読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hp fanfic rec

snape-centric. スネイプ贔屓の海外ファンフィクション(海外二次創作)の読書記録。忘れっぽい自分のためにどんな話だったか記録してるのでネタバレばっかり。ネタバレが嫌いな人は見ちゃダメ。オリキャラびいき。ダンブルドア・マローダーズ・ハリーらグリフィンドール勢はあんまり好きじゃありません。←この辺が好きな人は読まないほうがいいです。キャラバッシングあり。

目次

rec

slash1-1 年下(男男CP)/harry ハリスネ・スネハリ1

slash1-2 年下(男男CP)/harry ハリスネ・スネハリ2

slash2 年上(男男CP)/lucius,/marauders,/dumbledore ルシセブ・ジェスネ・シリスネ・ルスネ・ダンスネ・クロスオーバー

slash3 年下(男男CP)/omc,/oc,/kingsley,/percy,/draco オリキャラ男性・キングスレー・パーシー・ドラコ・ウィーズリー兄弟

het1 (男女CP) /lily,/petunia セブリリ・セブペチュ

het2 (男女CP) /ofc,/oc スネイプとオリキャラ女性

het3 (男女CP) /hermione スネハー

het4 (男女CP) /other canon characters スネルナ・スネジニ・その他原作女性キャラ・クロスオーバー

gen1 健全1(CPなし)

gen2 健全2(CPなし)

 

 

最近にわかにはまったハリポタファンです。
英語とっても苦手ながらWEB翻訳で対訳と照らし合わせながらなんとか海外fanfic読んでます。
HPのfanfic面白すぎる…!!
さて、私の英語知識は中学生レベルでほぼ止まってますので、WEB翻訳が苦手な、長い文章や入り組んだ文章だとお手上げ。
なんとなーく読めればいいんです(笑)

実際WEB翻訳があれば、英語が駄目でもfanficはじゅうぶんに楽しめます。

好み:スネイプが理解されたり尊敬されたりしてる話が好き。(原作では絶対ありえなかった…涙)主要キャラよりもオリキャラや脇役が相手のほうが好き。原作で言動がしっかり描写されてるダンブルドアやマローダーズ、ハリーら主人公3人組は基本的に好きじゃないです。(でも二次には素敵な作品があるから全く毛嫌いしてるわけではない)

 

好きな設定…de-age、タイムトラベル、記憶喪失、mpreg、bottom!snape、manipulative!Dumbledore、戦後、マグル社会や英国魔法界以外で生きる話

あまり読まない…kids fic、severitus、goodダンブルドア肖像画スネイプ、ハリーcentric、教師と生徒の恋愛関係

 

記事を読んで好みの傾向が似てる方、オススメficがあればコメントで教えてもらえると嬉しいな。

特に(健全物)でスネイプが大活躍・カッコイイ話だと嬉しい。自分ではなかなかうまく探せないので。

 

読書環境とか

英語苦手なんだけど海外fanficを読む

ハリポタを読んでseverus snapeに嵌りまくり、海外fanficに手を出した私。英語がとにかく苦手なので最初は本当にハードルが高かった。でも一度読み始めてしまえばそこにあったのは桃源郷!素晴らしい作品がそれこそ読みきれないほどありました。最初のうちは翻訳サイトを使ってもうまく読めなかったんですけど、いったんコツを掴んだらあとはスイスイ。いろんな翻訳サイトを使ってみて、自分なりに一番読みやすいやりかたに落ちついたのでご紹介します。

 

 

 読書環境

・海外ficを読むのはデスクトップPC。これ以外の環境だと英語力無い私には無理。横長のディスプレイをチルト機能で縦にしています。横長画面では見づらくて辛いです。(コントロールパネル→ディスプレイ→画面の解像度、で向きを”横”から”縦”にする)こういうアームが便利。

 

・ブラウザはfirefox。複数タブを開き、元ページ、yahoo翻訳対訳、google翻訳の3つとメモ用のこのブログを同時に開いています。アドオンのwebliopaneはおすすめ。(単語をドラッグでweblioの辞書が呼び出せます)右クリックサーチもできるようにしておくと単語や画像検索が楽になります。

 

・メインで使うのはyahoo翻訳の対訳。単語にカーソルを合わせると訳文がハイライトされてどの単語がどの訳語が一目でわかる。文節ごとに区切り線があり、照らし合わせがしやすい。なんだかんだいって小説を読むには一番使いやすいです。有料だと単語登録できるからもっといいのかも。(※同じ会社の翻訳ソフト使ったことある人がいたら使い心地教えて欲しい)

 

googleは最近翻訳エンジンが代わってとても良くなりました。センテンスの訳はgoogleのほうが自然で上かもしれない。ただyahooの見比べやすさ、使い勝手と比べるとどうもいまいち使いにくい。一見ちゃんと訳されてそうに見えても文がごそっと削られてたりすることがあるので注意が必要。時々オタクがノリか遊びで単語登録したようなめちゃくちゃな訳が出てきて鬱陶しい。

yahooとgoogleを両方みればだいたい意味が読み取れるので、どっちも開けるようにしておくと便利です。

 

・ざざっと内容を把握したいときはgoogleWEBページ翻訳を見て、本文をじっくり読みすすめるときはyahoo対訳がメイン。でも文章の相性もあってgoogleのほうが自然で読みやすいこともあるのでどっちがイイとかいいきれない。

 

・メモを取る!

読解力に自信がないためメモしながら読むわけでして、このブログはその産物だったりします。

長い話や入り組んだ話はメモしとかないと途中で話がわからなくなります。

わかりにくいところは飛ばして適当に読み進めても、記録があれば後になって「あそこはそういう意味だったのか」「間違えて読んでたな」等、気付くことができるので話の筋を理解しやすくなります。

それに読了後のあらすじはざっくりでもメモしておかないとせっかく読んだ内容を忘れてしまいます。(この話読んだ覚えあるけど内容よく覚えてない、なんてことが時々ある)

 

・しっかり訳そうと努力しないで、こんなかしら~で読み進める、あわないな、難しいな、飽きたなと思ったらさくっと次に移るのが長続きのコツかなと思います。あとは自分の萌えに合致した作品を見つけること!

 

・ざっと100本くらいfanfic読んできましたが、翻訳文ばっかり見てるのではっきり言って英語力は全くあがっておりません。…まあそんな私でも楽しめてますよ、ってことで。興味の出た方はトライしてみてはいかがでしょう。

 

お仲間が増えて海外fanficのオススメサイトが増えてくれたら嬉しいな。

 

 

 

 

備考

・fanfiction.netはそのままだとコピペができないので、PC用のURLのwww→mに変更して携帯用のURLにする。携帯用ページはそのままでもコピペ可能です。

PC用 https://www.fanfiction.net/s/123456789/

携帯用 https://m.fanfiction.net/s/123456789/

またはPC用のURLのままでブラウザのスタイルシートを外してもコピペは可能になります。(表示→スタイルシートスタイルシートを使用しない)

 

・adult-fanfiction.orgで文字化けした場合「表示」→「テキストエンコーディング」→「西欧」で文字化けは解消されます。

 

 

slash1-2・ハリスネ・スネハリ2

rec

slash1-1 年下(男男CP)/harry

slash1-2 年下(男男CP)/harry

slash2 年上(男男CP)/lucius,/marauders,/dumbledore

slash3 年下(男男CP)/omc,/oc,/kingsley,/percy,/draco

het1 (男女CP) /lily,/petunia

het2 (男女CP) /ofc,/oc

het3 (男女CP) /hermione

het4 (男女CP) /other canon characters

gen1 健全1(CPなし)

gen2 健全2(CPなし)

 

(ハリー/スネイプ 2) ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

A Pastoral Interlude by cruisedirector(ハリー/スネイプ)★★★★

2008snarrygameから。40歳オーラーハリーは一人ぼっちのクリスマス休暇を田舎の宿に泊まって過ごす。ところがその食堂でなんと死んだはずのスネイプにばったり。スネイプはこの宿の調理人。長年魔法の冬眠状態にあったので、彼の外見は当時のまま。わめくハリーを宥めて食事を促しどうやって生き残ったか話す。ハリーは新聞で報道されていた自分の身の回りの出来事を話す。名づけ子テディがホークラックスを作ろうとしてアズカバンに収監されたのは事実だった。食事の終わりにハリーはセブにずっと言えなかった感謝を告げる。/主犯の名づけ子だけでなく長男ジェームズも捕まり子育ては失敗、ハリーはゲイでジニーとも離婚。ジニーはハリーが残りの2人の子らとクリスマスを過ごすことを望まない。ロンやウィーズリー家とも疎遠になった。事件の余波で世間の風当たりも強い。飲んで泣き言を言うハリー。じきジェームズがアズカバンから出所するが、あの子はホグワーツを退学になったので教育を完了できない。彼を教えてもらえないかとスネイプに頼むが断られる。もう寝ろというスネイプに対し、ハリーは一緒に寝てくれとスネイプをかき口説く。

 

Ley Lines by cruisedirector, Dementordelta

戦後スネイプのペンシーブ記憶に入り浸るハリーに、モリーがヒーラーにかかることを提案。ハリーがゲイで性的嗜好を押さえ込んでいるのではと心配したのだ。ハリーは魔法がコントロールできず意図せず魔力が流れ出ている。家族の友人なのよとモリーが案内したのはノクターン横丁でそのヒーラーはスネイプ。てっきり死んだと思っていた人物とのまさかの再会に驚くハリー。スネイプはヴォルの死で彼の過剰な力がハリーに流れ込んだことが原因と診断。スネイプもヴォルに呪われたナギニによる攻撃で影響を受けているがそればマイナスのもの。プラスのハリーとマイナスのスネイプでエネルギー交換をするのが手っ取り早い。ーsexの形で。1/4くらいまで読了

 

Surrender By: Master Snape(ハリー/スネイプ)★★★★

10年の結婚はセブの浮気で破綻。ハリーはセブと建てた家も店も捨て、ホグワーツのDADA教授となった。セブも店を畳みハリーを追いかけて薬学教授に。当初は怒りで許す気のなかったハリーだが、浮気相手ルシウスの話でセブがsubであることを知り、それを受け入れやりなおそうと決意。dom(支配)ハリーとsub(従順)セブ。お仕置き。Dom/Sub,BDSM

 

Our Only Hope BY : LadyJay(ハリー/スネイプ) ★★★★☆

戦後。戦争への多大な貢献にも関わらず、セブは省により全ての持ち物を燃やされ、杖を折られ、魔法を取り除かれ、記憶を消され、何も持たず何もわからず着の身着のままでマグルロンドンの町に放り出された。/10年後、ハリーは魔法界で戦後生まれた子供たちが皆スクイブであることをハーマイオニーから聞かされた。戦後ハリーはポーションを学び、史上2番目の若さでポーションマスターとなり隠遁生活を送っていた。省はこの呪いがポーションによってもたらされたと思っており、ポーションマスターであるハリーが解決のために呼ばれたのだ。(省略#39 )悪!魔法界。悪!ハーマイオニー。OMC/セブを書いたダイモンの作者様。

 

The Headmaster     BY : LadyJay(ハリー/スネイプ) ★★★★☆

ダンブルドアは自分が引退するときセブに校長職を譲ると約束して彼を学校に縛り付けたが、ヴォルを倒した3年後、実際に校長を譲ったのはハリーにだった。セブはすぐさま辞意を表した。ダンブルドアはセブをひきとめようとするがハリーはどうやって辞めさせようかと思っていたからちょうどいい、と。セブは仮釈放の条件として学校と校長にボンドされている、学校を出ればアズカバン行きなのだよとアルバスはハリーに説明。僕かアズカバン?そりゃあいいと残忍に喜ぶハリー。ミネルバは二人を部屋に引いてあなたはセブを校長にすると誓ったのを忘れたのですか?彼はこれだけの長い間あれだけの犠牲を払ったのですよと二人の良心に訴えかける。だがアルバスとハリーにミネルバの言葉は届かない。アルバス「ハグリッドの家に置いたらどうか?」ハリー「ハグリッドの家をあのクソ野郎に汚させません。」セブの助けなしではダークロードを敗れなかったことを思い出させようとするアルバスだが、ハリーは「彼が死のうが生きようがどうでもいい。校長として自分が出来ることは何も無い。スネイプは勝手に地獄に落ちるだろう」と。(省略#40 )虐待、若干Dom/Sub 作者様の作品はどれもセブが理不尽に虐げられてるので序盤は読んでてムカムカ。でも、面白いんですよねえ。

 

The Gulag    BY : LadyJay(ハリー/スネイプ、ダンブルドア/パーシー)★★★★★ 未完

戦争後7年間音沙汰の無かったハリーが帰ってきた。ハーマイオニーはロンと結婚し4人の子持ち。真ん中の2人は双子だ。戦後、省はデスイーターに苛烈な処分を下した。魔力を奪って強制収容所に入れ、財産を没収した。本人だけでなくその妻子までもが強制収容所に入れられた。処置に物申そうとした人々は急に姿を消し二度と戻らなかった。デスイーターで無かった全てのスリザリンも悪だとされて強制収容所へ入れられた。組み分け帽子は省の意向に逆らってスリザリンへのソートをしなくなったので燃やされた。収容された人々は牛馬にも劣る酷い扱いをされている。「ハリー、私たちには警察国家があるわ」(省略#41 )11まで。最終更新2007. 悪!ダンブルドア

 

Caregivers  BY : LadyJay (ハリー/スネイプ)★★☆ 未完

ハリーとウィーズリー一家は集まってヒーラーの話を聞いた。名の知られた精神病とトラウマの大家エドワード・ソーントンは、これからアズカバンで4年を過ごした3人の戦争犯罪者の世話をする彼らに注意を促す。双子はドラコの面倒を見る、彼は無気力だ。アーサーとモリーはルシウスの世話、彼は傲慢でプライドも保っているが無一文で何の地位も無い社会に適応するのは困難だろう、ハリーはスネイプの世話、彼はとても危険だ。全てに裏切られたと思い、怒りと憎しみと憤りを抱えている。もし彼に力と杖があったら次のダークロードになってもおかしくないくらいだ。ソーントンの元で学んだハリーが彼の世話に名乗りをあげた。二人はセブから誇りと傲慢さを根こそぎ奪い取り、自我を破壊してから新しく人格を作り上げるつもりだ。セブは残りの人生をハリーの奴隷として生きるのだ。(省略#42 )セブの置かれた状況が理不尽すぎて始終ハリーやヒーラーやウィーズリー家にムカムカしっぱなし。やっぱ奴隷物苦手だわ…。とはいえグイグイ読ませるのはさすが。

 

Paradise by the Sea  BY : LadyJay (ハリー/スネイプ)★★☆ 未完

安全のため、ダンブルドアはハリーとスネイプをポートキーで隠れ家へ送る。ところが用意された家は海辺のヌーディスト村にあった。着いた早々真っ裸の老婦人の訪問を受けてびっくりする二人。案内した彼女は去り際にこっそりハリーに「服を着ていたかったら着ててもいいのよ」と囁くが、面白いからスネイプには教えない。ハリーはどうせなら楽しまなきゃと自分も服を脱ぎ…。Dom/Subの目覚め

 

Dreams by sheankelor 

ある夜セブの部屋に黒髪の男の子が現れた。ハリー=ハロルドと名乗る彼は戸棚に住み自分よりも悲惨な暮らしをしているという。二人ともプライマリースクールの2年生。勉強嫌いだった彼にセブは勉強を教えるようになる。お父さんみたいだねというハロルドに、お父さんならもっと叫んで殴るだろ、とセブ。二人は共にホグワーツに通うのを楽しみにしていたが、入学して見たらどちらもいなかった。セブは夢で話し合い、生きてる時間が違うと気付いた。どちらかが未来に生きている。タイムラインを狂わせるわけには行かない、僕らはこれからは二人とも教授や友人の名前も言ってはいけない、ニュースになるような大きなイベントも話してはいけない、とセブ。16のうち3の途中まで

 

Of Indeterminate Viscosity by Drachenmina 

ハリーが生まれた後、ジェームズとリリーは喧嘩ばかり。ジェームズはハリーが自分の子でなくスニベルスの子だと妻を責め、彼女は子供を連れてマグル界へ行ってしまう。母の死後、ハリーはおば夫婦に預けられネグレクト気味に育てられた。現在17歳のハリー。休暇中は父のもとへ行くが、彼はハリーに冷たい。学校に戻ったハリーはロンに父の疑いを話し、本当の父は誰だろうと話す。ロンはそれってスネイプみたいだと指摘するが…(省略#48 )途中まで

 

Memoria Secludo  by Drachenmina 

An Inconvenient Affliction by Drachenmina  

 

Tachycineta Carmina by Ziasudra (ハリー/スネイプ)★★★★

戦後スネイプはハリーの奴隷となった。ハリーは関係を強要するのではなく彼と本当の恋人になりたいが、スネイプはただ命令に従うだけ。自由に焦がれて空を見上げ鳥をみつめるばかり、皮肉にもハリーのアニメーガスは鳥だ。いつまでも気持ちの通じないセブにハリーは関係を断念。 彼を奴隷から解放した。自由になったセブは通信販売のポーションビジネスをはじめる。鳥が好きなセブは愛鳥会に参加、会報に載っていた新発見された鳥はアニメーガス姿のポッターだった。/独特の余韻が残る綺麗な話。奴隷物で読後感がいいのは珍しい

 

Cockroach Clusters, Please by Ziasudra

No Sex, No Galleons by Ziasudra 

 

Remember Your Heart by bramblerose_pf(ハリー/スネイプ)★★★☆

戦争から7年後、行方不明だったスネイプはマグルの精神病院で薬漬けで監禁されているのを発見された。戦争の終わりに意識不明でマグルの病院に運び込まれたスネイプ。当時新聞は身元捜しをしたのだが、なぜか彼は名前を変えられて精神病院に送られ彼に関する書類は紛失していた。省による意図的な隠蔽が疑われる。7年の間にセブの家や持ち物・財産は勝手に処分されて一文無し。校長となったミネルバは新しい教授がいると言ってセブに学校での位地を提供しなかった。ハリーはスネイプを好きではないが、若干の罪悪感で彼を引き取り世話をする。リハビリの一環としてDADAの本を執筆するよう薦めるハリー。ハリーは友人テリーブートの勤める出版社に交渉しにいく、だがスネイプの本を出版することはどこかからの指令で禁じられてしまっていた。(省略#50 )2004年に書かれてるのでアルバスいい人セブのメンター設定でリリーとセブは無関係。原作の設定がだいたい明らかになって後発読者でも違和感なく読めるのは2006年~あたりのficからですね。

 

Nine-tenths of the Law by AuctaSinistra  (スネイプ/ハリー)★★★☆

ハーマイオニーの元へジニーが泣きついてきた。恋人ハリーの様子がおかしい、スネイプのことを気に病んでいたかと思ったら、夜中に植物をかき集め、薬を醸造するようになった。態度もまるで別人でハリーじゃないみたいだ。ハーマイオニーはハリーを見に行き、その様子からスネイプの霊にとり憑かれていると考えた。専門家の協力を仰ぎ、対処を考える。恐らく、彼が死の間際に残した記憶を見たことにより魂の一部がハリーの中に取り込まれたのだろう。そう説明されてもハリーはスネイプを追い払うことを拒否。彼の一部はいま自分の中で生きている、その彼をまた殺すだなんて。暗い魔法ではあるが取り出した魂を取り出しクリスタルの球に封じ込める方法があると専門家は言う。ハーは反対。スネイプの身体はもうないのよ、魂は解放されるべきだわ。(省略#51 )

 

Bitten by AuctaSinistra

Owl You Need is Love by AuctaSinistra 

 

A Convenient Marriage by Diana Williams(スネイプ/ハリー)

ルシウスはアズカバンこそ免れたものの、大部分の財産は没収、魔法界での地位も失墜。これを覆すために古い法律を持ち出してハリーに求婚を申し込む。挑戦者が現れて決闘で勝たない限り、ハリーはルシウスと結婚するほかない。シリウスは他に適当な者が見つからずに仕方なくスネイプに挑戦者になってくれと頼みに来た。13のうち5まで

 

The marriage contract by phoenixgirl26 (ハリー/スネイプ)★★★★

戦争が終わり、ダンブルドアはハリーとジニーを結婚させようと計画、だがシリウスは名付け親として承認する前に、ハリーと話し合って彼がゲイでありジニーとは全く結婚したくないと知る。魔法界ではゲイは一般的なので何も問題ない。この契約は断ると約束し、次の日ハリーと共にポッター家の財産を確認するためグリンゴッツに赴いた。そこで二人はアルバスがポッター家の財産から500万ガリオンを勝手に使いこみ、ハリーの遺産相続人にもなっていたことを知る/アルバスにハリー結婚の計画を話されたセブは、生前のリリーとの約束を話しにシリウスとハリーの住居を訪れた。リリーは妊娠3ヶ月のときセブと連絡を取り、セブをもう一人の名付け親に指名して、ハリーの結婚相手にも指名した。魔法界の結婚契約を逃れるための暫定措置だ、ハリーが21歳になるまでセブと結婚する形で彼を守り、その後は離婚して好きな相手を選べばよい。結婚契約書はここにあるが、セレモニーを開くまでは実際には履行されない。そう説明して2通の書類をハリーとシリウスに渡す。リリーはアルバスを完全には信用していなかった。セブが金に興味がなく、リリーのために何でもすると知っていたので彼女は息子に時間を与えるためにこうしたのだ。(省略#52 )強制結婚、 mpreg、らぶらぶで可愛いハリスネ、仲良しシリスネ、ダンブルドアモリー・ロン・ハー・ジニーバッシング。同様タグ作品多し。

 

First year back by phoenixgirl26  

 

Music of the Night by  eastwoodgirl オペラ座の怪人パロ 読書中

ハリーはスラグホーンに言いつけられた引止め罰則でダンジョンへ。今はDADA教師だったがまだスネイプが地下薬学教室の主だ。誰もいないことを不審に思ったハリーは彼の私室に入り、タペストリーの裏の隠し扉から聞こえる音楽に気が付いた。中に入ってみるとそこではスネイプがピアノを弾き、ミュージックオブザナイトを歌っていたー/戦後5年後ハリーは薬学教授としてホグワーツに戻ってきた。ドラコはDADA教授でスリザリン寮監、妻のハーマイオニーはグリフィンドールの寮監だ。/ハリーはスネイプのものだった私室を譲り受けた。ある日1年生のエッセイの採点付け途中でそのまま寝入ったハリーは、翌朝ソファーで目覚め全ての答案が採点済みになっているのを発見した。それもスネイプ特有の辛辣なコメント付きで。「マルフォイ!」ハリーは大騒ぎで答案をドラコに見せてお前のイタズラかと訊ねる。もちろんドラコは知らない。部屋に入ったことすらない。ハリーはドラコとハーを私室に招く。ドラコはスネイプ生前のままに保たれる部屋、しかもハリーがスネイプのベッドで寝てると聞き、ハリーがちょっとおかしくなってるかなと疑うのだった。ハーマイオニーはアルコールは欝を悪化させるだけよとアドバイス。二人ともスネイプに捕われたハリーが潜在意識下で書いたと思っていた。/ハリーはタペストリー裏の地下ホールで「音楽の天使」を弾きながらスネイプのことを考える。ハリーはファントムに惹かれ何度も舞台や映画を見た。エリックはスネイプを思わせるのだ。(省略#53 )12のうち7まで

 

The Fourth Deathly Hallow by gingertart50  ホームズパロ ★★★★★

スネイプの遺体を引き取りに来たドラコとそれをさせじとするハリーが争って1895年へタイムスリップ。馬車の事故かと思って近づいたワトソンは、死体を挟んで争っている二人の若者に援助を申し出る。ワトソンが死体の様子をみるとなんとまだ息があった。家へ運び込み傷を縫合した後、ハリーがスネイプの衣服から治療薬と血液補充薬を見つけて患者に飲ませる。外の様子を見に行ったドラコは戻ってきた。ここは戦争中で、聖マンゴはなく、マルフォイ邸はハウスエルフに犬をけしかけられ入れず、漏れ鍋には数人のスクイブしかいなくて話を拒否され、ダイアゴン横丁はロックされてて入れなかった。ワトソンは彼らの話をメモに取っていた。ホームズの帰宅を足音で知ると、急いで彼を引き、メモを見せ奇妙な訪問客の様子を話した。(省略#55 )ドラコとハリーの軽妙な掛け合いが面白い。コナンドイルのシャーロックホームズは中学の頃にはまって小説全部購入・訳者あとがきに出てきたパロディやパスティシュまで集めてた位に好きだったんですが、その自分から見てもこの話はすごい!本当によく出来てます。slash要素も薄めなので、普通にシャーロキアンが読んでも楽しめるはず。登場人物みんなかっこいい!

 

Gut Feeling by gingertart50 

スネイプは胃の調子が悪い。原因はホグワーツを訪れているハリーだ。彼が特に何をしたわけでもないが、存在だけでもうだめだ。再びDADA教師として雇われたルーピンは具合の悪いスネイプを心配し、ハリーとうまく付き合っていくべきだとアドバイス。校長はハリーを教員スタッフとして招くつもりだという。ハリーが明らかに体調のおかしいスネイプを訪ね、僕が原因ですか、と。スネイプの人生は2人の強力な魔法使いに支配され利用されてきた。彼はハリーがくることでまたその繰り返しになるのではと怖いのだ。ハリーは自分がスネイプの力を認めて魅かれてもいることを白状して口説く。ハリーはスネイプの痛むおなかを撫でつつその手はもっと下に。(省略#58 )途中まで

 

Being Snape by gingertart50 (スネイプ/ハリー)★★★★☆

オーラーハリーはジニーと結婚し3児の父。ポリジュースを使って11年前に死んだスネイプの姿になる。最初は自宅でスネイプになり身体を見たり触ったりするだけだったが、エスカレートしたハリーはスネイプの姿のままゲイバーに行きジムと名乗り男を拾った。スネイプの姿に気付いた知人からの情報でバーに行ったスミスはジムに接触。上に取った部屋に招いたジムになぜスネイプの姿を騙るのか尋ねる。ジムはあっさりと偽者であることを認め、自分のためにポリジュースを飲んで1時間だけスネイプになってくれないか、自分もポリジュースを飲んでポッターになるから、とスミスに持ちかけた。浮気・不倫

 

Nine Days Wonder by:gingertart50 (ハリー/スネイプ)★★★★★

ダンブルドアはドラコが暗殺を試みる前に呪いのため死んでしまった。ハリー・ロン・ハーはホークラックス探しの旅に出ない。魔法省は陥落しホグワーツは攻撃を受ける。クレバーな戦略家のロン。/グリモールドプレイスに集まったオーダーは新たな予言を聞かされる。「選ばれし者が光のためのスパイを妊娠させ~」冗談じゃないと嫌がるスネイプ。だが他に方法はなく、衆人環視のままハリーに抱かれ、皆の詠唱の中で妊娠した。(省略#59 )mpreg,sex magic、アニメーガス、ユーモア系、面白い!

 

 Getting Familiar by gingertart50  (ハリー/スネイプ)★★★★★

ナギニに噛まれた後、スネイプは偽遺体を作り、さそりアニメーガス形態をとって隠れる。遺体回収に来たネビルのローブの裾にしがみついてホグワーツに戻り、ハリーのポケットへ移動。寝ているハリーを襲いに来たカローを刺して彼の危機一髪を救い、そのままハリーのペットとなった。グイグイ関係を押してくるジニーに退いてるハリーやスネイプと自分の共通点をしんみりペットに語りかけるハリー。物語の進行にいちいち入るさそりスネイプの茶々がユーモラスで楽しい。スネイプのアニメーガスはダイオウサソリ

 

Harry Potter and the Erudite Wanker by gingertart50 (スネイプ/ハリー)★★★★★

ファイナルバトル後死体を眺めながらタイムターナーがあればみんなを救えるのに、と話す3人。するとダンブルドア肖像画がタイムターナーとフェニックスの涙をくれた。だがジョージもリーマスもトンクスも衆人環視の中で殺されたので助けることができない。救えるとしたら叫び屋敷で一人で死んだスネイプだけ。時を遡り、その時代の自分たちが去るとすぐに血補充薬とフェニックスの涙を使う。心臓が止まっていたスネイプをハーマイオニーが心臓マッサージを施し蘇生させた。/狭間で、スネイプは裸でホグワーツの床に寝ていた。起きたセブはそこにいたダンブルドアに彼の過ちと操りを責める。返す言葉もないダンブルドア。/起きたハリーら3人はスネイプをホグワーツへ連れ戻すべく叫び屋敷へ。だがそこで何者かの弓矢による襲撃を受け、ディーンの森へアパレート。だが襲撃者はそこにもやってきた。再びアパレート。今度は襲撃者が物陰に隠れることのできない海辺の崖にテントを張る。ハリーの足に刺さった矢を見てスネイプは妖精の矢だとわかった。スネイプはダークロードの要請で妖精の宝石をいくつか入手していた。彼らはそれを奪い返すために攻撃しているのだろう。食べ物に誘われてフェレットのような魔法生物Jarveyが仲間に加わる。元魔法使い夫婦に飼われていたが、子供ができたら邪魔になって捨てられたのだ。彼の名前はワンカー(マスかき)。命を救われてもスネイプの態度は相変わらずでロンたちはいらいら。スネイプは体の具合が悪くてぐったり。ルーナに連絡を取り妖精に関する本を持ってきてもらい、妖精の石を回収する旅へ。(省略#61 )オリキャラの魔法生物ワンカーが生き生きと大活躍。楽しいお話です。

 

Lacrimosa in the Tesco Coffee Aisle by gingertart50  (スネイプ/ハリー)★★★★★

オーラーハリーは3人の子持ち。妻のジニーは何年も病気で具合が悪い。彼女を救える薬があるが、あまりに難しくて誰にも作れない。もしスネイプが生きていたらーー。次男のアルとマグルスーパーのテスコに買い物に行ったハリーは、そこで死んだはずのスネイプを見かけた。ハリーはスネイプに深い思い入れがあった。若さゆえの自分の傲慢さで彼がそれほどに自分に尽くしてくれたのに、自分は彼を血の海で死ぬままにして少しも助けようとしなかった。誰にも言えないが、ハリーは彼に性的なファンタジーすら抱くようになっていた。ジニーを家族として愛してはいるが、彼女に同じだけの気持ちが返せない。いつしか夫婦の仲には見えない溝ができていた。ハーマイオニーにスネイプを見たことを打ち明け、スネイプ探しに協力してもらう。ハーは疑わしい人物をピックアップ、提供されたリストから一人ひとり調べるハリー。とうとう、地方の図書館で働くスネイプを見つけた。ハリーは魔法界に戻って妻のために薬を作ってくれるよう彼に交渉、スネイプは図書館が閉鎖予定なのもあり、戻る条件として完全な恩赦とホグワーツの校長職を要求した。(省略#62 )浮気・不倫、カミングアウト 作者様が描くスリザリンはかっこよくて大好き!絵1 絵2

 

The Number Twelve House Elf Detective Agency - gingertart50

Echoes - gingertart50

Heart of Stone - gingertart50

Through Hedwig's Golden Eyes - gingertart50

 

The Familiar by Resonant (ハリー/スネイプ)★★★★

戦争が終わって虚脱感のある7年生のハリー。卒業を2週間後に控えた薬学の授業中。薬の出来を見てロンが釜に間違った材料を入れただろうとスネイプに注意を受けたが、ロンと組んだハリーは反発心からそれを認めず制止を聞かずに薬を飲んで見せた。とたんに姿が消え小さなカエルになったハリー。ロンの間違いで偶然にも動物化薬ができてしまった。しかもこのカエル、時間が経たないと元に戻らない。校長はハリーが元に戻るまでカエルの過ごしやすい場所ー暗くて湿っぽいーー君の宿舎が妥当だろう、とスネイプに世話を任せる。嫌々ながら引き受けたのだが律儀なスネイプはカエルに快適なように世話をするうち存在に慣れる。やがて秋が来て新学期が始まり、ハリーも人間の姿に戻った。だがハリーは自分の宿舎に戻らずスネイプのところへ居つくようになる。ハリーはカエル・アニメーガスになることも覚えた。お互いに特に言葉に出すわけではないが、なんとなくの馴染みの感覚で受け入れるスネイプ。やがて~。/カエルになったハリー、みじかい

Wellspring

続き。スネイプはホグワーツの教職から解放され、自分の商売を始めるためにダンジョンを出る。代わりにハリーがダンジョンに住む。これからは自分がハリーを訪れるだろう。

 

The_Healing_of_Lethe_by_Winoniel (スネイプ/ハリー)★★★★

2001年セブは3年以上昏睡の上、過去の記憶の一切を失って病院で目覚めたセブ。ホームレスとなって町を彷徨うが1年後にはなんとか古本屋の仕事にありついた。接客はできないが目録整理は早い。翌年、同僚の結婚を祝うパブからいつもと違う経路で帰ったセブは夢の中で何度も見た煙突のある工場を見つけた。かつての自分の家に辿りつき、ドアを開けた瞬間、自分がセブルス・スネイプという名前で、ここが彼の家であることを思い出した。2004年、雇い主と共に地方まで本の買い付けに行き、引退する古書店主から魔法の存在を知る。魔法の本を見て興奮するセブ。もっと知りたいと後日店を訪ねるが、既に閉鎖されていて、店主の行方は知れなかった。魔法が使えないものか杖を片手に試すのだが何も起らない。諦めたところへノックの音が。ドアの外にいたのは箒と記憶の瓶を持ったハリー・ポッター。ハリーは3人の子持ち、前妻とは離婚。セブが記憶を取り戻せるよう治療を手配、ずっと魅かれてたと告白し、記憶のないセブはそれに応える。ハリーに聞いた話で、薬を飲み過去の自分を取り戻すことを躊躇うセブ。ハリーは記憶を取り戻しても取り戻さなくてもどちらでも支える、という。セブは記憶を取り戻すことに決める。

 

Let your Heart Walk  by winoniel  (ハリー/スネイプ)★★★★

ハリーは戦後英国魔法界を去り、アメリカで新生活を築いた。久しぶりにウィーズリー家を訪れると偶然そこにスネイプにも呼ばれており、タイミング良く国際魔法連盟からの呼び出しが。アーサーに謀られた。スネイプもハリーもしばらくそこから接触を受けていたが、厄介ごとになりそうなので話を聞くのを断っていた。/世界は危機に瀕していた。50年前にグリンデルバルドがダンブルドアに生ませた子を生贄に捧げてこの世に呼び出した悪魔が、封じ込めを破って世に出ようとしている。悪魔は魔力も命も吸いこみ、このままだと世界は数年で滅びてしまう、既にドイツでは魔法力の減少が報告されていた。やつを倒すためには同じように二人の強力なウィザードから生まれた子の血を使って闘うしかない、とゆーわけでハリーとスネイプ後はよろしくね☆と肖像画になったダンブルドア。mpreg

 

Life After Death - AnyaElizabeth

スネイプはウィーズリー家の快適なベッドで目を覚ました。ハリーが遺体回収に行ったとき、傷は不死鳥によって癒されていたらしい。失血が多かったのでもちろんそのまま放置していたら死ぬところだったが。(スネイプ生存のficは彼に厳しく辛い展開のものが多いですが、これは優しめな展開。ウィーズリー家が味方。セブの過去が新聞に公表されて世間が同情的。)(省略#63 )10のうち5まで

 

Nature's Changing Course by Durrant (スネイプ/ハリー)

戦後。スネイプは3ヶ月の昏睡の後17歳の青年に若返って目を覚ました。魔法界はダークロードの死を祝っている。セブには20年の記憶はない。元の人格は人生を後悔しており、その記憶のまま生きるのを望まなかった。摂取したde-ageポーションのため、記も身体も17歳に退行。ホグワーツの7年生としてハリーらと同学年になるセブ。スリザリンの監督生。ポジションは保留されているのでマスター資格を得るために3つの新薬を作らねばならない。(ハリーとセブはどちらもゲイの自覚あり、17歳のホルモンでいっぱいのセブとイノセントで健気なハリー)セブがハリーを欲しがって悶々としてるのでハリー贔屓の人のほうが楽しめそう。/de-age、記憶喪失、肖像画スネイプ/24のうち20まで

 

Disinherited by EmilyWaters ao3 ff af(読書中)

ダンブルドアの殺害後、追いかけてきたハリーを退けたものの直後ヒッポグリフに襲われて倒れたスネイプ。校長室には悪霊の火が放たれダンブルドア肖像画は無くなってしまった。杖に残るアバダの痕跡とハリーの証言のせいで、裁判なしでアズカバンに送られた。(省略#68 )

 

Follow Me Home by EmilyWaters 読書中

スネイプはルシウスに鞭打たれて喜ぶ自分の夢で目を覚ました。戦争から7年、教師を止め、魔法界との交友を避けている。彼らからの手紙はすべて燃やしている。新聞を読むのも止めた。昨日仕上げたのは聖マンゴから依頼された呪いの対抗呪文だ。次の仕事に取り掛かるまで2,3日は暇になる。スネイプはたまにマグルの招待制の秘密BDSMクラブに行ってボトムとして遊んでいる。そのクラブ・クレーバーンで、スネイプは若い女を鞭打っているハリーを見つけた。スネイプは背を向けて去ろうとするがハリーが追いかけて彼を捕まえた。「誰があんたをここに送り込んだんだ?」ハリーの顔は汗びしょで激怒に赤くなっていた。「私はお前の僕ではない、遊びたいなら他を探せ。ここは私の馴染みのクラブだ」「あんたの持ち物ってわけじゃない。いつ来るか互いに取り決めをしよう。そうしたら顔を合わせずに済む」(省略#71

 

Mostly Harmless by EmilyWaters submissive!snape

Proof of Life by EmilyWaters 未完 7年の拷問後、発見されたスネイプ

Ashes of Armageddon  by EmilyWaters 奴隷スネイプ

 

 The Betrothal Contract by Leela (スネイプ/ハリー)★★☆

25歳の誕生日、ハリーはグリンゴッツで正式にブラックの遺産を継いだ。だがそれにはプリンス家当主との結婚が付随してきた。従わねば罰を受ける。ハリーはスネイプが死んでいなかったことをはじめて知った。ウィーズリー家で事情を話すハリー。スネイプと結婚などとんでもない、そもそもやつがどこにいるのかもわからない。黙って聞いていたが実はビルは知っていた。死にかけていた彼を助け、今プリンスマナーの秘密の番人になっているのはビルなのだ。ビルはスネイプを訪ね~(省略#79 )強制結婚、求愛儀式、スロービルド

 

To Lose and To Gain by blueskyecloud9(ハリー/スネイプ)★★★★☆

失って初めてわかる愛。ベタだけどこういうの大好き!

ヴォルを倒すため、仕方なく結婚したハリスネ。3年の結婚でセブが要求したのは浮気の名残を家に持ち込まないことのみ。だがそれもきけないハリーに嫌気が差し、セブは全て捨てて家を出た。見た目を改善し、プロフィールを変え、新しい人生に踏み出したセブ。

ハリーはセブが去って初めて自分が彼を愛していたことに気がつく後悔してももう遅かった。

ある日セブの経営するバーにハリーがやってきた。ばれないように料理も少し味を変えて出したり気をつけるのだが、ハリーはセブの面影を残す自分目当てに通ってくるようになる。うっかり出したラテにいつものようにマシュマロを浮かべたことでばれてしまう。追求を否定するセブ。毎日通ってきたハリーが突然こなくなり、他の客に聞いてみるとハリーは聖マンゴで死の床にいるというーー。Words: 3,846

 

Harry Potter and the Single Father by lightgoddess ◇? (ハリー/スネイプ、過去キングスリー/スネイプ)★★★★☆※slash3と共通

30歳ハリーはホグワーツの新任DADA教授。ハリーは英国を去った10年ほどの間、世界各地を回って学んできた。初の職員会議で2人の幼児を連れたスネイプと久方ぶりの再会。ハリーはスネイプとキングスリーが付き合っていたこと、二人の間に代理母出産による子供がいたこと、そしてキングスリーが3年前オーラー退任を間近に控えながら仕事中に死んだことを知らなかった。スネイプはシングルファーザーとして2人の子供の面倒を見ている。代理母はドラコと結婚したジニーだ。ドラコとジニーの間にも子供がおり、孤児院の経営もしているためあまりセブの面倒を見ることができない。ハリーとスネイプの仲の悪さは伝説的だが、子供と一緒にいる彼は素敵だった。ハリーはなんとか手伝えないかと思うのだった。

近づきたいハリーと悲しみから抜け出せないセブ。

省略#80 )喪失からの心理的回復、泣けます

 

 A Chance to Change By: MosukeHinata  ★★★☆未完

ジニーとの結婚準備にグリンゴッツに行ったハリーはゴブリンから両親・シリウス・トムリドル・リーマスの遺言を見せられる。其処にあった遺産は全てダンブルドアとウィーズリーに横領され、ハリーには彼を従順で馬鹿にしておくためにさまざまな薬や呪文が使われていた。スネイプへの反発呪文が取り除かれた瞬間、ハリーはどうしようもなく彼を愛していたことに気付く。ブロックされた魔法力が戻り、強大なパワーで願ったとき奇跡が起きた。気がついたときハリーは階段下の物置部屋にいた。1991年7月25日 、11歳の誕生日の5日前にタイムスリップしたのだ。(省略#87 ※)It All Started With A Visit To Gringottsとそっくりな出だしだけどこちらはタイムスリップもの。逆行。6まで

 

Ghosts By: ntamara (SS/HP)★★★★★

叫び屋敷には幽霊が出る。

スネイプは叫び屋敷に誘い込まれ、狼男に食われて死んだ。恐怖とパニックで飛び出したセブは表にいた校長に縋り付くがその手はすり抜ける。もう死んで幽霊になっていたのだ。自分は彼らに殺された、奴らを罰してくれと縋るセブを、校長は叫び屋敷から出れないように封じ込め、事件を隠蔽した。7年後、遠くから祝いの音が聞こえてきた。首なしニックがふらりと迷い込む。あの祝いの声は、BoyWhoLivedがダークロードを破った祝いの声だという。ずっとここに孤独に囚われて何も事情を知らないセブ。君を死に追いやったシリウスは友人の秘密の番人だったが彼らをダークロードに売って罪の無いマグルを12人も殺し、今アズカバンにいる。ジェームズとリリーは死に、遺されたBWLがダークロードを倒したと話をする。セブの死の事情を聞いて校長に談判に行ったニックだが、校長は反省するどころか幽霊すら入れない更なる結界を敷こうとする。なんとか説得して自分が時々訪れる事だけは了承させたニックだった。(省略#94)この話はAD/SSの同名作品の姉妹編だそうです。また健全1にもセブが叫び屋敷で殺された話が2作あります。あちらは復讐譚。

┗Ghosts By: ntamara (AD/SS)

 

To Hogwarts, With Love by ataraxis

Almost a Gentleman (Now in Paperback!) - lovetoseverus

An Accidental Opportunity by lilyseyes ナギニに噛まれた後deageしたセブをハリーが養育。3ヶ月ごとに年を取る

A Life More Ordinary - Lexinmpreg かつてヴォルのおもちゃだったセブ

A Most Trusted Soldier BY : Rettavex 未完

A Match Made in Ottery St. Catchpole by bk7brokemybrain

A Choriambic Progression  by Mairead Triste and Aristide スーパーハリー

A Certain Kind of Fool Author: asnowyowl

A Winter Wedding by Eriador117  

A Long Time Coming by Conzieu, veridari Words: 191,133

スネイプは事前に用意していた薬でなんとかナギニによる死を免れた。といってもあと1時間ハリーが遺体回収に来るのが遅かったら死んでいたのだが。

Born To Be Wild By: Sailor Grape バイカーセブ

Body by:Kohrin  snarry snack

Blood, Sweat, and Tears By: Soricel 

Blood and Fire by Cluegirl ハリーの奴隷スネイプ

Blood Magic by GatewayGirl

Broken Wings by Snapegirlkmf ハリー鹿アニメーガスで記憶なくす

Changes by Irana PotterSnape パンサーアニメーガスセブ

Conspiracy By: Maethoriel Raina 

Courtship Rituals by Meri   求婚

Cambiare Podentes : Invocare by Jordan Grant

Cambiare Podentes : Madurare,

Crimson Moon by Accio_Kilt (tari_calaelen), Calanor  mpreg ヴィーラセブ

Death Eater Takes a Holiday by:  Lee Lee Potter(Romance, Action/Adventure

Deserving (Final Chapter)     BY : MoonOfTheSea

Esclavitud *Now Complete* BY : MoonOfTheSe

Enslavement of a Hero By: Lorteck セブがハリーの奴隷

Emancipation By: BadGirlgoesworse ダンブルドアバッシング

Echoes by Sandra Mirari mpreg 2003

Fly By Night by fandomaid bottom!snape 1st-time

Fire on Darkness By: Asrai 

Gray Skye Mourning By: KneazleGriff DH後からの逆行 タイムトラベル

he Boy Who Died A Lot by starcrossedgirl

Helping Holidays By: StunningSpellRocks2345
His Lost Innocence By: phoenixgirl26 - Hurt/Comfort/Drama

Heru Levant and the Journey Home by HeruKane  ハリー逆行 スーパーハリー

In This World For You By: SnapesFavorite 未完

I'm A Slave For You By: Black Gargie 奴隷ハリー

Irrevocable Oath By: Firesword 囚人セブ

Kit by Hedwig-hoots ハリー猫アニメーガスになる

Nights of Gethsemane by starcrossed ゲッセマネの夜

Lost and Found by: centaury_squill  

Love Cannot Save You - Cybele2013シリーズ ハリー、エジプトで呪い破りになる

Master By: GreenEyes82   Humor/Hurt/Comfort 呪いがヒットし自分をスネイプの奴隷だと思い込むハリー

Master Green Eyes by fbowden mpreg 2009

Möbius by Mandy (aka geneticallydead)大戦後。世間には秘密だがヴォルデモートを倒したのはハリーではなくスネイプだった

Not Puppy Love By: Lizzy0305 犬同士の一目ぼれ→飼い主

Nights of Gethsemane by kibatsu() 囚人ハリー

Invictus by kibatsu

No Way Back by Meri  タイムトラベル

Parsley, Sage, Rosemary and Thyme by FemmeSlash 性病ハリー

Polyjuice Pertinacity or The Tale of the Auror and the Whore by Svartalfur 売春夫とオーラー

Promises to Keep by TheScarletWoman 戦後のセブの裁判とハリー

Painted in the Worst Light by asecretchord 囚人の虐待、裁判、法廷劇、ハリーがセブを弁護

Pains and Contradictions By: atypicalsnowman シリウス死後自分を責めるハリー

Resonance By: GreenGecko

Resonance Chapter 23 & A Half, Getting Detention

Revolution By: GreenGecko

Resolution By: GreenGecko 

Rapture by mia_ugly  ハリータイムトラベル

The Secret of Seeing Rightly by Quill Lumos

ナギニの毒で動けないスネイプは、誰かに身の回りの世話を頼らねばならない。生命の負債を持ち出し1年間ハリーを僕として隷属させる。

Sanguis-Vinculum by Meri ポーション事故 強制絆

Sea of Emotions by morgana-avalon フォークスがセブを癒す

So Lonely Without Me by Calligraphy bottomセブ閉塞状況

Severus snape- snarry extraordinaire セブがfanfic作家でハリーがそのファン

Of Shadow, Shine And Shades by dra6on 未完Favs: 3,201 

Shaping the Future By: CharmedArtist 

The Linked Mirrors By: CharmedArtist

Tread Softly By: Dius Corvus "私はジョナサンフロスト。 私はヴォルデモートとトム・リドルだった。 私はハリー・ポッターだった”ハリー逆行、マローダーズEraへ

Ashes of Time By: Dius Corvus

The Spy Who Was Left Out in the Cold by grrgoyl

The Swing by Svartalfur  

The Taming of the Shrew by Svartalfur

The Ghostwriter, by Klynie

Two Lockets by Sinick and Acid  

The Predators Club by: winifredzachery and yivel アニメーガスの秘密クラブ

The Paradox of Existence by DragonLight. 

Tread Softly by Dius Corvus. ダークロードを破ったハリー。逆行して偽名でスネイプと友人になる

Ashes of Time By: Dius Corvus

The Leader by DebsTheSlytherinSnapefan未完ダンブルドーはハリーを7年間探していた

The Living Years by Dementor Delta.

The Marriage Stone By: Josephine Darcy 未完ながら人気の高い結婚法もの

Lynne's AU Ending to The Marriage Stone By: lynned0101 勝手に続編

My Tribute to Josephine Darcy's The Marriage Stone by YenGirl 勝手に続編

The Sleeping Prince Author: Who_La_Hoop 

The "Civil War" series by: Sushi 初期の有名なシリーズ

The Finder’s Fee Series, by GatewayGirl.

The Love Song of Bastard and Idiot by Predatrix(ハリー/スネイプ)

The Shadow of the Other By: atypicalsnowman セブ人外、奴隷セブ

The Boy Who Lived A Bit, by Barbarella

┗ sequel Care of Magical Teenagers

The Pumpkin Scone Conspiracy By: oliver.snape 戦後

The Price of Magic   by ac1d6urn (Acid), Sinick

The Bound Prince by Slashpervert and Sayingsorry_hh  7ストーリー シリーズ物 mpreg

The Domino Effect by: Dr Jeckell and Mrs Hyde ヴォルが死ぬとダークマークのあるデスイーターも共に死んでしまう。その影響を消すためヴォルより優位のマスターにならねばならない。脅迫でスネイプを支配下におく。ドムサブmpreg

Taking by: Dr Jeckell and Mrs Hyde non-con

不死鳥のイライラハリーがそのまま7年生になったような感じ。回りは腫れ物に触るように扱っている。スネイプはスパイが見つかり現在はオーダーに専念。ダンブルドアの要請で再びハリーにオクルメンシーを教える。いつまでたっても父親の姿を重ねて自分を見ない!と怒ったハリーがセブをrape。

Train Songs by: schemingreader 戦後電車の中でハリーとスネイプが邂逅

There's Something You Should Know by cruisedirector, Dementordelta バージンスネイプ

Tread Softly By: Dius Corvus ハリータイムトラベル2004

To Live Again by mk_malfoy de-age 薬学教師ハリーと1年生セブ

Until the Time is Right By: Sheankelor  ハリー21歳、スネイプと絆を結ぶが直後にセブは失踪

Unexpected Effects By: RussianWolf7 バジリスクになるハリー

Waiting for the Prince by Eriador117 ハリーとハーフブラッドプリンスの本。

Nocturne by:Tira Nog Summary: Auror Harry Potter discovers a disturbing secret about his former Potions teacher.

Whispers of Intent by:Tira Nog Summary: Auror Harry Potter has a surprising encounter in a gay bar. Written for Snarry Olympics. Prompt: Things Left Unsaid.

Until Proven by:Tira Nog Summary: When Severus Snape is accused of molesting a student in detention, Professor Harry Potter comes to the rescue.

 

Everybody’s Fool by Cluegirl

Conduits of Sorcery by Penumbra

Can’t Take the Sky by Cluegirl

Requiem At Dusk by Femmequixotic

Stilllife by Pir8fancier

Consanguinity by Jay Tryfanstone(Prequel: Humor  & Melancholia)

Help Wanted: God and Executioner by Pir8fancier

slash3・オリキャラ男性・キングスレー・パーシー・ドラコ・ウィーズリー兄弟

rec

slash1-1 年下(男男CP)/harry

slash1-2 年下(男男CP)/harry

slash2 年上(男男CP)/lucius,/marauders,/dumbledore

slash3 年下(男男CP)/omc,/oc,/kingsley,/percy,/draco

het1 (男女CP) /lily,/petunia

het2 (男女CP) /ofc,/oc

het3 (男女CP) /hermione

het4 (男女CP) /other canon characters

gen1 健全1(CPなし)

gen2 健全2(CPなし)

 


slash(男性/男性)

(オリキャラ/スネイプ) omc/snape,oc/snape

snape and son by Josan(スネイプ、オリキャラ息子、ルーピン)★★★★★
不死鳥の騎士団あたり。かつて関係したことがある女性がホグワーツに現れ、隠してたけどあなたには息子がいる、彼はスリザリンの一年生で、人狼である。自分の命は残り少ない、彼を引き取る気があるのかどうかを聞きにきた~
父親としての自覚が出て息子を愛するスネイプ、二人の交流が素敵。父親を守ろうとする息子君のキャラがまたいい。ダンブルドアは支配欲の強い冷酷な腹黒爺です。
ヴォルデモートとの闘争、そしてダンブルドアの支配から息子を守るためにスネイプはどう行動すべきか?

A Gift Of Light by Josan(オリキャラ男性/スネイプ)★★★★★
続編。一話目はsnape and sonそのまま。二話目が実質の続き、三話目からはオリキャラとの出会いが。かたくなな心を解きほぐしていくオリキャラとそれに応えるセブ。ところが優秀 なスネイプをホグワーツに縛り付けたいダンブルドアや、彼を憎んでアズカバンに送りたいオーラーがいたりで簡単に話は終わりません。オリジナルキャラクターたちが魅力的でノンストップの面白さ。全10話。

josan様大・大・大好き!基本姿勢がスネイプ尊重の方なので安心して読めるし、どの話も自分の萌えツボにどんぴしゃり。とくにこの話はひとつひとつの文が 短めな上ややこしくない分かりやすかったです。物語の魅力もあり、web翻訳の助けを借りながら読んでいけば英語苦手な私でもサクサク読み進められました。(実際この方の作品と出会わなければ海外fanficなんて読むのは無理だと諦めてたと思います、それ以前にトライした有名fanficはほとんど挫折したので…)個人サイトのほうは早くに更新が止まっていて全作品は収録されてません。なのでLJのほうを辿らないと読めない作品がいくつかあります。

 

Betrayals by Josan (オリキャラ男性、スネイプ、SB/FW,RL/GW,HP/SS)★★★★★

虐待被害者、トラウマ、PTSD。ネビルが捏造した証拠によってスネイプは裏切り者としてアズカバンに収監された。ダンブルドアは信じなかった。拷問の日々からスネイプを救い出したのはアズカバンに忍び込んだシリウスリーマスシリウス/フレッド・リーマス/ジョージの4人はロンハーの結婚式で酔って口を滑らせたネビルのぞっとする告白で、スネイプが無実だと知っていた。ネビルはハリーに執心している、ボーバートンの教師になって自分から離れるハリーに荒れていたのだ。自分をないがしろにするならば…と不穏なことをつぶやくネビル。かつてネビルは資金提供者ドラコと共謀してスネイプを陥れた。ドラコの目的は軟禁状態の己の苦境を覆すため、スネイプの証言で亡きルシウスを光側で戦った殉教者に仕立て上げること。拷問で都合よく証言させるはずがセブは決して屈しなかった。救出されたセブはバローでモリーに手当てを受ける。6週後、アズカバンからの失踪が噂になり、南国で暮らすシリウスの年取った富豪のいとこシルベスターの元に移されることに。オーラーを引き連れてダンブルドアがwwwに取り調べにきた。疑いをかけられた4人は校長にネビルの証拠捏造を示唆するが、むしろ圧力は増すのだった。よき理解者シルベスターとハウスエルフたちに気遣われ療養するセブ。虐待の後遺症で脳が損傷を受け、読解力も思考力も著しく退行し魔力も失くした。リハビリのためにやってる勉強は1年生のもの。だが島の呪術医にまだ力は残っていると言われ、西洋の魔法とは違うプリミティブな魔法を習う。古いficなのでセブの出自・背景は原作と違います、セブの母の死の真相、複雑に絡んだ利害。悪党の最後のあがき。まるで推理小説みたいです。 Josan様のオリキャラたちは本当に素敵。セブとオリキャラの擬似親子的な関係が主でカップリング色はあまりありません。

 

One Down, Two Across by Josan(ハリー、スネイプ、ザビニ/スネイプ、ザビニ/ハリー)パラレル。snarry gameから。★★★★

オーラー部長のハリーのオフィスへクロスワードの書かれた手紙が届く。そこに書かれたパズルを辿ると22年前に消えたスネイプの手がかりが。ハリーは中国河北省承徳へ。そこで会った中国の魔法使いは自分が手紙を送ったといいスネイプの元へ導く。彼とスネイプはポーションを通じて知り合い、戦争の末期、予想されるナギニによる死を避けるため薬を準備していた。だが十分な時間が無く、死なずには済んだが薬の副作用で身体は変化した。盲目でわずかな光にも耐えられない、全ての感覚が非情に鋭敏で人と触れ合うことも出来ない、動物との共感性がある。ハリーはスネイプがなぜ自分を招いたか問うた。スネイプはかつて見知った人が今どうしているか知りたがった。財産を築いたが自分はそれほど使わないので困っている人がいたら金銭的に援助したいと。何日かお茶と会話を持った後、スネイプはオーラを見てハリーが酷い状態であることに気付き、彼を癒した。だがそれは元々死期の近づいていたスネイプの死を早めるものだった。それらをスネイプのアシスタントであったザビニに聞き(触れることもできないがその人は長年スネイプの恋人だった)、その後ハリーは彼に会うことなく帰国、ホグワーツ教師に転職し、ジニーと離婚。しばらくして校長室のスネイプの肖像画が命を持った。スネイプは死んだのだった。ホールにスネイプの飼っていたカラスが舞い降り、アルセブにスネイプからの龍のプレゼントを届けた。カラスはザビニに変化し、校長にポーションマスターとしての挨拶をした。スラッシュ要素は少なくjosan様お得意のオリキャラとsnapeの交流がメイン。ハリーは脇役、狂言回し。短いです。


The Conference by Josan (オリキャラ男性/スネイプ)★★★
いやいやながら南国リゾートでの会議に出かけたスネイプ。そこでオリキャラに誘いをかけられて~。南国アバンチュール。

Solstice Lover By Josan (?/スネイプ)★★★
相手はてっきり○○なのかな~と思ってたらそうじゃなかった。幸せじゃないのに妙に余韻が残る話。

 

Not What It Was Supposed To Be by josan (スネイプ、OC、ロン)★★★★

戦後10年、スネイプは現代の教育方針に合わないとしてホグワーツを首になった。省はいまだにスネイプを元デスイーターとして目をつけている。祖父の残した田舎の家に越し、同じくホグワーツから人員削減でお払い箱になったハウスエルフや魔法生物クラップやニーズルとともに静かに鄙びた暮らしを送る。国際薬学会議に参加するようになり、現地で友人を得、海外で出版された本で評価される。日本の友人佐野一郎は英国は危険だからあなたを評価するほかの国に移住すべきだと勧める。おそらく省はあなたが省に都合の悪い回顧録を書くのを恐れているのでしょう、と。友人の予想は当たり、彼が帰国したときに家は攻撃され跡形もなくなっていた。日本に移住したセブは回顧録を書く。出版社はそのまま出版するのは危険だとし、登場人物と場所の名前を変えフィクションとして出版することを勧める。本はベストセラー。日本に馴染んだセブは羽織袴。優秀な学生たちに教え教育を楽しんだ。/スネイプは60歳。彼を受け入れた国で幸せな人生を送っている。ある日突然バイクに乗ってロンが訪れた。ロンはグリンゴッツで働いており、日本に支店を建てるためにきたのだ。長期の滞在になる、ハリーやハーの近況と、自分がはゲイだと告白して…(slashは最後に匂わせる程度)


The Dragon King's Consort     BY : CrazyBitch

Daimons by LadyJayVee(オリキャラ男性/スネイプ)途中まで
mpreg.パラレル。握手することがプロポーズになるというダイモン種族。対闇の陣営のためにはぜひ協力が欲しいが、絶対に握手はするなよ!とルーピンはオーダーの 集会で説明する。ところがスネイプは疲れと寝不足でろくに聞いちゃいなかった。うっかり握手したせいで種族のリーダーと結婚する羽目になってしまい~ これ最初の4話しか読んでないんですけど一話目がスピード感のある展開でとっても面白かった。スネイプの相手が頼りがいのあるかっこいい男で素敵です。最初だけなら★★★★。ffには1話のみですがafには最後まで載ってます。ただ男妊娠ネタと、ロン/ドラ、OC/ハーマイオニー、ルーピン/OC、ハリー/OCなどCPが多数出てきたあたりでついていけなくなっちゃった(ぶっちゃけスネイプ以外のカップリングは興味ない)…慣れたらいずれ。←最近mpreg平気に、というかむしろ好きになってきたから読み直そうかなあ


Running Afowl Of The Law by Silverfish (スネイプ、オリキャラシリウス、ルーピン)★★★★
スネイプに友達がいない?そんなことないよ!っていうマグルの友人Daniel Deschampシリーズ。
しみじみほのぼの。ほんのりニアホモ。
犯罪捜査ものの海外ドラマみたいな雰囲気。オリキャラのダニエルは元スコットランドヤードの科学・法医学捜査の専門家で現在はホグワーツで英語教師をしながら不死鳥の騎士団にも関わってます。
NEW BLOOD(ダニエルが教師に着任)
Running A Fowl Of the LawPoempiの事件、スネイプのトラウマ)
He Said, He Said(ロンドンの事件)
Junkie Slip(ダニエル誕生日、ダニエルのトラウマ)
Other End(ダニエルがさらわれた!ようやくキス)
Bushwhacked!(未完・これだけ未読)
(話は面白いんだけど英語難しい!かなり時間かかったし、わからないところはだいぶ飛ばし読みしました)

International Ties by Titti (セブルス/ブライアン、ハリー/ドラコ) ★★☆
ゲイドラマQueer as Folkとのクロスオーバー。
このドラマ全く知らないんでwebの情報だけで読んでます(汗)
舞台はピッツバーグ。セブたちはゲイコミュニティを攻撃する悪い魔法使いへの対処のために、アメリカに派遣されてます。こちらのセブは自信満々でデキる男で主導権を握れるタイプみたいです。タフでかっこいいスーパー攻様なセブ。ドラマのプレイボーイ主人公も圧倒されてます。ゲイドラマとのクロスなせいかHP登場人物もゲイゲイしい。不特定多数と軽く寝ちゃうお相手キャラが好きになれない。元々こういう人物らしいので、ドラマが好きな方ならまた違うのかもしれません(あらすじや動画見た限り自分はドラマ自体が苦手な感じ)。事件物っぽいトーリーは良くできてるし楽しめたんですが、私の好みのつぼからはちょっと色々外れてまして…。
Spreading the News by Titti (セブルス/ブライアン) ★★
その後。ブライアン@ホグワーツ。一応ハッピーエンド?

Breaking the Mold by Komodo_Butterfly(オリキャラ/スネイプ)★★★継続中
リリーとの決別後、セブは誰にも行き先を告げずホグワーツを辞め日本へ逃げ、そこで友人たち・BFに恵まれようやく幸せになれた。一方のマローダーズはセブがい なくなったことでガタガタに。実はリーマス・ジェームズ・シリウスは本当はスネイプのことが好きだった。ジェームズはせっかく手に入れたリリーも捨てた。 スネイプに戻ってきて欲しい3人とリリーはそれぞれ謝罪と愛の告白の手紙を送るが、その内容はなんとも自分勝手。憤慨したBFはマローダーにセブは自分のものだからかかわるなと手紙を返す。一方ダンブルドアとダークロードは有望な手駒となるべき人材を失ったことを怒りセブの行方を探っていた。
14章まで

 

Spinners Spider ,Granger Beast by ColdHiddenBlade(スネイプ/オリキャラ)★★★
・スピナーズエンドのスネイプの自宅を、殺人犯の手がかりを探す刑事が訪れた。
・クリスマスに居残るマグル生まれのために、ホグワーツに家族が招かれる。やってきたハーマイオニーのおじさんというのは…このシリーズえっちに至るまでがなんだか急でもう1つ何かステップが欲しいところなんだけど、お話は面白いです。

 

Mortis, per minas, by Shamenka ★★★★

シリウスはスネイプの忠誠が本物か調べるため犬となって彼の部屋に忍び込んだ。そこでスネイプのペンシーブを見つけ、彼の秘密を知って、リーマスとハリーに伝える。ジェームズが自分の髪を使い悪戯で作った薬のせいで、セブは双子を妊娠し出産した。ジェイムズは子供を流産させようとするが、マルフォイやスリザリンの仲間たちが親身になって守ってくれた。出産後もセブに危害を加えようとするジェームズを排除するため、デスイーターの一人がダークロードにポッター家の殺害を進言、それを知ったセブがダンブルドアに警告したというのが事件の真相だった。セブの男女の双子の子供はどこかで隠されて育っている。mpreg

Pari Passu  by Shamenka (OC/SS)★★★★★

続き。フリットウィックは死者の骨を使った反魂の術を見つける。親を知らないハリーのために、ハロウィンに短時間だけでも会わせてさよならを言わせてあげようと校長に進言。乗り気になったアルバスはミネルバ・フィリウスと共に計画を練る。/シリウスはハリーを兄妹に会わせる為にスネイプの身辺を探る。レイブンクローとハッフルパフの授業ではセブの皮肉さは鳴りを潜め、異なる教師がいるようだった。シリウスはより強くスネイプを知りたいと思うようになる。セブは子供がいるヘンジ・アカデミーに学生をだしにして訪問授業を取り付けたのに、アルバスは付き添いとしてリーマスを指名した。ドラコは自分も一緒に連れて行ってとセブにせがむ。両親の死でドラコはセブが面倒を見ているし、子供達とも家族のように仲がよい。シリウス・ハリー・ルーピンはヘンジ・アカデミーに子供がいるのだろうと見当をつける。セブの母はそこの校長で父はそこの薬学教師だった。/セブはflooでヘンジの副校長、14年間セブのパートナーであるマーカス・トルストイに、明日の訪問に臨時教師と彼の犬も連れて行くことになったと話す。セブを殺そうとした狼男と犬が一緒に来ると聞いてマーカスは憤慨。(省略#67 )怒涛のラノベ的展開。面白かったです。書かれたのが古いのでセブの家庭背景が原作とは異なる。mpreg、ジェームズ、リリー、グリフィンドールバッシング,セブのお相手は年上

 

He Never Moved On By: Spear and Magic Helmet (オリキャラ/スネイプ、ハリー)

スネイプはハリーを愛しているのに別れて違う男と結婚、その後ハリーは…

 

Advanced SexEducation  mpregセブによるsexED

ドラハリでセブは脇役。妊娠してるスネイプは性教育の授業をするよう強いられる。ハリーたちのクラスに妊娠の兆候を話してる最中、どんどん顔色の悪くなっていくハリーを見て、ああこいつ心当たりあるなと察するセブ。ハリーはドラコの子を妊娠していた。ドラハリが別れて最終的にまたくっつく話。セブは最後のほうで子供も生まれてるけど相手は最後まで明かされず。

 

Furry Magic by neichan

メインCPはルシウス/ハリーだけどスネイプ/OMCがあるらしい 未読 エロ?

 

 

(キングスリー/スネイプ) Kingsley/snape ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

一番最初にはまった組み合わせ。原作に出てくる主要キャラは基本スネイプに酷い態度なので、あまり交流が描かれてないキャラのほうが萌えられた。(OCが好きなのも同じ理由)作品数は少ない。

 

A Matter Of Trust by Josan & kai(キングスリー/スネイプ)★★★★★
不死鳥の騎士団。キングスリーは初顔合わせのとき、騎士団のみんなのスネイプへの態度のあまりの冷たさに驚く。こんなにも身を粉にして働いてるのになぜ? ダンブルドアの冷酷さ、周囲の無理解、なんとかして彼の力になりたいキングスリーと、人を信じられないスネイプ。学生時代の淡い恋、誠実で魅力的なキング スリーの求愛。相手が大事で愛しくてたまらないって感じのラブ描写がたまりません。3部構想だったらしいんだけど、もう続きはでないんだろうなあ…でもこれだけでも超オススメです!長めのfanficでもがんばって読もうと思った最初のきっかけだった作品ですね、このあとに同じjosan様のオリキャラもの snape&sonを読んで、ファンフィクの魅力にどっぷりつかってしまいました。

 

AFTERWARDS by Meri (キングスリー/スネイプ)★★★★
やっと本サイトみつけた~。meri様は基本snarryの方なんですが他CPも少しだけ書いてらっしゃいました。
DH後、ハリーはキングスリーに叫び屋敷に放置されたままのスネイプの遺体を取ってきて欲しいと頼む。キングスリーが行ってみるとスネイプはまだ生きていて~
やっぱりお上手な方でした!短いですが颯爽としてるスネイプはかっこいいしキングスリーのキャラもいいです。

Perfect Day by Meri (キングスリー/スネイプ)★★★
スネイプの店の開店初日。たくさんの知人が来てくれたがキングスレーは来なかった。閉店後にやってきたキングスレーは来れなかったことをセブに謝り~

Fate Is A Four Letter Word by: Philo(ドラコ、ハリー、スネイプ、キングスリー、他)★★★★★読書中
Characters: Draco, Harry, Severus, Lucius, Kingsley Shacklebolt
Genres: Angst/Tragedy, Romance, Drama, Mystery/Suspense, Action/Adventure
なにこれすごい。レベル高すぎ。めちゃくちゃ面白いです!法廷ドラマ、ミステリー、サスペンスいろんな要素が詰まってて冒頭から怒涛の展開。
ハリーの妻ジニーが惨殺された。遺体はレイプされた上切り裂かれていた。彼女と浮気をしていたドラコが容疑者とされオーラーに拘束される。ハリーは二人の 関係を黙認していた。既に離婚の合意はできていて、末娘の卒業を待ってジニーとドラコは結婚する予定だったのだ。…単なる殺人じゃなく裏に政治がらみの陰謀がありそう。先が読めずにワクワクします。アルセブが卒業して就職したばかりの頃なのでDHから25、26年後くらいの話です。スネイプとキングスリーは熟年カップル。全105話のうち41ま で読了。まだ読書中だけど疑う余地なく星5つでしょう!

 

Harry Potter and the Single Father by lightgoddess ◇? (ハリー/スネイプ、過去キングスリー/スネイプ)★★★★☆※slash1-2と共通

30歳ハリーはホグワーツの新任DADA教授。ハリーは英国を去った10年ほどの間、世界各地を回って学んできた。初の職員会議で2人の幼児を連れたスネイプと久方ぶりの再会。ハリーはスネイプとキングスリーが付き合っていたこと、二人の間に代理母出産による子供がいたこと、そしてキングスリーが3年前オーラー退任を間近に控えながら仕事中に死んだことを知らなかった。スネイプはシングルファーザーとして2人の子供の面倒を見ている。代理母はドラコと結婚したジニーだ。ドラコとジニーの間にも子供がおり、孤児院の経営もしているためあまりセブの面倒を見ることができない。ハリーとスネイプの仲の悪さは伝説的だが、子供と一緒にいる彼は素敵だった。ハリーはなんとか手伝えないかと思うのだった。

近づきたいハリーと悲しみから抜け出せないセブ。

省略#80 )喪失からの心理的回復、泣けます

 

What Have I Gotten Myself Into? by: aceia(キングスリー/スネイプ)★★★

1ショット。騎士団の初会合でスネイプはキングスリーに再会。学生の頃短期間だけOWLのために勉強を教えたことがあった。

 

Twisted & Unrecognizable By: HatefulRodeo(キングスリー/スネイプ)★★★

ちょっと変わったおとぎ話。両親のネグレクトで自分で自分に魔法をかけるまでは、セブは美しい子供だった。戦争後キングスリーと恋仲になり愛と自己承認で魔法が解ける。

 

Invaded by eeyore9990(キングスリー/スネイプ)

Faust's Rebirth By: yamiyugi23 () Severus S., Kingsley S

Wartime Distraction By: Snape's Nightie ()Angst/Romance -

The Savour of Thy Good Ointments; or, The Medicamentarius By: rinsbane  

In From the Cold by Beth H (bethbethbeth)

 

 

(ビル/スネイプ) bill/snape ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

Love Is by kaiz (ビル/フラー、スネイプ/ビル)★★☆
フラーと結婚したビルは、人狼に感染(?)したことで変身はしないものの満月期の暴力衝動が抑えられない。なんとかしてスネイプに助力を願いたいのだが、ビルとスネイプはかつて恋人同士だったのに後味の悪い別れかたをしていて~

Firstborn by Fabula Rasa (ビル/スネイプ)★★☆
モリー母さんはゲイ疑惑を持っている長男ビルに対し、おつきあいしてる方がいるなら一度家につれてらっしゃい!と命令。実はビルはスネイプとつきあっていて…スネイプの彼氏宅訪問。ほのぼのというか淡々としてます。


The Dance of Three by Josan (リーマス/ビル/スネイプ)★★★☆
戦争後。ビルとリーマスはどちらも離婚してパートナーとして同居中。でも二人とも実はスネイプに気があることに気付いてしまい~。ビルとリーマスがスネイプを口説き落とす。3some.


The Curse Breaker, by Josan (ビル/スネイプ) ★★★☆
ヴォルデモートによってかけられていたスネイプの呪いをビルが解除する。in エジプト。大好きなjosan様の作品ですがちょっと掘り下げが足らなくて物足りなかった…。genのほうにある同じくエジプトとビルを相手にした作品のほうが面白かったです。

 

Shedding the Past by: flaminia_x (ビル/スネイプ) ★★★★

独特。ナギニに噛まれたスネイプは死ななかったが半分ヘビとなり、定期的に脱皮する。ビルはグレイバックに噛まれ半分狼人間。ビルの妻フラーは戦争で死んだ。行き場のないスネイプをビルが引き取る。

 

 

(パーシー/スネイプ) percy/snape  ◇ ◇

パーシーは原作でも割りと好きなキャラ。不死鳥の騎士団なんて一校長の私的な地下活動組織に家族でどっぷりはまることへ疑問を持つのは当然だと思う。

 

The Old Meddler by Josan(パーシー、スネイプ)★★★★
"The Old Meddler" シリーズ1作目。戦後。スネイプはダンブルドアに命じられクリスマス商戦真っ只中のロンドンへ。何も知らされないまま指示された店を訪ねたスネイプはそこ で思いがけずパーシーに出会う。彼はアズカバンは逃れたものの、間違った側についたせいで家族との関係がうまくいかず、双子の用意した家で隠れるように暮 らしていた。双子は最低限の世話はしているようだが、どうみても良い状態とはいえない。それにあそこにあるのは毒薬ではないだろうか。打ちのめされたパー シーとそれを救い上げるスネイプ。

Bleeding Heart and Firewhiskey by Josan(パーシー/スネイプ)★★★★★
"The Old Meddler" シリーズ2作目。スネイプの有能なアシスタントとなったパーシー。スネイプは一緒に暮らすうちどうしようもなくパーシーに惹かれていく自分に気付いてしまう。距離を置こうとするのだが~。パーシーが男前!

PERCY TAKES CHARGE by Josan(パーシー/スネイプ)★★★★★
"The Old Meddler" シリーズ3作目。
スネイプとパーシーの穏やかな生活は、突然のビルの訪れによって壊されてしまう。どうなっちゃうの~とどきどきしましたがハッピーエンドでほっ。
毎度のことながら作者様の書かれるお話は読後感がなんともいえずいいのですよ~

What Percy Saw by lordhellebore(パーシー/スネイプ)途中まで
11歳のある夜、パーシーは薬学教室に置き忘れたローブを取りにいき、スネイプとダンブルドアの会話を聞いてしまう、スネイプは自殺しようとしてそれを止められていたようだ。数年後監督生になったパーシーは、ある夜ロックハートが逃がしたボガードを探していて、歴史教室で自分の姿をしたボガートと対峙して いるスネイプを見つけた。だがスネイプはもう一人の自分を退けることができなかった。スネイプのことは好きではない、だがあれ以来どうにも気になって仕方 がない~

Touches in the Dark by lordhellebore(パーシー/スネイプ)★★★★★
DH後。スネイプは2年間眠ったままだ。パーシーは報告書のために定期的にスネイプの病室を訪れている。いくらハリーが抗議しようとも世間はそう簡単にデ スイーターを信じない。月に2度の報告を魔法省にしなければ逮捕されてアズカバン行きなのだ。最初は足しげく通ったハリーでさえもはや殆ど病室を訪れない~
うおお、なんかすごくいいです、スネイプの孤独やわびしさがハートにぐいぐい迫ってきますよ!切ない~

Submissive Wonder Boys by lordhellebore(パーシー/スネイプ)★★★★★
Touches in the Darkの続き。恋人同士になり一緒に住んでるセブとパーシー。セブが熱で臥せってパーシーが看病。動き回るセブをパーシーがきつく叱ったところすっかり おとなしくなってしまうのだが~。優しい雰囲気がとってもいい。セブがかわいくてきゅんきゅんきます!そしてその後のクリスマスの話。

Why Ron Weasley Hates His Best Mate (At Least Sometimes) by lordhellebore(ハリー/ドラコ、パーシー/スネイプ)★★★
ドラコとハリーは付き合ってる。報告を兼ねてウィーズリー家を二人で訪問。びっくり仰天のウィーズリー一家、特にロン。この方の書かれるパーシー好きだなあ。スネイプは出てきません。パーシーがちらっと言及するのみ。

Fourth Time's The Charm by lordhellebore(パーシー/スネイプ)★★★★★
ほかの話とは別設定。アズカバンの囚人あたりから始まります。パーシーは7年生でもうすぐ卒業。クリスマスプレゼントを渡すのにかこつけてスネイプに自分 と寝ないかと提案し答えを迫る。生徒とは寝ないと一度は断ったスネイプだが、実際は強気なパーシーにぐらぐらきている。うーん面白いです。そしてアズカバ ンてことはパーシーの上司のクラウチシニアの話とかもあるわけですよ。原作軸の薄暗い展開に沿って話は進み、その裏でパーシーとスネイプの関係も続きま す。

 

The Albatross by Icarus(パーシー/スネイプ)★★★★

ハーマイオニーはダイアゴン横丁のスネイプの店に買い物に行く。前回来た時からおよそ1年。品物はいいのだが、できればあんまり行きたくない。なぜならスネイプの店は乱雑で不潔で店主の態度は最悪。ところが今日入った店は驚くほどに綺麗に様変わりして、たくさんのお客さんが順番を待っている。アズカバンから出所したパーシーが働いていた。ハーマイオニーは自分の番を待つうちうっかり閉店時間まで本に没頭してしまい、閉店後のスネイプとパーシーのプライベートな会話を聞いてしまう。

 

Christmas for Sale by lysanatt
The librarian of Strahov by sarka(パーシー/スネイプ)戦後。プラハが舞台。
On the Lam by joanwilder(パーシー/スネイプ)未読
Tweed by  lysanatt(パーシー/スネイプ)未読
Interrogation in Courtroom Ten by  lysanatt(パーシー/スネイプ)未読
Enigma By: FallenShateiel

 

(スネイプ/ドラコ) draco/snape  ◇

ドラコ好きなんだけど好みの作品が見つけられない…作品数が少ないレアCP。

 

It's Never Too Late to Start by: torino10154 ★★★★

ドラ→スネ。妻を亡くし子供も立派に育て上げたドラコと老齢のスネイプ。みじかい

 

[AT] The Mystery Wife by Petronius Arbiter and Lucinda Lovegood (ドラコ/スネイプ)★★★★★

Romance, Humor. 後天的女体化セブ。ヴォルデモートを欺いて、ナギニの攻撃にポーションと魔術で対処したセブ。生き残ったはいいがどちらにしろもうスネイプとしては生きられない。 魔法薬で性転換して姿を変え海外で新たなプロフィールで生きることを決意。破れぬ誓いが継続中なためドラコの面倒も見なければいけないので、ドラコを自分の見習いとして数年預かり独り立ちできるまで育て上げるとマルフォイ一家に提案。マルフォイ一家とセブの関係が面白すぎます。まさかこの組み合わせでラブコメディが読めるとは。魅力的な女性になったセブとドラコがくっつくようにあれこれ口を出すルシウスとナルシッサ。読みながらニヤニヤしちゃうような軽快で楽しい小説。原作と違ってるのはセブにはマグルの兄が一人いること。

 

Thawing the Ice by calrissian18 (スネイプ/ドラコ)

The Forsaken Ones by cruisedirector

Shattered Fancies By: CRMediaGal

No Choice By: CRMediaGal

Of Potions and Wings BY : Sablesilverrain サブドラコ

(スネイプ/ネビル)snape/neville  ◇ ◇ ◇ ◇

Temptation by Rhys (スネイプ/ネビル)★★
ネビルの様子がおかしいのに気付いた女性教授陣。様子を聞きだすようスネイプが頼まれる。ネビルはゲイを自覚してナーバスになっていたのだった。悪いスネイプ。

 

One Gold Galleon by Serpenscript

戦後の懲罰でセブの就ける職業は街娼のみ。ボトムスネイプ

Please, Release Me! BY : Severus1snape

Stairway to the Skies By: morgana-avalon

┗前2作Captive HonorOne More Time
Tensile Strength by: eeyore9990
heavy angst, minor character death, flogging, dark theme

Botched By: fluffy-subtext  

The Silver Potion by: white mouse

Night-blooming heartsease by: julad

Third Time's a Charm by: steph7of7

Released by: florahart

(その他/スネイプ)

Nary a Grain of Good Sense by Josan(双子/スネイプ)★★★★
戦争後、魔法界に冷遇されてるスネイプ。双子は自分たちの仕事を手伝って欲しくてトラップを仕掛ける。3someえろいセブ、官能的。

 

Ordinary day by SyberSnake (チャーリー/スネイプ)未完

1 2 3 / 4 5 (webアーカイブ)

モリーはリトルハングルトンを散歩中、ルーマニアにいるはずのチャーリーを見かける。傍らにはチャーリーをパパと呼ぶ黒髪の少年。二人の後を付けたモリーは、チャーリーが大きな腹を抱えたセブルス・スネイプにキスするのを目撃して気絶してしまう。起きたモリーはスネイプを散々批難して帰っていった。妊娠で情緒不安定なセブは泣き出してしまいチャーリーに慰められる。ロンが2年生だったころ、二人はマグルのホテルで偶然に出会い惹かれあった。遠距離恋愛を重ねやがて妊娠。チャーリーのプロポーズ。(3まで)//病院棟で悪夢にうなされるセブを心配するリーマス/アルバスは荒れるハリーに理由を訊く。ハリーはセブをrapeしオブリビエイトしたという。校長によって即座に学校を追い出されるハリー。たぶんしばらくしたら校長は自分を許すだろう。それまでは旅行しよう、とハリー。/セブが目を覚ましたとき傍らにいたのはリーマスだった。昨夜のパーティで少し酒を飲んだのは覚えているがそれ以降の記憶がない。mpreg

 

Twice the Fun, Twice the Trouble, Twice the Danger, Twice the Tricks (WIP), by Drake of Dross (双子/スネイプ)mpreg

A Very Real Dream by Drake of Dross (?/スネイプ) mpreg

Is that a Decoy Detonator in Your Pocket, or are you Happy to See Me?  by rose_whispers(George/Snape)

Virgo by Scaranda  Bill Weasley, Charlie Weasley, Lucius Malfoy, Severus Snape

The Secret Carrier by et-tu-lj  - Severus S., Regulus B. -

健全2☆snape中心のハリポタ fanfic Rec

rec

slash1-1 年下(男男CP)/harry

slash1-2 年下(男男CP)/harry

slash2 年上(男男CP)/lucius,/marauders,/dumbledore

slash3 年下(男男CP)/omc,/oc,/kingsley,/percy,/draco

het1 (男女CP) /lily,/petunia

het2 (男女CP) /ofc,/oc

het3 (男女CP) /hermione

het4 (男女CP) /other canon characters

gen1 健全1(CPなし)

gen2 健全2(CPなし)

 

 

 

CPなし健全2 gen General Audiences  ◇ ◇

 

I'm A What! By: random-fruitcake04(スネイプ、エイブリー、シリウス)★★★★★未完

後天的?女体化・AU・ヴォルデモートいない世界・Romance/Humor。17歳になったセブ。ある朝目が覚めると女になっていた。てっきりポッターとブラックによる悪戯だと思ったが、ポピーやダンブルドアの診断によるとそうではないらしい。アイリーンが呼ばれてセブとダンブルドアに説明する。それによると彼は元々は女で、祖母がかけた魔法で男に変えられていただけだった。アイリーンが駆け落ちすることで祖母に作った負債により、これからは祖母の親権の下で暮らさねばならないーセレナ・プリンスとして。

テンポが良くてめちゃくちゃ面白いです!セブは同室だったエイブリー・マルシベール・ピュシーとは仲がよく、セレナになってからも仲良しでいつもトリオと一緒に行動してます。最後のほうでエイブリー→セレナ、シリウス→セレナ。私はエイブリーのほうが好きだな。作者様は続きを書くつもりがないらしく残念。

 

The Prince By: vashsunglasses (ハリー)- Angst/Hurt/Comfort - Harry P., Severus S. ★★★

DH後。戦いの興奮が去った後、ハリーはスネイプを思い出し彼の遺体を回収、ハーフブラッドプリンスの本も必要の部屋から回収する。スネイプをゴドリックホローに葬り、学生に戻った後ハリーはNEWTでDADA・薬学で完璧な成績をとった。卒業後ハリーはひそかにスピナーズエンドのスネイプの家を買う。オーラーとして夫として求められた姿で過ごす一方で、スピナーズエンドではスネイプの残したポーションやダークアートを理解するように。第二子が生まれた後ハリーはスネイプの名前から付けたいと主張。そしてマグル界だけで自叙伝を出版する。ハリポタの話書いたのはハリーだったんだよって話。冒頭でハリーがセブの遺体を抱き上げてこんなに小さかった(痩せてた)んだって思う描写がすごくいい。

 

Padfoot and His Potions Master By: RebeccaRoy - Hurt/Comfort/Suspense - Severus S., Sirius B.シリウスとスネイプ 

スネイプはホグスミードで足を怪我をした痩せて汚い犬を見かけた。ホグワーツに連れ戻り、怪我を治して食事を与えられる犬シリウス。居心地が良かったのでそのままセブのペットに納まった。ペットとして観察しているとセブが思いもかけず好人物であることがわかる。反省したシリウスは謝罪の手紙を書き、その中でピーター関連の事情を全部ぶっちゃけた。仕事の速いセブはさっさと対処、ピーターは省に捕まった。だがシリウスはまだ省を信頼できず人間の姿には戻らなかった。ある日ダンブルドアに一緒にシャワーまで浴びてた犬が旧敵だと知らされ驚くが別に怒らない。このまま犬の姿で自分のとこにいてもいいよ、と…セブもシリもoocかな。犬になると思考も引きづられちゃうのかしら。10のうち5まで読了

 

After the Boggart By: CharmedArtist (ネビル、スネイプ)- Hurt/Comfort/Family - Severus S., Neville L. ★★★★★

そのボガートの授業の顛末を聞いてスネイプはかんかんに怒っていた。ネビルにではない。少年の恐れを除くのではなく、単に同僚を公然と嘲笑することを選んだルーピンにだ。そして友人が死ぬほど怖がっているのが一人の教師だと知り笑ったネビルのクラスメートたちに。そしてそれほどまでに少年をおびえさせた自分自身にも。少年の恐れを取り除きたいが、スパイとしての自分の立場を崩すことも出来ない。セブは授業の後ネビルを引きとめ、自分の真の立場を告げる。/ネビルのメンター!スネイプ。二人の関係が素敵。だんだんと自信を持ち立派に成長して行くネビルと、それを誇りに思うセブ。二人がハリーの影でひそかに事件を防いでいるので原作では死んでたキャラも健在。ネビル相手のficを発掘したくなったくらい素敵でした。あんまりないんだよね…

 

When a Student Becomes a Friend by Taran (フィルチとスネイプ) ★★

書かれたのが2001年と古いのでセブは全くooc,飄々とした天才肌っぽい少年。初期の頃のファンはこんな風に学生セブを想像してたんだなー。フィルチの愛猫がマローダーズの悪戯で緑色に染められてしまった。元気を失った猫に憤慨するフィルチ、でもダンブルドアは笑って取り上げない。通りかかったセブが猫とフィルチを見て「お望みなら僕がマローダーズをカラフルに染め上げましょう、あなたの部屋を使わせてくれれば病気の猫の薬も作れます」と。フィルチの代わりにやり返してあげる。

 

Unreasonable Lily and the Consequences By: Zero Flower 333 (スネイプ、リリー、ジェイムズ、シリウス)★★★☆未完

悪!リリー。悪!魔法界。リリーは自分に値しないセブをもう必要としない、恋人のジェームズとうまくやってくのにも邪魔だ、死んでくれたらいいのにとすら思ってる。一方シリウスは自分からジェームズを取り上げたリリーが邪魔だ。リリーもまたシリウスを嫌っている。シリウスは怒りと嫉妬で絶対に彼女を排除しようと決意している。OWL試験後にセブを逆さ吊りにしたのはリリーとジェイムズ。全校生徒、教師たちですら助けない。それどころか他の寮の生徒たちまでかわるがわるセブに呪文を投げて面白がった。絶望するセブ。そして突然目もくらむような光と共にセブは消滅。ダンブルドアは懸賞金をかけて探させるがみつからない。しばらくして魔法省に予言の球体が現れた。その中でマーリンとモルガナは魔法界の審判を行うという。そしてそれは混血のプリンスに関わるもの。彼は審判の判断材料であり、よく扱われれば世界は救われ、その逆ならば世界は滅ぶはずであった、と。中二心をくすぐる設定で印象的。でも続きが無いのがなー、

 

Gus Am Bris an La: Until the Day Breaks by fhestia (マクゴナガル)★★★★

バトル後。マクゴナガルはスネイプの遺体を回収しに行く。城へ連れ帰り彼を悼む。 短い

 

Never Say Remember By: Malora (ハリー、スネイプ、リリー)★★★★

「アズカバンの囚人」でシリウスを逃がした後、タイムターナーの影響で2つの世界のハリーが入れ替わってしまった。AU世界ではリリーは生き残り、スネイプと再婚していた。リリーはダークロードの呪文を受け深刻な記憶障害があり常にケアが必要。ジェームズの記憶はほぼ無く思い出そうとするだけで錯乱してしまう。そしてその呪文はかつてスネイプが作ったもの。ダークロードはリリーをスネイプへの褒美にしようとその呪文を使ったのだ。事情を知りAUスネイプを責めるハリー。一方のAU世界のハリーはAUセブに守られて育っているのでスネイプをダッドと呼んで慕うが、こちらの世界のスネイプはそれを受け入れられない。

リリーとスネイプが夫婦の絆を得るまでの話や、ハリーとスネイプの親子の交流の部分がすごくいい。間違いなく良い話なんだけど、複雑に入り組んでるのにちゃんとメモとりながら読まなかったもんだから、後半で頭がこんがらがってきちゃって…反省。24のうち17まで読了 後で読み直す

 

Love Thy Neighbour By: Alexannah(ハリー、スネイプ)- Drama/Family - Harry P., Severus S., Albus D., Petunia D. ★★★★★

ダーズリー一家の引越し先はスネイプの家のまん前、チュニーとセブに面識はありません。 

会社の業績悪化で小さい家に移ることになったダーズリー一家。引越し先は元の家より小さくてハリーの部屋もどうみても収納部屋。不満たらたらのハリーは近所に悪い噂を広められる前に先手を打ってご挨拶。「ぼく両親は死んで意地悪な親戚と暮らしてるんです…」人のいいご近所さんは涙を浮かべて同情してくれた。ハリーの根回しでペチュニアは近所から避けられダドリーも一人の友達も作れない。一方ハリーはご近所さんたちに招かれて毎日たらふくご馳走になっていた。お知り合いになってないのはお隣の10番さんだけ。あそこの人は変人だから…といわれ大して気にしてなかったハリーだが、ペチュニアに言われご挨拶のスコーンを届けに言ってびっくり。なんとそこの住人はスネイプ教授だったのだ。最初はハリーを嫌うスネイプだが、ダーズリー一家のハリーへの仕打ちを見て彼を保護するようになり、ハリーもそんなスネイプに好意を持つ。幸せハリー。保護者セブ。good!ダンブルドア

 

A Christmas Vow By: Alexannah (リリー、スネイプ、ハリー)- Drama/Angst - Harry P., Lily Evans P., Severus S., Albus D.★★★★★

ハリポタ版クリスマス・キャロル

クリスマスイブにリリーの亡霊が怒り狂ってセブの元を訪れる。「この15年間ずっとセブに話す方法を探してたのよ!私に何かあったら子供の面倒見てくれるって、昔約束したじゃない!」キーキー喚いて激怒するリリー。時はシリウスの死やオクルメンシーの個人授業でハリーとスネイプの関係が最悪の頃。ポッターは甘やかされたがきだと抗弁するセブに、リリーの亡霊はダーズリー家での過去のクリスマスの光景を見せる。(スパイとしての)自分の立ち位置では何もできないというセブに、リリーはセブが異なる選択をしたさまざまなAU世界を見せてゆく。リリーはハリーにとってどんなにセブが重要なのかを見せたのだ。何も出来ない自分にかわってくれぐれもハリーを頼むと言って消えるリリー。全ての後、セブが取った行動は?

 

Minerva's Boys   By: Alexannah (ハリー、スネイプ、マクゴナガル)- Hurt/Comfort/Family  - Harry P., Severus S., Minerva M.

母の日で生徒たちからたくさんの花とカードを受け取ってごきげんなミネルバ。セブは彼女が母の日カードを受け取ると知ってびっくり。ミネルバは中でも母の無い子などを特に気にかけているようだ。セブは自分が生徒のときに母のような寮監がいたら人生が違っていたのかもしれないと泣きそうになる。急いで部屋を出ようとしたところ、花を届けに来たハリーと衝突。二人で階段を転げ落ちる。スネイプは足首を折ったようだ。静かに涙を流すセブにびっくりするハリー。ミネルバに怪我を治してもらった後、セブはおばには花を贈らないのか訊ねる。ハリーが答えたあとセブはハリーが育った背景を理解したようだった。その切なげな様子にハリーもまたセブの背景を推測する。二人の様子を見ていたミネルバもまたセブが学生の頃に見てあげられたら良かったのにと残念に思う。いえまだ遅くない、スネイプあなたを名誉グリフィンドールに認定します、とミネルバ。グリフィンドールは家族、そしてあなたも私の息子の一人ですよ、と。…うーん、ミネルバに理想の母像ってかなり無理が。ポンフリーやスプラウトあたりならまだわかるんだけど。マローダーズに好き放題やらせてた時の寮監はこの人じゃ?

 

End Of the Line By: shewhoguards  DH後- Angst/Humor - Severus S. ★★★★★

死後の世界はプラットフォーム9・3/4から始まる。

・たくさんの人ごみの中で汽車を待つスネイプ。汽車は遅れているようだ。そこにはカメラを持つ少年、見知った赤毛の子 やポッターのふくろうもいる。駅員の骸骨に導かれ汽車に乗りコンパートメントに座ったスネイプ。相席を求めてきたのは懐かしい声、緑の目…

・フレッドは汽車に乗るか迷う。待ちたいのだ。骸骨駅員は2つの場所だけが正しく行くべきところだと言うが、フレッドはそれをさえぎり自分はここで待つという。ジョージがいないならそこは自分が行くべきところじゃない、そう口にしたときそれに答える声があった。

・駅員は電車に乗らず悪戯を続ける2人のがきにイライラ。ジェームズとシリウスは友人を待っていた。

(省略#2 )死出の旅路。英国の有名なFTシリーズ・ディスクワールドとのクロス作品なんだけどハリポタしか知らなくても大丈夫。ジェシリとリーマス、トンクス、アンドロメダ、レグルスとクリーチャー、クラウチ親子、創設者たち…たくさんの人たちの話が続きます。

 

Remus makes a stand By: EbonyWing  - Friendship/Drama - Marauders, Severus S. - ★★★★☆

ルーピンとセブが友人になったら?リリーに謝罪を拒絶されたセブの表情を見て、放って置いたらいけないとルーピンは本能的に危機感を覚える。友人になりたいと申し出てマローダーズに隠れてセブと勉強するようになり二人の間に淡い友情が芽生える。ある夜セブはスリザリンのダンジョンでマルフォイとピーターが密会しているのを発見。休みの後、ホグワーツ急行に乗る前に、マルフォイに父からの虐待を嘲られたセブは彼に怒る、マローダーズのコンパートメントに引き込まれたセブは話の流れでマルフォイとピーターの事を告げるが、ジェシリルーピンは信じたくない。ルーピンは自分のパックを乱したセブを逆恨みして背を向ける。マローダーズ内で疑心暗鬼が続き、結局ピーターに自白薬を使い彼の裏切りが明らかに。反省したルーピンは謝罪するがセブは信じない。彼がマルフォイとダークロードに逆らう危険を侵したのだからと自分が狼男であるという最大の秘密を告白、改めて友人になってくれと。セブのアニメーガスは黒い梟。仲良くなったセブとマローダーズを見て、ルシウスはセブの勧誘に失敗したことを知る。失態を埋め合わせるため、ピーターを使ってジェームズ(親がオーラー)を攫いダークロードに献上しようとする。アニメーガスとなったセブはそれを盗み聞き、皆に知らせてシリウスと共にジェームズの危機に駆けつける。マローダーズficってセブが悪者っぽく描かれてるのが多く苦手なんですが、この話はスネイプファンでも大丈夫。

 

The Last Will and Testament of Lily Evans Potter By: chrmisha - Drama/Hurt/Comfort  - Harry P., Severus S.★★★★☆

シリウス死んだ後、OOPのはじめくらい。登場人物が原作っぽい。メンタースネイプ。リリーの遺書を見つけたペチュニア。そこには自分たちが死んだ場合のハリーの親権がシリウス→ロングボトム夫妻→スネイプの順で示されていた。ダーズリー夫妻はすぐさまハリーの荷物をまとめスネイプの家の前に遺書を持たせたハリーを置き去りにする。最初こそ険悪だった二人だが、スネイプがハリーの虐待を知り保護するように。脱走を企てるハリーに考え無しの行動がどんな危険を自分や周囲に招くのか教え諭す。大人を信用することを学べ、だがダンブルドアや他がなんと言おうと選択をするのは常にハリー自身である、と。スネイプはダーズリー家にも訪れ、リリーの残したほかの手紙も集めてきた。手紙を読み多くのことを知るハリー。夜中、ハリーはスネイプがダンブルドアに暖炉通信を通じて怒鳴っているのを聞く。ダンブルドアはハリーをダーズリー家に戻せというが、スネイプはそれに抗っていた。最終的に夏の残りはハーマイオニーの家で過ごすことになったが、スネイプはもはや彼が嫌った教師ではない。まだまだ分かり合う時間と努力は必要そうだがいまやハリーの保護者はスネイプでスピナーズエンドは彼の家でもあった。

 

Wings of an Angel By: chrmisha - Drama/Hurt/Comfort - Harry P., Severus S.★★★☆

戦後ハリーは肖像画ダンブルドアから手紙を受け取る。そこにはハリーはジェイムズの子では無く、スネイプが遺伝上のハリーの父親であると書かれていた。ダンブルドアはスネイプとハリー両方からこの事実を隠していた。ハリーはダンブルドアから託されたスネイプへの手紙を隠匿し、スネイプには事実を知らせなかった。時が経ち、3児の親となったハリー。じき3歳になる3女リリールーナがドラゴン水痘で死に掛けていた。リリールーナの免疫機能には欠陥があり、既存の治療法は効かないのだ。ハリーはスネイプを訪ね、手紙を渡し、孫娘を助けてくれと助力を請う。懸命な治療にも関わらず、リリールーナは3歳半でこの世を去った。死に際にフレッドおじちゃんとリリーおばあちゃんが待ってるの、あなたにごめんね、許すっていってたよ、パパが学校にいたとき安全にしてくれてありがとうって、と最後に言い残して。悲嘆したスネイプは自殺をはかった。こん睡状態のスネイプの枕元で話しかけるハリー。わざと怒らせるようなことを言って起きるのを願うが何の反応も無い。ハリーは次男のミドルネームがセブルスだということや、様々な心の内を語り続ける。綾子の絆を確認する魔法を使い、懸命に父を乞うハリーにやっと彼から答えがあった。

 

Nobody's Fool By: chrmisha - Drama/Horror - Harry P., Severus S.★★★

ドビーが超有能。ダークロードに呼び出されたセブは、犠牲者の拷問に加わるよう言われる。デスイーターたちから拷問を受けていたのはハリーだった。ダンブルドアからはハリーはヴォルの手で殺されなければならないと言っていたが、セブはハリーを見殺しにできなかった。ベラの拷問で瀕死のハリーをつかみ秘密の小別荘にアパレート。ダンブルドアの目を盗みドビーの助けを得てなんとか治療する。スネイプはダンブルドアに「ハリーに全てを話し自分で選択させる、リリーは自分のひとり息子があなたが私にしたように使われ操られるのを望まない」と手紙を送った。魔法のコアが壊れたハリーの命を救うため、セブの魔力が注がれた結果、二人の間にはリンクができた。ハリーの精神に侵入して攻撃してくるヴォルデモートをハリーとセブが共闘して倒す。セブとリリーには原作に無い過去がある。ジェームズと結婚する前リリーはセブと結婚していたが、娘ヘブンが睡眠中に突然死、娘の死で二人とも自分を責め破局した。9年後ハリーの元へ生まれたリリールーナはヘブンの生まれ変わりと思われた。戦後ドビーはスネイプのアシスタントとなり薬学を学んで立派に成ってます。

 

With Darkness Comes Anew By: Alia D ★★★☆未完

戦後スネイプはジニーの強姦殺人の罪でかつての味方の手によりアズカバンに。ハリーが忍び入ってセブを脱獄させる。ハリーは魔法界から逃れマグル界で暮らせるように服・ID・預金などを手配していた。/2年後デスイーターを再編成しようとしていたマルフォイ親子とノットが逮捕され、事件の真相が明らかになる。ノットがポリジュースでスネイプに化け犯行を行ったのだ。スネイプを迎えにいったアルバスらがそこで見たのは無人の独房だった。/さらに3年後。ホグワーツの新しい教授ジュリアスは狼男である。彼は恋人ブレアの義兄レックスが開発した新薬で、月の間でも変体しない身体を手に入れた。その薬は状態の完全なコントロールを与えた。ジュリアスは自由に狼男になることもできるのだ。ホグワーツに戻ったジュリアスはシリウスの詮索を受ける。リーマスの助けになれ、と。ジュリアスは秘密を約束しているので拒否、まだ発表の準備が出来ていない新薬なのだ。言葉の端々からシリウスはジュリアスが狼男を治療したと察し、乱暴に彼を吊るし上げる。ジュリアスはコントロールされた人狼の力でシリウスを退け、自分の家族や友人に近づくなと警告。/ボローを訪ねていたハリーのもとへグリンゴッツからペンシーブのようなものが届けられた。開封したハリーは血まみれになって倒れ、ポンフリー夫人の店に担ぎ込まれた。ちょうど店を訪れていたジュリアスも助力を求められたが、失血続けているハリーを覆うのは暗い呪いだ。友人から聞いた境界スレスレの魔法で応急処置。集められたオーダーにジュリアスは説明。ハリーにかけられたのは復讐の呪いで、対象者は不死となり永遠に苦しめられ、魔法は使えず、彼の上で魔法も使えない。彼が使え使われるとしたら暗い呪いだけなのだ、と。もしかしたら助けられる人が一人だけいる、だが自分はその人が承諾するとは思えない、と。/レックスは双子の息子と女の子の赤ちゃんの父親である。1年前出産で子供の母親が彼に残した骨董店を引き継いでいる。セブの新しい人生には兄弟姉妹たちがいます。レックスはジュリアンから話を聞き、ポッターを救うためホグワーツに赴くことを決心する。/中二っぽい超常的な独自の設定があるのです。世界のエレメントと融合したセブ。既に人間を超越し年は244歳、恐らくほとんどの人が10話でハァ!?ってなるんではないかと…。でもパワフルなダディセブが超かっこいいです。続き読みたいなー。最終更新2006年、13章まで。

Light and Dark Days By: Alia D ★★★★未完

上記 With Darkness Comes Anew のAU。出だしは同じだけどこっちは普通のハリポタっぽい話です。 戦後スネイプはジニーの強姦殺人の罪でかつての味方の手によりアズカバンに。ハリーが忍び入ってセブを脱獄させる。ハリーは魔法界から逃れマグル界で暮らせるように服・ID・預金などを手配していた。/2年後デスイーターを再編成しようとしていたマルフォイ親子とノットが逮捕され、事件の真相が明らかになる。ノットがポリジュースでスネイプに化け犯行を行ったのだ。スネイプを迎えにいったアルバスらがそこで見たのは無人の独房だった。/セブはポッターに用意されたIDでマグルの町に落ち着いた。ある日彼の部屋のドアを子が生まれそうになった隣室の妊婦メアリーが助けを求めてノックした。彼女の要請で、彼女の友人アシュトンに電話して援助を請う。ところがアシュトンは獣医のテリーを連れて駆けつけた。悪天候と道路封鎖で人間の医者が確保できなかったのだ。メアリーはなんとか二人の男の子を産み落とすとそのまま亡くなった。メアリーは夫に虐待されていてそれが元で亡くなったのだ。残された友人らは彼女の夫を逮捕させるためにセブの証言を必要とした。双子の親権は父親から取り上げられ、友人らも手伝うということで成り行きでセブが育てることに。(サラとブレアは魔女)数年後、友人サラと彼女の家に向かっていたセブらはハリーがグリンゴッツの金庫内の爆発で負傷し、聖マンゴで昏睡状態だとのニュースを聞き、その直後森で木にくくりつけられ焼かれたペティグリューの遺体を見つける。オーラーに連絡しなければならないが自分の正体も明かしたくないため、自分のことは伏せて話すよう友人たちに頼む。だが着いたオーラー(キングスリー、ロン、トンクス)は死体の周りの足跡から目撃者がもう一人いたことを推測し、サラを追跡してセブを見つける。ペティグリュー殺害とハリー殺人未遂容疑で拘束されるセブ。だが魔法省でベリタセラムの下で尋問を受け無実が判明。魔法界に関わりたくないセブは帰ろうとするが、ハリーを助けてくれとロンに縋り付かれる。最終更新2006年、7章まで。

 

Snape's Invisible Friend By: teacherbev  途中まで

ハリーは度重なる虐待で偶然の魔法を発現、ダーズリー家から消失した。ホグワーツでは教師生活4年目のスネイプが休みのあいだ城で一人だった。彼の部屋に突然虐待された幼児が現れる。汚くて怪我しててオムツはどろどろ。スネイプは彼の治療と世話をする。当初2歳ほどかと思った幼児の行動は、実際はもっと年上のように思われた。優しく世話してくれるスネイプに幼児はすっかり懐く。教員や学生たちが戻ったらダーズリー家に戻されると思い込んだ幼児はハウスエルフに頼みスネイプ以外に姿が見えなくなるようにしてもらう。見えない幼児を世話するスネイプの姿に学生たちは”気が狂った?”と噂で持ち切り。謎を追及する学生たちは寮の違いを超えて話すように。自分の名前すら知らなかった幼児をスネイプが彼を養子にすると申し出たとき、ホグワーツの魔法の入学待機リストの名前はハリー・ポッターからショーン・スネイプへ自動的に変わった。ダーズリー家もカナダに移住したため、ハリーの行方がわからなくなる。

11のうち7章のはじめくらいまで読了。多分一般的には好かれる話なんだろうけど個人的に「幼児が主体のkidfic」ってすごく苦手でいつも途中で厭きちゃう…。

 

Far Beyond a Promise Kept ◇ By: oliver.snape ★★★★★

スネイプがメンターとなった場合の「アズカバンの囚人」~「炎のゴブレット」。マージおばさんを膨らませて家を飛び出たハリー。偶然通り合わせた風邪引きスネイプに拾われ彼の家へ。ハリーは夏休みの間トレーニングを受け、新学期が始まってからも週2で訓練を受け続ける。厳しい指導を続ける中でハリーとスネイプの間に信頼関係が生まれ、ハリーからの要請でスネイプが魔法界での保護者になる。当然ハリーのシリウスやルーピンへの見方や対応も原作とは変わっていき、シリウスが一緒に暮らそうと申し出たときは断る。危なげで無責任な行動のシリウスよりも、彼を守り戦うための力をつけてくれるスネイプのほうが保護者として信頼できるからだ。ハリーはfather figureとしてスネイプを求め、スネイプもそれに応える。スネイプはヴォル復活阻止のため独自に調査・活動。死んだロジエールに化けてペティグリューと接触し、ヴォルの醸造者として復活薬の妨害を企む。ハリーは校長室のペンシーブでダンブルドアの記憶(ダンブルドアに庇護を求めたものとリリーの死後のハリーを守ると言った会話)を見てしまい、スネイプが自分の保護者になったのは償いや義務感からかと疑ってしまう。スピナーズエンドのアイリーンを訊ねてそれだけではないと安心したのもつかの間ペティグリューに捕まってリドルマンションに連れ去られてしまう。復活の儀式。ハリーは懸命にスネイプを呼ぶ。 ヴォルは薬の正しさに疑惑を持っていたが、スネイプが取っていた策はそれだけではなかった。ヴォルが死に、クラウチやピーターは逮捕された。ハリーもヴォルから受けた殺害呪文から復活、狭間では亡き両親と会話した。平和になった魔法界。大臣ファッジはそもそもヴォルの復活は無かったとして大衆には全てを伏すことに決定。全てが終わったあと、セブは反乱をほのめかすルシウスに釘を刺す。ダンブルドアの元を訪れたシリウスは全ての説明を受ける。ハリーはシリウスと面会するが、彼がスネイプを受け入れるのはもう少し時間がかかるようだった。トライウィザードの最終課題、セドリックに勝ちを譲るハリー。夏休みにハリーはセブの両親の訪問を受け、彼らにも受け入れられ祖父母が出来る。他にもハリーとスネイプの完結作品多し。

 

To Recollect the Future By: oliver.snape  ★★★☆

逆行。精神だけタイムトラベル?/禁断の森でヴォルデモートに殺されたハリー。キングスクロス駅で生きることを選択し、戻ったはずだった。だが近くには血まみれのスネイプがいた。死んだはずのスネイプが生きている。どうやら二人とも”賢者の石”時点まで戻ってしまったらしい。(省略#9 )ストーリー自体はわりと読みなれた感じ、逆行で情報あるからさっさとホークラックス片付けちゃいましょう、ってストーリー。ちょいイラッとくる生意気なハリーやassholeなシリウスの描写がお上手。

 

Expiration Date By: Laume(スネイプ、ダンブルドア、ハリー、ネビル)★★★★未完

戦争が終わった。ハリーもダンブルドアもスネイプも死ななかった。ハリーはかつてのダンブルドアの時以上に崇拝され、ダンブルドアはその師として脚光を浴び栄光を共有した。ダンブルドアはもうスネイプを必要としない。「代わりの教師を手配したから、もう教師をすることはない」と教師の他に生活の手立ての無いスネイプを城から追い出す。誰も元デスイーターを雇わない。薬局を始めるには資金が無い。例え薬局を始めたとして誰が元デスイーターから買うだろう。外国にいければ違うだろうが、彼の解放の条件では国外へ出ることは許されない。瞬く間に金が尽き、スネイプはマグルの工場で低賃金の夜間警備員として働くようになる。/ネビルとハリーはダンブルドアの仕打ちをいくらなんでもちょっと酷いんじゃないかと思っていた。NEWTが終わったら様子を見よう、無事だったら安心して又嫌えるよ、それより戦勝騒ぎが落ち着いたらダンブルドアはスネイプにしたのと同じようなことを自分にもするかも、と。/セブは太りすぎで解雇通知を受けた同僚に痩せ薬を作り、感謝される。こんな凄い薬は市販するべきよ!という同僚にセブはマグル向けに薬を売ることを考える。/ハリーは自分に干渉してくるダンブルドアをはっきりと拒否。校長のより良き善はうんざりだ。確かに人は善のために自分を犠牲にすることもあるかもしれない、でも校長がやってるのは人に選択を許さず勝手に決めた犠牲を押し付けることだけだ。あなたがやってることはドロボウと変わらない、と。ハリーは卒業後に校長が近づくのを禁ずるよう接近禁止令を省に手配した。騒ぎが落ち着くまで2,3年海外へ行くつもりだというハリーに、ネビルはスネイプの安全確かめるのも忘れんなよ、と。/スネイプの痩せ薬は大評判で着実に利益をあげていた。当然省からの調査が入ったが、魔法材料を使わず何の法規も破ってないのでお咎めなし。/NEWTが終わりセブの家を訪ねたハリーとネビル。何しに来たと疑うセブに、ハリーはダンブルドアへの疑惑を話す。/酔っ払ってミネルバに愚痴をこぼすダンブルドア。だがミネルバは彼がセブにしたことの惨さを指摘する。/ハリー・ネビル・スネイプはスネイプの薬製造にスクイブを使うことを計画。魔法界で影に追いやられているスクイブに自立の道を与えるのだ。ハリーとネビルはスクイブ援助のための財団を設立、スネイプはロンの親戚のスクイブでマグル界で会計士をしているプルウェットに接触しアドバイザーになるよう頼む。/ダンブルドアがスネイプの行方を知りたいとネビルに接触、ネビルは拒否。/スクイブを雇ったセブの会社は順調に滑り出した。

 

The Better Man By: Laume未完

セブは校長やホグワーツに幻滅。原作と違いミネルバとピンスとポピーは同情的だった。卒業後はオランダのポーションマスターへ見習いに。マスタリーを得た後はイタリアで働いていた。ジェームズとリリーは4歳のハリーを残し、ヴォルに殺された。海岸でちょうどその場面に居合わせたセブはハリーを英国に連れて行き、ペチュニアに手渡した。校長は玄関先に手紙をつけておいて来いと言ったのだが、セブはそんな非常識なことはしない。ペチュニアとバーノンに事情を説明し、ポピーらと共に助けになることを約束。仲良く育った二人はどちらも魔法使いに。保護者らの配慮でハリーはセブの住むイタリアの魔法学校、ダドリーはホグワーツに進学。作者様の高評価作品はkidfic多いです。22のうち5まで。

 

Now Hiring By: Claggart (ハリー、オリキャラ、ジニー)★★★未完

ハリーはヴォルデモートを破ったが、魔法的にも身体的にも障碍者。ロンが死に、ハーマイオニーはアメリカに移住し向こうで結婚した。聖マンゴに勤めるジニーは定期的に食料雑貨を届けると共にハリーを心配して面倒を見る。車椅子で幻痛と闘うハリーはいつもイライラ。ある日アルコールを買い求めに出た先で間違って薬局に入り、その店のいかれた爺さんに店員募集でやってきたと誤解されそのまま雇われる。店のボスは爺さんの飼ってるネコ。ハリーが仕事を見つけたと聞き、ジニーが様子を見にやってくる。その店の薬の値段の安さに驚いたジニーは、勤め先の病院に紹介していいかとハリーに聞く。お客さんが増えるならいいんじゃない?とokしたハリーだが、後で報告を聞いた爺さんは渋い顔。この店は顧客限定、53人の友人だけのための店なのだ。仕方ないから注文を受けた分だけは作るが、どうか彼らにこれ以上この店のことを広めてくれるな、と。聖マンゴの小児病棟で新しい薬を子供たちに与えたジニー。それは患者一人ひとりに合わせられた、素敵な味と匂いでの楽しいことのいっぱい詰まった夢のような薬だった。ジニーは子供たちからの感謝の手紙とギフトを抱えて薬局にやってきた。/ホグワーツのスタッフルームでも新聞に載ったこの件は話されていた。この薬を作ったのは恐らくスネイプの恩師だろう。スネイプは母の死以来合うことのなかった彼に手紙を書く。/1年が過ぎ、ハリーはすっかり店の顧客と顔なじみ。爺さんを訪ねてきたスネイプにハリーは驚く。今の姿を大嫌いな教師に見せたくない。だが爺さんは親しげにスネイプを抱き、何事か話している。しばらくしてハリーに会った爺さんはいきなり「私は明日で引退するよ」と。「バミューダに行く。君たち二人はセブのお店を手伝っておくれ。」と。ネコもハリーも寝耳に水でびっくりだ。/スネイプと彼の見習いドラコとハリーとネコ。険悪な顔合わせ。あきらかにみんな知らなかった。6まで。最終更新2005.

 

Grave Matters by excessivelyperky (スネイプ、ハグリッド、ハリー、ルーピン、ダンブルドア)★★★★★

6月の雨が続き、ハグリッドはアラゴグの墓の様子を見るために夜の中外へ出た。崩れた墓を整えているとどこからか声が。スネイプが校長の墓に向かって話していた。彼への泣き言、恨み言、哀悼。全ての話を聞き終わり、事情があったと察したハグリッド。姿を現して、オーラーを呼ぶぞ、ミネルバが朝の花を捧げに来る前にここと去れ、と泥の中に跪いたまま動かない彼を立たせる。スネイプはハグリッドに自分を埋めて欲しいと頼む。私は憎まれ続けるのに飽いている、自分の墓が永遠に汚物を投げられ監視されるのを望まない、アラゴグの隣だろうが気にしないから誰も気付かないところへ埋めてくれ、と。ハグリッドは彼を小屋に連れ帰り、ウィスキーを飲みながら校長から前に渡されたメモを見た。「彼を助けてください アルバス」暖炉に投げ込むつもりだったメモだ。校長の葬儀に集まった参列者はいかにスネイプを血祭りにあげるかで盛り上がっていた。静かだったのはルーピンとフィルチだけだ。ルーピンはマッドアイがスネイプに狼男をけしかける話に激昂し「俺も自分自身やつの喉を引き裂きたい。だがあんたがそれをやりたいならどっかで他の狼男を見つけるんだな。7年間を彼をいたぶるマローダーの話を聞くことに費やした。俺は二度とそうしない。あんたがベールの向こうに押し込むっていうなら協力しよう、だがハリーの話を聞いたか?彼が本当に悪いなら、ハリーを連れ去ってたはずだ。なにかおかしなことがある」と。フィルチは「彼は私を人間らしく扱ったただ一人の人間だ、お可哀想なスクイブじゃなく」二人はスネイプを攻撃し続けるその場から出て行った。/翌朝起きたハグリッドが見たのは綺麗に畳まれた毛布と酔い覚まし薬。ハグリッドはミネルバに昨夜の出来事を報告した。校長の肖像画はまだ目覚めない。スネイプは彼が目覚めたとしても、ハリーが彼を殺すまで校長は黙秘を続けるとも言っていた。(省略#54 )号泣必至。キャラクター死。

 

Folk of the Wood by excessivelyperky ★★★★★

天文台でスネイプがアルバスを殺した後、フォークスはアルバスの魂を禁じられた森奥深くの木に同化させた。ファイナルバトルでハリーはヴォルを殺した後、次はスネイプを倒そうと追いかける。スネイプはアルバスの木へと急ぎ、自らの命と血を捧げてアルバスを木から引き抜いた。ハリーは自分を殺すだろう、たとえ彼らが慈悲深くともせいぜいアズカバンでディメンターだ。アルバスを人として戻し、代わりに自らが木と同化したセブ。数年後アルバスは大往生して死に、周囲の木はセブを仲間として受け入れていた。100年の時が経ち、年老いたハリーが彼の木を訪れる。長い間ハリーはスネイプの木を滅ぼそうとしていたが、周囲に諭されダンブルドアの残したペンシーブを少しずつ見たことでようやくすべてがわかった。スネイプの記憶も見た。ダンブルドアが彼をどのように酷く扱ったかを知った。ハリーはホグワーツの他のゴーストもあなたを忘れていない、あなたは戻ってくることができる、という。だがスネイプはここで幸せだった。ここには私の友人たちがいる。来てくれてありがとう、君も家族と友人の元へ帰りなさい、と。時は経ち、周りの顔ぶれも変わった。いまや彼はこの周辺の最年長だった。やがておしまいのときが来て、アルバスが最後の審判のために迎えに来た。このまま無へと戻りたいというスネイプに、アルバスは自分の過去のすべてのふるまいを謝罪して説得する。200年感じることのなかった怖れ。長年にわたり彼が守った木々たちの魂が後押しする。光に導かれたどり着いたそこでは懐かしい人々が彼に暖かい拍手を贈っていた。木の人々、ハリー、ハーマイオニー、ロン、ミネルバ、ハグリッド、ドラコ…。スネイプは審判に勝った。/ダンブルドアはスネイプと入れ替わりに木となった。長い時をかけ彼もまたここで学ぶ。 /この話も泣ける~。御伽噺みたいな感じ。スネイプが木に変化するficは他にもあります↓

 

Stick by AbstractConcept ★★★★

ヴォルの敗北後、スネイプはアズカバンで裁判を待つ。証拠不十分で保釈されたが、省は謝罪せず杖も返さなかった。スネイプはホグワーツに戻りわずかな荷物をまとめることを許されたが、何も持たずから手で帰る。スネイプのほかの財産は裁判費用のため売却され、彼には何も残っていなかった。スネイプは禁じられた森へと進み、やがてそこで一本の木となった。いつしか彼は過去を忘れた。あるときそこへ緑の目の若者がやってきて~/アニメーガス?木へと変身、ほんのりslash寄り。

 

All The Lonely People By: Emily Waters(オリキャラ)★★★

ディメンター独自設定。マークがある朝起きるとアンナも猫もいなかった。写真たてのアンナの顔部分がくすんだように見えない。おかしなことに道を歩いても喫茶店に入っても誰も自分に気付かない。人の顔もくすんだようでよく見えなかった。ジェニーと名乗るガイドが現れてマークに説明をする。「あなたはハンター、ディメンターとして目覚めたのよ。私があなたのガイドよ、マーク。私があなたを教えるわ」(省略#69

 

True Friendship Marauder Style By: Teddylonglong 途中まで

ディメンターに襲われダドリーは死亡。バーノンの通報でハリーは警察に捕まって独房へ。すぐにダンブルドアが助けに来てくれる、マグルをオブリビエイトしてくれる、と思っていたハリーだが、ダンブルドアはバーノンの主張を信じ、オーラーを呼んだ。スネイプは本当にハリーがダドリーを殺したのか杖の直前魔法を調べるべきだと進言したがダンブルドアは聞かなかった。ハリーは裁判にかけられ、終身アズカバンの判決を受けた。(省略#74 )ハリーcentric,スーパーハリー。9のうち3の途中まで

 

Terms of Matrimony By: Galad Estel ★★★★☆※het1と共通

クリスマスの一週間前、ペチュニアはクッキー作り。ダドリーは学校、6歳のハリーは学校を休んで一日中ペチュニアの周りで何か食べ物をくすねようとうろちょろ。ペチュニアは何も言わないがいらいらが募っていた。突然おかしな様子の夫が帰ってきて、引き出しから銀のナイフを持ち出すとハリーに襲い掛かる。ハリーを捕まえナイフを振りかざすも、何か見えない障壁でもあるかのように固まると「呪ってやる」と言って自らの首を切り裂いた。(省略#75 )バーノンの死後ダンブルドアはハリーを守るためペチュニアとスネイプに結婚するよう命令。/私は原作ダーズリー家がただ悪者扱いされるの好きじゃなくて、彼らは魔法界に否応なく巻き込まれて利用された気の毒な犠牲者だなーと思うんですよ。このficはそこらへんよく書かれてると思います。ラスト駆け足で結末もちょっと不満。続きが読みたい!

 

Away in a Manger By: Snapegirlkmf 途中まで

バーノンは戸口にメモひとつで置き去りにされた赤子を育てる気などなかった。ペチュニアを促し、クリスマスの教会の飼い葉桶のなかに子供を捨てる。/21歳セブは薬局で吝嗇な店主に雇われアパートで貧乏暮らし。デスイーターにはならなかったが、リリーはジェームズを選びセブを手酷く拒絶した。そのリリーは少し前にヴォルデモートに殺されたという。新聞も途中で読むのを止めたので詳しくは知らない。残された息子は親戚に引き取られたというが。仕事の帰り、セブは教会のそばを通りがかり捨てられた赤ん坊を見つける。(省略#76)やっぱり子育てもの苦手だった…

 

A Mother's Love by Koinaka 途中まで

ハリーは実はリリーとセブの子だった。ジェームズはうっすらとそれを知っていた。予言がもたらされわが子の安全を考えたリリーは、スネイプの叔父にハリーを託す。その人は老齢で相続人がいないため、血縁であるセブの子を引き取ることにしたのだった。セブはハリーが自分の子であることは知らない。ヴォルデモートに襲われポッター夫妻は死亡。次に標的となったロングボトム家親子3人も死亡。だがアリスがネビルにかけた愛の守りで、殺害呪文が跳ね返りヴォルデモートもまた滅びた。スネイプはアズカバンに送られたが、ダンブルドアの親権で短期間で解放された。その後ホグワーツの薬学教授とスリザリン寮監となる。5年後には脱狼薬を発表、それは世間の評判となり、彼の叔父からの評価も受けることとなった。まばらな手紙のやり取りをはじめて2年後に家へ招待された。叔父はがんでいつ果てるかしれない。自分の死後、息子カリアス(セブの子ハリー)の面倒をみて欲しいと言うものだった。(省略#88)

ハリーは養父に溺愛され有能な教師をつけられ海外で優秀に育ち、17歳にしてイタリアではプレーボーイの浮名を流してる…という感じでハリー贔屓の人むけかな?14のうち4まで

 

Fox Tale by Sita_Z ★★★★

デスイーターのお楽しみはマグルを攫ってキツネ狩りをすること。マクネアに攫われ、ウィルトシャーの森で追いかけられる幼いハリー。マグル狩りの情報を事前に察知したスパイ・スネイプが救出に向かう。ハリーは恐怖で偶然のキツネアニメーガスになった。ホグワーツに戻り、人の姿に戻ってハリーと知れる。そのままホグワーツ・スネイプの元に保護されるハリー。スネイプに懐いてキツネの姿でついてまわる。

ハリーに過度に尽くすスネイプの話は好きじゃないけど、このくらいの温度の話は好き。

 

Fractured Spotlights By: CatchingCraziness

ジェームズがポーション事故で盲目になった。人間関係は変化する。ジェリリ 

スネイプの釜が沸騰して、ジェームズが噴出した薬液からリリーとセブを庇う、って出だしでもう無理。マローダーズファンは好きそう。

 

 Strange Reflections By: LeQuin 戦後の魔法界再建中、別次元からポッター家族が現れる

AU世界のポッター家がヴォルの襲撃を受け、AUハリーが店から盗んだ魔法のランプの精霊に頼んで逃亡。ジンが彼らを送ったのは原作軸世界。そこには当然原作ハリーがいる。AUポッター家は紹介された職の賃金に不満、この世界のハリーの金庫を乗っ取る。AUハリーは原作ハリーの友人ロンや恋人ジニーも奪う。(省略#93)最後は惨めに落ちぶれるAUポッター家とAUハリー。一人いい子だった妹だけハリーに引き取られ幸せになる。ハリー/ハーマイオニー。ハリーはゲスなAUハリーや両親を嫌うけど、それ両親生きててマローダーズに育てられてたIF世界のあんたでしょ、と考えるとなんとも微妙。

 

 

 

Common Sense By: DisobedienceWriter リリーバッシングあるらしい?

Travel Secrets: First 2 3 By: E4mj 27歳ハリーは省に縛られ不自由な生活、オーダーバッシング、タイムトラベル

Two Snakes By: falconer54 未完 サラザールとセブ

Though This Be Madness By: DovieLR 統合失調症スネイプ 未完

3 Slytherin Marauders By: severusphoenix  

A Right Bastard by LariLee  インタビューwithセブ

All the World's a Stage By: Alexannah(ハリー、スネイプ)- Drama/Family - Harry P., Severus S.,未完

An Impossible Struggle By: Social Twist  未完 拒食症スネイプ。2まで読了

A Promise to Be Better By: Raven Dancer  - Angst/Drama - Severus S., Albus D. -

After returning to the Death Eaters Snape begins to crack. It's up to Dumbledore to keep him together through the turmoil.

A Gutter Rat's Tale by Minnionette  - Drama/Angst - Severus S., Harry P.セブがハリーに手紙を書く

Between The Lines By: StarToucher ペチュニアのもとへ預けられたハリー 

Better Be Slytherin! By: jharad17 スリザリンハリー

Big Name Death Eater by Shiv  コメディ作品。

Birds of a Feather By: wolfwillow フォークスとスネイプ

Choices By: random-fruitcake04  - Family/Friendship - Ron W., Theodore N., Daphne G.

ロンは何が起こるか未来が見える。パワフル!ロン スネイプ関係ないけど面白そう

Dead Roses By: MissJinny - Drama/Angst - Severus S., Remus L. ヴォルに痛めつけられ半死半生でホグワーツに戻ったセブ。両手は粉砕されて身の回りの世話もできないのに看護婦を拒否。見かねたルーピンが助力を申し出て~・5まで読了

Discoveries By: Raven Dancer  - Drama/Angst - Severus S., G. Ollivander 

Darkness Visible By: plutoplex トレローニはハーフブラッドプリンスについての新たな予言をした。ダンブルドアは彼を探すがセブは知らんぷり

Different House By: Harpygirl24 スリザリンハリー

Different Perspective By: Sev's Little girl ペツニアが一晩家に帰ってリリーに救急車が家にいると児童虐待、レイプ 未完

Dumbledore's Army and the Year of Darkness by Thanfiction  ネビルの物語

Evanescence of Life By: Krew スパイがばれた・姪が見つかる・新たな人生

Eighteen Years by Kralia メローピーとトム

From the Dark, a Light is Born By: darknightstalker 

dark wins. Wrong Boy-Who-Lived. Evil!James, Evil!sirius. Good!Malfoy's, Good!Voldemort, good!Snape, Good!Dumbledore. 

Finding a Family By: hestiaA1 メンタースネイプ

Fighting What Can't Be Fought By: Sophia Lele  予言を知ったセブはリリーを守るため~

Go the Distance By: kenner (ムーディとスネイプ)未完 4年目セブとムーディ

Hindsight By: loralee1 セブ逆行

Happy Days in Hell 3部作の最初 2003oldfic

Harry Potter and the Difference of Time By: The Black Iris  ヴォルに破れ死んだハリーが逆行

Harry Potter and the Guardians of Power By:teacherbev

Harry Potter and the Trip to the Past By: Priya Ashok 19年後のハリーがマローダーズEraに逆行、父母に会って~

Harry Potter the Power Unknown By: Priya Ashok Manipulative, Evil Dumbledore! Powerful Harry! Clever, Resilient, Brave Snape! 

Had I Known By: kayly silverstorm  7年生時ハリーはヴォルを倒すが直後失踪、8年後戻る

His Own Man By: Crunchysunrises 未完、ハリー11歳時点に逆行、違う選択

Harry's New Home By: kbinnz スリザリンハリー

Harry Potter and the Methods of Rationality By: Less Wrong 有名なHPフィク。ペチュニアが生化学者と結婚してハリーが天才に育ったら。セブ出ない?

Happy Days in Hell

It Falls to the Young by Viskii マローダーズfic 友情

I Know What You Did Last Halloween by peskipiksi アーサーにホグワーツの皆の前で恥を書かされたスネイプは~
In Memory of Severus Snape by Herbologist
日刊預言者新聞がホグワーツの現校長マクゴナガルにセブルス・スネイプの追悼記事を書くよう依頼する。
Into the Fold by Pasi  
スネイプは、地獄への道をまっすぐ進んでいる。 彼が友と呼ぶ人々は、彼が地獄へ向かうのを手伝っている。

In Snape’s Kitchen by Not Exactly Dickens  コメディ作品。

Lesser Evils  by ScottPress  ハリー/ジニー 脇だけどssがいい感じらしい

Lone Traveler: The Slytherin Chronicles By: dunuelos未完 セブ視点 シリーズ?

Malfoy & Partner Investigations- Wie es begann by Telda | FanFiktion.de ルシウスとセブのゴールデンコンビ 独語

Malfoy & Partner Investigations- Men in Black

Malfoy & Partner Investigations- Die Katakomben von Paris  

Minnaloushe  by byrdgirl  - Humor/Drama - Snape is the victim of a rather unusual practical joke. 

Moment of Impact By: Suite Sambo  (スネイプ、ハリー)メンタースネイプ

MY NAME'S SEVERUS by Silverfox(ドラコ、スネイプ) 15歳のドラコと15歳のスネイプ

Never Alone by reallyginny ホリディの風邪引きスネイプ

Of Dreams, Delusions, and Demons By: Silverthreads マグル精神病院で発見されたスネイプ2004

Out of Azkaban By: Laume(リーマス、スネイプ)

セブの狼男へのトラウマを解消するためにdeageで育てなおし。

On the Flip Side By: MusicMelis メンタースネイプ

Odd Ideas By: Rorschach's Blot 変なアイディアいっぱいのコメディ

Petunia's Boys By: severusphoenix ペチュニア死亡

Penal Servitude By: Sloane Ranger DH後アーサーに競り落とされた奴隷セブ

Penal Servitude By: Sloane Ranger 奴隷スネイプ - Drama/Adventure

Psychosis By: SnowWhiteOwl  ハリーは原作よりはるかにヴォルに魂を侵食されている

Rectifier By: Niger Aquila  未完 - Tom R. Jr., Albus D., Voldemort

Return to childhood By: wingnutdawn セブdeageしてバローへ

Twerps Summer Holiday By: wingnutdawnツエルプはかつてスネイプだった。deageして別の少年として新たな人生 エジプト

Snuffles By: wingnutdawn  スネイプとSnuffles 

Silver and Green: A Quartet by alena -hu スリザリン生がスネイプの死に際し思うこと

Six Years, Six Applicants by Sarah1281 - Humor - Severus S., Albus D.-DADA教授職について

Snape's Portrait by js1976   DHから8年後。スネイプの肖像画

Summer of Independence By: redfrog ゴブリン、ハリー

Year of Changes By: redfrog 

The Severus He Saved By: Jazz1 Severus Dumbledoreは4歳の時に殺害されました、本当?

The Potions Master of Azkaban By: Magical Maeve  セブINアズカバン 同情する女性職員?

The Other Side Of The Dark by seaghost 省は全てのデスイーターに対し~

The Guiltless By: kilara25  Hurt/Comfort/Angst  - Harry P., Severus S. 

The Poor of God By: kilara25

After Snape's visit to Surrey, Harry writes him a thank you letter that triggers an extended correspondence between the two of them. 

The Price We Pay By: Ilmare2

After the end of the second war Dumbledore rescues a captured Snape from the dungeons of Lord Voldemort and the long road to recovery begins.

The Truth Shall Set You Free By: gredandforgerockダンブルドア 肖像画

The Prince By: Bella Kundu - Friendship - ジェームズとスネイプが一緒に罰則居残りしたら?

The Long and Winding Road by Lucinda Lovegood  セブ女体化ドラスネ作者様のドラコ5年生当時の話 2004年作

The Mourner by Daphne Dunham  セブは病院で目を覚ます。彼の人生に「子供」が入りこみ、新たな人生を~

The final Atonement By: salzgurke - Hurt/Comfort/Drama - Severus S., Kingsley S.欠損もの

The Hat's Decision by: ShaeLynn スリザリンハリー 未完

The Best Revenge By: Arsinoe de Blassenville メンタースネイプ 5まで読了

To Make an End By: JackieJLH(スネイプとペチュニアダンブルドアはハリーを預ける際、スネイプを向かわせた

When Sirius Jumped Dimensions and Traveled through Time By: regenengel3 シリウスが逆行

Yet Another Snape meets the Dursleys story By: rabbit and -v-Jinx-v - Drama - Severus S., Harry P.

 

The Voldemort Diaries by notwolf

1.Father, My Father

2.The Beginnings of a Death Eater

3.I, Too, Shall Follow

4.The Snape Chronicles

5.Death Eater No More

6.The Voldemort Diaries :

 

※※※クロスオーバー※※※

Half-Blood Prince of Denmark by a_t_rain (ハムレットx-over)
Pain and Magic by violet_quill (DR.HOUSE x-over)
Excess Irradiation of Magic by Readingrat (DR.HOUSE x-over)

The Rod of Asclepius By: Tetsuwan Penguinブラックジャックx-over)

In search of a future By: Sheankelor(ああっ女神さまx-over)

Happiness is a Broken Wand By: Embracing Madness (LOR)

Matou Shinji and the Master of Death by AlfheimWandererfate セブ出ない)

The Fullmetal Wizard: The Philosopher's Stone by Shara Raizelハガレン セブ出ない)

Strange New World by Les Varioufs (Drフー)