Lovers -:By : yncarn8 -

Post War by JosieCarioca

Reboot by Kallanit 未完 ハリハーFavs:2,384

Roots By: Dream.Upon.Once

卒業後祖母の招きでマナーを訪れたセブ。ヒロインはそこで働く家政婦。

Rebirth of a Wizard By: Kyria of Delphi

スネイプ死ななかった 逃げのびた

Stop The World by BeMyHeroSeverus

Snape In Love By: rickfan37

Snape's on a Plane BY : tbird1965 スネイプ 飛行機

Severus Snape and the Potion Master's Daughter by Imablack 未完

Severus Gets a Belle By: runninonfaith ボルデモートの崩壊後、病院で目覚めて 新しい人生を見つける

1995-セブと同僚女教師
 OC & Severus S. - Words: 72,099 - Rated: T - English - Humor & Romance - Chapters: 43 - Reviews: 45 - Updated: 11-03-2017 - Published: 31-01-2017 - Complete

Severus Snape Lives On by xxstaindrosesxx reviews

ナギニの後、生き残ったスネイプ。
Chapters: 11 - Words: 24,654 - Reviews: 13 - Favs: 38 - Follows: 11 - Published: Aug 22, 2009 - Severus S., OC - Complete

Second Chances by sasha2010

Simply Irresistible by Kerichi 2004

The Snape and Bella Story By: REDHEAD1805 スネイプとベラ+ハリーとハー。シリーズの最初

The Housekeeper By: Yeghishe chap100

The Visitor by Lady Sophie of Lalaland 未完

The Loss of Ours By: Polexia Aphrodit

The Redemption of Severus Snape By: Shady Grim未完 夢小説っぽい?

The Uninvited By: FirstYear 禁じられた森で誰かを発見

The Unconditional Vow by Agnus Castus 原作準拠

The Slytherin Redemption: BY : tambrathegrea セブ以外のキャラ?受賞作

Forgiveness BY : tambrathegreaこっちはセブメイン

Wenn du das Ende schon kennst von Stellaria トリップ 独語

Wolf's Moon by cuthalion

What Now, Severus? By: Emilie D Romance - ダンブルドアが死んだ直後から

Severus Snape Begins the Beguine By: Emilie D What Now~の続編。ハズバンドセブ

[Sch] The Dream of One Night by Renfair スネイプと弟子

The Edge of Fire by The Half-Blood Princesss 彼女は何年もBill Weasleyに恋してた

The Serpents' Kiss By: animalwriter セブを理解したい新任教授

The HalfBlood Princess Bride By: RabidOrochimaruOtaku 戦後。アメリカへ旅行

The Healer by Grey Lady1 reviews

ヴォルにスパイであることがばれた。OFCは新しいホグワーツのメディウィッチ。Chapters: 60 - Words: 106,277 - Reviews: 107 - Favs: 27 - Follows: 6 - Updated: Sep 22, 2002 - Published: Jul 17, 2002 - Severus S. - Complete

The Old Walls Crumble by cearrae27 バックビークに襲われて負傷したスネイプを助けたマグル女性

The Potion Mistress & The Half Blood Prince By: FonzFan HBP.DADA教授となったスネイプの代わりに新しくやって来た女性薬学教授

The Overlooked by ChristineX

ホグワーツからの招待状を受けていない、見落とされた魔女を発見

The Keeper by RussianImported 未完

To Rescue Her Prince By: reader676 ナギニに噛まれた後のスネイプを癒すヒーラーエリザベスプルウェット

Too Deep for the Healing By: waterside  DH後 お気に入り:172

Too Nice For Slytherin By: Jeni1ハッフルパフからスリザリンにかわった女の子と先生セブ

Too Much Love Will Kill You by Delilah Kelley

The Blood Compact by Delilah Kelley

Two Sides Against the Middle By: Rose of the West 学生時代から

Under Your Spell By: Moonchild1212 

Unbidden by MinnKota 

His Firecracker by C.Queen reviews

親のコネでポーションマスターになった無能なジャスティン・プリンスは、ホグワーツから盗んだスネイプの肖像画から知性を抜き出し自分に移植しようとした。ところが彼の体は逆にスネイプの意識に乗っ取られてしまう。病院でジャスティンの体で目覚めたスネイプはハリーを呼び、娘のリリールーナポッター(26歳ポーションマスター)に預けられることになった。/スネイプが孫世代たちに振り回される感じ?スネイプの見た目はアランリックマンそっくり。呪いの子発表前の妄想ハリーの子供達。リリールーナのキャラがメアリースーっぽい。