hp fanfic rec

海外ファンフィクション(海外二次創作)の読書記録。ハリポタのスネイプとマーベルのロキ(マイティ・ソー2作目まで)が好き。忘れっぽい自分のためにどんな話だったか記録してるのでネタバレばっかり。ネタバレが嫌いな人は見ちゃダメ。オリキャラ大好き。ダンブルドア・マローダーズ・ハリーらグリフィンドール勢は好きじゃありません。←この辺が好きな人は読まないほうがいいです。キャラバッシングあり。

slash1-1・ハリスネ・スネハリ1

slash1-1 (男男CP)/harry

slash1-2 (男男CP)/harry

slash2 (男男CP)/lucius,/dumbledore,/other canon characters.x-over

slash3 (男男CP)/omc,/oc,/kingsley,/percy,/draco

slash4 (男男CP)/marauders,/james,/sirius,/remus

het1 (男女CP) /lily,/petunia

het2 (男女CP) /ofc,/oc

het3 (男女CP) /hermione

het4 (男女CP) /other canon characters,x-over

gen1 健全1(CPなし)

gen2 健全2(CPなし)

 

(ハリー/スネイプ) ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

苦手キャラだし原作での関係を考えるとかなり無理のある組み合わせ。でもスネイプ絡みではスネハーと並んで最大のカップリングなので、作品数が膨大で面白い作品がたくさんある。主にハリスネ。リバでも構わないんだけど、スネハリはハリー好きな人向けの展開が多いので好みの作品を見つけづらくほとんど開拓してない。snarry関係はこちらで探すのがオススメ。

 

Vice Versa by centaury_squill(スネイプ/ハリー、フィルチ/スネイプ)★★★☆

HBP。スネイプはスラグホーンの悪戯からハリーを守るためにポリジュースでハリーになる。ところがミスが起こり長いこと入れ替わるはめに。スネイプに化けたハリーは校長に自分を殺すように頼まれ、ハリーに化けたスネイプはロンを毒酒から救う。

 

snape's room by bashfulbabeaka  younoknowme93 (ハリー/スネイプ)★★★★★

ヤンデレハリー。ハリーは現在ホグワーツ教師。学生時代からスネイプの部屋に忍び込んでは睡眠姦を繰り返していた。短い

 

the first of many By: bashfulbabe aka  younoknowme93(ハリー/スネイプ)未完

mpreg.オメガバース。ドムサブ。セブが従順な奴隷みたいで苦手だった…序盤で断念

 

shy beginnings by (ハリー/スネイプ)★★★★☆

1年も付き合ってるのに近づこうとすれば睨まれキスしようとすればのけぞられる。なんでですか!?と問い詰めるハリー。そこでセブが今まで誰とも関係したことないヴァージンだと知り、ハリーは自分の体験も語り心を尽くして口説き落とす。ガードの堅いヴァージンを言葉責めでじりじり攻めあげる。

 

Amnesia for two by   (ハリー/スネイプ)★★★★

ベッドで全身包帯巻き、動けないセブの体を優しく清拭する男の手。記憶喪失。

 

Light on the Dark Side of Me by CocoaSnape(スネイプ/ハリー)

6年生のハリー。自分のセクシュアリティがむしろ男にあることに気付いて、密かにスネイプに関心を持っている。長期休暇の間、校長の命令でスネイプはハリーに防衛術と閉心術を教えることになった。長い間一緒にいるうちある程度親密になったハリーとスネイプ。閉心術の練習中にハリーが自分で妄想してることを知り戸惑うが結局誘惑されて関係を持ってしまう。冷静になったスネイプは生徒との不適切な関係を拒絶するがハリーは納得しない。

ダンスネコメディと違ってシリアス。goodダンブルドア。34のうち20まで読了。


Protosnape by suitesamba (スネイプ/ハリー)★★★★
Harry Potter/Severus Snape  George Weasley Hermione Granger Humor/Mystery
WWWは、彼らの製品である魔法界ヒーローアクションフィギュアシリーズにスネイプ校長を追加することを決定しました。ハリーは、試作品の詳細をスネイプの最も近い親族であるいとこと交渉します。 アルバートプリンスjrは、服のボタンの数から靴の材質、アクセサリーの大釜の形状に至るまで細かく注意をしてきます。その手紙でのやり取りはハリーに死んだはずのスネイプを思わせます。

seven by Emily Waters or AF(ハリー→スネイプ)★★★★
大戦後、奴隷としてハリーに下げ渡されたスネイプ。
反対するハーマイオニーをよそに、ハリーはご主人様と奴隷だもんね、Hなこともしちゃうぞ~とウキウキ。でも実際に暮らし始めてみたらアレレ思ってたのとなんだか違う?
タイトルのセブンは一週間のことです。
ハリポタでおなじみのスラッシュ設定をネタにしたお笑い作品。

作者様はシリアス長編のほかにもこの手のユーモア作品を多数書いてらっしゃいます。

 

Of Human Bondage By: Emily Waters (ハリー/スネイプ,他さまざまなCP)★★★☆

これもハリポタfanfic界でおなじみの奴隷設定をネタにしたお笑い作品。上の作品よりもっとメタな感じ。

 

Sexual Magic By: Emily Waters (ハリー→スネイプ、ネビル/スネイプ)★★★★

ヴォルを倒すために有効な強力な魔術が発見された。そのためにハリーはスネイプとsexしなければならない。ハリーはアプローチを開始するがことごとくスネイプに拒まれる。アモルテンシアだの奴隷化呪文だの色々試すがfanfic界で定番の設定に免疫できてるスネイプには効かない。とうとう理由をスネイプに話して協力してもらおうとするが~

Due Recompense by Eriador117 (スネイプ/ハリー)★★☆
ハリーに恥をかかせるためにエッチな罰を課すスネイプ。でもそれは罰にはならないのでした。なぜならハリーは以前からスネイプ相手にHな妄想をしていたのでむしろノリノリだったのです(笑)このオチはさすがにハリーが可哀想。

The Same Coin by Meri (ハリー/スネイプ/ハリー)★★★☆
大戦後。ホグワーツに30代になったハリーがDADAの教授としてやってきた。
オーラーの任務中に大怪我をして、もはや杖無しではまともに歩けず、痛みのせいでいつもイライラ。この話のいいのはなんといっても前半の教授を嫌うハリーの憎ったらしさ。(笑)スネイプへの悪口雑言、八つ当たりのヘイト描写は、これぞまさしく原作ハリー!それでも胸糞にならないのはポンフリー夫人などスネイプの理解者がちゃんといるからでしょうね。前半部分のハリーとスネイプのやりとりは本当に面白かったです。
ただ基本的にこのCP苦手なので恋愛パートに入るとあれほど嫌ってた教授を好きになるもんかなー、また教授もあれだけ言われてきて応えるかなーとモヤモヤ…。まだ最初のハリー大嫌いなころに読んだ作品なのでいちゃいちゃ部分が苦手でまるっとすっとばしちゃいました。星が少なめなのは単にCPの好みです。snarryに慣れて来た今読めばまた違うかも。

 

Young At Heart BY : Kohrin (ハリー/スネイプ)★★★★★

de-aged.38歳→16歳。聖マンゴで死に掛けてるスネイプを助けるために、ハリー・ハーマイオニー・ロンが闇の魔術を行使する。怪我は癒えたが16歳ほどの姿に若返ってしまったスネイプ。意識も当時に戻ってしまい戦争も教授時代のことも何も覚えていない。彼の面倒を見ることになったハリーは若いセブになぜか欲情してしまい~。セブの無意識のエロ可愛さにもんもんとするハリー。面白い!えろい!私は通常ハリー相手のslashは苦手なんですが、このお話は萌えました。作者様はHP作品たくさん書かれているようです。他のも読んでみたいな。
 

An Accident in Time     BY : CiraArana (ハリー/スネイプ)★★★★★

de-aged.48歳→15歳。戦後10年たったある日ハリーのところに少年スネイプが手紙を持ってたずねてきた。その手紙によると戦争中に諸々の呪いが複雑に絡み合った攻撃のせいでスネイプは時々若返り現象を起こしてしまう。自分でも色々と治療法を模索しているが最近若返った自分を生体解剖したがっている研究者がいることを危惧している、未成年者であるうちは省の意向に逆らえないからその間保護して欲しい、との内容。今の彼はかつて本で惹かれたハーフブラッドプリンスだ。若いスネイプとの会話は心地よく、ハリーは全ての事情を話す。15歳の男の子と暮らすのは結構大変。一緒に暮らすうち、若いセブの身体に欲情したりもするが何とか自分を押さえ込む。じりじりした関係の突破口を開いたのはセブ。

 

Acceptable Losses Author: Draconic_Girl (スネイプ/ハリー)★★★★

de-aged.38歳→18歳。フォークスの自己犠牲により生き残り若返ったスネイプ。アバーフォースが見つけて彼を匿う。プリンス家の末裔キーラン・プリンスとしてのカバーストーリーを作り上げて、再びホグワーツに通う。ダンブルドア肖像画の余計な忠告でスネイプに良く似たキーランをつけまわすハリー。仕方なく正体をばらすセブ。そこから二人の交流が始まり、恋人同士になる。

 

A Christmas Tale - WIP Author: Draconic_girl(ジェシリ、アルセブ、スコーピウス、スネイプ/ハリー、ハリー/ジニー)途中まで

兄のジェームズとけんかして禁じられた森に飛び込んだアルセブ。そこで植物採集をしていたのは死んでいるはずのスネイプだった。寮に戻ったアルセブはセブの孤独な20年間を想像し、これからはもっと訪ねてあげようと決意。24のうち4まで読了

 

One Stupid Person  Author: quixotic-hope (harrysev)(スネイプ/ハリー)★★☆

de-aged.裏切りがヴォルにばれてスパイとして用無しになったセブ。アルバスからは薬で若返りハリーの心の友となって傍で支えよ!と無茶な命令。留学生として偽ってホグワーツ急行に乗り込むセブ。偽名はアラン・リックマン(笑)ところでハリーはゲイでスネイプに恋していた。ハリーはひと目でアランに好意を持つ。スネイプがホグワーツを去ったというニュースに喜ぶロンを怒鳴りつけるハリー。えっハリーは自分のこと嫌ってるんじゃなかったの?と理由を聞けば、彼は自分を有名人と囃し立てないし、それに何度も命を救ってくれた、彼が自分を嫌わないでくれたらいいのにとハリー。それを聞いて反省するセブ。ハリーはアランに恋をし(この話のハリーは謙虚で親切なoocハリーなため)セブもまたハリーを好きになる。両思いになった二人だが、ある夜校長とアランが話してるのを聞き、スネイプがアランだと知り、自分は騙されてのかとショックを受ける。誤解を解いてHAPPYEND。

 

Consolation Prize by regan_v (スネイプ/ハリー)★★★★☆

ヴォルデモートに捕われたハリーを救いに来たスネイプ。でもハリーはダンブルドアを殺したスネイプを信じない。そこでスネイプはレジリメンスを使わせて記憶を見せ、二人の間で破れぬ誓いを結ぶ。ハリーのためにナギニを毒殺し、彼を守り、ヴォルを倒すのを手伝う、そのかわりに戦後自分が頼んだことをひとつ聞くという取引だ。だがヴォルが死んだ後の魔法界でスネイプは冷遇されていた。無実は明らかなのに仮釈放の身、自由も制限されているし、世間の目も冷たい。ホグワーツの職は解かれ、所有物も没収、職は無く違法スレスレの薬を作って糊口をしのぐ有様。デスイーターの裁判には毎回駆り出され、光側に有利な証言を求められる。省への行き帰りを護衛するのはオーラーになったハリーだ。彼がいないと悪意を持つ市民に何をされるかわからない。金が尽き、破れかぶれのスネイプは破れぬ誓いを思い出す。元々は生き残った場合の裁判時の安全策だったが必要が無かったので借りはまだ有効だ。そこでスネイプはハリーに自分と結婚するよう要求する。金庫の半分あげるから勘弁して!というハリーに金だけでは不十分、自分が欲しいのはポッターの名と社会的地位だ、とスネイプ。嫌々結婚したハリーが初夜を迎えるに当たり飲んだセブに魅力を感じる薬は永久的。だが結婚後ハリーは双子の協力を得てマローダーズ並みの嫌がらせを延々と始める。閉口したセブは低姿勢に出、夕食を用意するように。ハリーの態度も少しずつ軟化していくようだ。

 

Surprising Allies, Surprising Love by Slayer_of_Destiny (ハリー/スネイプ)★★★★

セブはゴージャスな部屋のベッドで足を金鎖でくくりつけられていた。ヴォルデモートの新しい有力な同盟者が協力の対価として彼を要求したのだ。セブは部屋に入ってきた彼の所有者を見てびっくり。見た目も雰囲気も全く異なるが、それはハリーだったのだ。この1年ずっとただのティーンエージャーのふりを装いつつ、ヴォルと同盟の交渉をしていた…。パニックに陥るセブを落ちつかせキスをするハリー。自分はお前の奴隷なのかと聞くセブに、そうじゃない配偶者だ、と。自分はあなたを愛している、ダークロードは自分を後継者に指名した、あなたは私の子を生むのだ、と。ダークハリー、パワフルハリー、かわいこちゃん的セブ、ボトムスネイプ。ooc.

Surprising Roles, Surprising Loyalties by Slayer_of_Destiny ★★★★

続き。らぶらぶハリスネ。セブが失礼なこと言われるたびに相手にクルーシオかけるくらい彼に恋しちゃってるハリー。セブはダークロードと話をしていつどのようにハリーと交渉が始まったのか訊ねる。およそ二年前からでウィーズリーのビル・チャーリー・双子もハリーがダークサイドに引き入れた、ハリーとヴォルは生い立ちからして良く似ている、と。擬似家族のようなヴォル・ハリー・セブ。セブに忠告するルシウスにハリーはいらいら。セブへの暴言は許さない、というハリーをセブは必死になだめる。ハリーはセブにひどいことしたやつを許す気はない。ダンブルドアもルーピンもだ。ハリーはしっかりとマルフォイに釘を刺す。

 

New Beginnings by Julesmonster (スネイプ/ハリー)★★★

セブとハリーは恋人同士だった。戦争でセブを失ったハリーは旧弊な英国魔法界のゲイ忌避に傷ついてアメリカに移住、居所は誰にも知らせなかった。後日妊娠が発覚。偶然にアメリカを訪れていたルーナと再会、交流。その流れでマクゴナガルもハリーの無事を知ることができた。セブは数ヶ月間こん睡状態だったが実は死んでおらず、ナルシッサがマナーで看護していた。ドラコとナルシッサがベッドサイドでハリーの話をしていて目が覚める。セブはミネルバを訪ねてハリーが海外逃亡したことを知り、居場所を推測する。無事ハリーを探しあてたセブ。子供も生まれ結婚し幸せだが、アンドロメダに残されたテディが気がかり…アンドロメダはルーピンを嫌っていたし、テディをハリーにも合わせなかった。二人はテディを養子にすべく、弁護士を雇って法廷対決。最後二人は子沢山でいつまでも幸せに暮らす。mpreg.ゲイの権利獲得。悪ロン、悪アンドロメダ

 

The Fortune Cookie by cruisedirector,  Dementordelta(スネイプ/ハリー)★★★★

いつものように中華料理屋で一人わびしく夕食を取るハリー。ゲイを自覚してジニーと破局して以来ウィーズリー家とは疎遠になっている。 お勘定のときに渡されたクッキーにまるで今の自分を見透かすかのようなアドバイスメッセージが入るようになって、正体が気になって仕方が無い。メッセージの口調はまるで死んだスネイプのよう。ハリーはスネイプの遺書や家、持ち物がどうなっているのか調べはじめる。ハーマイオニーには省に残る彼の記録を(見れなかった)、彼の家を訪ね(見れなかった)、ミネルバには彼の所有物を(不審なものはないし、クッキーの内容もありきたり)、だがドラコを訪ねてクッキーを渡すとそこには意味深に取れるメッセージが。ドラコと連れ立って中華料理屋へ行き、店の裏手から忍び込む。2階にあったのは薬学研究室のような施設だったー。姿の見えぬスネイプを追いかけるハリー。

 

Severus and The Crup by Josan(ハリー/スネイプ) ★★★★

AU。世紀末風、災害からの復興。古くに書かれたfic.ヴォルは全ての魔法を吸収し、自己崩壊した。英国から全ての魔法は消え、ホグワーツは崩れ去りたくさんの魔法使いが死んだ。生き残りはほんのわずか。セブは粗末な家に住み、市場で石鹸や軟膏を売ってやっと生計を立てている。ある日傷ついた野良犬を見つけ保護、それは英国から消えたはずの魔法生物クラップ(ジャックラッセルテリアに似た二尾の犬)だった。犬との暮らしで孤独を癒されるセブ。だがある日犬を抱いて寝たはずのセブがベッドで見たのはハリーだった。やがて徐々に魔法が戻ってきているのに気付くセブ。ルーピンと連絡を取り生き残りを集め、魔法界を復興する。

 

The Room of Requirement Author: Josan★★

snarry gameによせたメタ作品。

 

My Man Friday by Enahma (ハリー/スネイプ、スネイプ/ハリー)★★★★☆

(元記事は消えてますが誰かがUPしてくれたdocファイルが検索に引っかかります、拡張子をtxtに変えればワード無くても本文読める)強制結婚。ホグスミード襲撃でヴォルに呪いをかけられたハリー。魔力を奪われ死なないためにダークマークを身に刻んでるスネイプと結婚しなければならない。ヴォルを破れば離婚すればいい、それまでは結婚して週に一度はsexしろ、と校長。互いを心底嫌いぬいているハリーとセブだが強制されて仕方なく結婚。ハリーはイライラしてセブに悪口雑言、初夜では”僕に触るな、キスするな、さっさと突っ込んで終われ”、と。情も何も無い初夜。以来金曜日毎に関係することになり、初めのうちこそ色々あるがだんだんと二人の関係は改善して互いを愛するように。行き違いがあり亀裂が入ったさなか、ロンがヴォルに攫われ単身救出に向かうハリー。ロンは殺されたがヴォルは滅び、約束どおりスネイプからは離婚届を受け取った。自責の念からかつての友人知人を避け仕事に没頭するハリー。グリンゴッツのセキュリティとして4年働いたあと、過労でミスが増え始めたハリーに対し、経営陣の一人は休養を兼ねてホグワーツのDADA教授職を提案する。ハリーはダンブルドアに会い、彼を絶望させた離婚届はスネイプが送ったのではなく、省から自動的に送られたもので、むしろスネイプはハリーが去った後打ちのめされていたと知る。ハリーとスネイプはようやく過去の誤解を解き、愛を確かめあうのだった。

 

Immaculate Misconceptions by lilyseyes (スネイプ/ハリー)★★★

ナギニに噛まれたスネイプを、ハリーは知る限りの呪文で癒した。だがそのめちゃくちゃなラテン語の呪文でスネイプが妊娠してしまう。300人の招待客を集めた誕生日パーティでそれを暴露されたハリーは呆然とするが、子供が欲しいハリーはなんとかスネイプに生んでもらおうと~。悪阻に苦しむスネイプ。セレブワナビーなジニー。

 

All in Good Time by Alisanne  (スネイプ/ハリー)★★★★

タイムトラベル・DH後、性的嗜好が原因でハリーとジニーは破局。ハリーはゲイ。ある日ハリーは迷子になった幼い少年を見つける。それはなんと10歳のスネイプだった。その頃、省のタイムターナー実験でさまざまな時代の人がランダムに現れる事件が起こっており、まだまっすぐな少年のトム・リドルも現れている。スネイプは対ヴォルデモートの中心人物だったのでどうしても過去に戻ってもらわねばならないのだが、スネイプの死に後悔を感じているハリーはこれを二度目のチャンスと感じなんとか不幸を回避できないか考える。献身的に少年の面倒を見るハリー。そこへハリーとの別れを納得できないジニーがからんでくる。嫉妬に狂ったジニーは過去に戻る間際のスネイプ少年にセクタムセンプラを投げ~

 

Snapes and Sales and Potion Garden Tales by Alisanne  (スネイプ/ハリー)★★★★

ハリーはゲイ。シェフのスティーブと同棲しているが、スティーブは二人の関係を公にしないハリーに怒って破局。スティーブは有名人であるハリーに自分の店の広告塔になって欲しかったのだ。別れの腹いせに新聞社にあることないことスキャンダルをタレこむスティーブ。そのせいでハリーはオーラーを辞める羽目になった。記者に追い回され行き場の無いハリーを受け入れたのは、薬局を営んでいるスネイプで…。スネイプが元スリザリンたちのハブになってますね、関係がすてき。

 

Property of the Half-Blood Prince by thesewarmstars  (ハリー/スネイプ)★★★★☆

ハリーとハーフブラッドプリンスの本。プリンスに強烈に惹きつけられるハリー。原作HBPの頃なのでスネイプはとても疲れています。反抗的なドラコ、無茶を言う校長に加え、ヴォルやデスイーターからも懲罰と言う名の性虐待あり。/ハリーはホグワーツ内で迷子になり、壁の蛇の像に導かれ秘密の抜け道を見つける。そこに入るとホグスミードに通じており、そこでスネイプが二人の男に襲われrapeされるさまを見た。また別のときにもスネイプの後をつけ路地で男とやってる姿を目撃。クリスマスに送れるはずも無いプリンス宛に魔法の守護ネックレスを買うハリー。オクルメンシーのレッスンの際、スネイプの暗い秘密(親からの性虐待)を見てしまったハリーはネックレスを匿名でスネイプに贈る。スネイプとのDADAレッスンはかなり前進していた。(二人の魔力には共感力があり、触れることで増幅するためレッスンの前には手を握る)レッスンの最中ヴォルに呼び出されたセブは、ハリーに防衛術を教えていることがバレてアバダをかけられたがなぜか死なずアパレートで逃げた。ハーマイオニーからクリスマスに貰ったパーセルマジックの本を読み、ヴォルがダークマークに使った魔法を見つけるハリー。プリンスの本の余白でマーキングされたときの呪文を読み、プリンスがスネイプだと気付く。ダークマークを消せるかもしれないと勇んでスネイプの居室を訪ねるハリー。そしてスネイプはネックレスの贈り主がハリーでそのため死ななかったことを知る。マークを消してもらい理由を問うスネイプにハリーは”あなたは私のプリンスだから”と。萌え。後半はらぶらぶ。でもナルシッサとの誓いのせいでドラコの代わりに校長を殺すのは避けられず、最後はホークラックス探し道中のハリーを訪ねて結婚を誓うとこでEND。bottom!snape,保護的なハリー、セクシースネイプとヴァージンハリー。

 

 My Name is Cameron Sage by thesewarmstars (ハリー/スネイプ、スネイプ/ハリー)★★★★★

タイムトラベル。なんとかヴォルを破ったハリーだが、ナギニを逃したため帝王は復活し新たなホークラックスも作るだろう。それに犠牲が多すぎた。 Remus、Tonks、Luna、Hermione、Fred、Mr. Weasley、McGonagall、Hagrid、Flitwick、snape、皆死んだ。ハリーはタイムターナーで逆行しホークラックスを片付ける決心をする。魔法界の平和を考えると過度の干渉は望ましくないため両親は救わない。逆行先ではスネイプたちより年上。キャメロン・セージという新たなプロフィールを作りあげる。(省略#11

bottom!snape,bottom!harry,パワフルで保護的なハリー。ハリー→スネイプな感じがなんとも好み。セブにめろめろって感じがすごくいい。

 

Speechless by thesewarmstars  (ハリー/スネイプ)★★★★

戦争終結から9ヵ月後、出産したハーマイオニーを見舞ったハリーは、聖マンゴでスネイプの名がかかった病室があることに気付く。戦争の末期に舌に呪いをかけられて以来、食べることも飲むこともできなくなったスネイプはこん睡状態に置かれ放置されていた。ほったらかしで入浴も何もされていない酷い状態に驚いたハリーは彼を手元に引き取り介護することを決意。1ヶ月後意識を取り戻したスネイプに反呪で新しい舌を生やしたことなど状況を説明。話すことも身体を動かすこともままならないスネイプをハリーが献身的に介護・リハビリ。動けるようになったが話せないセブは筆談で会話し、ハリーの持つ花屋で売る若干の薬を作るようになる。二人でくつろいでいたときに友人からハリーに「遊びに行こうぜ!いい男つかまえよう」と暖炉通信がありゲイであることがばれてしまう。ハリーはセブに近づきたいが、セブは過去のrapeで人との接触に不慣れ。具合の悪いアンドロメダに代わりテディのベビーシッターをする二人。ゲイであるハリーはかつてテディの親になることを夢見たが自分には親たる資質がないと諦めていた。アンドロメダが死にテディが残され、尻ごむハリーを今度はセブが支える。家族となる3人。

bottom!snape,保護的なハリー。

 

Safe House by thesewarmstars  (ハリー/スネイプ) ★★★

after OotP, ignore HBP and DH.二重スパイがヴォルにバレ、スネイプは安全のため夏の残りをダンブルドアが用意したセーフハウスで隠れることになった。だがダンブルドアはポッターもそこに送りこんできて学校が始まるまで面倒を見ろという。勉強やオクルメンシーを教え、互いを知るための質疑応答ゲームを繰り返す。ハリーはダーズリーに性的虐待を受け悪夢に悩まされており、彼をケアするスネイプ。二人の間に新たな感情が生まれる。ハリーがスネイプに教わった癒しの魔法を彼の切り傷に使ったとき、傷だけでなく腰の痛みや左腕のダークマークまで消えた。セクシャルな関係になる二人。誕生日の後スネイプとsexしたハリーは自分たちの魔法力が恐ろしく強大になったことに気がつく。離れた部屋にいても互いを透視でき、感情がわかる能力が身につく。新学期が始まり、ハーマイオニーが示してくれた本で二人の間に起きたのがソウルメイトの結びつきだと判明。ハリーは友人らに自分がゲイだと告白してロンと喧嘩になる。ハロウィンの祝宴でハリーが掴んだゴブレットはポートキーだった。マルフォイ邸のヴォルの元へ飛ばされ戦闘となる。スネイプはハリーの意識を読みハリーを追う。戦いのさなか死を免れないと思ったスネイプはハリーへ愛を叫んだ。気付いたときは医療棟にいて目の前にいたハリーから彼が一ヶ月昏睡状態だったことを知らされる。ヴォルは滅びたがオーダーやDAら味方の犠牲も多かった。ミネルバは彼らの不適切な関係に怒ったが、ハーマイオニーは二人がソウルメイトであることに既に気付いていた。吐き気の酷いセブは病院で診断したポピーのおかげで毒を盛られていたことを知る。父に服従呪文をかけられたドラコの仕業だった。だが解毒薬を飲んでも吐き気がおさまらず、もう一度ポピーに見てもらう。診断魔法の結果は妊娠だった。ラスト場面は2児の親となった二人。

虐待されたハリー、パワフルなハリー、bottom!snape,bottom!harry,mpreg,

 

The Dreaming Spires by DementorDelta (スネイプ/ハリー)★★★☆

スネイプは数年前、病院で目を覚ました以前の記憶はほとんどない。起きたときには全てがお膳立てされていた。必要な書類も家も仕事先も友人も…。マグルの大学の有機化学教授である彼の募集したアシスタントにハリー・ポッターという学生が応募してきた。彼はこちらの学校に入ったばかりだという。ハリーに口説かれ肉体関係を結ぶスネイプ。彼らの周りにハーマイオニー、ロン、ふくろうが出没するようになる。ハリーは本当は彼をずっと探していたと告白する。彼は自分が愛を告白したときに姿を消したのだ、と。ホグワーツに連れられ校長から話を聞く。スネイプはハリーが死なねばならぬと聞いて絶望し姿を消したのだった。それが自分の意思か敵によるものかはわからなかった、と。杖の魔法の再現でスネイプが自分自身で願望魔法をかけマグルとなったことがわかり、ダンブルドアにより記憶が戻る。願望魔法によるマグル界への影響も消え、すべて元通りに。

 

Snape: the Home Fries Nazi by pir8fancier (スネイプ/ハリー)★★★★★

アリゾナの砂漠のダイナー。寂れた場所にも関わらず客がいっぱい。驚くほどに美味しい食事のせいだろう。奇妙なことに客は一言もしゃべらない。ハリーはスネイプを探しにきたのだが、この店にはいないようだ…と思った矢先、やかましい客が入ってきた。店内にみなぎる緊張。するとスキンヘッドにサングラスの強面コックが出てきてスネイプのあの恐ろしい口調で客を追い出した。この店は私語厳禁・躾のなってないガキお断りなのだ。ヴォルデモートが破れて7年、デスイーターたちの魔法は彼の死で即座に消え去った。最初こそなんともなかったハリーだが徐々に魔法力が流れ出て現在はスクイブ並み、ほんの少しの魔法しか使えない。しかもハリーはゲイだった。ロンとの間違い以来友人らはよそよそしく居場所も無い。うつと自殺願望に悩まされたハリーはスネイプなら自分を助けられるのではと考えて彼を探しに来たのだった。彼を憎み、アズカバンに入れられてもなんとも思わなかったのにもかかわらず。魔法がなくてもお前には魔法界もホグワーツも閉ざされたわけじゃないのだから帰れ、自分には何も出来ん疑うならアズカバンにいる元同窓生に聞いてみろと言うスネイプに、ハリーは全てのデスイーター・彼の年のスリザリン生はみな死んだ、魔法を亡くしてどうして自殺しないでいられる、強力な魔法使いでポーションの達人だったあなたが?と訊く。だがスネイプは自由の対価だと思えば安いものだ、と。モーテルに閉じこもるハリーをスネイプが自分の店に雇う。マクゴナガルに手紙を書いたからそれまで働け、と。スネイプは従業員にも顧客にも怖がられているが同時に尊敬されてもいる。前科者にチャンスを与え、公正な賃金を払い、彼らの面倒を見るからだ。ダイナーの仕事を楽しむハリー。二週間後、マクゴナガルの手紙を受け取ったスネイプはハリーが自分の元へ来たのは自殺しにだと知る。激昂したスネイプは銃を渡し死ぬなら勝手に死ね、また自分を巻き込むつもりかと怒鳴る。ハリーは死を選ばなかった。ゲイフォビアらに暴行されたハリーを看病するスネイプ。スネイプも自分に興味があると知り~

あちこちのオススメであがっていただけある!スネイプの生き方かっこいい。すごく面白いです。タイトルのホームフライナチはアメリカのコメディドラマ「となりのサインフェルド」に出てきたスープナチから。

 

This Boy’s Life by: pir8fancier 途中まで

戦争が終わり、スネイプはただひたすら寝ていたい。なのにハリーが家に押しかけ、リリーの話をしろと要求する。ヴォルデモートの魔力が吸収されたポッターの力は強大で、家にかけた結界も役立たない。正直スネイプはハリーがアズカバンにいないのが不思議だ。スクリムジャールも警戒して毎朝彼を呼びつけ見張っているようだ。スネイプはハリーの相手などしたくない。二人の憎しみのせいでドラコは目の前で狼男に引き裂かれて死んでしまった。ハリーは母の話をしてくれたらお触りはなしだが身体を見せると持ちかける。スネイプの記憶を覗いたとき自分への欲望を見つけたのだ。6のうち3の途中まで、ポッターファミリー礼賛っぽい

 

Between the Lines by Dementordelta   途中まで

ハリーとハーフブラッドプリンスの本。ハリーは教科書の空白のページでリドルの日記のように著者と通信できることを発見、ハーフブラッドプリンスがスネイプだと知りショックを受ける。半分くらいまで読了

 

Eye of The Beholder by Norbert (ハリー/スネイプ)★★★★

ドラコが処刑され、復讐に燃えるナルシッサはホグスミードで毒物を撒き多くの子供を殺した。捕らえられディメンターのキスを受ける。処刑を見ていた人々は驚愕。死んだナルシッサから魔法が解け落ち、美しかった容貌が醜いものへと姿を変わった。ナルシッサは誰かから「美しさ」を盗んでいたのだ。その騒ぎを見届けた後、ハリーはスネイプを訪ねる。ハリーはもう何年も前からスネイプに恋していた。彼の部屋の浴室で裸のゴージャスなハンサムを見つけて嫉妬したハリーは貴様は誰だと杖を突きつける。信じられないことにそれはスネイプだった。あまりに美しくなったセブを見て駆け出しのヒーラーの自分じゃ釣り合わないとハリーは絶望。一方のセブは子供の頃の美しさを取り戻したことでこれならハリーに釣り合うと喜ぶ。/連日週刊誌に載り魔法界で大人気となったセブに大荒れのハリー。買い物や食事の誘いも全て断り彼を避けた。しばらくしてスネイプは英国を去る事にしたと別れの手紙を送り、怒ったハリーはセブの元に乗り込んで強引に彼を抱く。セブが初めてだと知り、勝手に虚像を作り上げて怒っていたと気付く。セブはかつてオクルメンシーの授業の際、ハリーのファンタジーがマルフォイやロックハートにあると知り、ハリーの好みに合わせようと行動していたのだ。だがそれはセブに恋していることを知られたくなかったハリーがフェイクで置いたものだった。誤解を解いてめでたしめでたし。

 

Professor P Loves Snivillus by Norbert (ハリー/スネイプ)★★★未完

ハリーがジェームズの父親AU。戦後。ハリーは新任のホグワーツDADA教授。妻のジニーはお産で死亡、一人息子のジェームズがいる。ジェームズはシリウス・ルーピン・ピーターとともにマローダーズとして徒党を組みセブルス・スネイプを苛めていた。校長マクゴナガルはスリザリンを憎み、セブの苦境を見て見ぬ振りをする。ハリーはひと目でセブに惹きつけられた。新任早々ハリーがセブを庇ったことで、ますますマローダーズの虐めはエスカレート。ハリーはスリザリン寮監であるかつてのライバル・ドラコにセブのことを訊ね、彼にも自分がセブに惹かれていることを知られてしまう。ハリーはセブを呼び出しマローダーズを止めることを約束してセブとfuck(合意),その場面をドラコが目撃。ハリーを批難するドラコ。だがセブはハリーを庇う。その様子を見たドラコは二人を認めるのだった。2:ジェームズ視点 ハリーとセブが抱き合っているのを目撃するジェームズ。部屋から出てきたスネイプを捕まえ~3:シリウス視点 スネイプを鞭で打つマローダーズ。男とfuckするとき脳裏にスネイプが浮かび、なぜ自分が彼をそんなに目の敵にするのかなんとなくわかったシリウスだった。

 

Young Severus (M) by Norbert (ハリー/スネイプ)★★★未完

de-aged.50歳→18歳。30歳ハリー。セブの元に”友人”から若返りの呪いのかかった手紙が送られてきた。それを開封したスネイプは若返って18歳の身体に。記憶は無いが取得した技能・知識は残ってるのでそのまま薬学教授を続けることに。ハリーはDADA教師で長いことスネイプに恋してるが全く相手にされてなかった。若返ったスネイプにハリーの記憶は無い。これぞチャンスと積極的に迫りキスするハリー。ドラコもまたニュースを聞き復讐を企てる。恋人だったルシウスを救わずにアズカバンに入れたセブに悪意があったし、自分も18のときセブに迫って振られた経験があるのだ。ドラコはホグワーツに押しかけてセブに性的接触を図る。ダンブルドアに知られて撤退するドラコ。透明マントをかぶりセブの様子をみたハリーは自分のセブを取られたと激怒。ハリーはセブ本人にも怒りがわく。自分の恋したスネイプはこの何も知らないセブではなく、昔のスネイプなのだ。ダンブルドアは今度こそセブに普通に幸せになってもらいたいと彼をde-ageしたのにドラコやセブの妙な動きに~

 

Severus Snape and The Day Before Tomorrow (M+) by Norbert (スネイプ/ハリー)★★★

セブが目を覚ましてみたのはあたり一面を埋め尽くす死者だった。ハグリッド、ビル、ダンブルドア…敵も味方も全て死んでいた。ホグワーツの医療棟に向かったセブはそこでポッターを見つけたが、彼は錯乱していて自分に杖を向けアバダをかけ自殺した。/目覚めたセブはたくさんのハウスエルフに囲まれていた。セブはダークロードがどうなったか確かめるようエルフに命令。ヴォルの死を確かめたセブは彼が復活しないよう身体を切断して鉛の箱に分けて埋めた。全ての後始末をつけ、セブは自分も死ぬために校長室へ向かう。そこで見つけたのはタイムターナー。全てを救うには遅いがせめてポッターの自殺は防げるだろう。逆行してハリーを救ったセブ。ハリーに話を聞く。ハリーとダンブルドアは創設者の残した呪文を見つけ行使した。それは邪悪な心を食らう魔法だった。全てにピュアな人間などいないのだ。/二人は現在を変えるため、トムリドルの幼児時代へ。劣悪な状況だった孤児院の経営者を告発、3歳のリドルを引き取り二人で養育。リドルの魔力を抜いたとき、ハリーとセブに異変が起こった。ハリーの視力は良くなり身体は大きくなったし、セブの壊れた膝をはじめとして様々な身体的損傷が全て消え去った。トムは信頼できるマグルの里親に託した。トムはヴォルデモートにはならない。安心して穏やかに暮らす二人だった。

 

Balls and Bathwater by Norbert  

Another New Beginning123456 by Norbert  

 

 

Escaping the Paradox by Meri(ハリー/スネイプ、スネイプ/ハリー)★★★★☆

タイムトラベル。オーラーの任務中、爆発に巻き込まれたハリーは1971年に逆行、自分を見つけたダンブルドアにはイグナチウス・ポッターの隠し子でアメリカの学校を卒業しオーラーをしているハリー・ポッターだと自己紹介。ダンブルドアは母親がマグルだというハリーにマグル学教授の職を提供。教育用ローブを買いに行ったハリーはそこでアイリーンとセブに会い、おじいさんにお世話になったのでお礼をしたいとセブのローブを買ってあげる。ハリーとの接触がきっかけでセブはスリザリンでなくレイブンクローにソート。ベタベタの髪をシャンプーを使って洗うようアドバイス。以降スネイプのメンターとしてのハリー。(省略#10 )そしてそんなハリーに恋するセブ。

ヤングセブルス→ハリー、情熱と粘り強さでハリーを口説き落とす。

 

Time, Truth, and Sacrifice By: Alia D  (ハリー/スネイプ、past キングスリー/スネイプ)★★★★★

フランスとイギリスで続いている連続猟奇殺人。犯人は黒髪の孤独な男性を狙い、既に12件の殺人を繰り返していた。手口は毎回同じでレイプされた男性が3ヵ月後に妊娠発覚、中絶した後1ヵ月後に攫われ惨殺されている。二カ国合同オーラー本部は唯一生き残っている被害者を見つけた。スネイプはホグワーツの戦勝記念祝宴中に襲われ妊娠。産休でアルバスのセーフハウスにいるスネイプの元には、犯人からのギフトが送り続けられていた。スネイプのガードをハリーが任されるが、二人の間はいまだに険悪。オーラーにキングスリー、ハリー、ロン、トンクス。犯行がホグワーツのパーティで起ったため原作男性キャラ達が容疑者として疑われる。真犯人は一体誰?なぜスネイプが狙われるのか? いやー実に凄かった。最後の最後まで全く展開が読めません。とても面白い。これはぜひ読むべき。号泣展開あり。欧米の犯罪捜査ドラマみたいなテイスト。男性妊娠が当たり前のAUです。non-con,mpreg,mystery.

 

Parent Exchange By: Alia D  (ハリー/スネイプ)★★★☆

DH初めあたり。奇妙な夢の中で出会った子供を助けるスネイプ。不思議なことにその夢を見たあと、全く覚えが無いのに妊娠した。ポッターがダークロードを雇った後もアルバスのセーフハウスで隠れて生活。変装して買い物に出かけた先でファンに追い掛け回されてるポッターと出会う。ハリーはセレブワナビーな男の恋人の相談をしたりしてすっかりスネイプを気に入ってしまう。その後居場所がバレ、ハリーは一人で妊夫生活を送るスネイプが心配であれこれと面倒を見るように。嫉妬した元恋人がからんできて~ mpreg,おとぎ話っぽい

 

Raven's Gift By: Alia D ★★★★

戦争末期、度重なるクルーシオでセブの生殖系はダメージを受けていた。完全に機能しなくなる前に子供を得る決心で、姿を変え盛り場で見知らぬ相手と一夜を過ごす。無事妊娠し、ヴォルが死んだ後は自らの死を偽装してレイブン・イーサンとして田舎で息子を育て上げた。ホグワーツからの手紙が届き、スリザリンにソートされたジュリアン。薬の授業で親子関係判定薬を試していて、ポッター教授と自分の間に親子関係があると知りパニックになる。呼ばれたセブは校長に正体を明かすが、ポッターとの関係は否定。だが実はハリーもその日姿を変えてあの店を訪れていたのだった。しぶしぶなからハリーが息子に関わることを認めるセブ。だがしばらくして、校長とセブの会話を聞いたハリーはイーサンがスネイプだと知る。スネイプが自分の息子を盗んだと怒り狂うハリー。ロンとハーマイオニーの静止も聞かず、自分の名声で親権を奪おうとする。そのやりとりを盗み聞きしたジュリアンは父に連絡、ホグワーツを抜け出した。親子は友人や校長らの助けを借りて夜逃げする。逃げられたと知り憤るハリーを校長が叱りつける。

Second Chances By: Alia D ★★★(未完)

リーマスはウルフスベーンに免疫耐性が出来てしまい、身体的に危険な状態に陥る。助けを求めて薬局で訊ねたところ、居合わせた老人がワシの知り合いならなんとかできるかもしれないと繋ぎをとってくれる。だがそれはフランスへ逃亡したスネイプだった。ハリーにバラすつもりのルーピンに、セブは治療する代わりに自分たちのことを彼に言わないと誓わせる。/酒場で酔ったハグリッドがハリーの息子のことを大声でぶちまけて話し、ハリーに恨みを抱く仇敵がそれを聞いていた。ヴォルデモートの息子Malphasとマルフォイ親子率いる新たなるデスイーターに襲撃されるセブとジュリアン。捕らえられ、暴行を受けるジュリアン、セブは息子の目の前でドラコに陵辱される。翌日看守の杖を奪ったセブは即席のポートキーを作り上げなんとかジュリアンだけはホグワーツに送り出す。ジュリアンの報告でオーダーが召集される。セブに自分の子を産ませようとするMalphas。ジュリアンはホグワーツに来たデスイーターからの殺害呪文がかすり、ハリーのような稲妻傷ができる。Malphasはセブは妊娠をハリーとジュリアンに直接告げる。そのときハリーを杖で攻撃するが彼の呪文は全くハリーには効かなかった。セブはMalphasに母親に引き合わされるがなんとそれはピーターだった。朦朧としたピーターの口からMalphasの出生の秘密となぜセブの子を必要とするか明らかに。ジュリアンに親らしく努めるハリー。クリスマスにMalphasからハリー宛にペンシーブの記憶が送られてくる。セブが薬で朦朧としてMalphasに抱かれる場面が入っていた。最終更新2006年、11章まで。

 

Expecting the Absolute Weirdest By: Alia D(OMC/スネイプ、ハリー/スネイプ)★★ 未完

教員会議のあとスネイプが夏休みの間に結婚したこと、相手が明日こちらにくる予定だと報告、先生方(ハーマイオニーも)はびっくり。彼は5ヶ月前恋人ハリーに裏切られて意気消沈していたはず。ハリーはセブを振ってジニーを選んだのだ。だがセブはギリシャの薬学会議に出かけ、そこで出会ったパブのオーナーと6週間付き合っただけで結婚したという。翌日学校に立ち寄ったセブの夫アレックス。セブより2,3歳年下のようだ。ハーマイオニーにそれを聞いたロンも驚くが、セブに同情していたロンはハリーには黙っていようと決める。休みごとに互いを訪れるアレックスとセブ。ルーピンもホグスミードで二人に会い結婚を知る。そして翌1月9日セブの誕生日を企画していたホグワーツ教員は新聞を見てよりにもよって今日ハリーとジニーが結婚したことを知る。知らせを受けてあわてて駆けつけたアレックスに、セブはわざわざ自分の誕生日を選んだことに怒っただけでポッターとは終わってるし悲しくない、自分はアレックスを愛しているから決して離れない、と。アレックスはギリシャの元オーラー。省を訪ねたアレックスはかつて彼が手がけたカルトの大量殺人犯が脱獄したことを知る。再び事件に関わることになったアレックスとそれを心配するセブ。…わかりにくい場面転換が挿入されててなんだかとっても読みにくい。最終更新2010年、11章まで。

 

It All Started With A Visit To Gringotts By: jadedragon36(ハリー/スネイプ)★★★★★

ジニーとの結婚に先立ち、グリンゴッツから呼び出し状を受け取ったハリー。そこで会ったゴブリンに過去7年間ジニーとロンに授業料とこづかい+8年間ウィーズリー家の生活費がポッター家の財産から支出されていたと聞き驚く。さらにゴブリンはハリーが媚薬と複数の強制呪文の下にあると指摘。ヒーラーに解毒薬を貰い、クリアーな頭で何が起ったのが聞く。勝手に資産を管理したダンブルドアによって騎士団の費用のみならず彼の個人的な支出までポッター金庫から支出されていた。グリンゴッツは長年何百もハリーに警告の手紙を送り続けていたがそれら全てはダンブルドアとウィーズリー家によって握りつぶされ、直接ハリーに会おうとした前担当者は不審死を遂げていた。ダンブルドアの死後は、モリーウィーズリーらがハリーの委任状を偽造し、ポッター家の資産を自由に使い込み始めていた。ウィーズリーが今日ハリーをグリンゴッツへ向かわせたのは、ジニーがポッター家の財産へ完全なアクセスをできるように、ポッターラインに加えさせるためだった。ゴブリンはウィーズリー家で疑わしいのはロン・ジニー・モリーで、他の家族は知らない可能性がある、と指摘。ゴブリンはハリーの血液を調べ、あまりにも膨大な遺産を把握。その中にはリドルやプリンスからハリーへの寄贈と遺言もあった。リドルは本来ならスリザリン卿だったがダンブルドアに騙されパワーや遺産を取り上げられていた。彼の遺言を読み、全ての物事の裏、更なるダンブルドアの卑劣さを知る。ダンブルドアは創設者たちの子孫たちからパワーや遺産を盗みホグワーツに注力、スネイプが受け取るべきプリンス家の資産も奪い取り彼の人生を操っていた。ダンブルドアは光と闇があることで調和がとれると信じ、光と闇の魔法使い双方を作り育てていたのだ。(省略#1

bottom!snape,submissive!snape,パワフルハリー、スーパーハリー。完璧なエンターテイメント。波乱万丈、壮大な伝奇ファンタジー。素晴らしい!めちゃくちゃおもしろいです!全60話

 

 

Going Green by emynn (orphan_account)  (スネイプ/ハリー)★★★★☆

戦争後、スネイプはすべての科料を免れた。裁判を通じ親密になったスネイプとハリーは良き友人となる。1年後マーリン勲章を与えられた後、にわかに人気が出たスネイプが若い男に口説かれるようになると、ハリーは嫉妬と独占欲で気分が悪い。具合の悪そうなハリーにロンはいい加減認めろ、スネイプにアタックして来いとけしかける。有名なポーションマスターの元で学ぶ元レイブンクローの秀才がセブにアタック、自分にはない知性にセブが奪われるのではと気が気でないハリー。嫉妬が高じて病気になったので、恋が叶うと治ります。※ emynn様はオリジナリティある面白そうなスネハリをたくさん書かれているご様子。このorphan_accountって作者が昔の作品をファンダムに寄贈する時に使うみたい。作品の孤児院システム。名前を匿名にしたりして自分から切り離し、寄贈した後は本人にも削除や修正はできなくなる。ファンダムを離れても削除せずに素敵な作品残してくれるのは本当にありがたいです。

 

Waiting to Divide by emynn (orphan_account)   (スネイプ/ハリー)★★★

ソウルメイト。ハリーは風邪の様な体調の悪さがずっと続いていた。医者に見てもらったところそれは風邪ではなく、ソウルメイトとの接触がないための欠乏症状だった。このままいくとどんどん悪化して死んでしまう…。省で誰が相手なのか確認すると、ハリーのソウルメイトは数年前に戦争で死んだスネイプだった。スネイプは死ぬ前にこの症状を解決するための薬を作っていたようだが、残されたジャーナルには最後まで書かれていなかった。薬の製法を聞きだすためタイムポータルを使って過去へ戻るハリー。過去のスネイプはハリーが自分のソウルメイトであることを知っていた。ハリーはスネイプを助けたいと切望するが、過去を変えることはできない。恋人となったスネイプがナギニに噛まれて死に行く様を目の前で見つめるハリーだったが~。

 

Love, Thieves, and Fear by emynn (orphan_account)   (スネイプ/ハリー、幽霊ジェームズ)★★★★

新婚カップルを襲うホラー。戦争から7年後、ハリーとスネイプは結婚。ハリーが修復したゴドリックホローに引っ越す。セブは気乗りしなかったがハリーが譲らないので仕方ない。ところがそこには気の狂ったジェームズの幽霊が取り憑いていたのだった。頻発する怪奇現象、不安定になるハリーの精神、はっきりと家の悪意を感じとるセブ。悪霊となったジェームズはハリーを精神衰弱にしセブに直接危害を加える。ジェームズはセブがハリーを連れて出てゆくことも許さない。ハリーを説得しようとするセブだが、ジェームズに取り憑かれたハリーは彼を侮蔑し拒絶する。打ちのめされたセブは単独でスピナーズエンドへいくが、そこへハーマイオニーが訪ねてきた。自分がしたことの記憶がないハリーは、セブが自分を捨てたとウィーズリー家に泣きついたのだ。だがハリーが持っていたセブの書き置きには本人のマジカルサインがなかった。何かがおかしいと気付いたハーマイオニーはセブ本人に話を聞くことにしたのだった。セブから幽霊屋敷の説明を聞き、リリーがいないのはおかしいと指摘するハーマイオニー。ハリーを救出するためゴドリックホローに赴く。説得の最中、またしてもジェームズに取り憑かれるハリー。やつと戦え、頭の中から追い出せ!と励ますセブ。はじき出されたジェームズがとうとうハリーと対面。ハリーがジェームズを責め、ジェームズは杖を上げ二人を閉じ込めたまま家に火をつける。絶体絶命の二人の前にリリーが現れた。息子からエネルギーを奪って活動するジェームズと違い、リリーは自分の力を貯めていたのだ。夫を責め彼を自らに飲み込むリリー。ジェームズの霊はリリーの犠牲により永遠に去った。家が焼け落ちたせいで二度目の新婚旅行にでるはめになった二人。次はゴドリックホローではなく別の場所で終の棲家を計画するのだった。

 

 Sense for the Senseless by emynn (orphan_account)   (スネイプ/ハリー)★★★☆

ジニーとの結婚を考えるようになった25歳のハリー。ハーマイオニーを誘ってマグルの宝石店へ。ジニーに与えるゴージャスな指輪を検討するハリーにハーマイオニーは浮かない顔。「急ぎすぎてない?あなたたち二人には情熱が足りないと思うの、正直あなたはスネイプのこと話してる時のほうが熱心な位だわ」死んだスネイプのこと言われても何だっていうのだ、ハーマイオニーの言葉にかまわず指輪を購入するハリー。だがジニーの両親に先に話を通し、いざプロポーズの場に挑んだハリーが聞いたのは「実は私は同性愛者なの」というジニーの爆弾発言。OMG。何か自分たちには欠けてると思ってたんだ、これが原因だったのか…。結婚は出来ないが二人が親友なのは変わりない。家族への報告で両親を落胆させた二人は気持ちを取り直すため同性愛者御用達のバーへ。そこで話したアレキサンダーと名乗る男に強烈に惹かれるハリー。アレキサンダーに会うためバーを再訪、だがそこで別の男にデートドラッグを飲まされてしまう。気がついたときにはベッドで寝かされ、ドアの外ではドラコとスネイプが口論していた。死んだはずのスネイプと戦争以来行方の知れなかったドラコ。ハリーはびっくりして逃げ帰る。/アンスピーカブルであるハーマイオニーは実はスネイプのことを知っていた。デスイーター残党の報復を避けるため、ドラコの不破の誓いもあり二人一緒に省の用意した隠遁生活に入っていたのだ。/ドラコに励まされバーへ行くハリー。スネイプは偽装なしの本来の彼の姿のまま現れて、衆人の前でハリーに情熱的なキスをした。だがハリーはスネイプとの関係に尻ごんで逃げ出してしまう。ジニーに励まされ再びスネイプの元へ。偽装死がばれたスネイプは引越し準備中。ハリーは逃げたことを彼に謝罪し愛を乞う。

 

Forget Me Not  by emynn (orphan_account)   

This Unavoidable Thing Between Us by emynn (orphan_account)  

This Time of Ours by emynn (orphan_account)  

A Glorious Feelingby by emynn (orphan_account)   

Journey to the North Pole by emynn (orphan_account)  

To Create a Masterpiece by emynn (orphan_account)  

The Interrupted Kiss: A Fairy Tale by emynn (orphan_account)  

The Meanest Flower by emynn (orphan_account)  

A Prince Among Men by emynn (orphan_account)  

 

Anularius by Lomonaaeren 途中まで

25歳のオーラー・ハリーはヴォルデモートが残した8個目のホークラックスを見つけて破壊するため80年代へタイムトラベル。ヴォージン&バークスでそれらしき品を購入した客を見つけ、アクシオで脇から奪おうとする。客は不意に浮いたボウルを掴み、ハリーはそれを奪おうとして肉体的手段に出るが相手は反撃。その客は若きスネイプだった。気絶させられたハリーは椅子に手足を縛り付けられ、ホグワーツのスネイプの宿舎で目を覚ます。彼女と同じ目を持つお前は誰だと問うスネイプに、自分はリリーのいとこでそのボウルは家族の宝だと説明。ボウルにはスリザリンのマークが入っていて嘘がバレバレ。レジリメンスで記憶を見ようとするスネイプに頭突きを食らわせ再び戦闘になる。睨みあう二人、スネイプは相手の額の傷に気がついた。/概略を聞き、自分の研究が終わったらボウルを渡すとハリーと取引。/グリモールドプレイスに移動、スネイプはボウルを自作の薬で満たし、サラザールを呼び出した。パーセルタングを習いたいというスネイプだがサラザールは怒って失敗した。/スネイプがハリーにキス。ハリーは困惑。/

 

From Memory by avioleta (スネイプ/ハリー)★★★☆

戦争から19年後、ハリーはホグワーツの副校長となっていた。マグル生まれの新入生のため家庭訪問していたハリー。生徒の一人ハリー・プリンスの父親スティーブン・プリンスはスネイプだった。19年前、彼は気付いたときには病院にいた。過去の記憶は全くないが、ソーホーのアパート、身分証明書などは持っており、仕事のオファーもあってすぐに社会復帰。彼の現在の仕事は大学の化学教授である。妻は離婚してスペインにいる。/ハリーとスネイプは戦争前恋人同士だった。ハリーも現在は3人の子持ち、妻のジニーとは2年前に離婚している。毎晩のようにプリンス家へ通うハリー。/ハリーと共にホグワーツ訪問。スネイプの死以来閉じられ誰にも開けることができなかった薬学オフィスのドアは彼が触れるとあっさり開いた。だが部屋を見ても記憶は戻らない。それでも二人はmake love./ハーマイオニーのアドバイスでスネイプのペンシーブ記憶を戻す。蘇る記憶。スネイプはハリーに叫び屋敷の後に何があったか説明。スネイプは魔法界を選ばず今の家と仕事を選んだ。だが家にflooを入れハリーを招待すると約束した。

 

In Time, Once Again by avioleta 逆行

 

Someday My Prince Will Come (...and if he doesn't, I'll just go and bloody well fetch him myself!) by onkoona  (ハリー/スネイプ)★★★★☆

睡眠姦。現実と夢が交互に入り混じる。/6年生のハリーはハーフブラッドプリンスの本を入手、夜毎夢の中で彼に会う。ポーション、シャーム、様々な勉強を教わりどんどん惹かれてゆく。夢の中の理想の恋人を相手にキスや抱擁、段々大胆に迫るハリー。しかしプリンスの正体が自分が憎むスネイプだと判明、相反する気持ちに葛藤する。(省略#16 )夢・スピリチュアル、mpreg

 

 Faded pages by onkoona  (ハリー/スネイプ)★★★★

戦争が終わり、元デスイーターのスネイプは魔法を取り除かれマグルランカスターの町に隠遁。

古書店で住み込みの仕事を見つけ、やがて古書修復を手がけるようになる。5年経ち、本屋も大きくなり確かな仕事で修復業も評判。グリンゴッツ経由で紹介されてハリーがブラック家の図書の修復を頼みに来てスネイプを見つける。ハリスネは恋人同士だったのだが、戦後スネイプの行方がわからくなっていたのだ。毎週のように通い詰めてもはや自分の所属しない魔法界の話をするハリー。ハリーはスネイプを取り戻したい。自分の元へ戻ってきてほしい。それは不可能だと断られるとハリーは魔法界を捨ててマグル界でスネイプと暮らすことを選んだ。/しっとりとしたいい話

 

Worth it by onkoona

 ★★★

戦争後、セブは魔法界から感謝を受けるどころか20年の自宅監禁を受けた。ハリーは彼と共にいるつもりだ。今はまだムリだが20年のうちにきっと彼の心を掴んでみせる。

 

Widdershins by onkoona  ★★★☆

スネイプはアズカバン行きのかわりにハリーの監視の元で25年の自宅監禁。ハリーはオーラーになったが、実はホークラックスの破壊後、脳の扁桃体が損傷して恐れを感じなくなっていた。

 

Bonds of love (part 1): Tending to Tension by onkoona ★★★★

BDSM。smut,ホグワーツ教師のままのスネイプと、そこに通ってくる恋人ハリー。長いHシーン苦手なのでほとんど飛ばし読み。愛があってもSMってどうも苦手。

Bonds of love (Part 2): The Reward of Release. by onkoona  ハリーはセブの指導の元で小さなポーションビジネスをしてる。セブは週日フルタイムで教師をやって、週末にそちらの仕事もする。

二人の関係のきっかけ。ハリーは元々は彼を好きだったわけではない。戦後昏睡から目を覚ましたスネイプは何度も自殺を図る。ベリタセラムで聞き出すと悲惨な生い立ちや戦争で殺した人間のこと、強要されたダンブルドアの殺人でとうとう彼が壊れてしまったことがわかった。

Bonds of Love (part 3): The Distress of Deprivation by onkoona 

週末ウィーズリー家に遊びに行ったハリーが戻ってこない。セブは暗い思考に陥り、またも自殺願望が頭をもたげてくる。もう彼は戻ってこないとすっかり思い込んだところへハリー帰宅。ハーの出産で帰れなかったのだ。誤解を解いて、自分の愛とリスペクトを告げる。

 

◎ All Beneath the Full Moon by onkoona 未読

non-con(DHの前に執筆)HBP後、ホグワーツに潜入したスネイプだが、すぐにハリーたちに倒され捕まった。

 

The Fine Line by suitesamba (スネイプ/ハリー)★★★☆

ジェリリ死んでない,オーラー訓練生ハリーと先生セブ 。/スネイプは禁じられた森でポーションの材料を採集しているのを見つかり省に捕まった。罪を免じるかわりに6週間代用教員としてオーラー訓練生へ授業するよう提案される。ハリーは初日からスネイプ先生に夢中になった。両親はブラジルに旅行中、シリウスはもちろん大反対して近づかないよう警告するが、二人は親交を深める。教育期間が終わり、ちゃんとした恋人になる。薬成分収集について法律遵守の立場を崩さないオーラーハリーとそうじゃないセブ。ハリーは知らないことだが、彼の出生自体セブの”違法な”薬によるもの。ハリーは恋人を親や友人に紹介したいが、彼の年齢や両親との確執を考えると難しそうだ。/セブはハリーを親友チャリティ・パーペッジ教授が持つパリのアパートへ連れていき紹介。チャリティはセブのお相手がジェリリの息子だと知ってびっくりするが祝福してくれる。/ハリーがセブと一緒に国外へ出たことを責められ、シリウスと口論になるハリー。セブはシリウスが言うような人間じゃないというハリーに、シリウスはスネイプはかつて彼の母をmuddbloodと呼んだんだぞ、と。/仕事中倒れてきた看板で頭を打ち怪我したハリー。レグルスの家で療養するハリーをセブが見舞う。二人の付き合いを心配するレグに、彼との付き合いは仕返しではないと保証。ブラジルにいるリリーが妊娠したとハリーにflooコール。セブはそれをハリーから聞き驚く。セブが作った薬は服用中精子数を増やし妊娠させやすくするが、その後精子数が減り不妊になるという副作用があった。おそらく長い回復期が必要だったのだろう。かつてリリーは自分の父が死ぬ前に孫を見せたくてその薬をジェームズに使った。/省の爆発事故でオーラー3名が失明の危機。セブは薬を依頼されるが、その材料には保護鳥の卵が必要。違法だ。ハリーはセブの採集協力依頼を拒む。しかしロンとトンクスに諭され、セブを手伝うため後を追う。ハリーは後で知るのだが、負傷したオーラーの一人はシリウスだった。/バローで行われたハリーの誕生会に参加したセブ。子供が出来たこととシリウスを救ったこともあり、ジェームズもシリウスも彼らの仲を認めてくれたようだった。

 

Hopes and Promises by betsanne (スネイプ/ハリー)★★★

スネイプに片思いハリー。スネイプに恋人がいると誤解してホグワーツを去ろうとするハリーだが、本当は両思い。短い。

 

Anachronism by: Starcrossed (スネイプ/ハリー)★★★★☆

記憶喪失。ナギニに噛まれたときセブは自分が死ぬと思っていた。だが目を覚ますとそこは6年後の世界。しかも皆の話によると自分とハリーは戦後共に会社を作り成功しプライベートでも恋人同士だったという。少し前までセブは魔法力が消える謎の病気で死につつあった。何ヶ月も寝たきりの挙句とうとう昏睡状態に陥り、だが目を覚ました彼には再び魔法が戻ってきていた。セブは過去の自分を知る手がかりを探し、自分が設計したという邸宅や研究所、残された資料などを調べる。ハリーはセブの病気は何者かによる攻撃だと考えていた。セブが倒れる4ヶ月前、ハリーはオーラーとして連続毒殺犯を退治した、犯人は複数のオーラーを巻き込み死亡し、その男の残した研究資料などをセブが持ち帰り自分の実験の参考にしたらしい。図書室にあったパラケルススと名乗る見知らぬ肖像画とフィニアスナイジェラスの肖像画は彼が倒れたのはセブによる実験の結果だったという。だが何の実験だったかは秘密を約束したからと答えない。ハリーは実験のミスならばなぜそれを隠したのか・どうやって魔法が戻ったのか・なぜ記憶が消えたのか、謎が残ると指摘。(省略#5 )ただの記憶喪失ものかと思ったら、物語が二転三転、あっとびっくりの結末。

 

The Herald by RaeWhit  (ルーナ、スネイプ/ハリー)★★★★☆

戦後3年半、スネイプは誰も知らない田舎で動物と菜園と果樹と養蜂をしながら隠遁生活をしている。自分でもなんでこんなローカルライフをしているのかよくわからない。ナギニに噛まれた治療のあと自分はしばらく混乱しそのあたりの記憶もあいまいだ、その間に自分がキングスリーと話をし希望したようだ。ある日彼のところに一人の行商人の女がやってきた。近くに一ヶ月ほど住むという女、彼女は実は姿を変えたルーナだった。ルーナは戦後父が死んで以来、あちらこちらをふらふらとさまよっている。ここには魔法生物を探しに来た、スネイプがここにいることも誰かから聞いたらしい。ルーナはお菓子作りが上手で話し上手、スネイプはすっかり彼女が気に入ってもっといてもらいたいと思うのだが…(省略#6 )夢、スピリチュアル、じんわりいいお話、泣ける

 

Starry Night by joanwilder aka RaeWhit ★★★☆

オーラーハリーは省でパンジーの訪問を受ける。ナルシッサが無遺言で死んだ。ドラコが90日以内に申し立てをしないと、マルフォイマナーは省とグリンゴッツに没収されてしまう。スネイプなら彼の行方を捜せると思うのだが、彼は手紙にも応えないしflooコールも拒絶している。ハリーあなたは3年前に彼とキスをしてたでしょう。あなたにならスネイプも応えるんじゃないかと思ったの。(省略#140)パンジーの依頼を受けドラコ探し。スネイプは行方を知っていた。ドラコはフランスでカウンセラーとして立派に独り立ち。ハリーは彼にアドバイスを受け、自分の気持ちに向き合い将来を考える。

 

 ※※※※※※RaeWhit様のsnarry作品はほとんど消えてる。webアーカイブなどで探すとまだ少し残ってる。(下書きページでリンク整理中)※※※※※※

 

Chrysalis by starcrossedgirl (スネイプ/ハリー)★★★★

戦後、自分のせいで死んだ人たちへの耐え難い慙愧の念に押しつぶされているハリー。特にスネイプへの悔恨は痛烈だ。部屋に閉じこもってスネイプのペンシーブ記憶に入り浸り、人との交流を避ける。過去に囚われるあまりジニーへも優しくできず、彼女は傷ついて出て行った。そんなハリーの様子を新聞は興味本位に報道。妹が蔑ろにされたことに怒るロン、心配するハーマイオニーの言葉もハリーには届かない。ロンとの口論のあと飲んで帰ったハリーは道の途中でスネイプに会った。(省略#7 )戦争のトラウマ、幼少期の性虐待、PTSDからの回復

 

His Protector - Anonymous (スネイプ/ハリー)★★★★

オーラーハリーは毎朝パトロールと称してセブの店に入り浸る。ジニーと離婚して以来家に帰っても孤独なのでろくに食べず酒ばかり飲んでいる。セブはハリーを心配して朝食を食べさせたりと昔の保護ぶりがぶりかえしたようだ。セブが新たに雇った店員ドラコはやたら店に来るハリーの内心を見抜き、セブとの仲を応援すると申し出る。Secret Snarry Swap16

 

The Christmas Mission - Anonymous(スネイプ/ハリー)★★★

ジェシリ、アルセブ、リリーの3人はチャーリーと結婚したドラコおじさんに頼みスネイプの居場所について聞く。これだけの年月が過ぎていまだにスネイプのことを喋り捲る父親に、そんなに好きならスネイプとの仲をお膳立てしてやろうというのだ。Secret Snarry Swap16

 

Confusing Christmas Eve - Anonymous (ハリー/スネイプ)★★★★

スネイプが大ホールで倒れたと聞いて、彼に恋するハリーは駆けつけた。ポピーの診断によるとスネイプは妊娠3ヶ月、だがスネイプにはここ何年もセックスした覚えはない。誰かが自分を襲って記憶をけしたようだ…。子供を生むというセブに、ハリーは協力を申し出る。どうやら事件はマルフォイ邸のパーティで起ったらしい。ハリーの記憶も無くなっていて、被害者はセブだけではなかったようだ。mpreg,bottom!snape なんだか可愛い話。Secret Snarry Swap16

 

Dragon’s Grace by Magica Draconia(ハリー/スネイプ)★★★★★

リリーとジェームズは隠れ家生活に入るにあたり、ハリーの龍痘予防接種を完了できなかった。/トライウィザードトーナメントで竜と対決したハリー。竜とハリーはハミング、両者の間に感応があった。竜のブレスに焼き尽くされたかと思われたハリーは生きていて、スネイプは腕を刺されて怪我をした。試合の後ハリーがバスルームで自分の姿を確認すると、身体にはウロコが生え、舌は二枚に割れていた。(省略#8 ) Secret Snarry Swap16。面白かった!2007年に章追加。

 

Prologue of Our Lives by Magica Draconia ★★★

窓掃除ハリーとペットグルーミング店のスネイプ

 

The Merryweather Hotel by: Conzieu  (スネイプ/ハリー)★★★★☆

魔法界の人口減少問題は深刻。科学者を招き少子化対策会議が開かれることになった。ハリーたちオーラーはアメリカからやってくる優秀な科学者3人の護衛を引き受けることになった。ハリーの担当するのはこの学術会議のメイン研究者でもあるセブルス・スネイプ。戦後12年間全く行方が知れなかったスネイプだ。スネイプは彼の妻と同僚の3人で英国を訪れる。意外にもハリーはスネイプとの会話にスムーズに慣れ、共に過ごす時間を楽しむことができた。スネイプたちの研究は男性でも妊娠できる薬の開発。実際に臨床実験も済んでいる。発表を聞いて家族を持つことを諦めていたゲイのハリーは希望を持つ。ポッターの顔を見て、スネイプはハリーがゲイだと確信。二人はお互いに好意を抱いていた。妻との結婚は出入国管理法のための偽装結婚と打ち明けるセブ。自分はようやく汚名を晴らせた、これからは英国で暮らすつもりだ、と。翌朝プールで襲撃を受けた二人。呪いが二人の身体を貫いたが、どんな影響があるのか不明だ。犯人は宗教的な理由で同性愛者の出産を拒絶しているグループの一員だった。会議が終わり、皆帰途に着く。ハリーとセブも別れたがなんだか様子がおかしい。ビルに呪いを見てもらうことにする。どうやら2人の性格個性が入れ替わってしまったようだ。ハリーは黒尽くめの服を着、本屋で難しい本を買い、薬剤師の店に寄って匂いを楽しみ、皮肉を言う、セブはジーンズとTシャツを着、パスポートを紛失したご婦人の世話を焼いて朝食を抜き、名前で呼ぶよう言う。ビルが解決策を探す間、二人は一緒に仲良く過ごし、元に戻ったときにはもっと互いを好きになっていた。思いが通じた二人。オーラーを辞めホグワーツでDADA教授になるハリーにあわせ、セブもほかの良い仕事を蹴ってホグワーツポーションマスターに。

 

I Like What You See by Conzieu (スネイプ、ハリー)★★★★

スネイプは所有する薬局で成功、学会でも広く認知。友人と最近著した新しい薬学教科書は賞を取り、表彰された。ハリーは省を代表して参加し、晩餐会で並んで食事。ハリーは6年のときからずっとハーフブラッドプリンスに恋していたことを白状しセブを賞賛、そんなハリーにスネイプもまたすっかり恋に落ちる。短い

 

Love Favors the Bold by Conzieu(ハリー/スネイプ)★★★☆

オーラーになったハリーは未成年者用ゲイバーの潜入捜査でアッー!の道が拓けてしまう。ジニーは恋人から親友に戻った。現場があまり好きじゃなかったハリーは科学捜査の教育を受けることにした。ドラコと恋に落ちたジニーと違い、ハリーはゲイライフを謳歌、一人に縛られるなんてごめんだね!と。オーラーの学校に法医学ポーションを教えに来たのはスネイプで~

 

Lost and Found by Conzieu(ハリー/スネイプ)★★★★

7年生として学校に戻ったハリー→昏睡から回復したスネイプ。スネイプはDADA教授に戻ったあと教育に集中、クラスは素晴らしいが、ハリーはスネイプが教室の外では誰とも話さず、無関心で、大ホールでもほとんど食べずどんどん痩せていくことに気がついた。朝食で卵をつつくだけだったスネイプに梟が手紙を届けた。「食べろ!バカ!」誰だろう?ドラコか?いやドラコはこんな手紙は書かない。それでも食べ始めたセブは味覚に感銘を受け、心配して覗き込んだ隣のフィリウスに話しかけた。フィリウスはセブの反応にほっとして喜んだ。それ以来セブの元にたびたび短いメッセージが届く。食事をとるようになり、教員たちとも話をし、たまに薬も作って健全な生活を取り戻してゆく。ある日セブはそのメモになぜ自分を気にかけるのかと返信。戻ってきたのは彼を賞賛するラブレターだった。(省略#12 )作者様はQAFのficも書いてる方でQAFトリビュートなゲイゲイしい作品です。他のQAFクロス作品でも思ったんだけど、sex=スポーツ的な貞操観念の欠如してる感じがちょっと苦手。

bottom!snape,submissive!snape,パワフルハリー

 

A Nick in Time  by:Tira Nog(ハリー、スネイプ)途中まで

戦争から8年。スネイプは淡々と日々の義務をこなしてはいるが内心は無気力だ。戦争で多くの教員は死に、若いかつての学生が教授となっている。ハーマイオニー・ロン・ハリー・ネビルもいまやホグワーツの教授である。ハリーはかつてプロクィデッチ選手だったが、ミネルバにDADA教授職を提示されるとすぐにこちらに移ってきた。クリスマス、教職員と数人の生徒が卓を囲む晩餐で、ハリー・ハー・ロンとスネイプは思いがけず話が弾んだ。食事後、3人はこれから3本の箒のロスメルタのパーティに繰り出すという。ハリーはスネイプにも誘いをかけるが、ロンの嫌そうな顔を見たセブは断った。去り際の3人の会話がスネイプの耳に入る。ロン「スネイプ誘うなんてマジかよ、本当に来たらどうすんだ」孤独でみじめな気持ちのまま眠りにつくスネイプ。その夜奇妙な夢を見る。6歳か7歳の幼いポッターとほぼ同い年の自分、満面の笑顔のダンブルドア。再会の喜びに抱き合う3人。アルバスは二人に幸せか訊ね、二人が友人になれたか聞く。ハリーはセブがまだ自分を嫌うといい、セブは友人の作り方などわからないと答える。そんなセブにアルバスはチャンスを与えることにした。ハリーもセブの助けになるという。/クリスマスの朝、ハリーは26歳から7歳にde-age、スネイプもまた7歳となりホグワーツの自室で目覚めた。被虐待児でおどおどして愛情に飢えてるハリーがハーマイオニーとロンから守られるのに対し、頭が良く皮肉で尊大な態度のスネイプは周囲に壁を作ってしまう。寄宿舎で1年生に石化呪文をかけたスネイプはドームから追い出されロンとハーの部屋でハリーと過ごすことになる。ハーマイオニーはスネイプの行動の裏にあるものを察し、自己否定するセブの存在を肯定する。

古いFICなのかセブの背景が原作設定と違う。半血の孫を恥じる祖父母に純血らしく行動するよう育てられたって感じ。ものすごく人気の高いシリーズなのでこの先面白くなると思うんだけど…。kidsfic苦手~。半分くらいまで読了

 ┗Growing Pains by:Tira Nog Summary: Sequel to A Nick in Time. Severus and Harry deal with the changes in their lives that are brought about by the friendship they forged in A Nick in Time.

 

Prince Expectant by chazpure, Hepatica Whortleberry (chazpure) (ハリー/スネイプ)★★★★

ダークロードは強大な力を得るため古代の儀式を持ち出しデスイーターたちに乱交させる。しかし最終決戦時、セブの介入でダークロードのもくろみは失敗しハリーによって倒された。グリモールドプレイスの戦勝会、酔った皆へ双子がペッパーアップの改良版と称し薬を飲ませる。副作用はないと言っていたのに、戦勝会は瞬く間にめちゃくちゃな乱交会になってしまう。(省略#14 ) mpreg,bottom!snape,保護的なハリー

 

The Games They Play by DebsTheSlytherinSnapeFan  未完 

ブレイク・スリザリンという名前で過去に逆行した34歳のハリー・ポッター。未成年者の魔法を使ったとして裁判を受けるハリーを訪ね、事前に彼のペンシーブ記憶を受け取り、実際の裁判でその記憶を聴衆に見せるブレイク。その記憶によりディメンターだけでなく、墓場のヴォル復活場面にいたペティグリューの生存、ルシウスらデスイーターの存在も暴露された。(省略#15 )大人のハリーが時を遡り、過去の自分のメンターとなる。面白いけど連載長くなりそうなので後で読む、23のうち6まで読了。

 

Invisible by DebsTheSlytherinSnapeFan

ハリーポッターは双子。双子の兄ニックがboy-who-livedに誤認される。ジェリリは死なず、シリウスとスネイプはダンブルドアによって無実を証明され省から釈放された。実の親と暮らしているのに、兄と差別され無視されて育つハリー。ハリーは自分がヴォルを破ったのを知っているが、どうせ信じてもらえないからと誰にも事実を話さない。4歳のとき妹ロクシーが生まれ、その後もハリー一人が家族の仲間はずれ。孤独なので本ばかり読んで知的なハリーになってます。レイブンクローにソートされたハリー。(省略#24 )ジェリリバッシング、good!ダンブルドア、原作時系列、112のうち9まで読了

 

Reconciling Lily's Eyes by persepolis130 (スネイプ/ハリー)★★★☆

戦後、手紙を出しても一向に返事のないスネイプが心配でしょうがないハリー。ペンシーブの記憶ではリリーの死で死にたいと言っていた。自殺しちゃったらどうしよう…。偶然に会ったスネイプに、行き先言わないなら離さないぞ、どこまでだって付いて行ってやると袖を掴むハリー。アメリカの会議に行くのだが、それでも来たけりゃ付いて来い、とスネイプ。会議でハリーポッターを自分の箔付けに利用し、はいさいならと追っ払うつもりだった。だがスネイプが英国に戻らずセーラムの学校に職を得たと聞き、ハリーはそのまま居ついてしまう。(省略#17 )後日談にmpreg

 

Tread Softly By: Dius Corvus  途中まで

最終決戦、ヴォルはハリーに放ったアバダの反射で死んだ。だがその後ハリーの姿は消えてしまう。ハリーが気付いたとき、目の前にはアルバスとフランク・ロングボトムがいた。ハリーはノット邸の地下で重傷を負って発見されたのだという。何年か訊ねたハリーは1977年、23年前の世界に逆行してしまったことに気付く。(省略#18 )逆行、タイムスリップ 21のうち4の半ばまで

 

Ch-ch-changes by:snapesgirl62 (ハリー/スネイプ)★★★☆

スネイプは女だった。ナギニによる負傷で血だらけのローブが取り除かれたとき、白い乳房を垣間見たハリー。あれ以来ハリーの頭の中はスネイプでいっぱい。ありとあらゆる場所でスネイプをネタにオナりまくる。※シリウス生きてる。セブとレグは学生時代関係あり

 

Love, Pregnancy and Camel Riding by klynie(スネイプ/ハリー)★★★★

48歳オーラーハリーポッター、自分の人生が欲しいのと妻から離婚を突きつけられる。次男アルセブと親友スコーピウスは事業を興し、お金を節約するため実家住まい。アルセブが忘れた昼食の弁当を届けに行って、彼らの使う魔法を見せてもらう。だがスコーピウスは緊張して呪文を間違え、それにヒットしたハリーが妊娠。慌てたスコーピウスはセブルスおじさんを呼んで何とかしてもらおうと~。(省略#28 ) mpreg,ユーモア

 

Invisible By: carolinelamb (ハリー/スネイプ)★★★★★

戦後、スネイプは何事もなかったように嫌な奴に戻り、日常が戻ってきて、友人らも恋人が出来て幸せそう。でもハリーはひとりぼっちで退屈。透明マントをかぶり城の中の人たちを観察するように。ある時スリザリン生のおしゃべりでスネイプのセックスライフを聞く。相手はルーピンにカロー。まじで?(省略#19 )bottom!snape,楽しい、えろい、素敵!

carolinelamb様=countesszero様です。後年名前を変えられてるけど同じ人。

 

The Knockturn Alley Ballad  by: carolinelamb ★★★★★(ハリー/スネイプ)

戦後オーラーハリーは密かに姿を変えノクターン横丁に出入りするようになっている。牢獄のような魔法界を逃れ、飲んだくれては娼婦を買う。ある日ハリーは青白くて骨ばったお気に入りの娼夫を見つけた。(省略#20 )ダーク、売春、フィスト、えろい,bottom!snape

 

 All Heaven's Glory by:carolinelamb aka countesszero (ハリー/スネイプ、リーマス/スネイプ)★★★★

10年間付き合ったリーマスとセブルス。だがリーマスはスネイプと別れ妊娠したトンクスと結婚を決めた。今の大臣はスネイプをアズカバンに送れなかったことを不満に思っている。省は大昔の法律を引っ張り出してスネイプに結婚を強制、応じねば魔法を取り上げられてしまう。省は競売で一番高い値をつけたものと結婚させるつもりだ。以前省で倒れたときに医療室で診察され体内に胎児になる前の胚があると知られてしまったのが災いした。元は子供に憧れるリーマスのため実験したものだった。その相手は他の女を孕ませて結婚するが。ミネルバは省にいるキングスリーからいち早く情報を得、フランスに住むハリーに連絡し帰国してスネイプと結婚するよう頼み込んだ。(省略#56 ) 誤解、mpreg、キャラクター死(ハリスネ以外)

 

Coming Home by countess zero (ハリー/スネイプ)★★★★☆

スネイプは金がない。ジニー・ポッターの要請で彼女の子供達の家庭教師をすることになった。ハリーとジニーは別居中でジニーはドラコと付き合っている。突然家にやってきたスネイプに家庭教師だと言われハリーは激怒。ジニーとflooで話し、「俺は認めない!」「彼は全部の教科を知ってるわ、まぁ経験豊かだし、あなたもNEWTとれたでしょ、息子に名前だってつけたじゃない」「俺たちの歴史知ってるだろ、なんで何も言わずに突然」「だって言ったら断るでしょ」「もちろん断るよ!あいつは9年もこっちに罪悪感残して見つかったときに謝りもしなかったんだぞ」スネイプは戦後に死を偽装して隠れていた。死んだと思って同情してた相手が生きてたので、ハリーは騙されたと怒っている。「ハリー、一週間だけ様子を見て頂戴、それでダメなら他の教師を見つけるわ」(省略#57 )キスまで、怪我

 

THE STABLES (LM/HP)  by: carolinelamb 

The Demons by: carolinelamb

Harry/Ginny, Harry/Snape, Voldemort/Ginny, Voldemort/Snape, Ron/Hermione (mentioned)

To Love And Let Go by:carolinelamb aka countesszer 

Sunshine by:carolinelamb aka countesszero 

The Corset -:- By : countesszero

Harry, Actually by countesszero

Harry Potter and The Secret Island by countesszero

5 Minute Challenge Response by countesszero

Herr Ober!  by countesszero

 

If Only by Jadzialove (スネイプ/ハリー)★★★★☆

ナギニにかまれた後、セブはあの世との境の空間に居た。たくさんのドアが並ぶ中、そのうちの一つに入った瞬間、セブはホグワーツ特急の中に座っているのがわかった。同じような出会い、でも今回のセブはグリフィンドールにソートされた。セブ・リリー・リーマスはトリオとして強固な信頼を築き、セブとリーマスは恋人同士になる。だがこの世界ではダークロードの威勢は弱まることなく、たくさんの人が死に自分も死んだ。(省略#29 )逆行、タイムスリップ、臨死体験

 

Of Cabbages and Kings and Kings by Jadzialove  (スネイプ/ハリー)★★★★

戦後、魔法を使うと疲れて体調の悪いハリー。ハーマイオニーは欝を疑いマグルの精神科医に見てもらうことを勧めるが、本人は認めない。ある日ハリーをルーナが訪ねる。自分のザンサスおじさんは天才だからあなたを治してくれるよ、とハリーを誘う。二人が訪ねたザンサスはスクイブの発明家。奇妙な機械を持ち出してハリーを見、ハリーがLife-forceBondを結んでいると診断した。(省略#30

 

Medium Rare by Jadzialove

Lost and Found by Jadzialove

Severus and the Doomsday Affair by Jadzialove

Bred in Captivity by Jadzialove

 

Hints From Severus by cruisedirector, Dementordelta

新人にポストを奪われ、服飾・食・本部門に移動させられたリタ・スキーター。「あなたは私に恩があるはず」とスネイプを脅し、自分の代わりに過去最高・完璧な家事アドバイスコラムを書くよう強要する。(省略#31 )半分くらいまで読了

 

The Apple Tree   by Philo (スネイプ/ハリー)★★★

7年目のハリーは漏れ鍋で偶然スネイプとフロアを分ける。3階の安部屋はバス・洗面所が共同。ハリーはアレックス・ジョンソンの偽名で姿を変えたままスネイプに近づき夕食を提供。スネイプが読んでいた薬学雑誌の論文はハーマイオニーが男名義で書いたもの。それに言及したことで態度が和み、スネイプは食後の酒を奢り返す。思いがけず友好的な会話はやがて少し官能的なムードに。暗黙の了承でベッドイン、ハリーはセクシーなスネイプにくらくら。ワンナイトラブのはずが別れがたくなり~(省略#32 )超強力なハリー、スーパーハリー、ハリーcentric

 

Protect Thy Heaven. by: pekeleke (ハリー→スネイプ)★★★★★

戦争後ハリーは自分がスネイプを誤解していたことを知る。彼を知れば知るほど惹かれる自分を止められない。こんなに素晴らしい人はどこにもいない。スネイプは戦争孤児たちのために無料で薬を作り、スリザリンの世話をし、学校で虐めがないよう生徒を気にかける。だが誰にもその良き姿を見せず、嫌われ者で孤独なままだ。3年後に教員としてホグワーツに戻ったハリーだが、かたくなに鎧をまとった彼の心を解きほぐすことが出来ない。彼に少しでも近づきたくて、過去の誤解を謝罪し、毎金曜日に酒を持ってスネイプを訪ねるようになる。彼の友人たちはほかに誰か見つけろと勧めるが、ハリーが欲しいのはスネイプだけなのだ。ハリーを哀れに思ったジョージが、自分の開発した魔法のランプをプレゼントする。血を一滴垂らすことで、その人の願望が蜃気楼のように具現化するのだ。ジョージはフレッドの居ない寂しさでこれを創り上げた。自分自身で試したから無害だ、と。(省略#44 )ハリー→セブの誠実な求愛。甘くてうっとり。作者さまの作品に共通なのは「セブにメロメロなハリーが熱心にセブの愛を乞う」ってところ。好きだわー。読んでて気持ちいいわー。

 

The mating rituals of the crabby hermit. by pekeleke(ハリー→スネイプ)★★★★

ハリーはセブに恋してオーラートレーニングを止めホグワーツの教員になった。2年以上も恋焦がれているのだが全く相手にされてない。飲みに誘ったスネイプに断られ、ロンとへべれけになるまで飲んだハリーは「スネイプって堅い殻にこもったヤドカリみたいだな、そんで僕はそれを食べたくて狂ってるカモメ」と変なことを言い出した。二日酔いで朝食の席に向かったハリーは、酔い覚まし薬の話からスネイプが休暇の間じゅう学校の薬のために馬車馬のように働かされていることを知る。アシスタントをつけるどころか教員は誰一人手伝おうとしない。十数年も自分の薬学研究もできず奴隷のように黙々と地下で働いているのだ。彼が不機嫌なのも無理はなかった。(省略#45 )甘々で幸せなハリスネ

 

Sunrise Never Fails. by pekeleke(ハリー→スネイプ)★★★★★

グリフィンドールとスリザリンの対立は激しくなっていた。セブはスリザリンの生徒ウィルソンがグリフィンドール生の虐めにあっていると主張するが証拠をあげることができない。ハリーが自寮生のその虐めっ子エドガーを庇うせいで二人の間も険悪。ミネルバはセブの態度が寮の対立に影響を与えるとしてセブだけを咎めだてる。ハリーとの間が露骨に険悪になったのはアルバスの命日にセブが飲みすぎて意識不明でハリーに運び込まれて以来で、セブはハリーと寝た上、自分にオブリビエイトをかけたという。当然セブにはまったくそんな覚えは無い。(省略#46 )作者様の作品に共通の愛情深くHOTなsexシーンがたまりません。この求められて大事にされてる感じ、すごく好きだなー。

 

Snape's Way. by: pekeleke (ハリー→スネイプ)★★★★

オーラーを辞めた後、ミネルバの好意でDADA教師としてホグワーツに戻れたハリー。スネイプと仲良くしようとするが拒絶される。そもそも奴は僕のおかげでアズカバン行きを免れたくせに礼も言ってない。確かにスネイプが言うとおり自分はダンブルドアの望みだったろうからやったまでだけど。スネイプは校長に再任することも受賞パーティも拒否して受け取ったマーリン勲章はホグワーツのハウスエルフにあげてしまった。なぜならそれがふさわしいのは彼らだったから。スネイプは単に薬学教授とスリザリン寮監に戻り戦争前と同じ暮らしに戻った。ところが3年前にハリーが戻ったことでその平和が壊されたのだ。(省略#47 )最初はさほど本気じゃなくカジュアルセックスの対象としてスネイプを見てたハリーが、セブの人となりを知るにつれ完全に恋に落ちる。ゆっくりと育まれる関係。

 

The Reality Of Love. by pekeleke  (ハリー→スネイプ)★★★★☆

戦後薬局を開いたセブだが経営がうまく行かず漏れ鍋でルシウスに相談、それを盗み聞いていたハリーが僕の恋人の振りをすればお客が入りますよ、是非そうしましょうと。実はハリーはそれまでもセブに様々なアプローチをしていたが、全く気付いてもらえずことごとく断られていた。ハリーは世間や友人たちにもセブを恋人として紹介し、”英雄の恋人”の箔がついたおかげで店は順調。1年以上もそれが続いている。ルシウスはハリーに自分の会社に投資するよう頼んでくれない?と持ちかける。自分たちの関係が嘘なのはあなたが一番良く知ってるでしょうと断るセブ。いやハリーは本気でお前を好きでお前が言うことならなんでもやるぞ、と。(省略#49 )  求愛ハリーとそれに気付かない鈍感セブ

 

The Gift Of Giving. by pekeleke

Courting Disaster. by pekeleke ハリーの求愛 

The Voice Under All Silences. by pekelekeラストバトル4年後セブが目を覚ます

May Day Mayday. by pekeleke

Black Smokeシリーズ. by pekeleke  猫スネイプ

The Strongest Wish Of All. by pekeleke 

 

http://community.livejournal.com/reversathon/42866.html

Worse Than the Disease by Priscilla D. Hack, priscilla_hack(Harry Potter/Severus Snape)
Summary: The war has been over for a while, but something is very wrong with Severus Snape. Can Harry Potter figure it out before the Potions Master succumbs?

 

A Commonplace Love by Anonymous  (スネイプ/ハリー)★★★☆

スネイプはナギニの攻撃を生き残った。

みなの驚きに、戦争の後にはデスイーターたちの孤児が多数残された。ダークロードは全てのデスイーターたちに子供をもうけることを義務づけた。スネイプにもチャリティバーベッジとの間に女の子がいた。

ハリーは元からスネイプに懸想しており、スネイプが回復するまでハリーは子供の世話をする。やがて回復した後には友人からゆっくりと家族になり、やがてハリーは彼自身子供を産む。

 

Potted Dragons by Anonymous(スネイプ/ハリー)★★★★★

戦後のふわふわsnarry.誰もが幸せで優しい穏やかな世界。

ハリーはスネイプに告白するが2年待つように言われている。その間に気持ちも冷めるだろうと思ってのことだがハリーは真剣。/セブが副業でドラゴン保護区に卸してる、魔法でドラゴンの姿に変えられた植物が巷の話題になる。鉢植えドラゴン。/ハリーとドラコはオーラーでバディ。セブはナギニの後遺症でパーセルタングの能力を得ている。

 

Eliminate the Negative by Book7BrokeMyBrain   ★★★☆

校長スネイプと教授ハリー。生徒から没収した古いマグルのゲイポルノ雑誌。その中にスネイプ少年のグラビアが。学生は返してくれるようにしつこく頼むが返すつもりは無い。元よりスネイプに惹かれていたハリー、彼にとって危険だし自分の手元にも置いておきたい。どうやら卒業後金に困った時期のものらしかった。あるときハリーの部屋に本を没収された2学生が忍び込み家捜し。見つかったときにハリーにオブリビエイトと眠りの呪文を同時にかける。相乗効果で厄介なことに昏睡に陥ったハリーの頭の中をスネイプがレジリメンシーで様子を探る。

 

Venenum by  未読

It was always Harry, even before The-Boy-Who-Lived lived at all, it had always been him. Severus Snape knows he is bound to Harry Potter, but he will fight it at all costs. Even if it kills him. 

セブが好きだったのはリリーじゃなくジェームズだった。リリーは彼を応援してたが、やがて二人は結婚。セブはダークマークを取得した。

セブの真のソウルメイトはハリー。だが戦争は原作のように展開し~

 

 Penance is the Play by Maeglin_Yedi  

魔法省の戦いでシリウスが死んだ後。初出2005.

ハリーはスネイプに復讐を企む。マグルの新聞で淫行教師が逮捕された事件を読んで、スネイプを嵌めホグワーツから追放しアズカバンに送ろうと計画。

 

Homecoming of the Soul by Slumbering Potion