読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hp fanfic rec

snape-centric. スネイプ贔屓の海外ファンフィクション(海外二次創作)の読書記録。忘れっぽい自分のためにどんな話だったか記録してるのでネタバレばっかり。ネタバレが嫌いな人は見ちゃダメ。オリキャラびいき。ダンブルドア・マローダーズ・ハリーらグリフィンドール勢はあんまり好きじゃありません。←この辺が好きな人は読まないほうがいいです。キャラバッシングあり。

男女CP2・スネイプとオリキャラ女性

rec

slash1-1 年下(男男CP)/harry

slash1-2 年下(男男CP)/harry

slash2 年上(男男CP)/lucius,/marauders,/dumbledore

slash3 年下(男男CP)/omc,/oc,/kingsley,/percy,/draco

het1 (男女CP) /lily,/petunia

het2 (男女CP) /ofc,/oc

het3 (男女CP) /hermione

het4 (男女CP) /other canon characters

gen1 健全1(CPなし)

gen2 健全2(CPなし)

 

 

Het2(男性/女性) snape/ofc,snape/oc

(スネイプ/オリキャラ)◇ ◇ ◇ ◇ ◇

Leliha 様の書かれるお話はどれも全部面白かったです。全ての作品に共通してるのはスネイプがこれでもかと酷い目に遭ってること。かわいそう…. ハッピーエンドではあるけれど大逆転ホームランではなくどこか喪失感が残るbitter endな作品が多いような気がします。(英語作品とドイツ語作品があるんですが、ドイツ語のほうは独→日で自動翻訳かけるより、独→英→日のほうが読みやすかったです。※独英はgoogle,英日はyahoo)

Blood Relations By: Leliha (スネイプ/オリキャラ)★★★★★
6 巻HBP後。ダンブルドアを殺した後スネイプはドラコをマルフォイマナーへ送り届けた。逃亡中ヒッポグリフに襲撃されたスネイプは酷い怪我をしていた。聖 マンゴには行けない為マグルの病院へ。クレアは友人の出産のため病院を訪れていて、大量出血のため輸血が必要だったスネイプのためにドナーとして献血を申し出る。その直後から二人は悪夢を見るようになる。輸血は双方に互いの記憶が流れ込むという弊害を残した。スネイプはドナーを探し出し閉心術を教えることに。何事もなくその後別れた二人だが~。セブはオーラーとデスイーター双方から追われています。
原作ベースの辛くシビアな展開なのですが、今まで読んできたどのficよりロマンス小説(ハーレクインとかの)らしかったです。ヒロインは38歳の寡婦、教師。彼女目線の語りが多いせいかな。付け足しエピローグ部分はちょっと好きじゃなかった…。作者様はほかにもいくつかOFCものを書かれているようです。


Neighbours By: Leliha(スネイプ/オリキャラ)★★★★★
DHから7年後。戦争はスネイプに深刻な障害を残し、スピナーズエンドで隠者のような生活を送っていた。ある日隣に引っ越してきたシングルマザーと9歳の 息子。苛められっ子の少年を気にかけるスネイプ。その男の子は魔法使いの片鱗を見せていた。mentor!snape. 作者様は惨めスネイプ萌えなのか、この作品でもかなり気の毒な感じで始まります。穏やかな関係が素敵。

Future without a past
By: Leliha(スネイプ/オリキャラ)★★★★★
記憶喪失もの。セブの境遇が二転三転してどうなるの~~とやきもき。面白かったです。
DH後。失恋して仕事も失くしたばかりのビビアンは、ロンドンを離れ友人がスコットランドに持つ家の留守を預かっている。犬の散歩に出かけた先で大怪我をして意識不明の男が倒れているのを発見する。病院で意識が戻った男は記憶喪失になっていた。病院を去りホームレスになったセブ。教会のホームレスシェルターで体調を崩したことがきっかけで女子修道院の管理人に。

Twenty One Years Later By: Leliha(スネイプ/オリキャラ、ハリー)★★★★★
DHから21年後。ハリーは子供たちをキングスクロス駅で見送った後、母リリーにそっくりな女性を見かける。そのままでは別れがたくハリーは彼女をお茶に誘う。だが、そこで聞いたのは彼女とスネイプの奇妙な交流の話だった。
2種類の結末が用意されてます。どちらの終わり方も好き。HAPPYENDのほうは作者様には珍しくスカッとしたEND.

The Squib By: Leliha(スネイプ/オリキャラ)未読
スクイブのアレクサンドラ・ムーディはデイリー預言者の記者。スクイブなので冷遇され嫌な取材は彼女にまわってくる。今回もアズカバンの囚人達への取材を命じられた。ヴォルデモート崩壊から5年後のかつてのデスイーター、ベラトリックス、ルシウス、スネイプ。他の囚人と比べてスネイプだけは特に酷い様相で…

The Convict  By: Leliha(スネイプ/オリキャラ)★★★★☆
タイトル:囚人。奴隷もので囚人の扱いは家畜以下。戦後デスイーターは安価な労働力として供与されることに。
最初っからラストぎりぎりまでセブへの仕打ちが酷い…スレイブ設定だから仕方ないんだけど結局happyendでも嫌なやつらや冷酷な奴らはのうのうとしてるわけで、酷い制度もそのままだし、なんだかやるせない。奴隷物って面白い設定だしぐいぐい読ませる作品も多いんだけど(この作品もそう)読後感がいまいち爽快ではないので気持ちが重くなるんですよねえ。

 

Der schwarze Mann By: Leliha(独語)(スネイプ/オリキャラ)★★★★

ドイツのベルリン。最近その公園には足が不自由で貧しげな黒尽くめの男がよく見られるようになった。ある日コニーはランニング中に転んで捻挫した足を彼に治してもらう。それが きっかけでたわいない会話を交わすようになったコニーとスネイプ。ある時公園で少年の死体がみつかり、スネイプは誤認逮捕されてしまう。釈放された後、自殺しようとしていたスネイプをコニーが引き止め、同居を申し出る。(スネイプはイギリス魔法界から追放されていて、戦争中ヴォルに拷問を受けていたため足に障害が残っています。コニーは35歳のダンスとスポーツのインストラクター)

 

Uralte Magie By: Leliha(独語)(スネイプ/オリキャラハーマイオニー)★★★★★

ジャネットはタイム誌の記者。編集長に地方紙に載った風変わりな記事を調べてくるよう命じられる。「ギャロウェー国立公園の守護天使:霧の中で遭難するも何者かによって奇跡的に救出される」。うさんくさいホラ話の取材に乗り気じゃないジャネット。一方ハーマイオニーもまた上司からこの件を調べるように命じられていた。魔法が介在しているようだがどこからも報告がないのはおかしい、マグルが関わっている限りこのようなケースは必ず省が把握していなければならないのだ。偽名を使い姿を隠していたいスネイプと、異なった立場から秘密を探りだそうとする二人の女性。

すっごく面白かった~。作者様のいつもの作風とは違って「セブが酷い目にあってない!」。読後感もさわやかで本当に素敵でした。独英翻訳は精度が高いのかたまたま文章が合っていたのか英語のfic読んでるのと変わりなかったです。ドイツ語だからって読まないのはもったいないですよー。

地名で画像検索すると舞台の雰囲気がわかってオススメ。

 

Erbarme dich By: Leliha(独語)(スネイプ)★★★

教会で賛美歌を聴くだけの1ショット。短い。上のほうに書いた英語作品のTwenty One Years Laterとあわせて読むと雰囲気出るかも。


Leben jenseits aller Erwartungen
 By: Hebe GB:Leliha翻訳(独語)

元作家さんは現在全ての小説を下げられてるようです。ドイツ語翻訳されたものだけ残ってたみたい。残念ながら読みづらくて途中挫折。時間がある時に再トライしたいです。

 

Land of the Living by StSeverus Snape/OC, Harry/Ginny, Ron/Hermione★★★☆

DHから20年後。ある暴風雨の夜、天文塔の上で何かが集まり死んだはずのスネイプが復活した。DADA教師のセレネはその謎を調べ、ダンブルドアを殺したときに彼の魂が裂け偶然にホークラックスが作られたせいではないかと推測。最初から惹かれあうセレネとスネイプ。しかしセブは自分の心が欠けている自覚があり~。復活セブは一皮剥けたかのように穏やかであんまりセブっぽくないような。衝撃的なオープニングだけど後半は淡々とした感じです。

 

Loving Severus by  Maria Anna Witt(スネイプ/オリキャラ)★★★☆

リディアは離婚して湖畔のコテージを手に入れた。湖のそばを歩いているとローブをまとった黒ずくめの男に遭遇。湖のそばで時折偶然に会って、言葉を交わすだけの二人。どちらも後悔した過去を持ち互いにシンパシーを感じている。

DHの裏側で進行していた話。sad ending. main character death.

 

A Place for My Heart by Wendy Waddles  (スネイプ/オリキャラ)途中まで

賢者の石の頃。スネイプはスピナーズエンドでマグル女性の訪問を受ける。カトリーナは子供の頃の幼馴染で、父親が勤めていた工場のオーナーの娘。今は残された資産を管理している。スネイプは当時彼女を邪険に扱った記憶がある。てっきり借家を去るよう言われるかと思ったが、以前のままわずかな家賃で契約更新するという。

60話のうち 3 まで読了

 

Children of the Revolution By: Istani  (スネイプ/オリキャラ)途中まで

Marauders era. ホグワーツへの汽車の中で知り合った太っちょで鈍くさいハーフブラッドの女の子レイブン。セブルスと同じスリザリンにソートされるが、セブと同じように寮では嘲られ、マローダーズにも目をつけられてる。レイブンはセブと仲良くなりたいが、セブはリリーのことしか見えておらず基本無視。幾分仲良くなってからも邪険な対応。夢小説っぽい?セブを肯定して一途に好きになってくれる女の子。魔法界よりマグル界のほうが好きで70年代のロックやファッションを好み、自分を持ってる感じ。レイブンの母親がポッターママに意見を呈したせいかマローダーズは原作よりもややおとなしめ。セブ・レイブン・リリーはよく一緒に勉強してるがだんだんとリリーは原作のようにセブの立ち位置を責めるようになっていく。セブはルシウスの結婚式でダークロードに紹介され、自分の身を立てるには彼の政治結社に加わったほうがいいと考える。一方しばらくしてレイブンの叔父とおばがデスイーターに殺され、彼女は将来の進路をオーラーに定める。

58のうち11まで読了

 

Dear Professor Snape By: RedStarsa(スネイプ/オリキャラ)★★★☆未完

「アズカバンの囚人」の頃から開始。入学時からセブに恋してるハッフルパフの4年生ロビン。新任女教師エヴァがセブと親しげなのを見て嫉妬!あの女の顔面にレンガぶつけたいだの毒を盛りたいだのぶっそうなことを考える。恋する乙女はプチストーカー。一方のエヴァもセブの後輩で学生時代からセブが好きだった。共に過ごしたクリスマスの翌朝、エヴァはセブに「私もスパイよ。あなたを助けるためにDEになったの」と衝撃の告白。怖っ!重っ!…どっちの女性もすごい地雷臭。エヴァへの対抗心から、自分の開発した新しい自白薬をエヴァで試すロビン。エヴァがDEと知り驚くが、セブに口止めされる。3校対抗試合でセドリックが殺された後、ロビンの姉が優秀なヒーラーとしてDEに狙われてたため家族はオーダーの保護下で隠れることになり、ロビン自身はスネイプのアシスタントになる。アンブリッジの支配下の窮屈なホグワーツ。ロビンは夏の間スネイプとスピナーズエンドで過ごすことに。スネイプの家で彼をめぐりエヴァといがみ合ったり、ナルシッサとセブの破れぬ誓いを目撃したり。

20まで読了

 

The Way Home 3 By: morgainedulac(スネイプ/オリキャラ)★★★☆

生き残った後魔法界を離れ、ミネルバの手引きによりレイキャビクで麻酔専門医として働くスネイプ。そこで知り合ったカサンドラはセブと同じ英国北部出身。こちらで見つけた夫と里帰りしている最中、ヴォルの橋落下攻撃に遭い夫を亡くしていた。自己紹介でセブルス・スマイスと偽名を告げたとき、自分はセヴルスって名前の子を学校で知っていた、と意味深な発言をした。お互いに過去を詮索しないことを約束して茶飲み友達になる二人。彼女の家を訪ねてハーブや呪文や魔法薬の本が入った本棚を見て驚く。彼女はマグルではなかったのか?自分は魔女だと言うが冗談か本気かいまいち判断がつかない。カサンドラは教師。生徒に対する考え方がなんだかセブに似ていた。親密な関係になった翌朝、猫が落とした小箱の中に入ってた結婚指輪を見てセブは凍りつき、彼女の友人の車に同乗して逃げるように帰る。本棚の本、あの指輪…カサンドラは魔女だった。それもブラック家!一度は連絡を絶つセブにカサンドラから電話、”君は魔女だ、隠してた”というセブに”会って話したほうがいいわ”、と。カサンドラの家に行くとそこにミネルバがきた。ミネルバは彼女がレイブンクローに配属されたとき家族の縁を切られたこと、卒業して行き先のなかった彼女にフリットウィックがマグル界を勧めたことなどを説明して帰る。つまるところカサンドラは会った時からセブを認識していたのだ。いかないでと懇願するカサンドラを振り返らずセブは彼女の元を去った。ホグワーツミネルバを訪ね、事故の詳細を聞くセブ。橋を攻撃したヤックスリーはかつて彼女の婚約者で取り消された後も存念があった。彼女を苦しめるために夫の死ぬ様を見せ、彼女の腹の子を殺した。ぼろぼろの姿でグリモールドプレイスに着いた彼女は結局アイスランドへ戻ることを望んだ、と。同じように魔法界に背を向けたセブは彼女に共感する。彼女との仲直りを望むミネルバだがセブはその場では決心が着かなかった。数日後彼女に会ったとき互いの過去を話し仲直りする。早めのクリスマスディナーに二人はミネルバとキャシーの20年来の友人を招く。彼はセブがキャシーといることはいいことだ、彼女は時々欝にかかり、自殺しようとしたこともある、今のように楽しそうにしてるのは何年も見たことがなかった、と。ミネルバは帰り際二人にホグワーツの内輪だけのクリスマス晩餐会にも加わるよう言う。セブは7年ぶり、キャシーは10数年ぶりの魔法界。ポピーとの再会、懐かしいダンジョンに感慨にふけるセブに、ミネルバは戻ってきて欲しい、と。己の過去と向き合う覚悟で、復帰を考えるセブ。だがその話はキャシーを酷く動揺させた。酷い欝の波に飲まれperのところに逃げ込むキャシー。セブは何がそんなに彼女を怖れさせるのかレジリメンスをかけ、夫と腹の子が殺される瞬間と、彼の死体の脇で犯されるさまを見た。彼女が行けないならば自分もマグル界に残ると決めたセブだが、キャシーもまた己の恐れと向き合う決心をしてくれた。ミネルバはキャシーにも教職の口を世話してくれた。魔法界に戻ったセブを群衆は英雄として温かく迎えてくれた。ホグワーツの教師となった二人。

A Gift of the Goddess By: morgainedulac

続き。結婚した二人に娘が授かる。教職があるので娘は週に何日かポッター家に預けられる。嫌々ながらも嫁に説得されてポッター・ウィーズリーと交流するセブ。娘が3歳になる頃嫁が寝付いて余命2年ほどと宣告される。20のうち7まで読了

Reunion By: morgainedulac未読

続き。死後あの世で嫁と再会。

 

Into the Night by Bluehaven4220 途中まで

婚姻法。マグル生まれの魔女は17歳になったら3ヶ月以内に結婚しなければならない 。

アリソンは戦争中マグル界に避難、スケート選手をやっていた。デスイーターに捕われレイプ死産した過去がある。その際姉妹も死亡。アイスダンスのパートナーである幼馴染はアリソンに恋している。45のうち7まで読了

 

You Can't Always Get What You Want by His Half Blood Princess  途中まで

ホグワーツに入学して、セブにスリザリンで仲のいい女の子の親友が出来たら。幸せいっぱいな恋人同士だったのに、セブが級友にそそのかされダークマークを刻んだせいで全てが壊れてしまう。ショック…あのまま幸せになったセブが読みたかったよ…それまでがほのぼのしたすっごく素敵なお話だったのよ~

52のうち22まで読了

 

Lost But Not Forgotten By: TattooShadow - 途中までRomance/Tragedy - Severus S.20年前隠蔽された犯罪が明らかに

ヴォルデモートを下した後、ドビーがハリーに助けを求めてきた。彼の話によると、かつてあるエルフが殺人を目撃したため省に連れ去られ殺されて埋められたという。そのエルフはリーマスに物を届けに行き殺人を見たらしい、年を取った省妖精が解放されてホグワーツのエルフ達にこの話を伝えたのだ、と。トリオが掘り起こした箱はリーマスに当てられたもの。衆人の仲であけた箱の中には殺された生徒の記憶が入っていた。

 

Bound in Leather, by ladydeathfaerie 途中まで

魔法界を去ったスネイプはマグル界で世界的なロックスターとなり大成功していた。CDは売れ、ステージも完売。無礼な態度で不機嫌な態度のスネイプにもグルーピーは進んで足を広げる。女はより取り見取りだ。記者たちにもつっけんどん。マネージャーはもっとおとなしくしたら?と言うが、彼は態度を改めるつもりはない。/アメリカ中西部でのステージ。Alasdair Maeve Wyndham、アルはこのコンサートを待ちに待っていた。彼女は交換留学でイギリスに行ったとき、友人に連れて行かれたクラブで初めて彼を見た。友人がロンドンで一番セクシーで色っぽいヴォーカルだとオススメしていた彼をひと目見たときから夢中になり、アメリカに帰った後もインターネットでずっとバンドを追っかけていたのだ。やがて彼らはメジャー契約をし、初アルバムを出し、最初のツアーを発表したときには彼女は36時間も並んでチケットを取った。ああ、でも本当にその甲斐があった!(省略#43

 

Tote Katzen schwimmen besser by CyberneticNemesis 途中まで

ビアスは自分と話をしない16歳の息子のことを精神科医に相談する。妻が死んで以来どう彼に対処すればいいのかわからない。ますます内向的攻撃的になり隣家の猫を殺してしまった。/休暇で戻ったセブはマグル図書館に通っていた。ある日、図書館の帰り道、たちの悪いマグルに絡まれたりしながらイライラして戻ってきたセブ。家の前にいたいつも彼を攻撃する凶暴な猫を衝動で殺してしまった。セブは図書館で見かける赤毛の女の子が気になっていた。話をしてみるとスターウォーズシェークスピア、いろんな話ですぐに二人は打ち解けた。彼女の部屋に招かれる。彼女は看護婦の母と継父と暮らしている。本当の父は警官で、彼女が一歳のとき死んだという。セブの母はデスイーターに殺されてしまった。(古いfic?原作と家庭背景・出自設定が違う)(省略#73

 

Redemption By: TJ Jordan ★★★★未完※het1と共通

リリーとの決別後、スネイプは奇妙な夢を見るようになる。ウィリアムとミシェルという若い夫婦と男の子の家に立っている夢。男女は誰かに何かを引き渡すように脅され怯えている。男の子はセブと話が出来たが言ってはいけないと親に言われてるため詳しい話が聞けない。その後血の海に浸った死体と連れ去られる子供、そしてその家が炎に包まれる夢ーー。これを毎日のように見るのだ。すっかり憔悴したセブはマグル学教授にこの夢を相談。教室を出たときアリスともう一人のグリフィン女子がスリザリン生数人に虐められているのを見た。マローダーズの自分への虐めを思い出し、相手に殴りかかって助ける。だがその行為はスリザリン寮の反発を招き、大勢に囲まれてリンチを受ける。気絶した後またあの夢を見る。今度はロングver. 夫婦の襲撃時、家に出てきたのはルシウスだった。夢の中のルシウスやリリーはセブを責める。病棟で目を覚ましたセブ。ダンブルドアが君を助けさせてくれというのだが、過去の所業を思うと信用できない。クラウチがいたことやマルシベールらがクルーシオを使ったことをばらしたら、次に受けるのは殺害呪文かもしれない。退院後のスリザリン寮はセブの敵となった。セブはリリーに謝罪し許しを懇願するが、どんなに心を尽くしてもリリーは冷たく拒絶する。(省略#89) A Prince Risingにインスパイア。確かに似てる。現時点ではまだセブとリリーしか出てませんが、OCとのロマンスになる予定みたいです。

15まで 最終更新2016.10

 

Spinner's End BY : NakitaGirl  未完

割り切った大人の関係を持とうとするアダルトセブです。アメリカ生まれのレイブンはイギリス人のリッチな男と知り合い、イギリスに来て結婚。ところがその男に一文無しで捨てられて、安い家賃の部屋を探して流れ着いた先がスピナーズエンド。HBPの最初のあたりからなので、セブの家にはペティグリューがいます。ベラとナルシッサの訪問も隣家の窓から目撃、アパレートで消えるところも。レイブンがご挨拶のクッキーを持っていって話をするとセブのウィットについてこれる女性。永続性のある関係はダークロードのことを考えると無理なのだが(気まぐれで相手に何をされるかわからない)、短い関係ならいいだろうと彼女を誘う。レイブンは最初からセブに惹かれてる。とても相性の良い二人。会ううちにどんどん惹かれていく。

33のうち10まで

 

No one Comes When You cry BY : ccino 途中まで

アルバスの要請である屋敷の探査に向かったセブ。校長はここに子供が捕らわれているかもと言ってたが、屋敷は無人で放棄されていて何もない。酷い異臭が漂っている。なにか動物が閉じ込められて死んでいるのか…?セブは臭いの元を辿り、ぼろぼろの人のような物体を見つける。まだ生きていた。ホグワーツに連れ帰り、校長に報告に行くが彼は自分に後を押し付けてとっとと休暇に出ていた。ポピーに世話をまかせようと医療棟へ連れていくが、彼女もまた休暇。ついでに伝言で「学校が始まる1週間前に戻ります。薬の補充リストを書いておいたから休暇中に作ってね」と。セブが面倒見るしかなかった。エルフの助けを借り、女の子を癒し、レジリメンスで過去を見る。彼女は2歳から鎖に繋がれ動物のように扱われ度重なる打擲を受けていた。名前もなかった。スネイプは彼女にスカイという名を付け、人間らしい生活態度を教え込む。ソート帽子は彼女が邪悪と決め付けどこにも入れないと拒否。教師陣も態度を変え追い出す。ホグワーツを追い出された彼女はサラザールスリザリンに~

メアリースー?不幸な少女が実はスーパーチート。オリバンダーで古代の貴重な杖に選ばれる。スネイプがgit。子供に欲情する話はあんまり…67のうち6まで

 

Severus Snape and the Potion Master's Daughter - by  imablack ★★★★未完 

リリーとの決別後の新学期、セブは汽車の中で新任のオコナー薬学教授の娘ルーシーと知り合う。オコナーはダンブルドアと親戚。アメリカ育ちで優秀な彼女はセブの薬学クラスでパートナーとなる。オコナー教授は目が不自由。授業でセブの聡明さに気付き、学生助手のポジションを提供、将来の見習いも提案する。ルーシーは優秀すぎるのが仇となり家族以外とはうまくやれなかったのだがセブとは気が合う。「僕は人気のある男じゃないけどいいのか?僕と一緒にいると嫌な思いをするかもしれない」「からかわれるなら友達がいなくてからかわれるより、友達がいてからかわれるほうがいいわ」すっかり仲良くなったセブとルーシー。彼を認める良き師との出会いで将来の見込みも出来た。もはやダークロードに係わり合いたくないセブだが、彼の参加を期待する同寮生やマルフォイにそれを気取らせるのは危険すぎる。セブ/ルーシー、レグルス→ルーシー、リーマス→ルーシー。突然態度を変えたリリーがセブに話しかけるが、それはリーマスがルーシーを追いかけるのを止めさせようと探りに来ただけのことだった。セブと一緒にいるのならあちら陣営だろうとの邪推。セブはもうそんなリリーを愛していなかった。もう帰れと追い返す。ホグスミードでデート。途中レグが果敢にアタックするも玉砕。セブとルーシーはキス。ルシウスのクリスマス招待を無視したため、本人がセブに会いにやってきた。正式に見習いになったセブに不満顔。ルーシーは事情を知り、ダンブルドアに話すべきだと勧める。校長らにデスイーター勧誘とマグル学のマイヤー教授が標的にされていることを告発。校長はセブをスパイに利用しようとする。オコナー教授はそんな校長に反発。セブもやりたくない。

12まで 最終更新2014.12

 

Life's Best Laid Plans by missyanne(aka imablack)

上の話とは別の物語。オリキャラの設定は同じ。ヴォルデモート最初の凋落から5年後。セブがホグワーツ教師になって3年目。その前年セブはリリーが自分をハリーの第2の名付け親にしていたことを知り、ハリーを引き取って1年目。アメリカ育ちのルーシーは婚約者と結婚するため英国に来た。婚約者の外交官ケネス・マスグレーブの主張で、米国の大学で教えることを諦め主婦となるつもりだった。婚約者は出張が多く、アカデミックな人生も恋しく、3ヶ月も淋しく英国で過ごした後、ルーシーはアルバスのオファーを受けてホグワーツ歴史学の教授職を受け入れた。セブとハリーはめがねを作りにダイアゴン横丁へ行き、婚約者と買い物に来ていたルーシーと遭遇。6歳ハリーは可愛い魔女のルーシーに一目ぼれ。嫉妬深いケネスはルーシーを家の中に閉じ込め自分に依存させたい。ホグワーツで働くこと自体反対だった。ルーシーは城で働きハリーとも仲良くなる。ハリーは素敵なルーシーがあの意地悪な男じゃなくパパと一緒になればいいと思っている。(省略#92)

ケネスが悪い奴。シリウスの脱走とか事件も色々。セブは子供の世話やルーシーの存在で人間的に成長。

 

 

 

Reboot By: Kallanit 未完 Favs:2,384

Pax Demonica 5 - Demon Lovers -:By : yncarn8 -

Both Sides BY : ccino

 VIII. Für EIN Leben von Astrid-Runa 

Aufbruch - Anders Leben by madam mim

A Merciless Affection by Verity Brown  ポーションnewt学生 フィールドトリップ angst

A Settlement By: ecaterana 

A Kind Of Magic By: original-star-girl-78 

Birds of a Feather By: wolfwillow スネイプとフォークス 未完

Beneath the Exterior By: Maiden of the Heavens 学生時代。ハッフルパフ生とチュータースネイプ

Beloved on this Earth by Chary ハリー、OFC、セブ

Brave New World  by Aashby aka theatresm

Cyrille Cromwell and the Man in Black 恋愛じゃなく子供の面倒を見るセブ

Gumby by Hades'Queen 学生相手

Gestohlene Erinnerungen von fiirvogel 独語 OCがジョギング中重症を負ったスネイプを発見

His Loving Angel by  Esrelda Snape  アリアナ・ダンブルドア

In The Black by TenthWeasley Snape/OC ベス&スネイプ3部作 その1

In The Red by TenthWeasley Snape/OC ベス&スネイプ3部作 その2

Breaking Even by TenthWeasley Snape/OC ベス&スネイプ3部作 その3

Jemand wie du von Sheyleen ヴォルの娘 独語

Life in the Shadows by DaniDM

Mist and Vapor By: cecelle 戦後。ダンブルドア生きてる ミストと蒸気 ハンナ

Morgaine's Story By: morgainedulac

New Beginning: The Same Refrain By: FirstYear 17のセブから戦後まで

Never Say I Love You by eastwoodgirl 一次戦争

Once Upon a Dream by The Prince's Phoenix

Only the Bravest Heart By: Professor Validus

Paper and Ink - Kapitel 1 - Madame Lefabulous | FanFiktion.de  SS/JKR

Reboot by Kallanit 未完 ハリハー

The Snape and Bella Story By: REDHEAD1805 スネイプとベラ+ハリーとハー。シリーズの最初

Snape In Love By: rickfan37

Snape's on a Plane BY : tbird1965 スネイプ 飛行機

Severus Snape and the Potion Master's Daughter by Imablack 未完

Severus Gets a Belle By: runninonfaith ボルデモートの崩壊後、病院で目覚めて 新しい人生を見つける

Second Chances by sasha2010

Simply Irresistible by Kerichi 2004

The Housekeeper By: Yeghishe chap100

The Visitor by Lady Sophie of Lalaland 未完

The Loss of Ours By: Polexia Aphrodite

The yellow Brickroad BY : Lalani 未完

The Uninvited By: FirstYear 禁じられた森で誰かを発見

The Slytherin Redemption: BY : tambrathegreatスリザリンの贖い セブ以外のキャラ?受賞作

Forgiveness BY : tambrathegreatスリザリン贖いの続編 こっちはセブメイン

Wenn du das Ende schon kennst von Stellaria トリップ 独語

Wolf's Moon by cuthalion

What Now, Severus? By: Emilie D Romance - ダンブルドアが死んだ直後から

Severus Snape Begins the Beguine By: Emilie D What Now~の続編。ハズバンドセブ

[Sch] The Dream of One Night by Renfair スネイプと弟子

The Serpents' Kiss By: animalwriter セブを理解したい新任教授

The HalfBlood Princess Bride By: RabidOrochimaruOtaku 戦後。アメリカへ旅行

The Old Walls Crumble by cearrae27 バックビークに襲われて負傷したスネイプを助けたマグル女性

The Potion Mistress & The Half Blood Prince By: FonzFan HBP.DADA教授となったスネイプの代わりに新しくやって来た女性薬学教授

To Rescue Her Prince By: reader676 ナギニに噛まれた後のスネイプを癒すヒーラーエリザベスプルウェット

Too Deep for the Healing By: waterside  DH後 お気に入り:172

Too Nice For Slytherin By: Jeni1ハッフルパフからスリザリンにかわった女の子と先生セブ

Too Much Love Will Kill You by Delilah Kelley

The Blood Compact by Delilah Kelley

Two Sides Against the Middle By: Rose of the West 学生時代から

Unbidden by MinnKota